Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた⑱ ログローニョ散策

思いのほか最終目的地のログローニョに早く着いてしまったのでこの町で2泊する事に。

まずはお昼ご飯に出かけます。
街のメインストリート、サンタマリア大聖堂のあるポルタレス通り(Calle Portales)。
教会はだいたいお昼には閉まっている・・・中の見学は後回し。
b0165536_20522019.jpg

数ある飲食店の中からこのお店へ。
b0165536_20533773.jpg

決め手はメニューはまったく読めないけどランチ・12ユーロと金額が目についたから(笑)
b0165536_20542493.jpg

まずはワイン。リオハワインがちゃんとボトルで出てくる。水ももちろん1.5Lボトルで。
b0165536_20552362.jpg

英語のメニューはないが、ウェイターのお兄さんが片言の英語で説明してくれたので問題なし。
Jujuは前菜パエリア。
b0165536_20563780.jpg

私はツナ&ポテトのサラダ。 かなりのボリューム。
b0165536_2057277.jpg

メインは私はチキングリル。チキンは美味しい、ポテトはちょっと残念・・・。スペインのフレンチフライはハズレが多い。
b0165536_20581454.jpg

Jujuはポークグリル。こちらのポテトは大正解!
b0165536_20591175.jpg

これにコーヒーが付いて12ユーロ/人。 やっぱり安い気がする。

ほろ酔い気分でアイスも食べよう!
お店の名前がベネチアなんて期待してしまいます。
b0165536_2152355.jpg

いつも迷ってしまう・・・。
b0165536_2155595.jpg

結局レモンシャーベットに落着いてしまう。
b0165536_2163532.jpg

スペインだけどネーミング通り美味しいジェラートです♪

お昼は比較的大きな街でもシエスタの為お店が閉まってしまうのでかなりのゴーストタウン化。
お宿に帰ってお昼寝でもしましょう。 と歩いていたらCafeの中から私の名を呼ぶ大きな声。
もう知り合いはこの街にはいないはずなのに・・・と思っていたらアメリカ人グループ残党が。
毎日20kmも歩くのやめただの、忘れ物をして前の町の宿まで取りに戻っただの、朝が起きれなくてなかなか進まないのだの、皆いろいろな理由でグズグズ歩いているグループ。
夕食の約束をしてまた後で。 

しばしお宿で休息した後、またまた街の徘徊開始。
この日は10kmしか歩いていないので全然疲れていない。
まずは食料品市場に行ってみよう。
園芸ショップの様なお野菜の売り方。新鮮!
b0165536_21181313.jpg

サラミや生ハムなどの加工品もたくさん。
b0165536_21185463.jpg

お肉屋さん。 おぉぉ~、豚ちゃん衝撃! でもクルクル焼いたら美味しそう~。
b0165536_2119421.jpg


夕食の約束の時間までまだ時間があるのでズビリ、ビアナにもあったアウトドアショップPlaneta Aguaへ。
b0165536_21225170.jpg


中に入ったら夕食ご一緒メンバーがみんな買い物中。
アメリカ人、どこに行っても散財大好き! なんて言いつつ一緒になって私もTevaのサンダル可愛いよねーとか言って買っちゃた。
b0165536_21291512.jpg

2日目のロンセスバージェスのアルベルゲで緊急で買ったビーサンとおさらばしたかったのよ。
って言うけど私の今回のカミーノ、もう終わりじゃん。 いいの、次回に使うから。

さて夕食。美味しいお店見つけたんだ♪ とついて行くと、なんとお昼を食べた同じ店!
夜はピンチョスもいろいろ。
b0165536_213567.jpg

イカ墨とかホルモン系煮込みも。 このアメリカ人グループは東部州出身の人ばかり。
b0165536_21361833.jpg

イカ墨とか牛の胃袋なんて完全×。 私はイカ墨絶対食べたい!
食べている私のお歯黒見て皆大笑い。 もちろん私は皆に1口づつ強制チャレンジさせました。
b0165536_21372169.jpg

