Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた③ サン・ジャン・ピエ・ド・ポー

2015年5月2日(土)     天気:晴れのち曇り

フランスの道出発地点、サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(St.Jean pied de port)の町。
町のメイン通り(Rue de la Citadelle)は石畳の急坂。
町の端~端まで何往復かしたら結構鍛えられそうな坂道です。
b0165536_21575566.jpg

巡礼手帳・クレデンシャルの発行をする為に巡礼事務所に行くとたくさんの人で行列。
先に今日のお宿にチェックインして荷物を置く事にしました。

お宿もこのメイン通りにある「Hotel Ramuntcho」を事前に日本からネットで予約しておきました。
b0165536_223228.jpg

サンジャンの町は出発地点ということもあり、いくつかホテルがあるのですが、すぐに満室になるようです。
(実際2ヶ月前位にホテル予約サイトを見ていてここしかホテルの空きがなかった)

お部屋はこじんまりしています。窓からはピレネーの綺麗な景色が見えます。
b0165536_2255692.jpg

バスルーム。お湯、排水もしっかりです!
b0165536_2261437.jpg


ひと息ついてから巡礼事務所へ。(メインの石畳通り上の方・Rue de la Citadelle 39番地)
b0165536_2295463.jpg

お昼1:30-15:00P.Mまではお昼休みです。
b0165536_22113165.jpg

外の行列は解消したものの、中はまだ順番待ち。
b0165536_22134119.jpg

私達の番になり無事にクレデンシャルもゲット。 出発地点の初めてのスタンプを押してもらいました。
ここで巡礼のシンボル、ホタテ貝も手に入れる事ができます。(寄付制)
b0165536_22184277.jpg

クレデンシャル発行の他に全行程の高低表、翌日ピレネー超えの注意点の紙(各国語あり)、全行程の巡礼宿(アルベルゲ)情報の紙がもらえます。
この高低表がこれです。
b0165536_22252811.jpg

初日のピレネー高度といったら・・・・
b0165536_22262311.jpg

あと、サンジャンでの宿泊(巡礼宿)もここで紹介してもらえます。 ただ、午後2時頃にはすでに町の巡礼宿の各入口には【満員-Full】と貼紙がしてありました。

無事クレデンシャルも発行してもらったので、お昼ご飯を食べに。
巡礼者用メニューの看板があったのでこのお店に決定。
b0165536_22302624.jpg

12ユーロで前菜、メイン、デザート。英語表記があって良かった~。
巡礼者ってあるけどきっと誰でもOKだと思う。
b0165536_22323026.jpg


前菜はサラダかスープ。 サラダを選択。
b0165536_22331031.jpg

メインのチキン。皮はパリパリ、中ジューシー。
b0165536_2234041.jpg

デザート。何だろう?りんごのクランブルケーキにベリー系のソース。甘さ控えめで美味しかった。
b0165536_22355346.jpg


お腹も満たされたので少々町を散策しつつ、坂道トレーニング。
アウトドアショップもあります。 ある程度の物は揃いますがやはりお値段高め。
b0165536_22415155.jpg

その他この通りには食料品を売っているマーケットもあるので翌日の行動食を買っておく事も忘れずに。

サンジャンはとってもかわいらしい小さな町です。
b0165536_22443641.jpg

スペインの巡礼路は青x黄色のホタテ標識。ここはまだフランスなので赤と白のGR65が標識となっています。
b0165536_22524021.jpg


一通り散策を終え、宿に戻ってのんびり休憩。
何だか鏡を見たら偏頭痛+長旅の疲れか頬がゲッソリ・・・。 出かける前に何とか体重1kg増やしたのに、きっと-2kgになってそうな感じ。結局マイナスという事みたいだわ。


そんなこんなで夕食。 この時はJujuに「食わなきゃ死ぬぞ!」と言われる。
やっぱり肉だよね、タンパク質取らなきゃ。
サンジャンのツーリストインフォメーションがある大通りにあるレストランで夕食。
Jujuはお昼に続きチキン。 酉年、鶏肉好きだから~。
b0165536_22593064.jpg

私はステーキ。 増血しなくちゃ!
b0165536_230013.jpg

しかし・・・・このお肉が硬いのなんの。 こんなに硬い肉は人生初。 途中から顎が疲れて断念。 ポテトの揚がり具合は最高なんだけどね♪


明日の山登りに備えて早めに就寝しました。


巡礼メモ:

・サンジャンの町にはプライベートの巡礼宿もいくつかあります。 公営は予約できませんがプライベートの巡礼宿は予約できます。 http://wisepilgrim.com/camino_frances_in_navarra
Gite Ultreia が良さそうだったので予約しようと思ったが時既に遅し。人気宿のようです。
夏がカミーノのオンシーズンとの事でしたが、5月初めもかなりの人。 先々の町でも午後2時~3時頃には巡礼宿がFull(満室)となっていました。

