Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

台南で小吃食べる

先週お仕事で台湾へ。今年は夏休みも無かったので短いお休みをくっつけ休暇も兼ねて行く事に。

この時期、政治的にゴタゴタしてますが・・・・・・
台湾はいつも通りで平和。台湾の人々もおせっかい過ぎるくらいホント親切心に溢れている人ばかり♪
確かにあっち側の思想、こっち側の思想、いろいろな人がいるのは確か。でもそれは日本も同じで人それぞれ。

大陸では激しくMAX過激行動の時期に行った台湾、TVのニュースなどはほぼそれ一色でしたがあくまでも中立的な立場の様子。日本と同じ、普段と何も変わらなかったですよ。


関空からいつものエバー航空。機内は結構空いていましたのでやっぱり影響アリですね。
b0165536_21495729.jpg

今回は妹ちゃんもお休み取れたので台北の桃園空港で合流。
台湾の新幹線、高鐡桃園駅まで空港からバスに乗り(10分程度)台南へ。
新幹線は日本の技術を採用しているので中は日本の新幹線とほとんど同じ。
b0165536_2235743.jpg

1時間20分程で高鐡台南駅に到着。市内中心部はここから離れているのでタクシーもしくは在来線で台南駅へ。
私達はローカル電車に乗ってみたかったので、普通電車で約20分、台南駅に到着。
b0165536_22174573.jpg

今回台南で宿泊した駅前にあるシャングリラ台南
ここシャングリラ台南は50㎡の広々のお部屋でも約1万円で宿泊できるお値打ち価格。スパ、プール、ジムも完備でゆっくり過ごせます。
b0165536_2222531.jpg

この日は移動で疲れたので(年だね)ホテルの38Fにある上海料理の「酔月楼」でお食事。
38Fからの台南市内の夜景。ガラスに反射してあまり綺麗に見えないけど・・・
b0165536_22365288.jpg

上海料理ならやっぱり小龍包。って台湾の定番だけどね。レストランの照明が暗くてイマイチ美味しそうに写りませんね。
b0165536_22375979.jpg

このレストランお勧めの豚バラ肉を重ねた角煮のようなお料理。中には高菜が詰まっています。
b0165536_22395219.jpg

全体的にここのお料理のお味はかなりあっさりめ。炒飯は日々薄味で慣れている私が塩を足したいと思うくらいでした。旅行中の立て続けの中華料理で胃腸が疲れた時に来るとちょうど良いレストランかもしれません。

さて翌日、台南町歩き開始。台南は台湾の京都と言われるように古都なのでたくさんの廟や歴史的建物が多くあります。興味のある方はこちらで

ホテルと反対側の駅側(前站)に観光スポットは集まっています。
b0165536_22544998.jpg

台南は亜熱帯気候なのですが今年の日本の夏から比べたらぜ~んぜん平気!32℃で湿度80%位ありそうでしたが余裕。

とりあえず台南の名所赤崁楼へ散歩がてら行ってみる事に。
b0165536_2312340.jpg

赤崁樓は、オランダ人が1652年に建造したもので、オランダ統治、明鄭時代、清代、日本統治時代と時代の変遷を経て、1983年に国家一級古跡に指定された名所古跡。
b0165536_2354498.jpg


台南と言えば小吃の町。台北で人気のB級グルメ系も発祥は台南だったりするお店も多い。
小食なのに食い意地はっている私には小盛で出される小吃はもってこい!

