Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

北欧ラップランド・キャンピングカー旅③ スウェーデンの無人キャンプサイト

キャンピングカー旅の初日、車をピックアップ後のスーパーマーケット、予想外にゆっくりしてしまった。
これから10日程の食料、お野菜、お肉、お魚、飲料などカートに山ほど。
それらをキャンピングカーに戻り、所定の場所に片付け、お茶をのんびり飲んでから出発!
だって白夜、いつまでも昼の明るさだから時間はたっぷりある。


森と湖の国フィンランド。 このような景色が続く。
b0165536_2035239.jpg

お約束のトナカイ、路肩にたくさん出没。 目を凝らしておかないと突然飛び出してくるので危ない。
b0165536_20364137.jpg

1時間ほどでスウェーデンとの国境。 過去はここでチェックがあっただろう、今は無人。
b0165536_203848.jpg

その後も単調な道を最初は楽しんでいたがだんだん変わらぬ景色に飽きてきた。
フィンランドもこの辺りのスウェーデンも山が無く、ただただ続く平地。
片側1車線づつの道路も交通量はもの凄く少ない。10分に1回すれ違うくらい。
b0165536_20404430.jpg


のんびり走り、夕方5時過ぎ頃になってきたので目星をつけていたPajalaという村のキャンプサイトに行ってみたがなんだか雰囲気がイマイチ。 
 

明るいのでもうちょっと進んでみようということに。
単調な道をしばらく進んでいると綺麗なパーキングエリアがあり、その先の橋を渡った所に小さなキャンプサイトが。
b0165536_20481687.jpg

でも誰もいない。 ちゃんと整備されていてピクニックテーブルなどもある。 
使用しなかったがキャンピングカーに供給する電源もある。
b0165536_20495181.jpg

Kiosk(売店)の小屋もあるが板が打ち付けられていて閉まっている。
b0165536_20511249.jpg

トイレは開いているがシャワー&サウナ施設は鍵がかかっている。 
キャンピングカーの汚水、トイレの処理施設も有り。
b0165536_2052940.jpg


この時は5月末、北極圏にあるキャンプサイトは6月からや6月中旬からでないと開かない所も多い。
今日はここに停泊する事にした。 料金を徴収する人が来るなら夜か朝でしょう。
b0165536_20565539.jpg


地元の人が自転車に乗って魚釣りに来たり、夕食をもって夜ピクニックをしに来たり、日は暮れないけどさすがに夜(20:00以降)には気温が一桁に下がっているのにも関わらず水着で川に入ったり!!!
b0165536_2059246.jpg


思い思いに過ごせる地元のキャンプ場というよりピクニック場なのかな?
結局、夜遅くも朝にも料金徴収しに人は来なかった。

この明るさで夜の12時。朝までこんな感じ。
冷蔵庫は積んでいるプロパンガスで動くので電気の必要性ゼロ。
b0165536_212538.jpg

夜はご飯を炊いて、持ってきたカレーの夕飯。 作るのが面倒だったから手抜き(笑)

ここの場所は定かではないがユノスアンドとか言う村落の手前だったと思う。
出発地のロヴァニエミからここまで村落がポツポツある程度。
b0165536_21273195.png


キャンピングレンタル会社の人によると、北極圏のフィンランド、スウェーデン、ノルウェーはキャンピングカー宿泊禁止という表示が無ければどこでも泊まって良いとの事。
【P】と書かれているパーキングは数多くあり、テーブルなどもセッティングしてある。
道路よりも少し奥まったパーキングには野営組が午後3時くらいになると停泊を始める。
実際、禁止表示のある所は長い行程中1、2箇所しか見なかった。

でもこれはいくつかの条件のもとに成り立つ気がする。

1日中明るい白夜だから。
人(人口)、大きな町が少なくキャンパーに危害を加える人がいない。
キャンプの繁忙期(夏)が極端に短く、キャンプサイトを作っても商売として成り立たない。

よくわからないけどね。 

でも実際、走っているキャンピングカーは相当な数なのに対してキャンプサイトはガラガラだった。
生活排水の汚水処理、トイレ処理、水補給などでわが家はキャンプサイトを利用する事が多かったけど、どうやら皆さん(ドイツやオランダナンバー多数)は野営派でキャンプサイト利用はギリギリ処理の限界に来るまで利用しないと話していた。 
ちなみにキャンプサイトの料金が特別高いわけではない。日本円で¥2500~¥2800/1泊くらい。


翌朝、とりあえず今日はノルウェー入国を目指す。
相変わらずの単調な道に飽き飽きするが時折「わぁ~♪」という歓声をあげる景色も出現。
b0165536_21344942.jpg


スウェーデン・キルナ(Kiruna)の町の手前に有名なアイスホテルがある。
私はこんな所に泊まろうとは絶対に思わないけど、寒いの苦手だから。
見物に行って見ようと途中まで行ったところ、夏季は6月10日からオープン。 5月末は閉鎖中・・・・。
残念。 

適当に見つけたこじんまりしたパーキングでティータイム休憩。
北欧といえばベリー類。 最近ね~老眼かしら?以前から比べて近くの物の焦点が微妙にズレてる気がして。 遠くは視力がバツグンに良いので遥かかなたまで見えるのに。
目の為にベリージュースをこの旅中いろいろ試して飲みました。
b0165536_21434556.jpg


このパーキング、湖に面してとても綺麗。
b0165536_21443488.jpg

風が強かったりする事も考慮し、外のピクニックテーブルの他に小屋内でお食事できるスペースもあり。
b0165536_21452896.jpg

湖も遠くまで広がり綺麗。
b0165536_21463065.jpg

湖の周りを歩けるトレッキングルートも有りとパーキングなのに充実している。
もちろんゴミ捨て場、トイレも完備。 ちょっと汚くて遠慮。私は車内のトイレをフル活用しているから。 
なのでキャンパー野営組も勿論いる。 キャンパーは皆とてもマナーが良く、いるのかいないのか分からないくらいどこも静か。
b0165536_21481524.jpg

まわりは何~にも無い所なのにこういう至れり尽くせりな設備がどこでも充実していて旅がしやすい。

但し、普通車レンタカー旅行はかなり厳しいかも。 ここまでの道中、宿泊施設、カフェ、レストランが皆無。
小さなスーパー、無人ガススタンドはあったけど。


先を急がねば。 ロヴァニエミを出てから初めてのそこそこの町キルナ(Kiruna)。
ガソリン補給に立ち寄る。 スウェーデンのディーゼルガソリン価格は12.7スウェーデンクローナ。
1クローナ=¥14-なのでリッター¥178-。 だんだん高くなってきています。

道中ガソリンスタンドが少ないので、ガソリンメーター半分近くなったら常に補充してました。
ちなみにキャンピングカーの燃費はリッター8~9kmくらい。 
四分割されている1目盛りで¥4000程。 という事は満タンで¥16,000-超えるかどうか。

日本のJujuの乗っている車も似たような燃費だけど、タンクの容量と価格が違いすぎる!
この旅のガソリン総額はこの旅行記を書き終える頃にはカードの請求書が来るので判明するでしょう。


話を戻して、キルナの町を出てひたすら西へ。
世界最北端を走るスウェーデン国鉄と並走。 終点はこれまた最北駅、ノルウェーのナルビク(Narvik)駅。
b0165536_2283224.jpg