・食料品マーケットは昼休み有り、夜7:00p.mまで。日曜休み。 
この日は土曜日、外がいつまでも明るいので危うく閉まりかけ間際でギリギリセーフ。
この通りにあるパン屋さんは日曜の朝でも営業していました。
[PR]
by kiki-juju | 2015-05-28 23:05 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(6)

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた② 関空~サン・ジャン・ピエ・ド・ポー

カミーノ巡礼出発まで、日・英・独語問わずいろいろな情報を読みあさって参考にしました。
先人の皆様の情報に感謝してます。私の記事も誰かの参考になれば幸いと思って書きます。


出発の5日前から突然始まった偏頭痛。
頭痛薬のイブを飲んでもダメ、ロキソニン飲んでもダメ、終いには病院から以前貰っていた偏頭痛の特効薬を飲んでもダメ、どれもまったく効き目ナシ。
完全なるストレス性偏頭痛。 ストレスが無くならない限り治らないので仕方がない。

午後の早い時間まで仕事をし、夜便のキャセイパシフィック、香港径由にてパリへ。
関空でいつもの通り最後の和食・鮭定食を軽く食べ、香港までの約4時間、機内食もパスしひたすら寝る。 香港着、広いね~この空港。
b0165536_19201338.jpg

キャセイのビジネスクラスのラウンジ「The Bridge」まで500m以上は歩いた気がする。
b0165536_1921383.jpg

キャセイのヨーロッパ各都市行きは真夜中の12:00過ぎ辺りに集中。
ラウンジ内の綺麗なシャワールームでスッキリし、その後香港飯を軽く食べる。キャセイの本拠地、香港のラウンジは素晴らしい。 空港内にいくつかあるラウンジ巡りをする人もいるらしい。
b0165536_1926069.jpg

2時間ちょっとのトランジットの後、約13時間のフライトでパリへ。
効かない頭痛薬を飲み(効くかな?との期待を込めたがダメ)、機内食パスしてまた寝る。
日本~香港間の短距離路線ビジネスシートは微妙なリクライニング具合でイマイチ。
香港~ヨーロッパ路線はフルフラット、うなぎの寝床型半個室具合でなかなか良い。
途中でハーゲンダッツのアイスを貰い、着陸前の朝食は海鮮粥を少々でパリ着。

またまた広いね、シャルルドゴール空港。 空港内無料シャトル乗り場の遠いこと。
b0165536_19351956.jpg

無料シャトルでRoissypole-Gareでおり、ホテル「Citizen M」へチェックイン。
b0165536_19423317.jpg

キャセイは朝06:50a.mパリ着。 このまま乗り継いで飛行機、もしくはTGVでサンジャン・ピエ・ド・ポー(長すぎる。今後サンジャンと略す)の最寄駅、バイヨンヌ(Bayonne)まで行かれるのだが、飛行機もTGVも翌日の方がホテル代を1泊分払っても安かったのでここで1泊。

Citizen Mホテルは新しく綺麗でホテル口コミサイトでかなりの高評価。でも部屋がめちゃ狭!
しかし、追加料金29ユーロ払えば早朝でもアーリーチェックイン可能。通常チェックイン時間の昼過ぎまで待ちたくない。

で、お部屋、狭いよ~。でもベットが幅2mはある特大サイズ。
b0165536_2003464.jpg

さらにベット下が収納となっている。スペース確保の為考えている。
b0165536_2012479.jpg

バスルームの照明はいろいろな色に変えられる。(別に必要ないけど)
b0165536_2021248.jpg

あと、壁に備え付けの大型テレビで映画が見放題!コレが売りみたい。
この日は長旅後、翌日からの体力温存の為、ゴロゴロしながら映画いくつか見て過ごした。 狭いけどなかなか居心地よろしい。 ホテルの1Fにはカフェ、レストランも併設されています。


翌日、07:00a.mの格安航空の代表easyJet(イージージェット)にてBiarritz(ビアリッツ)空港へ。
b0165536_2012136.jpg

最安値75ユーロ/人(48.95ユーロ+諸・税)だった。預入荷物は15ユーロを1つ追加。ビアリッツ空港にて廃棄予定の古いビニール製大型旅行バッグに機内持ち込みできない夫用ザック、ストック2組その他いろいろ入れて預けた。私のザックは機内持ち込みサイズギリギリで持ち込む。
ビアリッツ空港へはパリ・オルリー空港からエールフランスが1日数便か飛んでいるけど、そこまで移動するのが面倒なのでシャルルドゴールから1日2便のイージージェットで。所要時間は1時間15分。
ちなみに結構皆さんTGV利用が多いみたい。パリ・モンパルナス駅~バイヨンヌ駅まで6時間強。