感想は、思った程悪くなく意外とイケると。 
スペインの小皿料理は美味しいものの宝庫だから今後の巡礼道中、もっとチャレンジしてねと伝え、皆とさよならしました。 (別れるの寂しかった・・・)

翌日は本当に誰も知り合いがいなくなりJujuと2人きり。 
念願のログローニョ、ピンチョス通りに出かけました。
[PR]
# by kiki-juju | 2016-02-10 21:45 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(6)

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた⑰ ビアナ~ログローニョ

お正月から既に1ヶ月過ぎた! 早いなぁ~。

カミーノ巡礼の続き。ようやくこの日が歩き最終日。

2015年5月11日(月)     天気:晴れ
行程: ビアナ(Viana) ~ ログローニョ(Logrono) 約11km
出発: 6:00a.m   到着:9:30a.m   歩行時間:3時間30分


この日はたったの10Kmで最終目的地のログローニョ。
そんなに早くに出かけなくて良いのに、習慣的に早起きしてしまい朝6時には出発。
b0165536_20145088.jpg

こんな景色も見納め。
b0165536_20153513.jpg

仲良くしていた人達のほとんどが先に行ってしまっているので道中顔見知りもいない。
寂しいし、なんとなくやる気ゼロでダラダラ歩く。
朝日を背に受けて足長影。 これも今日が最後。
b0165536_20175739.jpg

分岐点には誰かが作った石の道しるべ。
b0165536_20182524.jpg


あっという間にログローニョのあるリオハ圏内。 ここはスペインリオハワインの本拠地。
b0165536_20194332.jpg


カミーノは1日にでも歩く距離がズレると歩くメンバーががらりと変わる。
道を歩いている人達はほぼ皆「初めまして、こんにちは!」の初めて見る人ばかり。

ここでアメリカ人(シアトル出身)の高校教師をリタイアしたマルガリータとお話しながら歩く。
マルガリータは本当はお友達と一緒にカミーノを歩くつもりだったが、
「私、おしゃべりだからお友達とカミーノに来たらきっと英語でずっとアメリカの話をしそうだったから、やっぱり1人で来たの。」
と言っていた。

が、が、が、私と歩いている間中、アメリカの社会問題、大統領選挙の事、格差などなど内容は全部アメリカの事! きっと彼女はカミーノの間中誰かを見つけては永遠にアメリカの問題をあれこれ話し続けるのでしょう・・・。

そんなんで話しながらも綺麗に咲いている花もちゃんと写真に収めました。
b0165536_20313583.jpg

5月はお花が本当にあっちこっちで咲いていてとても綺麗な季節なのかも。
暑いスペインでは犬小屋も石造り、瓦屋根なのかな?
b0165536_20324472.jpg
 
綺麗な花もいいけど、このポプラの綿綿攻撃にはちょっと参った。
b0165536_2035563.jpg

アレルギーじゃないけど舞々していて吸い込みそう。 アレルギーの人には注意が必要。

そんなこんなであっという間にログローニョの町についてしまった。
ゆっくり歩いたのに時間はまだ朝の9時半。
b0165536_20365351.jpg

きょうのお宿はどうしようかなぁ~?とうろついていたらブラジル人のアナに2日ぶりにばったり遭遇!
もっとずーっと先の町に進んでいると思っていたのに。 どうやら足が痛くてこの町で延泊していたよう。

アナ達が泊まったホステルが凄く綺麗でお勧めとの事で空室を聞きに行く。
街の中心、サンタマリア大聖堂のお隣にあるEntresueños Hostel
b0165536_20424733.jpg

10時半過ぎになればお部屋に案内できるとの事なので、とりあえず朝ごはんもまだだったので町中心のカフェで朝ごはん。 朝からたっぷり食べるよ!
b0165536_20384815.jpg


食後のコーヒーでゆっくりしているとマルガリータおばさんまたまた登場! 
「あら~あなた達♪ 一緒にいいかしら?」
で、またまた今度はアメリカの教育問題について・・・・・。 元教師だからネタが尽きない。
Juju的に関西風に言えば、 「そんなん知らんがなぁ~」
というネタであっという間の1時間。 意外と時間潰しに良いんじゃない、アメリカ問題討論。 自分の意見を言いぱなしでOKだし。