ノルウェーに近づき、景色も一変、雪山も見える。
b0165536_2210294.jpg

クングスレーデン(王様の散歩道)で有名なアビスコ国立公園手前になると景色も絶景。
クングスレーデンは帰路でもちろんハイキングしましたよ。 その内容はまた後で。
b0165536_22144230.jpg

手前はまだ氷が漂うほどの湖水。
b0165536_22145539.jpg

真っ青な湖。車を停めて堪能。
b0165536_22152228.jpg

そしてようやくノルウェー国境。 ここも普通車はフリーパス。
b0165536_2217064.jpg

スウェーデン国境近辺~ノルウェー国境越えると景色がいきなり変わる。
いままでよりもどんどん起伏のある景色になる。
b0165536_2225144.jpg

ここでのんびりお昼休憩としました。
[PR]
# by kiki-juju | 2016-06-19 22:25 | 北欧・キャンピングカー旅 | Trackback | Comments(4)

北欧ラップランド・キャンピングカー旅② キャンピングカーをレンタル

本当に一切暗くならない白夜を初めて体験。
明るくて眠れない・・・なんてことは無く、ぐっすり寝ました。

ホテルの朝食は7時半~。 早起きしてしまったから朝食開始時間まで散歩。
と言ってもこのサンタクロースホリデービレッジ内以外、周りに何もありません。
唯一あるのは道路向かいのCAFE併設の24時間営業のシェルガソリンスタンドのみ。
b0165536_19492481.jpg

気になるフィンランドのガソリン価格。
キャンピングカーはディーゼルなのでリッターあたり1.219ユーロ。
2016年5月末時点、1ユーロ=¥120-で計算するとリッターあたり¥146-。
高いね~。日本はディーゼル¥85だもの!
b0165536_19494754.jpg

でも北欧3カ国、フィンランド、スウェーデン、ノルウェーの中、ダントツでフィンランドがガソリン安かった。
産油国なのにノルウェーなんて・・・・・。後々書きます。


フィンランドでレンタルするキャンピングカー会社はTouring carsという会社。
フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、アイスランドに支店がある北欧ではまあまあメジャーなレンタルキャンピング会社。
b0165536_205748.jpg


ホテルにて朝9時にピックアップしてもらう。 因みに空港、このサンタクロース村ホテルはピックアップ無料。
ロヴァニエミ中心部ホテルピックアップの場合、€54/片道。

レンタカー屋のオフィスはロヴァニエミ空港の滑走路一番端に隣接。
b0165536_2071082.jpg

ガレージの様なオフィス。
b0165536_2073870.jpg

中はこざっぱりでシンプル。
b0165536_2084917.jpg


やはりこの地域でのキャンピングカーレンタルは人気なようでこれから借りる人、返却する人が常に2~3組いました。(皆ドイツ人でした)

私達が予約を入れた時点(1月末)も既に一番小さいサイズのキャンピングカーはもう既に予約済で無かったのですが、レンタルする5月まで時間があるから手配できるとの返答。 保有台数はかなり多めのようです。
この会社のスタッフ(ヘルシンキのヘッドオフィス含め)皆すごく親切でした。
HPの右下にチャットがあるのですが、いろいろな車に関する質問、ノルウェーまでの北極圏道路状況(未知の領域だから)などなど、予約を入れる際もチャットしつつ手伝ってくれたりとビックリ親切。


さてキャンピングカーを借りる際、まずは15分程の車の使用法DVDを見ます。(英語)
それから使用の際の注意事項、キャンピングカーのサイズ(幅、高さ、長さ)の確認。
一番小さいサイズと言っても長さ7m、幅2.3m、高さ3mです。
b0165536_20233940.jpg


その後車の保険の話。 ベース料金には2800ユーロの免責が含まれています。
(但し内装のダメージは含まれない)
これを追加料金を支払う事で1200ユーロ、600ユーロ、0まで下げる事ができます。

私達は免責600ユーロ(€19/日)+フロントガラス・タイヤ免責0ユーロ(€7/日)を11日分加入。
結構大型トラックが片側1車線づつの道をかなりのスピードで走っていた。
さらに砂利っぽい場所も路肩などは多いのでタイヤのパンクなら別に自腹切っても構わないが、フロントガラスはさすがにね。
高価格北欧だし請求額が怖い。 保険はそれぞれの考えで加入しましょう。


あとは備品のレンタル。いろいろ借りる事ができます。
私達はテーブル&イスセット(€44)、トイレケミカル(€22-絶対必要)、BBQグリル(€39)を借りました。
b0165536_20381363.jpg


それとこの会社、タブレット端末を貸してくれます。SIM代が€27ですがフィンランド、スウェーデン、ノルウェーのどんな僻地でもしっかりつながります。 
キャンプサイトも僻地はWIFIが飛んでいない場所がほとんどだったのでかなり重宝しました。 
事故や車のトラブルなどレンタカー会社との連絡が必要な際にもすぐに連絡ができるからある意味保険。
車が1時間に数台しか通らない場所もかなりあったから。
b0165536_20494790.jpg


そして最後に車の外装、内装のキズを念入りにチェック。
チェックシートを渡されて記入します。 返却時に揉めない為に念入りにして下さいとの事、日本みたいに細かくて似てると思いました。
車自体は20,000km走ったとても綺麗な状態。 この地域、1レンタル者が2000~3000kmは余裕で走ると思うので、きっとまだ10組にも貸していないと思われる。 因みに距離は無制限です。

すべて完了後に行ってらっしゃい、楽しんで来て~♪ とさよならお見送り。


借りたキャンピングカーの紹介。やはりベースはフィアット(Fiat)、6速マニュアル。
b0165536_2115045.jpg

運転席のイスを回せば4人掛けテーブル。
b0165536_2123563.jpg

ガスレンジ、シンク、その奥にベッド。
b0165536_2134520.jpg

ガスレンジは3口。火力もしっかりしています。 シンクの水道からはちゃんとお湯が出ます。(室内ヒーターをつけた場合)
b0165536_2142452.jpg

キッチン用品も一式揃っています。
b0165536_21142436.jpg

b0165536_21143886.jpg

冷蔵庫、冷凍庫は別になっているので使いやすく、容量もかなりあって重宝しました。
走行中はガス、キャンプサイトで電源を入れた際には電気と自動で切り替わってくれます。
今まで借りたドイツでは走行中はガスのバルブを必ず閉めなければならなかった(車のバッテリーで冷蔵庫を稼動)のですが、ここでは常にガスを開けっ放しでOKとの事。
b0165536_215111.jpg

その向かいにシャワー
b0165536_2153044.jpg

トイレ。 トイレの便座はクルッとまわるのでゆったり座れます。
b0165536_2162189.jpg

ベッド。 今回はツインタイプでした。 ダブルよりツインの方が起きる時間が違うからやっぱり使いやすい。
大きさも長さ190cm以上はある。(Jujuが身長185cmだけど余裕があったから) 幅は普通のシングルベッド位はあると思う。 はみ出て落ちる恐怖は無い。
b0165536_217423.jpg

レンタル会社で寝具一式を借りる事もできますが、私達はふわモコのモンベルダウンハガー800-#0(真冬用)といらないシーツをいつも持参しています。
b0165536_2195119.jpg