ビアリッツ空港。フランス・バスク地方の小さな空港。
b0165536_20362619.jpg

ここでローカルバスに乗りバイヨンヌ駅に行く。(所要時間25分)
外に出ればタクシー乗り場とこのバス停しかない程の小さな空港。迷わないので大丈夫。
バス前面にBayonne Gare(バイヨンヌ駅行き)と書かれたバスに乗る事。30分に1本の割合で来る。
b0165536_20411612.jpg


ようやくバイヨンヌ駅到着。
b0165536_20415497.jpg

駅前は古めかしい建物でなかなかの雰囲気。
b0165536_20425861.jpg

駅構内にてサンジャン行きの切符を窓口で買う。(10.10ユーロ/人)
窓口の人はザックを背負った巡礼者の対応は慣れたもので、言葉が出来なくても「サンジャンね。」と自然に切符を差し出してくれる。
本来は電車なのだが、時期によってバス。この時もバスだった。
このバスに乗っているのは巡礼者しかいない。
b0165536_20472416.jpg

私の3列前右側に座っているドイツ人のミハエルおじさん。 ドイツ人にしては珍しく英語がダメな人で、私の賞味期限がとっくに過ぎた下手くそなドイツ語を上手!とお世辞を言ってくれた。
カミーノを歩いている間、何度も会って立ち話した。残念ながら写真がこれしかない・・・。

カミーノでは写真を何気なくでもいっぱい撮っておくべき。 後から見返すと「あ!こんな所に〇〇がいる!」と楽しめる。

乗車時間約1時間半、ようやくフランスの道出発地点、サン・ジャン・ピエ・ド・ポー駅舎に到着。 遠い・・・。
b0165536_2057575.jpg

ある意味ここもサンティアゴ・デ・コンポステーラと同じ様に聖地化しているので写真撮影スポット。
特にアメリカ人。

アメリカ人は映画・【The Way 星の旅人たち】に影響されて来た人が多かった。
もちろん私も見てから行きました。 心温まる映画。






駅から500mほど歩いてサンジャンの町へ。
b0165536_2192954.jpg

初めて見るホタテのマークに嬉しさと不安が入り混じる。
b0165536_21102083.jpg

サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼が始まる。
b0165536_21124983.jpg


とうとう来てしまった。 超えられるのかな~、ピレネー。
この時点でまだ偏頭痛は治っていない・・・。

Jujuは「明日の朝、まだ調子が悪かったら次の町、ロンセスバージェス(スペイン)までタクシーで行けばいい」
と言ってくれていた。
が、しかしだよ、地獄のピレネー超え無しにこのフランスの道を行く意味があるのか??
この偏頭痛の原因はほぼ99%このピレネーだろ。
b0165536_21223346.jpg

低く見えるでしょ、この写真では。 ホント、2度と登りたくない位に散々だから。


巡礼路メモ:

・バイヨンヌ駅~サンジャン行きのバスは1日4~5便 (季節による)
バスは駅を出て左手。特に表示は無いが、ザックを背負った巡礼者がたくさんいるので迷う事はない。
切符も確認しない、座席も自由とかなりアバウトなバス。
[PR]
by kiki-juju | 2015-05-23 21:32 | スペイン巡礼 | Trackback(1) | Comments(6)

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた①

「サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路」 こんなとんでもないスペイン旅をしてきました。

キリスト教三大巡礼地(他:エルサレム・ローマ)であるサンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)を目指す巡礼路。日本でいう四国八十八ヶ所お遍路巡りのようなもの。
この巡礼道自体が「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」として世界遺産登録されている。
ちなみに「道」が世界遺産となっているのは、この巡礼路と日本の熊野古道のみ。
b0165536_22112566.jpg


スペイン国内にはいくつもの巡礼路がありますが、今回は一番歩きやすい「フランスの道」を歩いてみました。この道は一番利用者が多いため、宿泊施設や道路の整備が充実しています。

スタート地点はフランスとスペインの国境、ピレネー山脈麓の小さな町、サンジャン・ピエ・ド・ポル(Saint-Jean-Pied-de-Port。(ここに到着するのが一苦労)
b0165536_2248681.jpg

ここからサンティアゴ・デ・コンポステーラまで約800㎞の道のりを平均35日~40日間で歩く。
b0165536_2222402.jpg

歩いて800kmって・・・・・そうだよね、頭おかしいって私も最初はそう思ったよ。

私たちは現役労働者なので1ヶ月以上も休みを取る事はできない。GW休暇を挟んで2週間、サンジャン~ログローニョまでの約165kmを歩きました。
一気に800km歩いてサンティアゴ・デ・コンポステーラまで行く人も多いですが、私達のように何回かに分割して歩いている人もたくさんいます。

