Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

リクエストでローストチキン

先日、いつもシリコンバレー出張から帰ると美味しいカリフォルニアワインを惜しげも無く放出してくれるY家。
Y家のからの強い希望で「ローズマリー風味ロースト・チキン」を持っていく事に。大して料理もしないクセに何故か七面鳥でもOKな大きなオーブンが我家にはあるのでオーブン物のリクエストは大歓迎!前の日からちょっと準備して焼くだけの超簡単レシピです♪

まずは庭からジャングル化しているローズマリーをバチバチ切って来ます。
b0165536_19495375.jpg


にんにくは丸ごと1つを皮を剥いて分解。
b0165536_19511485.jpg

そのうちのにんにく2片をすりおろしておきます。
b0165536_1951548.jpg

鶏丸ごと1羽はよーく洗って水気をしっかり拭きます。鶏肉はいつも行きつけの鳥屋さんでお願いしています。大人7人なので「大きいのお願いね♪」と言っておいたらなんと3kg近くのビッグサイズ!!
b0165536_19533199.jpg

鶏のお腹の中ににんにく4片位とローズマリー4本位入れ、お尻の部分を楊子で留めます。脚もタコ糸でしっかり縛っておきます。
鶏にしっかり塩・胡椒をふり、すりおろしたにんにく、乾燥ミックスハーブ(市販の数種類のハーブがミックスしている物)をまんべんなく塗り付け、大きなしっかりとしたビニール袋に入れます。
b0165536_19575034.jpg

鶏の上にも残ったローズマリーとニンニクをのせ、¥1000以下の白ワイン(適当な辛口もの)を
瓶半分位注ぎ入れます。近所のリカーマウンテンのフランス産安シャルドネ。
b0165536_201576.jpg

そして風味の高いオリーブオイルも大さじ3杯位(適当)入れます。焼く直前にもオリーブオイルはたっぷりかけてから焼きます。私のお気に入りは「Lucini」のオリーブオイル。いつもアメリカからこの濃厚な青臭いオイルとバルサミコ酢はセットで必ず持って帰って来ます。
b0165536_2052035.jpg

そしてビニールの口を空気を抜いてしっかり留め、冷蔵庫で一晩お休みさせます。
b0165536_208162.jpg


焼き方は230℃で予熱したオーブンに網にのせた鶏を入れます。5分程したら180℃に温度を下げて約1時間半程、途中で鉄板に流れ出たオイルを回しかけたり、鶏の方向を変えたりして焼きます。

鶏の大きさと焼き時間の目安は:
1Lb=約450g 約15分と計算します。なぜここだけLbパウンド計算なのか??習慣です(笑)

焼き上がりの写真が・・・・・無い。熱々のまま急いで持って出かけたので写真撮り忘れました。
この鶏丸焼き、良くリクエストがあり作るので完成画は次回と言う事で・・・。
[PR]
by kiki-juju | 2011-02-28 20:19 | Food/Wine | Trackback | Comments(2)

アスタリフト VS ドゥ・ラメール

昨年末より使い続けている2社の化粧品、アスタリフトとLA MER対決

アスタリフトはサンプルお試し後、化粧水、美容液、クリームの即現品購入。
b0165536_1533395.jpg

濃厚な保湿力たっぷりの化粧水、スーッと馴染みの良い美容液、ベタつかないのにいつまでもしっとりするクリーム。なかなかの優秀商品です!
最初は普通の美容液を使用していたのですが、今はホワイトニング美容液を新たに購入し変更。
b0165536_15145076.jpg

富士フイルム、なかなかやりますね!価格も程々だし今後も使い続ける商品です。

もう一つのドゥ・ラメール(DE LA MER)。昨年末にアメリカでホワイトニング化粧水、アイクリーム、クリームの現品購入。 (ひぇ~、やっぱり$1=¥82でも高かったよ!)
b0165536_15171270.jpg

そして約2ヵ月程使った感想は??
・化粧水・・・・・凄くサラサラでお水みたい。保湿も何も感じられないので3回重ねづけするが私の求めるしっとり感はナシ。肌がベタつく夏なら良いかも。

・アイクリーム・・・・・特に効果は分からないのが本音。$100近く払う物では無いです。

・クリーム・・・・・ニベアもしくはオロナインのような固さのクリームでしっかり手で温めてから顔にのせないと馴染みが悪い。使い始めは失敗するがすぐに要領がつかめるでしょう。

劇的な変化は無いが確かに肌キメと言うか毛穴が目立ちにくくなってくるような気が。季節の変わり目などトラブりそうな肌の状態の時にはコレ1つで絶大な効果を発揮しそう。
しかし、使い切ってから数週間経過した現在、やっぱりクリームはアスタリフトよりラメールの方がいいと率直な感想。 (ただしお値段が・・・)
ラメール商品で意外とヒットがFluide tintとパウダーファンデ。
b0165536_15391067.jpg

Fluideはクリームファンデーションよりはもっと軽い感じの色付き乳液と言ったところでしょうか?日焼け止め効果もSPF18でこのままでも化粧下地としてもOK。何より1日中乾燥しないで夕方までしっとり感が続き、肌もとってもキレイに見えます。

パウダーファンデも粒子が細かく仕上がり感はサラサラ♪もちろん時間が経っても脂浮きして汚くなったりしないところもなかなか優秀。カバー力はそんなに高くないので素肌に近い薄づき化粧派ならこの2商品はお勧めです。今後リピートあり商品です!

