Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

タグ:パラドール ( 2 ) タグの人気記事

ネルハのパラドール (Paradore de Nerja)

マンサナレスのパラドールから南スペイン・コスタ・デル・ソルにあるネルハ(Nerja)へ向かいます。
地図はこちら

到着した日のマドリッド、翌日のマンサナレスの2日間は天気が微妙でしたがこの日はすっかり晴れ!
初夏の陽気でスペインらしくなりました。
高速道路をひたすら南下、見渡す限りオリーブ畑です。

b0165536_08255593.jpg





















グラナダを通過し(帰路に滞在)、この日も宿泊先はパラドール。
ホテルを比べてあれこれ検討する時間が無かったので無難にパラドール予約、直前でも空室があり(普通のツインしか無かったが)、口コミ評価も高かったのでここに2連泊。

b0165536_08261478.jpg





















ネルハはイギリス人に人気の保養地のようでどこからも英語が聞こえる。
コスタ・デル・ソル全域に英国人が多いらしいです。
言葉のストレスを感じずに何だか安心。スペインにしてはこの地域の英語通じる度はピカイチ!
町の案内表記、レストランでのメニューなどなど英語がいっぱい♪ 
台北でのどこでも日本語が通じてストレスフリーと同じ感覚かな。


ホテルロビーをから中庭。 ちょっとリゾート感あります。
入った瞬間、このホテルの雰囲気がとっても気に入りました。そう、のんびりと【休暇旅行】っていうのをしたかったのよ。 土ぼこりまみれのカミーノじゃなくて^^

b0165536_08262493.jpg




















お部屋はシンプルで使いやすい。新しい施設ではないので最新ではありませんが綺麗で心地良いです。

b0165536_08262843.jpg





















バスルームもちょうどよいサイズ。 トイレが反対側にあるのですが別室になっていて良い。
シャワーの圧力が超絶強めで嬉しい。

b0165536_08263158.jpg
































どの部屋にもバルコニーがあり(テーブル&イス2脚付きでのんびりできる)、出てみるとプールと海が一望。 空も青く、日差しはかなり強いのに風は程よく涼しく、まさに海辺のリゾート。

b0165536_08263613.jpg




















芝生のビーチベッドは老人達の日焼けタイムでいつも満席状態。
欧米人のあの日焼けの仕方は皮膚ガン発症レベル。 南スペインの日光の強さは強烈。
日本人特有の徹底した日焼け対策(バケツ型帽子に長袖、日傘)も異様に見えるだろうけど、彼らの日焼けへの執念も異様です。

地中海を眺めて、プールサイドでのんびりは憧れますがやはり日差しが・・・・。
私はがっつりSPF50の日焼け止めを塗りまくり、ベランダの日陰の中です。


ホテルは高台にあり、眼下にはブリアナビーチが見えます。

b0165536_08264236.jpg




















ズームで見ると海の青いこと。 綺麗です。

b0165536_08270405.jpg




















ホテルの中庭(ここで喫煙可-夫の常連場所)でのんびり。

b0165536_08270837.jpg





















カフェテリア&バルにてとりあえずの1杯。 スペインではお茶ではなくビールとなってしまいます。
私はいつもレモン割りビールです。
おつまみにコロッケもオーダー。(ハムコロッケと鱈コロッケ)美味い!

b0165536_09044117.jpg




















シエスタ(お昼寝)タイムですが観光地はほとんど関係なし。
ブリアナビーチへ散策に出かけます。 ホテル横の脇道から急な坂を下って行きます。
町が可愛い。

b0165536_08281065.jpg




















かなりのビーチストリートでお店もたくさんあります。 でも年齢層高めで若者少なく落着いた感じです。
レストラン、カフェ、ビーチショップ(突然海に入りたい!と思っても水着から何んでもすべて揃うので忘れ物しても大丈夫。)などが軒を連ねています。

b0165536_09091304.jpg




















パラソルもたくさん。お年を召した方々でビーチベッドは満席状態。
これは翌朝、人がいない時間に撮ったもの。 昼間の写真はちょっと映像的に問題アリかな?!
まぁ、こんな感じでズラッと椰子の木パラソルが並んでます。

b0165536_09100545.jpg




















波打ち際を散歩したり、カフェであれこれ軽食つまんだりしてのんびり過ごします。

b0165536_09101749.jpg




















砂浜では無く綺麗な小石ビーチです。

b0165536_09102322.jpg




















パラドールからビーチへの行き帰り、なんとホテル敷地内から宿泊者専用ビーチ直行エレベーターがあるのです!
結構な高さ(5階分位)があるので行きは下りで良いのですが、帰りはさすがに結構キツイ。
これは本当にありがたい代物。

b0165536_08284815.jpg




















宿泊者は部屋のカードキーをかざすとエレベーターが動きます。

b0165536_09190662.jpg




















シースルーエレベーターで楽々。レストラン前の中庭に到着します。

b0165536_09191274.jpg




















一通り散策した後はやはりお昼寝、シエスタタイムです。
夜は9時半頃まで明るいので夕食も必然的に遅くなります。
お部屋でゴロゴロ、テレビでハリウッド映画(なぜかアメリカ物多し)を見たり、そよそよ心地よい風がベランダから入ってきてうたた寝したりして過ごします。

いやぁ~、何もしないって本当に贅沢だわ!