今日はあと10km歩くと行っていたマルガリータおばさん。なのに私も今日はここに泊まるわ!
と言うので同じホステルへ。

このログローニョのホステル、町の中心部にありとっても便利。さらにとても綺麗。
私達は個室(共同シャワー)で38ユーロ/泊。
b0165536_2132748.jpg

ドミトリーも明るく新しそうで綺麗。
b0165536_214646.jpg

シャワー、洗面、トイレは共同。 アナ達は専用シャワーのある部屋がお勧めと言っていたが空いてなかった。
が、こちらも掃除が行き届き文句無しに綺麗。
b0165536_2155711.jpg

b0165536_2161360.jpg

洗濯機、物干しコーナー。
b0165536_2164716.jpg

1階にはキッチン、共有スペースもあります。 このホステル、次回ログローニョからの再スタート時も確実に泊まります。
b0165536_2183398.jpg


まだお昼前だけど、歩いてきたのでシャワーを先に浴び、洗濯をしてからランチに向かいます。
ログローニョの町は実はピンチョスタウンとも呼ばれるほど、美味しいピンチョス通りがあるのです♪
[PR]
# by kiki-juju | 2016-02-02 21:12 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(4)

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
皆様にとって素敵な1年になりますように♪

b0165536_19444766.png


12/31はいろいろとお料理。
我が家のお節料理もどきは家族の好きなアイテムしか作らない。
正統派からかなりかけ離れた我流お節になってしまってきています。 
b0165536_2012260.jpg

さらにそれを大晦日の夜に食べてしまってます。

元日、朝はお雑煮食べ、毎年恒例の金札宮へ。
b0165536_2033963.jpg

ここから程近い伏見稲荷は全国から訪れる参拝者で大混雑ですが、ここは静かです。
(最近は金札さんにお願いを1本化^^)
b0165536_2071815.jpg

お向かいの出世大黒天。 伏見五福めぐりに含まれています。
うちは出世とかはまったく無縁のお仕事なのですが、金札さんのお向かいということでいつもこちらもお参り。
b0165536_2091750.jpg
 


穏やかなお天気のお正月でした。
今年も無事平穏に過ごせたらと思います♪
[PR]
# by kiki-juju | 2016-01-01 20:26 | どーでもいい事 | Trackback(1) | Comments(6)

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた⑯ ロスアルコス~ビアナ

とりあえずカミーノ巡礼の続きを終わらせねば。

2015年5月10日(日)     天気:晴れ
行程: ロスアルコス(Los Arcos) ~ ビアナ(Viana) 約18km
出発: 6:15a.m   到着:12:00p.m   歩行時間:5時間45分


この日、半分以上の巡礼者は30km歩いてログローニョの町まで行ってしまう。
私達は事前に計画していた行程よりも思いのほか早く歩いてしまっていたので手前のビアナ(Viana)の町まで歩く事にした。
b0165536_1147612.jpg


朝日が綺麗で何度も振り返って見た。
b0165536_11474697.jpg

この時期はいろいろな花が道沿いにたくさん咲いている。
b0165536_11481887.jpg


7km先のSansolの町。 
b0165536_11502654.jpg

右膝内側の骨がズキズキ痛いので痛み止め塗り薬でも買おうと薬局へ。
この小さな町の薬局は日曜日の朝から開いていた。これって結構ヨーロッパでは珍しい事だ。
b0165536_11515990.jpg

薬局のおじさんに「英語話せますか?」
って聞いたら「もちろん!Of course!」って。
安心して「ここ辺がこんな風に痛くて~~~」って細かく説明したら、
おじさんの返事はThis※△〇◇◎※X※△〇◇◎※、so※△〇◇◎※X※△〇◇◎※、 OK?って。