赤崁楼の横並びにある「赤崁擔仔麵」の擔仔麵。甘辛いそぼろ肉の下にはすりおろしニンニクが多量に入っています。
b0165536_23462814.jpg

口の中がニンニクだらけになるので親しい人とのみ一緒に食べるのをおすすめします♪
4口位で食べ終わってしまう位の量なので肉臊飯も一緒に食べるとちょうど良いでしょう。
同じ擔仔麵の有名店「度小月」本店も台南にありますが台北にも支店があり食べれるので今回はパス。

小吃をハシゴするのが台南の楽しみ(だそう)。次は粽(ちまき)を食べにテクテク。途中あちらこちらで廟を見かけます。
b0165536_23534774.jpg

目指す粽屋さん「再發號」
b0165536_23583115.jpg

小さなお店にひっきりなしにお客さんがやって来ます。一番小さい肉粽(50元)でも結構な大きさ。
モチモチの食感に甘辛いタレが美味しい。香菜(パクチー)のみじん切りが味のアクセントです!
香菜が苦手な人は抜いてもらいましょう。私は増量したいくらいでした。
b0165536_23595825.jpg

台南は細い路地がたくさんあり散歩が楽しい。またまた綺麗な廟を発見。
b0165536_06345.jpg

龍の装飾が細かい。
b0165536_071777.jpg

疲れたらタクシー拾ってホテルに戻りゴロゴロ。私達の今回の台南での休暇は「何もしない!」が目的だったのでいい感じにダラダラ。

夜は「上海好味道小籠湯包」へ。ここ、何頼んでもホント美味しい~。しかも安い!3人で満腹状態に頼んで¥2000程。
b0165536_0131790.jpg

ご飯の写真撮ると妹ちゃんが「kikiちゃん、やめなさい!」と怒るので写真は無しです・・・・。
あまりにも気に入ってしまったのでこのお店に2晩連続で行ってしまったほどです。

帰りはプラプラいろいろなお店を覗きつつ歩いていたらホテルまで結局歩いて帰ってしまった。
(結構な距離があります)

台南はとっても素朴な町でほのぼのしていていい所です。物価も台北と比べると食べ物は半額位なのでとってもお財布に優しい町です。
[PR]
by kiki-juju | 2012-09-25 00:22 | Taiwan | Trackback | Comments(4)

かなり優秀!ドラッグストアー安コスメ

ヨーロッパの日差しによる日焼けと乾燥は想像以上。日本のこの湿気がイヤ!と日々思うけどやっぱりお肌にとってはプラスなのかもしれませんね。

もう若くもないのにがっつりとキャンピングカーの旅で日焼けして真っ黒になってしまった肌。山や湖の照り返しってかなり強烈。南の島に行って来たの?と言われるくらいの黒さになりました(汗)
日々の美白努力も一瞬にしてパーになってしまって1からやり直し。

そう、ヨーロッパの化粧品、免税店には美白化粧品を見かける事はほとんどない。
もちろんお気に入りの美白美容液もゲットできないので何となくフラフラ見ていた免税店特別セットパックで安くなっていたランコムの「ジェニフィック」ヴィジョネアセラムを購入。
b0165536_22422890.jpg

「肌が若返る」なんていうキャッチココピーにいつも騙される年齢です・・・・。
(老化は化粧品では止められません!!)
では効果は??? 一時期流行った誰かさんのコメント、「別に~」って言うのが正直なとこ。


水分が蒸発して乾燥老化肌の保湿に関して言えばドイツのドラッグストアーで購入したドイツブランドの代表格!安物ニベア(Q10入)の方が断然良かったりします。
b0165536_22185850.jpg

同じくドイツのドラッグストアーでまとめ買いのQ10入り安物アンプル美容液。匂いイマイチだけどなかなかの優秀品。
b0165536_22213998.jpg


さらに保湿には化粧水を惜しみなく使う事!と勝手に思っているので安くてなかなかしっとりしてくれるちふれのビタミンC誘導体入り化粧水が最近のお気に入り。
b0165536_22465476.jpg


しかし、強烈な紫外線で真っ黒になった肌にもっと有効的な何かはないか??ネットで色々ググってみるとロート製薬の「メラノCC」が良さそうに。白潤(シロジュン) 薬用美白化粧水も冬場はシートパック用で使うので馴染みアリ。
とりあえずシートパックを試してみる事に。
b0165536_22292744.jpg

