Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ボジョレー・ヌーボーの解禁日

今日の朝、朝食を食べていると義父が「今日は何の日か知ってる~??」と上機嫌で聞いてきた。

はてはて?何の日だ??記憶にないので「知ってるよ、あいも変わらず普通の日だよ!」と返答。

義父「ふふふ、、今日はボジョレーヌーボーの解禁日だよ~♪」
どうやら朝からテレビの洗脳にまんまとハマったご様子。

今年はイマイチらしいよ~、と言ってみたが
「まあ、それでも飲んでみようじゃないかいな。夕食はワインに合う料理&ワインの調達もヨロシク!」
わが家では洋食系料理の時は私の担当。


さて、ネットで今年のボジョレーを調べてみると今年はワイン用のブドウが育つには厳しい天候が続き、収穫量が少ない年だそう。ブルゴーニュ全体がワイン造りに苦労をしているとの事も・・・。

やはり今年はイマイチな様子なので近所のリカーマウンテンにていくつかあるボジョレーの中、中間価格帯
こちらを購入。
b0165536_21152540.jpg

色はキレイなルビー色、お味は、、、、凄く美味しいという訳でもなく、かと言って不味くもなく。
思い返すとボジョレーヌーボーでこれはすごく美味しい!!という物に遭遇した事が無いかも。
いつも、こんなもんなのかな??の感想。
平日で忙しいので夕食メニューはカナッペ&生ハム数種盛り合わせ、適当にチーズ、それとラザニアの手抜き料理(^^;) でもミートソースはちゃんと一から作りますよ~。


なんだか昔はボジョレー、ボジョレーってメディアも街も大騒ぎしていた気がするけど、ここ最近あまり騒がなくなった感があります。
これも景気が影響しているのかしら???ボジョレーと朝から騒いでいた義父、
「テレビでは美味しい~って言っていたが、いつも飲んでいるワインの方が美味い気がするぞ」
「そりゃ~テレビは美味いって言わなきゃ番組にならないじゃんさ!」
それとも私のワイン選択ミスかしら!?

ワインの味はさておき、あーだこーだとくだらない話で食卓は盛り上がり、今年のボジョレーもちゃんと飲みました。
[PR]
by kiki-juju | 2012-11-15 21:46 | Food/Wine | Trackback | Comments(6)

やればできる!本格的なキムチ作り

いつも思う事、お料理の写真って撮るの難しい。
何故か美味しそうに撮れない・・・光の加減?それとも盛りつけ下手で単にマズそうな見た目だからか!?
作った料理をたまに写真に撮ってみるけど見た目イマイチなのでUPしない事多々です。


友人がドイツからお土産で持って来てくれたいろんなお豆のMIXでミネストローネ風スープ。
圧力鍋で簡単にでき、家の人々にも好評で最近我が家の定番メニュー化してます♪
b0165536_21232758.jpg


いつも美味しそうなお料理を参考にさせて頂いている素敵なブログ、「異邦人の食卓」のタヌ子さんの記事でイタリアで買って来ていた乾燥ポルチーニがある事を思い出し、ポルチーニのリゾット。
安物ポルチーニだが、いやいや香り高くて美味しかった!
b0165536_2130044.jpg



そして今年の夏からハマっているのがこの「河村さんちのキムチの素」です。
(この方、北海道では有名なようですね)
b0165536_21413146.jpg

近所のスーパーで販売。裏面を見ると添加物があまり含まれていないので試しに買ってみたところまろやかな風味でなかなか美味しい!
b0165536_21415981.jpg

自家製オイキムチ&カクテキを夏の間はよく作ってました。
ブツ切りにしたきゅうりと大根。塩をまぶし、1時間ほど置いて水出し。
b0165536_21464673.jpg

千切りした人参、大根、長ネギ、ニンニク、生姜のすりおろしをこのキムチの素と和える。隠し味に昆布茶&お砂糖も少量入れます。
b0165536_2150284.jpg

私は松の実好きなので海外に行くといつも購入します。日本は中国産の松の実がほとんど、さらにとっても小さいパック売りなのでちょっと残念。ドイツで買ったこの松の実はとっても重宝しています。
b0165536_2153385.jpg

きゅうりはこのタレで和えてオイキムチ。大根はネギ、ニンニク、生姜のすりおろしで和えカクテキ。2日目位からが食べごろ。
b0165536_2202062.jpg


で最近、ようやく寒くなり大きな丸ごと地元産白菜も出てきたので白菜キムチでも作るか!と試してみました。
(実はキムチ好きなのですが、ネットで衝撃的なキムチ映像を見てしまって以来市販品が買えず長い月日が・・・嘘かホントか分からないけど)

作り方はあっちこっちネットで検索、そのレシピを自分でMIX。いわゆる適当です(笑)
これが意外と時間がかかる、とりあえず試作なので工程写真は撮る余裕なし。

1日目は白菜1/4サイズx2を数時間天日干しにし、その後塩水につけて1晩。
翌日、その白菜を水で軽く洗い、半日ほどザルにあげて自然に水切り。
上のきゅうりのキムチを和える具材を基本ベースにイカの塩辛やリンゴのすりおろし、昆布やイリコ出汁なども適当にプラス。
水を切った白菜の間に1枚づつ丁寧に上記のタレをまぶし、クルッとしっかり巻きタッパーに入れ、空気に触れないようにラップを上部にかけておき冷蔵庫へ。4~5日目位から食べごろ。
b0165536_2222107.jpg