おじさん、ThisとsoとOK以外の説明が全部スペイン語だよ!全然分からない・・・・。
おじさんが勧めるこのクリームを買ったが全然効かなかった。 マッサージゲルだから筋肉疲労に効くのかな?
b0165536_1293819.jpg


トーレス・デル・リオ(Torres del Rio)でコーヒーブレイク。
b0165536_1212832.jpg

まだ朝方なのに壁に張ってある食事メニュー看板に釘付け。
b0165536_12131251.jpg

カミーノ・デ・サンチアゴ通り。
b0165536_12134912.jpg

巡礼路を歩くのも明日で終了。 歩き始めの頃は歩く事に精一杯で景色を楽しむ余裕すらなかった。
この頃には景色もゆっくり堪能できている。
b0165536_1217572.jpg

チリンチリン~♪と自転車隊もよく通る巡礼路。
b0165536_1217588.jpg

かなりの速いペースでビアナ(Viana)に到着。 確実に筋力UP、スタミナが付いてきていることを実感。
b0165536_12201791.jpg


ビアナのメイン通り。 写真内のカナダ人夫婦、奥さんベジタリアン。
巡礼中スペインでの食事が食べれる物が少なく辛いって嘆いていた・・・。
ちなみに旦那さんは見かける度にお肉食べてた(笑)
b0165536_12233650.jpg

町のシンボル、サンタマリア教会。
b0165536_12245467.jpg


巡礼仲間からお勧めと聞いていた町端っこにあるホテルPujadas。
b0165536_12354386.jpg

3時まで部屋が開かずチェックインできないと言われたので却下。 が、ホテル併設バルのピンチョスに心奪われとりあえず休憩1杯。 タコの柔らかさに感激!
b0165536_123507.jpg


このビアナのアルベルゲ(巡礼宿)は噂によると恐怖の3段ベッドらしい。
b0165536_13101283.jpg

普段アルベルゲを基本に宿泊している人も今日はペンションかホステル泊にするとの事。

私達は裏通りにあるペンションSan Pedroにした。(40ユーロ/泊)
くわえ煙草にダミ声の女主人、一見柄が悪そうなのだがとっても親切。 
次々来る巡礼者を客引きし部屋を埋めていく商売上手。 お隣のレストランもどうやら一族経営らしい。
b0165536_12433859.jpg

お隣のレストランは安くするよ!と。
スペインに来てからツナサラダは安定の美味しさ☆
b0165536_12494415.jpg


メイン通りに場所を移してあれこれピンチョス物色。
ムール貝のクリームコロッケは絶品。 これだけ食べにもう一度ビアナに行きたいほど。
b0165536_1251636.jpg

小いわしの酢漬け。
b0165536_1252298.jpg


この道の先、ログローニョの町までで私達の今回の歩きは終了。
b0165536_13152694.jpg

もっと歩きたい気もあるが、結構右膝の内骨の痛みも最高潮で階段を登るのもやっとな状態。

仲良くしていた巡礼者達は皆ログローニョまで行ってしまった・・・。
今日の夕食は2人だね、と思っていたら意外とこの町で今日の歩きを終了した人がチラホラ。
やはり1日30kmは暑いし堪えるからね。 
明日こそは本当にお別れになるので最後のお食事を楽しみました☆
[PR]
# by kiki-juju | 2015-12-30 13:26 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(7)

ブログ復活、なるか!?

長らく放置状態のブログです・・・・。

仕事が忙しかったとか、

兄家のサンディエゴへ遊びに行ってたとか、
b0165536_18111032.jpg

お天気自慢の南カリフォルニアなのに天気が悪くて残念


カミーノ巡礼で知り合ったアメリカ人が京都に遊びに来てくれたりとか、

素敵な温泉に行ってゆっくりしたりとか、
b0165536_18131689.jpg


などなどサボる理由は満載でした(笑)

いやぁ~、単に写真UP&文章書くのが面倒くさかったというのが最大の理由だったりして。


そんなこんなで年末年始のお休みシーズンとなり、予定の無い正月休みはブログ復活の大チャンス!