ベッド下部には室内ストーブとお湯のスイッチ。 やはり朝晩は0℃近くになる日もあったので毎日使用。
左がガス使用、右が電気。 いつもすぐに温まるガスしか使用しませんでした。何故かガスストーブをつけるとお湯も同時に作られるのでお湯温めモードは使用せず。
b0165536_21123011.jpg

横ドアの上には電気系統、上水、汚水のレベル表示版。
b0165536_21133564.jpg

外には荷物入れ。人が入れる程の余裕のあるスペース。
b0165536_21152955.jpg

ガスボトルは2本。 私達は節約を気にせずにガンガン使用し、ちょうど返却日の朝に1本カラになりました。
車返却時にガソリンスタンドにて新しいガスボトルに交換してから返さなくてはいけないのでちょうど良かった。
b0165536_21183036.jpg



スタート最初にする事はスーパーに行って生鮮食料品をそろえる事。
キャンピングカー会社で大きなスーパーの場所をちゃんと出かける前に教えてくれます。
ロヴァニエミ中心部手前の大型スーパーマーケット、Kスーパー。
b0165536_21225623.jpg

食料品を初め日用雑貨品など何から何まで売っています。 
税金の高いフィンランドという事で価格は?新鮮野菜はある?お肉は?と思ってましたが心配無用。
豊富な品揃え、税金が含まれた価格でも日本のスーパーとほとんど変わりません。 
むしろ安いと思うものも多い。

いろいろとどっさり買い込みスウェーデン、ノルウェーへと出発しました。
[PR]
# by kiki-juju | 2016-06-15 21:26 | 北欧・キャンピングカー旅 | Trackback | Comments(4)

北欧ラップランド・キャンピングカー旅① 関空~ロヴァニエミ

今年の春旅は北欧、北極圏(北緯 66度33分以北)のフィンランド、スウェーデン、ノルウェーへ。
夏の24時間沈まない太陽、白夜も体験。 本当に1日中明るい!

キャンピングカーをレンタルし、フィンランドのサンタクロース村のあるロヴァニエミ(Rovaniemi)からノルウェーのロフォーテン諸島の一番端っこオー(Å)までの往復、総走行距離2500kmを走りました。
b0165536_2274865.png


そもそもロフォーテン諸島なんてあまり馴染みがないですよね。
私達は旅行先を決める際にいつも参考にするのが「ナショナルジオグラフィック」

ロフォーテン諸島は【世界で最も美しい場所のひとつ】とか【絶景アルプスが海に沈んでいるようだ】など表現されている場所。
その表現通り、スイスのような山並みなのにすぐその下に透明度の高い海がある。
b0165536_22323587.jpg

お天気にも恵まれ、毎日絶景続きでした。

さてロフォーテン諸島、場所はこれまた何とも遠い北極圏、ノルウェー北部の端の端。
b0165536_2215561.png


下調べ段階で道中、宿もレストランも少なくまさに辺境の地の様相。 
普通車のレンタカー+ホテル宿泊はちょっと厳しい感じがしたので迷わずキャンピングカーレンタル。
b0165536_2220654.jpg

これが、正解!
実際このエリア、北極圏をキャンピングカーで旅する人々の多い事。
ホテル、レストラン、カフェ、トイレ施設の数がとても少ないので、キャンピングカーで無いと正直厳しい。

過去のキャンピングカー旅、
ドイツ~スイス~イタリアのキャンピングカー旅・第1弾
ドイツ~クロアチアのキャンピングカー旅・第2弾
に続く第3弾、北欧ラップランドキャンピングカー旅となりました。

道は走りやすく、交通量も少ないので運転は楽。(夫のみ運転。私には車が大きすぎて無理)
ただし、トナカイが容赦なく飛び出してくるのでスピードは控えめに。
b0165536_22282496.jpg



旅の出発は関空~ヘルシンキ乗換えロヴァニエミまでフィンランド航空。
我が家ルール、朝便、飛行10時間以内はエコノミー席。 ただし一番前のバルクヘッド席(エコノミーコンフォート)は必ず確保で。

機内の備品は何でもかんでもマリメッコ。  私も今回はマリメッコバッグで来ましたけど。
機内食、乗ってすぐのお昼、お魚をチョイス
b0165536_22384664.jpg

到着前のパスタ
b0165536_22391982.jpg

まぁ、どちらも微妙でございました。 
搭乗前に関空食堂で毎度おなじみ鮭定食をお腹一杯食べているので。

ヘルシンキで乗り換え国内線で1時間、サンタさんで有名なロヴァニエミに到着。
一日数便しか発着しないこの空港、もちろん沖止めです。
b0165536_22423735.jpg

空港は凄く小さい。 今までの私の人生体験の中で一番小さい空港だと思います。
b0165536_22442614.jpg


宿泊先は空港すぐ近くのサンタクロースホリデービレッジ
空港まで無料送迎、バッゲージを引き取る所で待っていてくれます。
b0165536_22504435.jpg

敷地内はコテージが立ち並んでいます。
b0165536_22511822.jpg

この時期は閑散期でお客さんも非常に少なく静か。
お隣のコテージも空いています。
b0165536_22521343.jpg


お部屋はかなり広め。ベットの位置の対面にリビングスペース。
b0165536_22534958.jpg

キッチンも付いています。
b0165536_22543829.jpg

食器もすべて完備。
b0165536_22553256.jpg

すべてが清潔に保たれていました。
私が気に入ったのがバスルーム。 全室にサウナ付き!
b0165536_22563692.jpg

早々に飛行機の疲れを癒す為にサウナに入りました♪
b0165536_2257169.jpg



サウナで汗を流して夕食。
サンタクロースビレッジ内にはお土産屋さんやマリメッコ、イッタラなどのアウトレットショップもあります。
これは帰りに行きました。
b0165536_2331548.jpg


木で出来たティーピーの小屋。 ここで名物グリルドサーモンを頂きました。
b0165536_233432.jpg

薪をどんどん投入して火を起こします。
b0165536_2334443.jpg

そこへ網に入れた大きなサーモンをゆっくり20分、両面焼きます。
b0165536_23433100.jpg

出来上がったサーモンの美味しいこと♪ 価格は19ユーロ。
b0165536_2352495.jpg


いつまでたっても日がくれず明るいまま。 これで夜の10時過ぎ。
b0165536_2372427.jpg


長距離移動で疲れているのかどんなに明るくても普通にカーテン閉めて就寝できました。
[PR]
# by kiki-juju | 2016-06-10 23:12 | 北欧・キャンピングカー旅 | Trackback | Comments(4)

熊野古道・中辺路を歩く

昨年のスペイン巡礼から帰ってきた数週間後、まだまだ歩き力の残っているうちに熊野古道の一部を歩いてみました。

熊野古道にもいくつかの道があり、今回は田辺から熊野本宮に向かう中辺路(なかへち)の最終区間、
発心門王子~熊野本宮大社までの約7km、一番楽な区間をお試し歩きしてみました。


熊野古道とサンティアゴ・デ・コンポステーラの道は姉妹路なのです。
b0165536_214962.jpg

もちろん懐かしのホタテマークもありました!
b0165536_2152252.jpg


さて、車は本宮大社近くの河原大駐車場に停め、まずはスタート地点の発心門王子までバスで行きます。
本宮参詣は後ほど。
b0165536_218558.jpg

見上げるほどの見事な階段があります。 が発心門王子から歩いてきた場合、裏から本宮へ入るのでこの階段は上りません。(一安心)
b0165536_2184310.jpg


