Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

北欧ラップランド・キャンピングカー⑬ 世界最北にある動物園

アメリカ大統領選終わりました。
何だかんだと釘付けでCNNを見てました。

結果はトランプ・・・おめでとう。 さよならアメリカ。
そんな感じです・・・・・。 
投票をサボった私に意見を言う権利はありませんが。

別にヒラリー支持では無いけれど女性初大統領になる為、若かりし時からの並々ならぬの計画、熱意、努力、報われて欲しかった気がします。 

最後のスピーチはとても良かったし、ちょっぴりジーンときた。 そうだな、それがアメリカだよねって。
選挙戦でこんなスピーチをちゃんとすればまた違った結果になったのかもしれない。
しかしアメリカ中西部州のあの真っ赤具合、ある意味怖い。   おわり



さてさて北欧旅の続き。
ロヴァニエミより1時間ほど車で南に下がった所にある北極圏の動物達を主に見る事ができるラヌア動物園(Ranua wild park)

この動物園にも綺麗なキャンピングサイトが併設されています。
b0165536_19125496.jpg

b0165536_19132258.jpg

設備もしっかり整い、とっても綺麗です。
b0165536_1913352.jpg

お決まりのサウナもいつも通りの貸切状態。
b0165536_191556.jpg

動物園の入場料は大人16ユーロ。
b0165536_19152422.jpg

園内はこの様な木道で整備されておりとても歩きやすい。
b0165536_19154331.jpg

1周ぐるっとなんと2.5kmもあり広いです!
b0165536_19174392.jpg


まずはカワウソ。 プールで楽しくボール遊びをしてました。
カワウソてこんなに小さいのね。知らなかった。
b0165536_191621100.jpg


お次はミンク。イタチです。
b0165536_19175857.jpg

どこかに隠れてしまって全くいない・・・・。 もぬけの殻部屋でした。
b0165536_19181133.jpg


ここラヌア動物園はいろいろな種類のフクロウがいるのが有名だそう。
b0165536_19201129.jpg


Snowy Owl(シロフクロウ)
※白色の羽毛に覆われた大型のフクロウで、北極圏のツンドラ地帯に分布する by Wiki
b0165536_19194985.jpg

いたいた、お地蔵さんみたいな子。
b0165536_1920306.jpg

いろいろなフクロウがいたのだけれども、1つづつのケージが大きい、そしてフクロウが木の色と同化してしまって探すのが大変でした。
b0165536_19243510.jpg


そしてメインはやはり北極白くま。
b0165536_19254385.jpg

全くやる気ナシ。
b0165536_19262180.jpg

この子なんていびきかいて寝ていました。
b0165536_19272681.jpg


普通のブラウンベアも。
b0165536_1928236.jpg


オオカミ&キツネセクションへ。
やっぱりオオカミってかっこいい! イエローストーンでもオオカミが一番好きだった。
b0165536_19285171.jpg

赤オオカミ・ドール(Dhole)
※赤褐色などの毛色をしているので、別名をアカオオカミとも呼ばれる食肉目イヌ 科の動物 by Wiki
イソップ物語のキツネと葡萄のお話を思い出した風貌。 オオカミだけどね。
b0165536_19313390.jpg

こちらは赤キツネ。
b0165536_19315647.jpg

そして北極キツネ。 もっと可愛い子かと思っていたがイマイチなお顔。
b0165536_19322734.jpg

やはり北極圏といえばトナカイ。 ここにもいましたが、旅も終盤、たくさんあなた方にはお会いしたので感動がありません・・・。
b0165536_19334381.jpg


そしてここでのソリ遊び禁止の張り紙。
b0165536_19345924.jpg

いやぁ~、雪が積っていたらいいコースですね。 張り紙をする意味が分かります。
b0165536_20123156.jpg


この時6月上旬ですが、もう寒くて寒くて。
毛糸の帽子、手袋をしても指先ジンジンするほど。
ちなみにこの動物園は冬がメインなのかしら?
北極圏に生息する動物達だから季節が寒い方が活動が活発になりそうです。

なかなか楽しめます、ラヌア動物園。
ロヴァニエミに訪れた際には足をのばして訪れて見てください。
[PR]
by kiki-juju | 2016-11-10 19:40 | 北欧・キャンピングカー旅 | Trackback | Comments(4)