[PR]
by kiki-juju | 2017-05-19 19:39 | Spain | Trackback | Comments(2)

マンサナレスのパラドール(Parador de Manzanares)

スペイン2日目の朝7時半、ホテルの空港シャトルバスにてバラハス空港ターミナル4へ。

b0165536_21153085.jpg




















レンタカーを借り、南スペイン・コスタデルソルへ向け出発。
レンタカーはいつものヨーロッパカー(Europcar)で一番小さい車(トヨタYARIS-ビッツ??)をレンタルする。スペインの街中は道が狭いので小さい車が便利。

※だが高速道路ではパワーが無く、風の抵抗も受けるので夫曰く運転しにくいとの事。
レンタルカウンターで無料アップグレードを勧められるので次回はもう1まわり大きな車を借りるとの事。どうせ旧市街内を車でグルグルする事はしないのだから問題無いだと。



マドリッド空港から高速道路E5をひたすら南下。 地図はこちらを参照してね。
何~にもない風景。あるのは永遠に続くオリーブ畑、ラマンチャの大地です。

b0165536_21290274.jpg




















途中、ドン・キホーテが巨人と間違えて突撃した風車でも見るかと言う事でコンスエグラ(Consuegra)に寄り道。

ドン・キホーテとサンチョ・パンサのお決まりの絵。

b0165536_21160126.jpg



















車で山道を登ると風車が数基と朽ち果てた古城。

b0165536_21160796.jpg




















観光バスは中華バス。 風車の前で皆さん雑誌モデルですか?位のポーズ決めです(汗)

風車の中にも入れますがお金取ります。

b0165536_21365157.jpg




















かなりの高台にあるのでラマンチャの大地が一望です。 はっきり言って風車より景色の方が数倍良い。

b0165536_21161494.jpg




















風も強くて寒い、小雨も混じってきたので早々に退散。
まぁ、わざわざ来る程の所ではないのが正直なところ。 ガイドブックにはマドリッドから電車での行き方が書いてあったがここよりも他に行きましょう。よっぽどのドン・キホーテマニアで無い限りは。



さらにここから20kmほど高速道路E5号を南下した所に今日のお宿、パラドール マンサナレス(Parador de Manzanares) があります。
今回は出発前日夜にあっちこっちのホテルの予約を入れました。
ホテルの良し悪しを調べるのも面倒だったので、1.敷地内に駐車場がある、2.狭い道路の旧市街内ではない、との事で国営パラドールに目星をつけて予約を入れました。

高速道路E5号線、#175出口(マドリッド方面から)を出てすぐ。
これと言った特徴のあるパラドールではないのですが、マドリッドから南スペインに南下するのは結構距離(600km)があるので中継地点としては便利。

b0165536_21163410.jpg




















受付に行くエントランスが東洋っぽい。

b0165536_21163804.jpg



















b0165536_21165359.jpg
































お部屋はシンプル、清潔で綺麗です。
外にはプールもありますが寒くてプールどころではありません。

b0165536_21164667.jpg




















バスルーム。青系好き??

b0165536_21164238.jpg






























アメニティもパラドール仕様。

b0165536_21164956.jpg




















マンサナレスの町まで行ってみます。車で5分ほどです。
誰もいない、人っ子一人いません・・・。
町の中心部、教会のある辺り(だいたいマヨール広場と言うのがどこも定番)まで行ってみるも寂れたバル(Bar)が1軒開いているだけ。
あっ!今日は日曜日、町が死んでる日だわ。

b0165536_21162911.jpg




















ホテルに戻りランチを食べる事に。

b0165536_21165805.jpg




















ホテルのランチは1時半~4時まで。
ランチ開始1時半に覗いて見るも誰もいないがとっても良い匂いがする。

レストランの中では美味しそうなお料理がずら~っとたくさん並んでいてる。
席に通されメニューを見ると€29/1人で前菜とデザートはビュッフェ形式で好きなだけ、メインは牛、豚、鳥、羊、魚(鱈)から1品選ぶ。

私達は食べ放題バイキングとかビュッフェ形式がとにかく苦手。 
だがここの並べられたお料理の数々は本当にどれも美味しそう! この日は1番乗りですべてのお料理ができたてホヤホヤ♪ 初めてこれもあれも食べたいと思う品揃えだった。

でもここはスペイン、メインのお肉は絶対に大きいハズ。
小食の私はとりあえず前菜は小盛りで味見程度。 
白アスパラ、ツナ&トマト、サラミにパエリア。 食べれたらまた少量追加する。
Jujuはがっつり盛っていた。 隣の老年夫婦は大きな茹で海老をてんこ盛りでひたすらお代わり。

b0165536_21171145.jpg




















メイン料理は私はもちろんステーキ。 スペインの牛肉は美味い! やはり想像通りの特大ぶ厚さだがほど良いレア感で完食。焼き野菜もフレッシュ♪

b0165536_21170671.jpg



















夫は勿論豚肉料理。スペインは豚だろ、との事です。
こちらもナイフがいらないくらいの柔らかさ。ソースがとっても美味しい、何のソースだろうか?

b0165536_21170131.jpg




















2時を過ぎるとスペインの本格ランチタイムとなるようで地元の方々がお洒落して続々とやって来て一気に満席。 予約の無い人はお断りされていた。1番乗りで入って正解。

デザートもケーキ、タルト、プリン、フルーツなどなどバラエティ豊か。
夫が少量づついろいろ盛り付けてきてどれも美味しく頂き、お腹一杯。


パラドール内にはレストランのほかにカフェテリア兼バルもあり(夜24時までオープン)軽食も食べれます。

夕食もレストランで午後8時半~ですが(思いっきりスペインタイム)、お腹一杯で夕食はいらない。
バルでお酒を飲んでナッツ摘んで夜は終了。

朝食もこれまたバラエティー豊かでとっても美味しかった。


何にも無い場所、特徴のない旅の径由地点のパラドールですがご飯が美味しい!
パラドールにしては宿泊費もお安いので南スペインに行く際にはお勧めです。



[PR]
by kiki-juju | 2017-05-15 22:39 | Spain | Trackback | Comments(2)