結論、
アスタリフトは個人的に久々のヒット化粧品で今後もしばらくは使い続けます。
ラメールは購入した時にいろいろな商品サンプルも貰ったがどれもイマイチ値段と効果を考えればもっと安くて良い商品は他にもあります。

基礎化粧品部門はやっぱり元祖のクリームだけで十分。もちろん日本では買えないのでちょうど今、ロスに遊びに行ってる妹に帰ってくる時免税店で買って来て~と先程電話。
ちょうど運悪くお兄様夫婦(長男をなぜか様付で呼ぶ私&妹)父+その他とお食事中でした・・・。きっとお食事中ネタが「$200以上のクリームを買うバカ女」と話題は一瞬にしてそっちに流れたのは間違いないでしょう002.gif
[PR]
by kiki-juju | 2011-02-27 16:11 | Health&Beauty | Trackback | Comments(0)

風邪ひいた・・・

久々に思いっきり風邪ひいた(ひいている・現在進行形)・・・・・020.gif

横浜に帰った時に父が風邪ひいていてグスグス状態だった。来週初めにロサンゼルスに帰るので「早く治した方がいいよ~」なんていろいろ世話を焼いたり、久しぶりだから長々話し込んだりしていてすっかり伝染しました。

風邪って人にうつすと治るらしい(?)。今日電話してみると、
「ワタシ、モウ、ナオリマシタネ!アレ?kikiチャン、カゼヒキマシタカ?」と他人事・・・。
まぁ、インフルエンザをうつされた訳じゃないのでいいけど。熱も出ないし。

風邪かな?と思った時にはいつも葛根湯を飲む。でも、コレ肩こり解消されるけど早めに飲んでもだいたいいつも悪化する。
b0165536_19313824.jpg

喉も痛かったのでトローチも。葛根湯で全然良くならないので、むしろ鼻水・鼻づまりで苦しくなってきたので葛根湯からベンザブロックにチェンジ。

風邪用のハーブティーもストックしてあるので飲み物はコレで。
b0165536_19353425.jpg

これだけで風邪に効くわけじゃないけどハーブのスーッとした味のお茶なので結構好きで飲んでいる。
Echinacea(エキナセア)は免疫力Upのハーブと言われているが効果の程は????
まあ、気休めですね。

このTraditional Medicinalsのお茶シリーズ、結構好きでいろいろストックしている。

しかし、1つ失敗なのがこのSmooth Move。ネーミングの通り便秘に効くお茶。
b0165536_1943694.jpg

お茶の味はハッキリ言ってすっごく美味しい♪♪ しかし、お茶を飲んでから12時間後位するとお腹がもの凄~く痛くなる・・・。冗談抜きでホントにイタタタタァ~って位に冷や汗ものです。さらにそれが4時間位続いて死にそうになります。
よく読んでみると箱の表にSENNA(センナ)って書いてありました。(気づけよ先に、ってね)

Wikiより拝借----
日本薬局方での基原植物に該当するセンナの果実・小葉・葉柄・葉軸は医薬品として扱われるので、食品である健康茶などに含まれることは許されない。しかし、ダイエット効果を謳う健康茶などに含まれていることがあり、薬事法違反の無承認無許可医薬品となり回収騒ぎに発展することがある。
また、食品である健康茶などに効能を謳うこと自体が成分にかかわらず薬事法違反であるし、瀉下剤でダイエットというのも無茶なことである。
(なお、センナの茎は効能を謳わない限り食品扱いである。従って、効能を謳わないならば食品である健康茶などに茎が含まれていても法的には問題はなく、実際にそのようなものが市販されている。食品と医薬品の区別については、医薬品#食薬区分を参照)



確かに近所の薬局にも健康茶コーナーに「センナ茶」は売っている。センナ茶でダイエットする人は相当な根性持ちの人なのでしょう。私なんて1回飲んでもう懲りちゃったから(苦笑)


それにしても今年は日本中、皆1度は風邪かインフルエンザになったんじゃないかと思うほどあっちこっちでゲホッ、グスグスと聞こえてくる。ご飯会など予定を決めても誰かしらが必ず風邪で延期、延期となる程今年は猛威をふるっている様子。

皆様、風邪&インフルにはまだまだ注意が必要ですよー。
[PR]
by kiki-juju | 2011-02-18 20:08 | どーでもいい事 | Trackback | Comments(4)

千枚漬け

京都で冬の漬物と言えば外せない「千枚漬け」。お正月にテレビで京都旅番組(いつでもやっているが)を見ている時にいろいろな千枚漬け食べ比べ特集をしていました。

そこで見事1番美味しいと評価されていたのが中京区麩屋町通り錦小路下にある「大藤」
b0165536_20204069.jpg

千枚漬け大好きな私としては何が何でも食べてみたい!と思いもちろん買いに行きましたよ♪
このお店の前って実はよく通っていたのに今までまったく気にも留めていなかったお店。