バス停はこの本宮前にあります。
b0165536_2110437.jpg


バスを待っている間に近所の売店で名物めはり寿司を購入。
b0165536_21113451.jpg

絶妙な塩味の菜っぱに包まれたご飯がとても美味しい♪
b0165536_21121822.jpg


バスに乗り込むと・・・・お遍路さんの笠かしら? 歩く様相の方が数人。
b0165536_21131573.jpg


山道をぐんぐん登り20分程で発心門王子に到着。
b0165536_21144416.jpg

b0165536_21191966.jpg

各王子にはこのようなスタンプを押す所があります。
b0165536_21161586.jpg

扉を開けるとスタンプ台と判子が入っていますので各王子にて巡礼手帳に押していきます。
b0165536_21172062.jpg


発心門王子のお向かいに鳥居があります。 が、本宮に行く場合この鳥居の方向に行ってはいけません。
反対方向に歩く事になります! はい、もちろん標識見ずに何の疑いもせずに鳥居をくぐって行きましたよ、私達。 
b0165536_21324645.jpg

だってその方向に歩いて行く人がいたので無意識について行ってしまった・・・。
もちろんこの前を行く男性も途中で間違いと気がついて引き返しましたよ。
b0165536_21354392.jpg

道の雰囲気は良い感じ。
b0165536_21371546.jpg

ちょっと湿気が多く、暑い位ですがなかなかいい感じ。
b0165536_21381575.jpg

でも、歩いていて何か違う気が・・・・。 事前情報によれば発心門王子から初めは舗装路と読んだような気が・・・。
b0165536_21412679.jpg

やっぱりおかしいと???こちらの場所で休憩されていた方に聞いてみると
【反対方向に歩いてますよ】と。 やっぱり・・・・。
b0165536_21431543.jpg

ここまで2km位かな? 無駄に体力使ったわ。
でも綺麗な川に出会えたので良しとしましょう。
b0165536_21441554.jpg

でも私の大嫌いなへびも目撃してしまった・・・・ギャーと叫びながら早足で出発地点へ戻る。 本当にダメ、へびだけは。

あるじゃん、ちゃんと標識。 全然見てませんでした。
b0165536_2147927.jpg


本来の道はバスで上ってきた道を戻る。 ちゃんとした舗装路です。
b0165536_21474964.jpg

分岐点ごとに標識があるので見落とさずに。
b0165536_21483590.jpg

水呑王子までは民家の中を歩いていきます。
b0165536_21494834.jpg

b0165536_21503757.jpg


水呑王子を過ぎるとやっと古道らしくなります。
b0165536_21511792.jpg

b0165536_21513475.jpg


中辺路標識も所々にあります。
b0165536_2153999.jpg

アップダウンもあるけれどもまだまだスペイン巡礼で培った体力が残っているのでかなり余裕。
b0165536_21542469.jpg

やはり湿気が多いのがたまにキズですが、森林浴で気分が良いです。
b0165536_21555488.jpg


途中、何箇所かおトイレ利用する事ができるので安心。 綺麗です。
b0165536_223711.jpg


可愛らしい橋を渡り、
b0165536_22375191.jpg

ここからしばらくが登ったり下ったりで多分この7kmの区間で一番の難所。
この時の私は余裕でしたが、今の私だったらきっと息切れすると思います。
b0165536_2240176.jpg

b0165536_22403735.jpg


ようやく最後の祓殿王子に到着。
b0165536_22413479.jpg

ここまで来ると本宮の鳥居も目の前。
b0165536_2242578.jpg

静かに宮内を歩いて行くと有名な黒いポスト、黒い八咫烏ポスト
b0165536_22443029.jpg

そしてお参り。
b0165536_22485019.jpg

お参りの順番は必ずしもこの通りでなくとも、と書かれているが順番にしてみました。
b0165536_22502067.jpg


行きに見上げた階段。 帰りは上から下りてくるだけ。やっぱり上りよりも下りで良かった。
b0165536_22521422.jpg


ウォーキング後は冷たいざるうどん。
b0165536_22575548.jpg


スペイン巡礼路と熊野古道、一定の条件のもとに両方歩いた人には、「二つの道の巡礼者」限定ピンバッジが頂けます。 スペインのホタテと日本の黒カラスのコンビ。
b0165536_22593736.jpg


軽く7kmのウォーキング。 最後のこの区間は整備されていてとても歩きやすくなっています。
しかし、そのほかのルートは結構山アリ谷アリで大変な様です。
湯の峰温泉から発心門王子までのルートもあるので次回は温泉がてら歩いてみたいと思います。
ニョロのいない時期にね。
[PR]
# by kiki-juju | 2016-05-25 23:03 | 国内旅行 | Trackback | Comments(4)

スペイン巡礼・装備編

スペイン巡礼の装備。出発前のいる、いらないの論争は凄まじかった。
人様の巡礼ブログを参考にして一番頭を悩ませたのがこの装備。

とにかく重さとの戦い、この一言に尽きる。
『軽く、できるだけ軽く、とにかく最軽量で!』
目標は私が5kg、夫が7Kgだったが、水や行動食を含めるとかなり厳しく結局それ以上になっていたハズ。
普段の旅行ではいらないと思われる物まで持参する私、荷物の軽量化(厳選)にはかなり苦しんだ。

また、先人達のブログやカミーノ掲示板などを読むと『装備品はケチるな!』と。
まぁねぇ~、アウトドア用品ってなんてお高いのでしょう、仕方ない・・・・
全部でいくらかかったか知るのが怖いので計算していません。
細々したものも含めると軽く10万は越えていると思う、勿論1人分! 
軽量化されている用品は基本的に高い。今後も使うからその辺はケチらないで良いとの事。(財務省・夫)


【バック系】
・バックパック  オスプレイ-(Osprey)
シラス36L(女性用/約1.3Kg) ストラトス36L(男性用/約1.4Kg)
※同じ36Lでも男性用と女性用では一まわり以上差がある。
さすがに機能的で使いやすい。カミーノでもやはり一番人気のザックであった。
ザックは小さいかな?位でちょうど良い。大きければ荷物をどんどん入れてしまうので。
b0165536_203641.jpg


・貴重品入れ小型バック
10年以上前にユニクロで¥500-で購入し、一度も使わずクローゼットで眠っていた物。
大きなサブバックは持ちたくなかったし、服で上から覆える小さなサイズを持って行きたかった。なかなか優秀な貴重品入れで大活躍!