黄色の矢印、ホタテのマークを目印に町から町へと歩き続けます。
b0165536_22304198.jpg


サンティアゴ・デ・コンポステーラへ到着すると巡礼証明書を貰う事ができます。
その条件は:
・サンティアゴ巡礼道を徒歩または馬で100㎞以上歩いた人
・自転車で200㎞以上走った人
※ただしこの距離は最終地点サンティアゴからの計算なので、サンティアゴを含まない所を100㎞以上歩いても巡礼証明書はもらえない。

実際、サンティアゴから100km地点のサリアという町から出発する人も多いそうですが、やはりフランスの道のスタート地点、サンジャンから出発がこの旅の醍醐味。
しかし、このサンジャンから出発すると初日にして全行程内での最難関、地獄のピレネー超えを経験する事になる! 本当に死にそうになった・・・。

この巡礼路を歩くにあたっては特にキリスト教徒でなくともOK、まったく問題ナシ。
仲良くなった欧米人達はかなり信仰心が薄かった。皆、スポーツ&レジャー感覚、世界各国の人々との出会いを楽しむというのが目的な人が多かった。私たちももちろん無宗教派。


さて、この巡礼に必ず必要なのがクレデンシャルという身分証明書。
b0165536_2253590.jpg

巡礼路沿いの町にある巡礼宿(アルベルゲ)、カフェ、お店でスタンプを押して貰う。そのスタンプを押して貰う台紙がクレデンシャルであり、これがないと巡礼宿に泊めてもらえない。
このクレデンシャルに押してあるスタンプを見てその人が歩いた行程がわかるようになっているので、巡礼証明書を受け取る際にも必要になる。

クレデンシャルは日本のカミーノデサンティアゴ友の会、スタート地点のサンジャンの巡礼事務所、ロンセスバージェス(Roncesvalles)などの巡礼路上の町で発行して貰う事ができる。
ちなみに左がサンジャンの町で発行してもらった物(私用)、右が日本で発行して貰った物(夫用)。
フランスだと2ユーロだが日本だと¥1000-。しかし日本のクレデンシャルはカラフルでデザインも素敵!とあちらこちらで言われる。
あとは通過する町々でスタンプを押して貰う。これをひたすらゴールであるサンティアゴ・デ・コンポステーラまで繰り返す長いスタンプラリー。
b0165536_234812.jpg


では、なぜ歩き嫌い、運動嫌い、辛い事が大~嫌いな私が巡礼路を行ってみようと思ったのか??

イエローストーン国立公園旅の後(この旅行記も中途半端状態ですが・・・)、もっと大自然が見たいと思った。
「次の目的地は南米最南端・パタゴニアだな」といろいろ情報検索しているとやはり僻地、世界一周旅の方々のブログにあたる。
で、何よりも楽しく、思いで深いのがこのスペイン巡礼との事多々。
世界各国、刺激的な国々を巡ってもスペイン巡礼???

で、Jujuに聞いたら「俺は前から行きたかった。お前が歩くの嫌、人々との濃密交流をヤダって言うだろ!」だと。
まあそうだね、その通りだ。私、結構個人主義で団体生活とか見知らぬ人々との触れ合いとかかなり苦手・・・。
友達は気兼ねなく付き合える幼馴染みや学生時代の友人達で満足、大人になってからは知り合い程度のお付き合いで充分と思っている人なのです。Juju的には私は変な人だそう。そうかな??

しかしカミーノ巡礼は毎日20~25km程歩き、山を超え、それをまた下り、炎天下の中をひたすら歩きとかなり過酷な行程。
世界各国から来たさまざまな国の人、違う文化や言語、年齢層もバラバラな見知らぬ人達と密に交流し、励まし合わなければとても歩けない。Jujuと2人だったら完全に途中で止めていたと思う。
b0165536_23342730.jpg


実際、本当にたくさんのお友達(知り合い←まだ言ってる)ができ、できれば途中で日本に帰らず、皆と一緒に最終地サンティアゴ・デ・コンポステーラまで全800kmを歩いて行きたいと思った。
たぶん最後まで一緒に行ったらこのシラけた性格の私が絶対に泣いてしまうと思う。そんな感じの旅。

今まで行ったどの旅行よりも思い出深い旅となったスペイン巡礼。
なるべく間を空けずにがんばってUPしていくつもりです。
[PR]
by kiki-juju | 2015-05-18 23:45 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(8)