Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

タグ:グランドティントン ( 1 ) タグの人気記事

イエローストーン国立公園⑨熊とオオカミ

イエローストーンの2大動物、熊とオオカミ。
運が良い人は園内で遭遇する事ができますが、私はできませんでした。残念

しかし、そんな大多数の方にも(多分)熊やオオカミを見れるスポットがウェストイエローストーンの町にあります。

Grizzly & Wolf Discovery Center  (グリズリー&ウルフディスカバリーセンター)
b0165536_19174410.jpg


その名の通りグリズリーベアとオオカミさんの施設。
たぶん近隣小学生の課外活動スポットだと思う。集団キッズ多かったから。
b0165536_19204774.jpg


施設に入ると大きなグリズリーの剥製。
b0165536_19223640.jpg


グリズリーとブラックベアの違い。ブラックベアの方が小さいけど、やはり出会ってしまったら怖い。
足跡で違いがわかる。
b0165536_19234033.jpg


館内のセクションは順路に従っていくと先ずはオオカミコーナー。
b0165536_19252175.jpg


柵越しにいました。真っ白なウルフ。
b0165536_19262415.jpg


温かい日の当たる場所でのんびり過ごす子も。
b0165536_19272196.jpg


この子なんてオオカミと言うより普通なワンちゃんな表情。
b0165536_19284088.jpg


グレーの子はキリッとした風貌。
b0165536_19291543.jpg


次はグリズリーセクション。
さすがに大きい! 石に塗られた蜂蜜(?)をペロペロしています。
b0165536_19323262.jpg


熊さんの毛皮もあり触ってみましたが、想像と違い結構剛毛。フワフワ感はゼロ。
b0165536_19344498.jpg


ベア達の生態研究の為、又は人間の食べ物やゴミの味を覚えてしまった子を別の場所に移動させる為などでこのようなベアトラップ(ベア捕獲罠?)にて捕まえるそう。
b0165536_19411161.jpg

b0165536_19415157.jpg


そしてもう1つ、やはりベア達はゴミを漁る。その為いかにベアの襲撃に耐えられるゴミ箱を設置するかも研究課題。
b0165536_19451744.jpg


ベアの攻撃に遭ったゴミ箱。
b0165536_1946942.jpg

こんなプラスチックの軟なゴミ箱では熊さんの攻撃に耐えられるハズもない。
実際、イエローストーン園内のゴミ箱は鉄製のかなり頑丈なゴミ箱が設置されていました。
b0165536_19482537.jpg

食べ物の匂いが出るものは一切置きっぱなしにしないようにと園内のピクニックエリアのあらゆるところに表示されています。
b0165536_19514330.jpg



この日でイエローストーン国立公園の3日間は終了。
車で南下し、小さな滝で休憩したり、
b0165536_202343.jpg

動物さんの突然の飛び出しに注意したりして、
b0165536_2024338.jpg

アメリカの国立公園の中で一番美しいと言われるグランドティントン国立公園巡りの為、ジャクソンホールへと戻ります。
b0165536_2041144.jpg


イエローストーンとはまた違った雄大さがそこにはありました。
[PR]
by kiki-juju | 2015-03-29 20:05 | National Parks | Trackback | Comments(4)