・ビニールエコバック  
100円ショップ物。シャワー室で着替えを入れたり、食料調達時に使用。

・防水スタッフバック  mont-bell
洋服、寝袋、薬類・雑貨なの仕分け用。雨が降ることも考えてすべて2L、5L、10Lの防水バックに入れた。ザックの中が荒れないで整理整頓できる。
ビニール袋やスーパーの袋でも代用できるが、ガサゴソ音がしてうるさいので他人に迷惑。

・ジップロック
細かな雑貨の小分けや紙類、クレデンシャルなどなど。これも雨を想定して。
食品などを入れるのにも。予備に大小数枚も持参。

【シューズ ストック系】
・Keenのミドルカットトレッキングシューズ。(Koven Mid WP)
女性用25.5cmサイズは国内代理店に問合せても取り扱いなし。
b0165536_211752.jpg

ドイツのアウトドア用品店、Bergfreunde.deに他の物と合わせネットで注文。
ちなみにJujuの靴も結構履き込んだKeen。我が家元々Keen好きなので。

・靴の中敷(インソール)  スーパーフィート  
足首や膝負担を減らすため中敷を入れ替えた。 これは絶対にあった方が良い!
b0165536_20162484.jpg


・ビーチサンダル
シャワー時、アルベルゲに宿泊の際に必須。 靴は入り口で脱がされる為。
私の安物サンダル(最後捨てる)は初日のオリソン宿で壊れた。持参したテーピングで応急処置。
ロンセスバージェスのアルベルゲにて5ユーロでとりあえずのビーサン購入。
ログローニョのアウトドアショップでTevaのサンダル購入。後々使えるから高くても気に入った物を買った。

・トレッキング用ストック
ブラックダイアモンドの1万ちょっとの安い物。カミーノを歩くには絶対に必要。
ストック無しで歩いている人もいたが、私は無かったらたぶん歩くの無理。
b0165536_2019568.jpg



【寝具系】
・シュラフ(寝袋)  mont-bell
アルパインダウンハガー800  #3番 約573g (私用)
夫はダウンハガー800 #3番のスーパースパイラルのロング 約600g 
※数千円の差、スーパースパイラルの方伸縮性があってお勧め。
b0165536_20222881.jpg

時期にもよるが、結構暑かったので#5番(439g)でも良かったかも。
この130g程の重量差もカミーノでは結構重要。
宿には毛布が供え付けてある事が多いので夏であればトラベルシーツがあれば寝袋無しでも大丈夫かも。ただしこの毛布、ダニ&南京虫に噛まれる危険大アリらしい。
※結局ホステル、ホテルに泊まるスタイルになってしまったので寝袋は2回しか使わなかった・・・。

・トラベルシーツ  
COCOON コクーン/インセクトシールド シルクトラベルシーツ  約180g
その名の通り菊科の植物から抽出された天然成分を含んでいる防虫効果有りのシーツ。
アルベルゲ(巡礼宿)のベットでダニ、南京虫の攻撃被害に遭われた方々の多数口コミを読み、これ無しでは無理と判断。日本ではずっと在庫切れだったので靴と一緒にドイツから購入。
b0165536_2184434.jpg


         
【衣類系】
一番頭を悩ます部分。5月初め、暑いのか、寒いのかは行ってみるまで分からない。
結果、2015年5月初旬は予想外に全日晴れ、日中は暑いが朝晩は結構凍える。

・雨具  ゴアテックスレインスーツ(ザ・ノース・フェイス‐レインテックス/約550g)
合羽なのに上下でビックリする程の値段!しかし重量、性能(ゴアテックス)を重視し選んだ。
ピレネー超え以外は天候に恵まれ、出番は無かったが結果正解!これによりピレネーの尋常ではない強風に耐えられた気がする。防水は勿論の事、防風性能も素晴らしい!
b0165536_2027875.jpg


・日よけ帽子  つば大きめが良い。あと必ずヒモ付きでないと飛んでいく。

・Tシャツ(速乾長袖)  2枚 
100%でなくともポリエステルの比率が高いと早く乾きます。
日焼け防止の為、私は歩く時は長袖着用。スペインの日差しは半端ない!

・Tシャツ(速乾半袖)  1枚 シャワー後の行動着用

・薄手のドライパーカー   ユニクロ商品  無くてもよかった。

・トレッキング用長ズボン
   1本  チャック付ポケットがたくさんあると便利。
雨の日はレインスーツのパンツを履く予定だったので1本のみ。
しかし今回は雨の日ゼロ! 結局この1本を洗って→履くを繰り返す。毎日ドロドロになるのでトレッキング用ズボンにこだわらず、速乾きのもっと軽量のズボンでもよかったかも。トレッキング用ズボンは重い。
夫は切り離しして半ズボンにもできるトレッキング用長ズボン。これ便利!
でも次回はスカート&スパッツを歩き用、軽量ズボンを行動着にするつもり。

・トレッキング用両面使用の巻きスカート 1枚  mont-bell
シャワー後の行動着。膝上気味なのでユニクロエアリズムスパッツ併用。
夫はアシックスの速乾き長ズボン。

・サポートタイツ
 (私のみ)
ワコールのCW-X ジェネレーターモデル1本とユニクロエアリズムスパッツ1本。
CW-Xは歩く用、ユニクロは部屋&寝着用。CW-Xスパッツの効果は微妙。結局膝痛になったから。
夫はCW‐Xの両足膝のみのサポーター。これでいいかも?!

・下着  3組 ユニクロのドライ下着。 天気なら2組でいける。

・靴下  3組    これも天気なら2組でいける。
トレッキング用靴下、2枚履き推奨などいろいろあるが、私はカミーノ行く前の準備練習時に履いていた職人さん御用達店「ワークマン」の5本指・サポート付ソックスに。
靴との相性が良かったのか靴擦れ、まめ(肉刺)などのトラブルは夫と共に一切無し。次回も絶対コレ!
b0165536_2033820.jpg


・薄手フリース   1枚    朝晩は冷え込むので必要。

・ウルトラライトダウン  1着  ユニクロ製 
全日天候に恵まれ結局着なかったが、超軽量コンパクトなので保険としてあっても良い。

【タオル類】
・速乾ドライタオル(中)  1枚  N・Rit. ワッフル加工にこだわった。
・てぬぐい  1枚  首に巻いたり、汗拭いたり、体洗ったりと重宝。早く乾く。
・コットン生地マフラー  1枚 歩いている時の首焼け防止&防寒にもなる。


【洗面・薬系など】
・歯磨きセット
・石けん  1個  ボディ洗い&洗顔  長年使用の牛乳石鹸・赤箱 
・シャンプー   リンスインシャンプーのメリット  行く前に髪を短く切った。
・美白乳液&クリーム   詰め替えて持っていく。しかしスペインの乾燥、恐るべし。
塗っても塗っても乾燥し、現地で「60歳以上の肌でも潤う濃厚クリーム下さい!」
とアベンヌ老肌用追加購入。

・日焼け止め  顔用SPF50++  しっかり塗ったが真っ黒に日焼け。
何を塗っても結局焼ける。昼はしっかりSPF50を塗り、夜は濃厚クリームで保湿。
帰国後に集中美白、肌の回復に励もう!その手の商品は日本が最高だから。

・めん棒    耳用。シャワーの水が入ったらこれ無しではイライラMAX.。
・ヴァセリン  足の保護に必須、といろいろ書かれていたが結局私たちは使用しなかった。朝、塗っている暇が無かったというのが正解。途中で廃棄。

・薬類
    風邪薬(葛根湯)、鎮痛剤(イブ、ロキソニン)、大正漢方胃腸薬、ビオフェルミン、ビタミンC錠剤、アリナミンEX錠剤、バンドエイド、テーピング、サロンパス、小サイズガーゼ、かゆみ止めムヒ、ロキソニン塗り薬、化膿止め軟膏、目薬、つめ切り、ジェルクッション指チューブ。