柑橘系の匂いでなかなか癒される香り。パック後は肌も柔らかくなり、肌の色が1トーン明るくなったような気が。

パックを1箱使い切り、なかなか良さそうなので再度購入した時に美溶液の方も購入。安いのでお財布にも優しい!
b0165536_22351885.jpg


シミ対策と書いてあるけどハッキリ言ってできてしまって時間の経ってしまっているシミにはまったく効かないと思います。
ただ、肌のきめが整う、毛穴が小さくなる(気がする)など悪くはない。あとプチッとできたしまったニキビの上に塗っておくと治りが早かったり、赤みのあとが残りにくくなるというのを発見。
化粧品は合う、合わないなど個人差があるのであくまでの私の肌の場合です。

今年の強烈な夏の暑さのおかげで日中は極力外には出なかったので幸いにも日差しを避けられた7月、8月の2カ月間。
「まあまあ元に戻ったかな?」と思ってたところ、先日京都に遊びに来た妹から浴びせられた

「お姉ちゃん、色黒くない?」

だって・・・・・・。


まあ、新たなシミ、しわは幸いにも(まだ)増えてきていないので日々努力はします。
欧米では日焼け肌が魅力的、日本ではキメの整った色白肌が魅力的。
美意識の違いって面白いですね。
[PR]
by kiki-juju | 2012-09-11 23:02 | Health&Beauty | Trackback | Comments(6)

デュッセルドルフ~フランクフルトへ

キャンピングカーを返却した後はいつものSIXTレンタカーにて車をレンタル。
今まで大きなキャンピングカーに10日間も乗っていたのでコンパクトのプジョーが小さく感じる!
まるで地面を這って走っているような感覚で高速道路を走ると結構怖い!
b0165536_21163881.jpg

この日はマジメに取引先に行き仕事。欧州危機とか言われていますが(5月の時点ではかなり深刻)ドイツの会社(製造業)はフル稼働で絶好調。ドイツの独り勝ちと聞きますがホント、それを目の当たりに実感。
かれこれ10年以上もの長い付き合いの取引先のお偉いさんもアメリカ的くだらんジョーク飛ばし始める状態ですから・・・・。
ケチドイツ人が街中でも結構羽振り良くしてましたし、どちらかと言えば暗~い(地味)服装を好む国民性なのに街行く人々は明るい色の服を多く着てたし。服の色って景気に左右されると言いますしね。

夕暮れ時、デュッセルドルフの街を散策。中心部にある運河、この両サイドがデュッセルドルフのショッピングストリート。
b0165536_21262476.jpg

デュッセルドルフと言えば有名なのが黒ビール(Alt bier)。ビアホールがあちらこちらにありどこも大繁盛。
b0165536_21282863.jpg

コップも小さく量も少ないので何杯もついつい飲んでしまいます。
b0165536_2129562.jpg

たまたま入ったお店で食べたステーキとギリシャ風サラダ。昨日に続きドイツのステーキにハマりまくってこの日も注文してしまった。
b0165536_21301032.jpg


翌日は帰国の為フランクフルトへ南下。途中ドイツのホームセンターBAUHAUSに寄り道。(←Juju定番)
b0165536_21354848.jpg

巨大すぎるホームセンター、見るだけでも疲れる・・・。でも男の人ってこういう所好きなんだよね~。
日本でも人気、楽しいくらいに綺麗になるドイツの高圧洗浄機、ケルヒャー(KARCHER)。我が家にもあるけど値段を見てみると日本のセール価格の方が安い!
b0165536_21402816.jpg

便器の種類もいろいろ。なんかこんな柄便座は落ち着かなそう・・・。シンプルが一番と個人的感想。
b0165536_21423749.jpg

小一時間つき合わされ見てまわりました。DIY好きの人にはたまらないショップです。

サービスエリアでお茶したり
b0165536_21453187.jpg

軽食食べたり。妙にフレンチフライがサクサク揚げたてで美味しく奪い合い。
b0165536_21463240.jpg

4時間以上もかかってようやくフランクフルトへ。
b0165536_21475710.jpg

ベタなところでドイツと言えばメッセ(見本市会場)。フランクフルトは様々な見本市が開催されています。要注意なところはメッセ時期に当たると近郊のホテル価格は通常価格の2倍、3倍と高騰します!
b0165536_21491585.jpg