のつもりです。
[PR]
# by kiki-juju | 2015-12-28 18:20 | どーでもいい事 | Trackback | Comments(0)

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた⑮ ロスアルコスのランチ

ロスアルコス(Los Arcos)の巡礼宿到着後、シャワーを浴びスッキリ!
ここはお洗濯もお宿の方がしてくれるので大助かり♪ ←Jujuがね。
(実は、お洗濯は毎日Jujuがしてくれているの・・・・私がすると絞りが弱いって)

そう、巡礼宿にはバックパックを次の町まで運んでくれるサービスがあります。
1つ5ユーロ~7ユーロ程。 結構皆さん(特に年配者)利用していました。
封筒になっていて、ここにお金を入れてザックに付け、朝にアルベルゲの受付にお願いしておけばOK。
b0165536_21321810.jpg


アルベルゲの受付の方に「ランチのお勧めのお店は?」と聞いたところホテル・モナコのレストランとの事。
ぶらぶら歩いて行ってみよう。 まぁ、小さな町(村)だから場所の把握も簡単。
何か露天が出ているみたい。
b0165536_21383189.jpg

ハムだのソーセージ、民芸品などが売っていました。
そこそこ暑い日差しの中、ハムとか直射日光当たっていて大丈夫なのかな??
b0165536_21393721.jpg

ミニ広場ではこんな遊具があり子供たちが奇声をあげて大興奮してました。
b0165536_2141715.jpg

ホテル・モナコありました。 1階のバルは結構賑わっている。
b0165536_21421176.jpg

レストランはホテルの2階。 ホテルのレセプションには今日到着するであろう巡礼者の配送されたバックパックが山積み状態。
レストランはこの時午後1時半過ぎ頃でしたが誰もいない・・・・。
大丈夫かな??と思っていたが2時頃には続々お客さんが来て満席。
やっぱりスペインタイムって良く分からないです。
b0165536_21444712.jpg


さて、ランチのメニュー。牛、豚、鳥からメインを選ぶのみで14ユーロ。簡単で良い。
飲み物はワインか水付き。両方1つづつで。 やっぱりボトルで来た!
b0165536_21482895.jpg

前菜はサラダ。 私の好きなツナサラダ! かなりの大きさです。
b0165536_21491467.jpg

メインは私は牛。 薄いけどサイズかなり大きい! 
b0165536_21502963.jpg

Jujuは豚。 アイスバインみたい。 これも実はかなりの大きさです。 お肉はホロホロでとっても柔らか。
b0165536_21515043.jpg

デザートのアイスはスーパーで売っているラクトアイスみたいでちょっと残念。 まぁ、別にこれでもいい。
b0165536_2153654.jpg

コーヒー飲んで終了。 満足、美味しかった。

食後の散歩、フラフラ歩きながら町の中心広場へ。
b0165536_21553066.jpg

珍しく教会が開いていたので中に入る事に。(結構スペインの教会、お昼は閉まっている事が多いのです)
b0165536_21564066.jpg

中庭のをグルっと囲む回廊(って言うのかしら?)が素敵でした。
b0165536_2157506.jpg


ワインがまわってきて私達もスペイン流にお昼寝でもしましょう。
ベランダ同士&道の3人おばさんの井戸端会議。 ほのぼのしてます。
b0165536_2201984.jpg


夜は今まで一緒に仲良く歩いてきた巡礼者達とお別れディナー。
明日は30km地点Logrono(ログローニョ)の町まで歩く人達と20km地点のVianna(ビアナ)の町までの人達とで別れる。私達はもちろん20km地点のViannaまで。そして翌日10kmだけ歩いて今回の最終目的地のLogronoまでで終わり。
b0165536_2252961.jpg

おしゃべりして、写真をたくさん撮り合ったりして「次はアメリカでね!」「日本でね!」なんて言いながら別れを惜しみました・・・・。
結局いろいろな国々の人達と交流したけど最終的にはアメリカ人グループの一員だったな。
日本人が日本人で固まるのと同じ様にやはりその国の人ごとに固まるのは仕方がないかもね。 だって言葉が通じるって楽だから。
日本人がいたら日本人グループに入ってしまったかも!? カミーノ、日本人少ないです・・・・。
[PR]
# by kiki-juju | 2015-10-15 22:21 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(6)

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた⑭ エステーリャ~ロスアルコス

ブログ存続の危機的状況・・・・
辞めないよ、細々でも続けていきます!