ヒットはジェルクッション指チューブ。 これは一押し! 痛くなりそうな足の指の長さにカットし、被せる。
繰り返し洗って使えると書いてあるけど、1回消耗品と考えよう。 これは絶対に持って行くべきアイテム。
b0165536_2115271.jpg


【その他】
・日よけ手袋  持っていったが面倒で使わず。手首から下が袖ラインくっきり真っ黒に。

・サングラス  普通のUV効果ありのタウン用。

・ヘッドライト
  ブラックダイアモンドの物。早朝真っ暗な中を歩くなら必要。私達は1回使用したのみ。あったら便利、時期にもよるが無くてもいける。

・ビクトリノックスのナイフ    いろいろと便利。 

・洗濯ばさみ10個  安全ピン 4個  カラビナ 2個(ザックに引っ掛ける)
・洗濯洗剤     ウタマロ固形石鹸。 固形は使いづらいby洗濯係夫。次回は液体洗剤に変更。
b0165536_2122949.jpg


・水筒  mont-bellのナルゲンボトル 750mL(飲み用)と1L(補充用)の2本。
750mlの方は別売りの口のみできるキャップに付け替えた。
b0165536_2143889.jpg


・耳栓  アルベルゲに宿泊なら必須。 あと週末夜の街中心部のウルサイ度は耳栓レベル。

・トイレットペーパー  芯を抜いて持っていく。どこでも紙はあったのでいらない。
しかし長い道中、フィールドにて万が一の時必要。 ポケットティッシュで良いかも。

・カメラ&携帯電話+その充電器+C型プラグ
カメラは出発前にオリンパスTG-850(Tough)に買い替え。雨の日の防水機能や、すぐカメラを落っことすからその名の通りタフなものを。 SDカードは8GBを入れておき十分。

電話はauの海外通話・メールが使用できる普段使っているガラケー。
主にマイメル友、義父(心配性)との連絡用。
スマホは未だに持っていない、普段ガラケーで十分なので。カミーノ中は別にネットに接続する必要がない。
他の皆はスマホだったので必要であれば聞けばいいと思っていましたが、必要には迫られる事はなかった。 宿に無料のPCあったので調べ物はそれで充分。

・ミニノート(旅のメモ用)&ボールペン
いろいろ出来事が多すぎてブログを書くなら日記をつける必要性がある。
お友達(カミーノフレンズ)がたくさんできるのでメールアドレス交換などにも必要。
名刺を作って行く方が良いというのを事前に読んだが、「別に見知らぬ友達なんていらないわ!」と思っていた私。 結果、名刺があると便利と思います。いちいち書いたり、相手の端末に打ち込んだりしなくて済むから。連絡先交換はとってもお盛んです。

・ガイドブック: John Brierleyのカミーノガイドブック。(英語)
日本語のガイドブックよりも情報量が格段に多い。英語圏の人はほぼコレ。アマゾンで購入。
サンジャン~ログローニョ部分を切り取って持って行った。
b0165536_20422735.jpg

※昨年秋にアメリカに行った際に本屋で新品をもう1冊購入。(無傷の保存用に)

【貴重品など】
・パスポート
・ユーロ現金&クレジットカード  
旅の予算、必要金額は人によって異なる。私達は途中でATMを探してお金を引き出したりするのが面倒くさい、旅行中は節約を考えないスタイルなので結構な額の現金を所持。
飲食代、ホステル代など現金の方が出番が多い。
カミーノの道中、大きな町以外はカードが使えない所が多い。
・海外保険の控え(証書)  怪我はつきもの。ちゃんと加入して行こう。
・国際免許証   万一、離脱した時に現地でレンタカー借りる為。



巡礼スタイルは人それぞれ。
あれもこれもと行く前はいろいろ心配で持って行きたくなるが、歩き始めて2~3日で皆いろいろな不必要なものを捨て始める。
足りなければ現地調達もアリだが、日本よりも使い勝手の良い物は他国にはあまり無いかな。

スペイン語は必ずしも必要というわけではないけれどちょっとした挨拶や1~10までの数字は覚えておくのも悪くないと思います。
私は相変わらずの語学ちょっとかじり好きなのでPimsleurのスペイン語を1~3までかじりました。
b0165536_20521982.jpg

バルでの注文には役立ちました♪ 


これにてスペイン巡礼第一弾、サンジャン~ログローニョまでの巡礼記終了。
次回は今年の秋、ログローニョ~リオンまでの区間を歩く予定です♪




    
[PR]
# by kiki-juju | 2016-05-16 20:54 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(6)

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた・番外編③ ビルバオ~関空

ようやくスペイン巡礼のラストです。 結局1年もかかってしまった・・・・。
月末からの旅行前には終わらせたかったので必死。

美食の街ビルバオ空港からパリへ。
空港でもコンテンポラリーアートが鑑賞できます。
が、私にはアートセンスが備わっていないのでただのオブジェとしか受け入れられません。
b0165536_2114976.jpg
 
小さな空港なのでチェックインも手際よくさっさと終わってしまい、お店も少ししかないので時間が余る。
CAFEにて朝食セットでも頂く。 このパンにフォークをブスッって刺して出すの本当にやめてほしい・・・。

ドイツでもケーキ類頼むとこのスタイルででてくるのよね。 フォーク横に添えればいいのに、っていつも思う。
シュガーマーガリンと言うのだろうか?? コンビニにあるジャリジャリ砂糖の混ざったマーガリンパンという物にそっくりなお味。 不味くはないけど。
b0165536_21225536.jpg


搭乗前、私達の乗るHOP(エールフランスの子会社便)に荷物を積み込んでいるのですが、ベルトコンベアーが故障して動かない様子。
b0165536_21255095.jpg

実は外は猛烈な土砂降りの雨。
私達も含め、この便に乗る乗客が口々に【荷物が濡れる・・・・】とザワザワ。
シートでもかければいいのにそのまま放置状態。 これがスペインクオリティー?それともエールフランス?
しばらくして直らないと判断したのか手積み!!
b0165536_21285434.jpg

もう濡れてても仕方ないと諦めましたわ。

さよならビルバオ。また秋にね。
b0165536_21341157.jpg

さらに機内の空調も壊れていて暑い。 乗客のスペイン人かフランス人か分からないけどCAさんに文句言いまくり。 だいぶ上空に上がってからやっと涼しい風が吹き込まれて来ました。
お水一気飲みしたわ。
b0165536_213383.jpg


Jujuの腕、時計の跡を残して綺麗に焼けてる。 
これを見て、日焼け止めを顔に毎日必死に塗って歩いていたけど、、、、ちょっぴり怖くなりました。
帰ってから美白に励んだけど。
b0165536_2136489.jpg


パリ、シャルルドゴール空港到着。
が、、、荷物が出てこない! たった1時間ちょっとの小さな飛行機のフライトなのに。
バッゲージターンテーブルの兄ちゃんに聞いたらこっちの英語で言っていること分かっているのにフランス語でしか返さない。 さらにフランス語は分からないって言ったら溜息&舌打ちチッってされて超絶感じ悪る。

あっち、とか指差されてなんとかロストバッゲージカウンターへ。 
b0165536_21401575.jpg

打って変わってカウンターのお姉さんはすごく親切だった。 この差はなんだ??