その先にある中央駅。駅前周辺はちょっと治安悪めなので夜は気を付けましょう。どの国も中央駅周辺は治安良くないので一緒ですね。
b0165536_21504574.jpg


ホテルにチェックインして夕飯の為に街中心部へ再度お出かけ。
フランクフルト中心部の駐車場はどこも激狭です!ドイツだ~、アウトバーンをぶっ飛ばそう!なんて大型車をレンタルしてしまうと街中の駐車場でエライ目に合いますので注意。
チビ小型プジョーでさえ壁に擦りそうですから。
b0165536_21554916.jpg

いつも定番のこの駐車場すぐ前にはドイツ証券取引所(DHE)の建物。
ドイツ国内にある8つの証券取引所の中で最も大きいフランクフルト証券取引所。1日以上前に予約をしておけば中を見学できるようです。
b0165536_21564786.jpg

その目の前にあるブル(牛)とベア(熊)の像。
株など金融投資に興味がある方にはこのブルベアの意味が分かると思います。
ブル(bull)強気、ベア(bear)弱気のことをいいます。牛と熊の攻撃パターンを相場の値動き例えています。
b0165536_233927.jpg

さてレストラン物色開始。と思って歩行者天国のメインストリートに出てみるとどうやらこの日はワインフェスティバルか何かで大混雑。
b0165536_2353677.jpg

大好きなアルザスのフラムクーヘン&ワイン屋台を発見♪
b0165536_2382622.jpg

あまりの行列で待ち時間15分以上・・・・却下。

ドイツの屋台定番カレーブルスト(カレー粉ケチャップのかかったソーセージ)
b0165536_23102715.jpg

お目当ての白く長い焼きソーセージが売り切れでまたまた却下・・・。
とりあえずミュンヘンの白ビールでも飲んで何食べようかと思案中。
b0165536_23122840.jpg

で、結局座る席さえ見つからない状態だったので先程の証券取引所近くのイタリアンレストランへ避難。この時点であまりの人混みに酔いゆっくり座って食事がしたかった。

場所柄高そうな高級スーツで決め込んだエリートサラリーマン達の御用達って感じのお店。でも特に高くない普通のイタリア料理店。店員(ウェイター)の顔が完全イタリア人。レストラン決める上でちょっとこういうとこが飛び込み店の判断材料だったりする。

パルメザンとチコリのサラダ。バルサミコが酸っぱくて美味しい。
b0165536_2318446.jpg

ペンネアラビアータ。これ大好きな1品♪
b0165536_23183295.jpg

相変わらずここでもペペロンチーノを選択する代わり映えの無い私達。
b0165536_23191611.jpg

デザートもコーヒーも美味しい!(写真はありませんが)

お店の名前何だろう??証券所の前の広場の斜め向かいのお店です。←こんな説明で誰か分かるのでしょうか???

何だか私はキャンピングカー旅でドイツに戻って来てからタクシーの運転手さんなどにも「イタリア人??」とか言われた・・・・。イタリアでも他のみんなには英語で話かけるのになぜか私には普通にイタリア語で話しかける。何言ってるか全然分かんない。真っ黒に日焼けしすぎて黒髪だし南イタリア人かと思われたかな??
「日本人です!!」って言ってみると皆目が点。そりゃそうかもしれんが(笑)

そんなこんなで楽しい旅もルフトハンザに乗って終了しました。
b0165536_23312038.jpg

遠いよね、ヨーロッパ。直行便でも約12時間かかると思うと乗る前から機内で絶対に眠れない私にはちょっと過酷。ひたすら時計とにらめっこで帰って来ました。
[PR]
by kiki-juju | 2012-09-08 23:48 | Germany | Trackback | Comments(4)