カミーノ巡礼の続きです。 (いやぁ~、ホントいつ終わるのだか・・・文章書くの面倒なので写真多めで)

2015年5月9日(土)     天気:晴れ
行程: エステーリャ(Estella) ~ ロスアルコス(Los Arcos)  約20km
出発: 6:00a.m   到着:12:45p.m   歩行時間:6時間45分


朝の気温は14℃。でも体感温度はもっと寒いです。
b0165536_21314243.jpg

今日は20.6kmと少しばかりいつもより短め。
b0165536_21322680.jpg

そして今日の行程には巡礼者のお楽しみスポット、蛇口をひねればワインが出てくるという素晴らしいスポットがあるのです! その名も【ワインの泉】♪
b0165536_21341264.jpg

スペインワインの産地、リオハのお膝元ではワイナリーが巡礼者の為に無料で提供しているそうです。
b0165536_21351397.jpg

蛇口をひねってもワインが出てこない・・・・・・。
ワインは朝の8:00~だそうです。 エステーリャの町から1時間もかからない場所だったから早く着き過ぎてしまった。

8:00まで待っていられないので(太陽が照って暑くなるのが怖い)残念ながら先に進みます。

途中で朝ごはんを食べるつもりが土曜日でどこも開いていない。
左に行けばロスアルコスまで距離は短いが、途中に村が1つしかないので距離は長いが村が2つある右へ。
b0165536_21401022.jpg

朝の影撮影。今日も足長さんです。
b0165536_21404874.jpg

道中のカフェが土曜日だからかことごとくすべて閉まっていて空腹のピーク。
ようやく村が見えてきた。
b0165536_2142832.jpg

猫のイラスト&バル表示。 足取りも軽く坂道もスイスイ。
b0165536_2143519.jpg

が、、、、閉まっている。
b0165536_21433311.jpg

後ろから来る巡礼者達も私達と同じ様にエステーリャの町からカフェ難民。
この時点で既に7km歩いている。 あと1.8km先に次の村。進むしかない。

民家のドアには配達されていると思われるパンが吊るされている。
これ、お腹を空かした巡礼者には酷過ぎる。
b0165536_21481681.jpg

お腹空いてフラフラ。 まさかあの山超えないよねと祈りながら歩く。
b0165536_2149142.jpg

ようやくモンハルディン村のカフェに到着。 
b0165536_21504934.jpg

とりあえずサラミのボカディージョ。 2つ頼んだらフランスパン1本分だよ! 大きすぎる。
b0165536_2152588.jpg

何だか朝から今度は右ひざ横が痛くなってきたので地図を見ながらロキソニンゲルを塗り塗り。
b0165536_21525974.jpg

今日はこの先ロスアルコスまでの12km、村もカフェも1つもない長丁場。
ここモンハルディン(Villamayor de Monjardin)で水分、食べ物を確保は必須。

歩き始めると日陰の無い1本道が永遠。
b0165536_21563537.jpg

日傘欲しい。
b0165536_21574831.jpg

白アスパラガスの農場も。 やはり産地だからね。
b0165536_21582644.jpg

12kmも何にも無いと思っていたら何の事ない6km地点に簡易売店がありました♪
b0165536_21593269.jpg

オアシス的な売店にてビタミンC補給でオレンジジュース。Jujuは糖分補給でコーラ。
b0165536_221512.jpg


休憩後残り6kmがんばる!と言うよりあまり疲れなくなってきているのは確か。
Buen Camino(ブエンカミーノ)、これは巡礼者同士すれ違ったり別れ際に言う挨拶言葉。
b0165536_2253353.jpg