荷物の形を説明し、お姉さんどこかへ電話。
b0165536_21453286.jpg

空港内の別のターミナルに行ってしまっているとの事。
すぐにこちらに運んできてくれるとの事で待つことに。 しかし、30分経ってもこない。
お姉さんも私達が目の前で待っているのでどこかにしつこく電話。 さらに電話に向かって溜息&舌打ちチッって。あれ?これ習慣??

1時間近く待っても来ないからとお姉さんがミールクーポン作ってくれました。
b0165536_2150555.jpg


近くにあるPAULでお昼に。16ユーロ分頂けたけど飲み物も頼んだら足が出た。
やっぱり空港は何でも高いね。
b0165536_21512696.jpg


結局荷物が手元に戻ったのは飛行機を降りてから1時間40分後でした。

この日は空港近くホテルで1泊。 空港内無料シャトルで鉄道駅に隣接しているNOVOTEL HOTEL。
b0165536_21543922.jpg

可もなく不可もなく普通の部屋のです。
b0165536_21551783.jpg

バスルームはタブ付き。
b0165536_21561088.jpg

パリ空港着初日に泊まったCitzen Mの方が部屋は狭いけど私は向こうの方が好き。

パリ市内まで行こうか、なんて言っていたけどロストバッゲージやら部屋でダラダラしていてパリ市内まで出るのが面倒になってしまった。

夕ご飯はホテル内レストランは何故か中華フェアーなるメニュー。 いらん、ここでは。
空港内のレストランでも物色しに。

この在来線ターミナル駅って暗くて何だか夜とかあまりよろしくなさそうな雰囲気。
b0165536_2224645.jpg

フラフラターミナル内を散策。
b0165536_2233665.jpg

これに乗ればパリ市内に楽に行けるようです。
b0165536_2241546.jpg

初日にもお茶をしたこのお店で。
b0165536_226292.jpg

昨日のステーキの余韻がまだまだ残っていたので(あまりにも美味しすぎて)、今日も変わらずお肉。
えっ、小さい! 厚みはあるけど・・・。  まあ、いい、固くなかったから。
b0165536_2271719.jpg


翌日、香港径由で関空へ。 キャセイのラウンジへ。
b0165536_2292557.jpg

人が少なくて良い。
b0165536_22511895.jpg

寝過ごして朝ごはんを食べてなかったので、何か食べましょう♪
Jujuは早々に酢豚&ご飯。 お米イマイチだが、酢豚はイケる。
b0165536_22104396.jpg

私はワンタン麺。 ワンタンはOK、麺はなんだか更科そばみたいな麺。
スープの味も悪くはないが麺を改良希望。
b0165536_22122092.jpg


そう、フランスに来たらマカロン、人気のLADUREE空港店がキャセイラウンジの真下にあります。
早々買いに行き選びに選んでオレンジクリームとラズベリーの2個購入♪ 
ラウンジに戻り、カプチーノをいれデザートタイム。
b0165536_22155443.jpg

オレンジクリームはトイレの芳香剤っぽい味(匂い)でう~ん、イマイチ。
本命のラズベリーはJujuに1口食べていいよ♪ って言ったら何と丸ごと口に入れた!!!
激怒りで文句言ってやったら、
「下に行って好きなだけ買ってきたらいいだろ」
ってそういう問題じゃない。もういい。

マカロンごときでスネながら搭乗。
この便もウナギの寝床仕様。 もう今はこれがキャセイのスタンダードなのかしら?
b0165536_22215956.jpg

足が届かない位の長さがあります。
b0165536_22224789.jpg

でも隣に誰か(Juju)がいないので長時間飛行中、遊び相手に困ります。

キャセイの機内食。 行きは夜中便だったのでほとんど食べなかった。
帰りは昼便なので食べたい物だけ頂いてみました。

最初の前菜。 オマールエビの何とか仕立て。
b0165536_22262024.jpg

いくつかあるメインの中から鶏のピリ辛何とか。 何とかばっかりですがメニューをあまり真剣に読んでません。 これは意外と美味しかった。
b0165536_22274597.jpg

その他コーヒーとかデザートやらおやつだのいろいろ好きな時にサーブしてもらえます。

朝食だか到着前。
ヨーグルトとフルーツ。 フルーツは冷たくて甘くて美味しい。
b0165536_2229391.jpg

エビお粥。
b0165536_22294111.jpg

やたらガーリックパン勧めるんだよね。お粥に合わないって。

そんなこんなで12時間強で香港着。
b0165536_2231596.jpg


ラウンジでシャワーを浴び、飲茶を少々食べ、珍しく機内で熟睡してあっという間に関空着。

ダラダラ書き続けたスペイン巡礼紀、これにてようやく終了。


スペイン巡礼は今までの旅行とはまったく違うとっても印象深い旅でした。
誰にでもお勧め♪ とは言いませんが(やはり体力作りが必要)、このような道がある事を知り、歩いてみた事が自分にとってはとても貴重な気がします。

残りの行程を次回ログローニョから歩く事が結構今から楽しみだったりします。
完全に振り出しに戻ってしまった歩き力を秋までにどこまで回復できるかが少々疑問ですが(笑)
[PR]
# by kiki-juju | 2016-05-14 22:41 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(2)

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた・番外編② ビルバオ2日目

ビルバオ2日目、朝から旧市街方面へお散歩。
美味しそうな焼きたてパンを並べている所で立ち止まる。
b0165536_21355078.jpg

引き込まれるように中へ入ってみる。 スペインはフランスパンもクロワッサンも美味しい。
b0165536_21381534.jpg

コーヒーとクロワッサンハムサンド。 焼きたてクロワッサンはバターたっぷりで手がベタベタ状態。
b0165536_2140026.jpg


ビルバオと言えば有名なグッゲンハイム美術館に一応は行ってみないと、という事で歩いて行ってみる。 
天気は曇りで寒い。カミーノを歩いている時は暑い、暑いと行っていたのにこの日は凍えるほど。
川沿いの遊歩道は綺麗に整備されていてホテルからのんびり歩いて20分ほど。
b0165536_21483658.jpg

現代美術って実はサッパリわからん。 建物も現代建築、もう入口もどこだか分からない??
b0165536_21522178.jpg

建物前のオブジェ。 
b0165536_21532693.jpg

この蜘蛛のオブジェは見たことあるね。
b0165536_21541530.jpg

まぁ、こんな調子で中に入ってもあまり興味が(理解ができない)涌きそうもないのでここはこれにて終了。
やはり芸術鑑賞よりも食い気のようです・・・・。

一旦、ホテルに戻ってから旧市街へおつまみ(ピンチョス)摘みに出かける。
b0165536_21575152.jpg

イベリコ豚ちゃん♪
b0165536_21582946.jpg

いろいろなハム。もちろんいくつかお買い上げ。
b0165536_2159999.jpg

旧市街の中心にあるサンチアゴ大聖堂。
b0165536_2205614.jpg

そう、ここビルバオもカミーノ巡礼路・【北の道】の通過町。
バックパックを背負った巡礼者達をここでもよく見かけました。
b0165536_2224479.jpg

教会の内部。 そんなに広くもなく、誰もいなくて静か。 
b0165536_2295867.jpg

b0165536_22101173.jpg


旧市街は食の街。 お魚屋さんもフレッシュ!
b0165536_22144688.jpg

干しタラの塩漬け、バカラオも部位ごとに売っている。
b0165536_2216271.jpg

缶詰もここでは脇役ではなく立派なお食事の1品になっているのかしら?
b0165536_22173292.jpg


大聖堂近くバルでイカフリットで1杯。 今まで赤ワインばかり飲んでいたけどスペインの白ワインも美味しい。
b0165536_2263782.jpg


人だかりが出来ていたので「何??」と見に行くと、おじさん達のコーラス隊。
それよりも気になったのがこの人だかりの前のお店。
たくさんのお料理が、京都のおばんざいのお店の様にカウンターに鍋で並べられている。
b0165536_22205797.jpg