お味はかなり上出来で本格的な味!キムチはめったに食べない義母も熱々ご飯と一緒におかわりして食べるほど♪ 
激辛は私も苦手なのでリンゴ+ハチミツをちょっとばかり多めにしたので見た目ほど辛くないのです。酸味が出たらキムチ鍋や豆腐チゲにしても良さそう。
b0165536_22243614.jpg

改良の余地はまだあるけれど、初めての超適当作りにしてはかなり上出来!

しかし、、、このキムチの素、現在スーパーから姿を消してしまった・・・・いわゆる廃番。
北海道からの送料¥945-、ちょっと現実的ではないので第2回目作りの時は粉唐辛子を使って作らなければという事でさらに本格度UPするでしょう。
[PR]
by kiki-juju | 2012-11-13 22:51 | Food/Wine | Trackback | Comments(2)

懐かしのハンバーグ&仁和寺

世の中不景気なのになんだかんだと仕事が忙しくブログも放置状態。

もうだいぶ前の事ですが、今までに訪れた事の無いお寺巡り、細々決行しています。

お寺巡りの前にまずはお昼ご飯、久しぶりにハンバーグを食べに北大路x賀茂川西角にある「はせがわ」さんへ。
b0165536_2043153.jpg

混んでるだろうなぁ~、と予想してましたが、やはり外まで順番待ちの人達が一杯。
なので、隣のお持ち帰りコーナーでテイクアウト。もちろんこちらも順番待ちですが店内で食べる順番待ちよりは断然早いです。
b0165536_20454086.jpg

私は普通のハンバーグ。本当はこの上に目玉焼きがのっているのですが、私は卵嫌いなのでナシでオーダー。そしたらケチャップスパゲッティが一面に大幅増量されてました・・・・。
b0165536_20471661.jpg

ハンバーグは相変わらず大きくてフワッフワ!やはり京都の中ではハンバーグと言えば「はせがわ」と言うくらいの人気店だけあって相変わらず美味しいです♪
ここでテイクアウトして賀茂川で食べたり、隣の植物園で食べたりするにはピッタリです。

さて、お腹も一杯になり今回のお散歩お寺の目的地、仁和寺へ。京都在住かれこれ10年以上ですがこんな有名寺すら行っていない私です(笑)
b0165536_19551042.jpg

仁和寺は紅葉よりも御室桜が有名なようで秋より春の方が賑わっているのかもしれません。
b0165536_19582095.jpg

でもあちらこちらにモミジも植えてあるので紅葉すればキレイだと思います。
b0165536_19595487.jpg

この時は10月下旬でしたがちょっとだけ紅葉している木もありました。
b0165536_2004722.jpg

中門をぬけると右手に五重塔。東寺によく似ていますね。
b0165536_2033728.jpg

鐘楼。普通お寺の鐘はそのまま吊るされている姿で見えますがここの鐘はこの中に入っていて外から見る事ができません。
b0165536_20115665.jpg

鐘楼の後ろには水掛不動。後ろ側では湧水が湧いていました。
b0165536_20132760.jpg

御影堂
b0165536_20143987.jpg

弘法大師像、宇多法皇像、仁和寺第2世性信親王像を安置してあるそう。

仁和寺の裏山には御室八十八ヶ所霊場と呼ばれる巡拝コースがあります。
昔、四国八十八ヶ所への巡拝が困難であった為、四国八十八ヶ所霊場の砂を持ち帰り、仁和寺の裏山に埋め、その上にお堂を建てたのが御室八十八ヶ所霊場の始まりです。
約3kmにわたる山道に、お堂(札所)が点在しているのだそう。
b0165536_20203626.jpg

西門から出ると普通の住宅地。この先に仁和寺裏山がありコンパクトな八十八ヶ所巡りができるそう。
b0165536_20212896.jpg

見えてきた一番札所。
b0165536_20221535.jpg

ここでお参りして一番終了。このお堂の脇に山に続く道がありグルッと3Kmかけて八十八ヶ所巡りができる開始地点。あっ、もちろん行ってませんよ、一番札所のみです(笑)
b0165536_20262237.jpg

毎月スタンプラリーも開催されているようです。次回は11月11日です。

来た道を戻り、また西門からお寺の中へ。
観音堂
b0165536_20304186.jpg

内部は通常非公開、現在も仁和寺に伝わる法流の相承などに使用されているそうです。

仁和寺の隣には石庭で有名な竜安寺もあるので2つ一緒にまわるといいかもしれませんね。
竜安寺は大昔に1回行った事がありますがほとんど記憶に残っておらず・・・・。
[PR]
by kiki-juju | 2012-11-09 21:02 | Kyoto | Trackback | Comments(6)