ロスアルコスまで5.7km。もう5kmの表示って余裕の感覚。
b0165536_2265830.jpg

麦畑を歩く匂いは青々していていい匂い。
b0165536_228096.jpg

まったく雨が降っていないのか土はカラカラに乾燥。 5月は結構雨が降るらしいのだが今年はまったくだそう。
b0165536_229886.jpg

後ろから大声をあげて来る自転車隊。
b0165536_2210315.jpg

私がこのカミーノの道中で大好きな藁を積み上げた光景。
b0165536_22111996.jpg

ここで小休憩。 先程のオアシスカフェで一緒に休憩した韓国人のミン君もまたまた一緒に休憩。
脚に血が溜まるとか言って逆立ち。
b0165536_2213926.jpg

ミン君は趣味のウクレレを持って巡礼している。 ゆる~いメロディの韓国民謡を弾いてくれた。
このミン君、絶対私より年下だと思っていたらなんと49歳だって!!だいぶ上、しかもJujuよりも上。
もうホントにビックリよ! 一時見た目若いおばさんを美魔女とか言ってたけど男の人の場合は何て言うの??
若さの秘訣は??って聞いたら「高麗人参エキスを飲んだら良い」と力説。 
b0165536_2214810.jpg

いやぁ~、来月ロス行く際に免税店で買わなくちゃ。 
(今この記事書きながら再度人参の事思い出したのよ)

そんなこんなでこの日は結構あっという間に目的地のロスアルコスに到着。
b0165536_22252316.jpg

前を歩くはオーストラリア人のマイクとアメリカ人のメレニー。
突然この2人、お互いの小指と小指を絡めた~♪♪
昨晩の皆での夕食の時、「あれ?何かこの2人できてる?」って思ってたけど、やっぱりね。

私1人で見て見てみて~~~前の2人!!!ってJujuに言ってました。(おばさんだからね、私)
「ええやん、若いし、カミーノやし。」
そうだよね~、いいよね~、カミーノって恋活だよね!
もちろん私達も小指で手つなぎしてロスアルコスの町に入りましたよ♪
b0165536_2235666.jpg
 

今日は久々に一応巡礼しているしアルベルゲに泊まろうとの事でCasa de la Abuelaへ。
b0165536_2238506.jpg

2段ベットの覚悟を決めていたのにどうやらここは人気のプライベートアルベルゲらしく予約で一杯。
個室しか空いてないとの事で良かったんだか悪かったんだか。45ユーロ/泊。
b0165536_224417.jpg

アルベルゲなのにフカフカの羽毛布団にプライベートバス。
b0165536_2245310.jpg

さらに受付では1人1ユーロの洗濯袋に洗濯物を入れて渡せば洗濯して干しておいてくれるという素晴らしいサービスも。私らたまたま1ユーロコインしか手持ちがその時無くて、後で持ってくるって言ったら,
【1ユーロで2人分良いよ!】と。

予約で一杯になるハズの巡礼宿だよ、ここは。
[PR]
# by kiki-juju | 2015-10-11 22:50 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(2)

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた⑬ エステーリャからボトルだよ!

エステーリャ(Estella)の街散策。

午後2時過ぎという時間帯はシエスタ文化のあるスペインの町ではお昼ご飯にちょっと困る。
カミーノを歩いていると、宿に到着するのがどんなに早くても13:00過ぎ。
そこからシャワーを浴び(汗まみれなのでこれ最初)、洗濯するとどうしてもお昼ご飯を食べに行くのが14:00過ぎ。 バルはオープンしているけどおつまみピンチョスがパラパラある程度・・・。

この日も15:00近くとなり変な時間帯。
バスターミナルに併設されているカフェくらいしかなかったのでとりあえずそこで。
b0165536_19372663.jpg

たいしたメニューが無かったので私は焼きピーマン&ベーコンのボカディージョ。
Jujuはミートソーススパゲティー。(缶詰っぽいソースだったそうです)
b0165536_19391442.jpg