そろそろお米が食べたくなってきたので迷わずパエリヤ。
ここは結構な量を盛ってくれる。
b0165536_2222372.jpg

先程タラ(バカラオ)を見てしまったのでやっぱりタラでしょ。 ここ、いくつものタラ料理がありました。
b0165536_2224962.jpg

旧市街は大聖堂を中心として迷路みたいに道があっちこっちに連なっているので次回このお店を見つけるのは結構大変そう。
b0165536_22274268.jpg


旧市街の中でたくさんのバルが集まっている場所がヌエバ広場。
b0165536_2230153.jpg

スペインのピンチョスコンテストで賞を取っている有名店もここにあります。
名前覚えていないけど、このお店は有名らしい。(いろいろ賞を取っているらしい、壁に貼ってあった)
b0165536_22322652.jpg

タラのシンプルコロッケ。 もうタラの美味しさにハマッているから。
b0165536_22332085.jpg


このお店も有名店らしい。 まぁ、中は信じられない位の激混みぶり。
b0165536_22342375.jpg

カツオとイワシ、魚系はハズレ無し。
b0165536_22352456.jpg

このお店、バル半分、レストラン半分になっている造り。 座って食べたいからレストランの方に。
何だか本当は予約をしていないとダメらしいのだが、たまたま2人席が空いていたのでOKだった。

前菜、ナバラ産白アスパラ。 太い! 美味い♪
b0165536_22393471.jpg
 
メインはがっつりステーキ。 ミディアムレアで柔らかくて絶品。
b0165536_22421662.jpg

予約で一杯って分かる気がする。 このお店ホント美味しい。

ヌエバ広場ではこのお店が1番だと思います。

お腹一杯食べて、大満足♪
やっぱり私達のビルバオは現代アートの美術系よりも食べ物だわ!
[PR]
# by kiki-juju | 2016-05-08 22:44 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(6)

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた・番外編① ビルバオ

ここからはカミーノ巡礼の番外編としてビルバオでの食べ歩き。

ホテルに荷物を置き、早速まずは新市街方面へ。
メトロ(地下鉄)Abando駅周辺のバルが連なるエリアへ。
b0165536_2072051.jpg

どこのお店が良いかどうかは分からないのでとりあえず目の前にあったお店に入る。
ズラッと並ぶピンチョス。
b0165536_2094097.jpg

ホタテのホワイトソース焼きと多分生ハム物。(記憶がもう怪しいです・・・)
b0165536_2011844.jpg

美味しい~♪ ログローニョで食べたいろいろなピンチョスも美味しかったけれど、ビルバオの方がちょっぴり上の気がする。

次のお店へ。
b0165536_20131372.jpg

スモークサーモンに稚魚。上に乗っているピクルスのみじん切りが全体の味をギュッと引き締めている
もうひとつはプリプリのマシュルーム。
b0165536_20144925.jpg

ここのお店は上にかかっているソースが絶妙。 1店舗1アイテムでハシゴする事と決めていたのに、美味しすぎてもう1つだけ追加。 焦がしニンニクがたまらなく良い感じ。
b0165536_20162726.jpg


お隣には生ハム屋さん。 ちょこっと試食♪
b0165536_2018862.jpg


巡礼旅だった為、スーツケースが無い今回の旅。 自宅用お土産買うにも入れるスペースがないので急遽デパートにてスーツケースを買う事に。
スペイン各地にあるデパート、El Corte Inglesへ。
b0165536_20213545.jpg

無事スーツケースをゲットし、ついでなのでデパート内の食料品売り場へ。
食料品売り場の前には大きな荷物を置いておくスペースもあります。(コイン式、後でお金は返ってくる)
b0165536_20243125.jpg

いろいろな商品が売っている中で目を引いたのが缶詰コーナー。
スゴイ数の品揃え!
b0165536_20252262.jpg

なんせ魚貝系の缶詰の種類が多いこと。
b0165536_2026636.jpg

スーツケースを手に入れたので躊躇なく缶詰を買い物カゴに放り込みましたわ。
もちろん日本に帰ってからしばらくはこの缶詰類を使って自作ピンチョスの数々を考案しました^^

とりあえず食料品の買い物終了。 デパートからホテルに戻り道、やっぱりバルに入ってしまいます(笑)
ちょっとお洒落系なバル。
b0165536_20323128.jpg

買い物帰りの奥様方がちょっと1杯引っかけて帰る様な感じのお店。
b0165536_20343477.jpg

で、今回の私のベストピンチョスはこの大きなピクルスの間に挟まれたカツオの物。
パンが別添え。
b0165536_20362424.jpg

眉間の間がキーンとなる位の酸っぱさなのだが、もう絶品!
Jujuはこれでもかという程入った溢れんばかりのドライ系ハモンのサンド。
b0165536_20391657.jpg


恐るべしビルバオ。 
ホテルに戻り、夜は旧市街を攻める計画をしました。

デパ食料品店で買った中で美味しくてお勧めな物を紹介。(次回の自分用の覚書も兼)
王道、ツナ缶。 大ぶりでゴロゴロ、食べ応えアリ。 これを食べると日本のシーチキンがイマイチになってしまう。
b0165536_20582613.jpg

イワシのオイル漬け、カツオのシーチキン。 カツオ缶とツナ缶は味がとっても似ている。
ピンチョス屋さんではカツオ(Bonito)を使っている所が多かった気がする。
b0165536_2105262.jpg

タコ缶(ガーリックオリーブ油漬)も美味♪ とにかく柔らかい。 上のカツオ缶の身は大きく食べ応えたっぷり!
b0165536_2131736.jpg

白アスパラのオリーブ油漬け、スペイン料理付け合せ定番、赤ピーマンのロースト。
アスパラは生にはもちろん敵わないが、産地なだけにかなりイケる。
b0165536_215279.jpg

定番のオリーブペーストとオリーブの実。 オリーブペーストはピンチョスの下地、パンの部分にたまに塗ってあったので迷わず購入。
b0165536_2164654.jpg

にんにくのピリ辛オイル漬け。 これは最高に美味しかった。
b0165536_2175574.jpg


反対にダメダメだった物。
カニのペーストと小さな貝の缶詰。 とにかく生臭い。
b0165536_2185134.jpg

ツナペーストとアンチョビペースト。 これもイマイチ、ちょっと猫缶詰な臭いでアウト。
b0165536_2194756.jpg


食べてみないと分からないのが缶詰だが、1つづつの価格が安いのでいろいろ冒険できるのが良いところです。
[PR]
# by kiki-juju | 2016-05-03 20:41 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(4)