生絞りオレンジジュースは私の日焼け後マストアイテム! 
スペインはオレンジ豊富だけどオレンジジュースは1杯2.5ユーロ~3ユーロ程。
ビールやワインに比べると結構高価な飲み物なんだよね。

腹ごしらえ後の散歩。 20km以上歩いた後でもお昼食べたらまた元気復活で歩き回る。
シエスタ中なので町はし~んと静まりかえっている。
b0165536_19481581.jpg

憩いの広場も無人。
b0165536_19493620.jpg

カフェでコーヒータイム。 そよそよ風が吹き、鳥がさえずり、誰もいなく、のんびりしていていい感じ。
b0165536_19501084.jpg


そこへヨロヨロと今にも倒れそうな歩き方でブラジル人のアドリアーナ&レビ夫妻がやって来た。
この夫婦とはいつも泊まるホテルが一緒。 
この夫婦、なんだかとっても優雅なな雰囲気が漂っているのです。 汗まみれのドロドロ状態でも気品があるのです。 きっと良いところの人なのかな?

「今日は道を4kmも間違えてしまったの・・・・。もう疲れすぎて歩けないし探しているホステルも見つからないの。」
とアドリアーナ涙目&震え声。

アドリアーナよ、今日の道はずっと真っ直ぐ、標識も多く、間違えるような道あったかいな??

探してるホステルは?と聞くと私達の泊まっている所。
建物に小さな看板掲げているけど、きっと疲れすぎてもう見えなくなっているのかもしれない。
同じ所に泊まっているから一緒に行こうとティータイム終了。


部屋でお昼寝をし、その後夜ご飯を食べに町の広場に繰り出す。(ホント飲んで、食べてばかりです)

スペインのご飯タイムは他の国とはズレズレ。夜7時以降~でないと夜メニューの提供はしてくれないのでワインを飲んで時間潰し。

2人で飲んでいたら次々合流してきて、あれよあれよと皆集まり総勢14名の大テーブルに変身。
カナダ夫婦(1組)、オーストラリア(1名)、レバノン(1名)&残りアメリカ人。
b0165536_20154935.jpg

歩いている道中はいろいろな国の人と交流してるけど、夜ご飯時は気がつくといつもアメリカチームの一員になっている気がする。 

日本人は日本人同士で固まるってよく言う(言われる)けど、いやいや、アメリカ人の方ががっちりアメリカ人で固まる傾向があるような気がします。 アメリカ人の寒いジョークはヨーロッパ人にはキツイのかも!?
 

お待ちかねの夕食は今日もメニュー(10ユーロ)で注文。 このエステーリャの町からメニュー1つにつきワインがボトル1本付きとなる! グラスじゃないよ、ボトルだよ♪
ワインが飲めない人はお水を選択だけど、これも1.5Lボトル。 太っ腹ね、スペインの田舎は。

で、前菜は今日も白アスパラ。缶詰でなくこちらはフレッシュ版でした。
b0165536_20375544.jpg

レバノン人のジョエルはリゾットを頼んだけどイカ墨とは彼女にとっては予想外! 
半分食べるの手伝ってあげた。 とっても美味しい。
b0165536_2040286.jpg

骨付きポークの炭火焼き。
b0165536_2041055.jpg

デザートはアイスクリーム。と日記メモに書いてあったが覚えていない。

1人1本のワイン付きのメニュー。でもここのウェーターさん、水注文の人の分もワインを持ってきていたからワインはきっと水よりも安いという事なのかも知れない。

それだけのワインを出されたテーブルはそりゃぁ~大騒ぎになるよね。
散々騒いで、大笑いして、時には真面目な話もして。
だんだん酔いもまわり、眠くなってきたので私達はお先にまた明日ね~と退散。


金曜の夜のレストランひしめく広場横のホステルが今日の寝床だが、、、、、、
まあうるさい、うるさい。 どのテーブルも酒盛り状態だからね。
いびき対策で持ってきた耳栓が酔っ払い対策に変化した日でした。
[PR]
# by kiki-juju | 2015-09-06 20:54 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(6)