お店の前にこんな感じに「いつも皮が捨ててある店」くらいにしか思っていませんでした。
b0165536_20264156.jpg


お店に入ってお目当ての千枚漬けを発見!しかしお値段¥1,050-を見た瞬間ちょっと怯んだ私。破格に高い!いつも生協の千枚漬け(¥298-)で過ごしているのですから(^^;)
たまに凄~く奮発して大安の千枚漬け(¥630-)ですもの。

スライス5~6枚の千枚漬け。自宅用は単なるビニール袋入り。
b0165536_2034123.jpg

京都人のJuju父&母も「え~、こんなん¥1050-は高いで~。ヨソさん(観光客)しか買わへんで~。」と文句タラタラ言いつつもそんな千枚漬けに食べる気満々!

袋を開けてみるとみぶ菜と昆布。普段食べる生協千枚漬けよりも色が真っ白。
b0165536_20402466.jpg


それでは食べた感想は??
b0165536_2042730.jpg

一番文句言っていたJuju父:「何や上品な味やなぁ。コレ、美味いんちゃうか」
Juju母:「やっぱり生協とは違うわぁ~。美味しいわぁ~」
Juju:「美味い!文句ナシに。¥1050-払ってやるわい!」

はい、全員一致の100点満点のお味。漬け酢の甘さ、酸っぱさのバランスが絶妙でJuju父が言うように本当に上品なやさしいお味。まさしく京都の味なのでしょうかこれは。

神奈川の友人達や母友達が皆言うのが「京都って美味しいものたくさんあるよね~。」と。
実際京都に住んでいると「そうか??神奈川や東京の方が美味しいものいっぱいあるじゃん」と思う私。
謎が解明された!皆、京都に来て高いもの食べて、高い漬物などを買っていたのだ!そりゃぁ美味しいハズだわ。私達の京都人外食会なんて鉄板焼きか焼き鳥がほとんど。皆、おばんざいや豆腐料理なんて家で食べるものと思っているし、普段は高いお店なんて皆ほとんど行かない。薄味好みイメージの京都人、実は濃い味、肉好きも多い気がする。

京都観光食べ歩きガイドブックでも買って美味しいもの探しでもしようと思ったのでした。
[PR]
by kiki-juju | 2011-02-09 20:59 | Kyoto | Trackback | Comments(8)

いつものお店

あっと言う間に2月に突入。早いわぁ~、1ヵ月経つの・・・・。そろそろこの辺でアメリカ旅行記も終了させないと記憶もだいぶ曖昧になりつつあります(汗)

日本に帰る前日に毎回必ず訪れるお気に入りの2件♪♪

今回はあちらこちらで予定外の油を売ってしまった為、毎回楽しみのワイナリー巡りをする時間が無かったのですが、見かけるワインShopで1本、また1本とワインを買っていたのでスーツケースの中でのワイン破損防止梱包材をGetするためいつものK&L Wines-(Redwood City店)へ。
b0165536_17401777.jpg

毎回とっても重宝するのがこの丈夫な紙製の保護材。
b0165536_17412790.jpg

コレが本当に軽いのに固くて丈夫、でその後3回位はリユーズできる優れもの!!
こんな感じに2本入れて(実際は大きなビニール袋に包んでから入れる)、上から蓋のようにまた梱包材を重ね、プチプチのエアーキャップ&ガムテープで巻いてスーツケースに入れる。
b0165536_1746256.jpg

K&Lは好きなワイン屋さんの1つでついついあれもこれも欲しくなってしまう。梱包材もらうつもりで1本だけの購入予定が・・・・クロアチアワイン2本、カリフォルニアワイン3本の合計5本も買ってしまった。
b0165536_17515357.jpg

どれも美味しく年末年始の飲み会であっという間に消費されてしまって今では「美味しかったなぁ~」のぼんやりとした記憶のみ。
(来週、シリコンバレー出張帰りの友人からカリフォルニアワイン会のお誘いで楽しみ♪♪)

そしてもう1つの帰国前夜によく行くお店、サンフランシスコのリッチモンド地区にあるMy Tofu House
b0165536_1854635.jpg

旅行中はどうしてもアメリカンな食事が多く、もともと和食党(京都食)の私にはいい加減辛くなり拷問。それに代わって生粋京都人のJujuはぜーんぜん平気で毎日ピザ・リブ・ステーキ・ハンバーガーなど肉・肉・肉でOKな人。さらにまったく太らない体質で高身長でヒョロ細体型。
京都はやっぱり豆腐がと~っても美味しく、週に4日は豆腐料理が定番な私。もちろんアメリカでも豆腐が食べたくて仕方がない。 (年取ると我慢できなくなる・・・)
肉が食べたい人&豆腐が食べたい人がマッチできるお店がここ。付き出しはお魚と数種類のキムチなど。
b0165536_18122967.jpg

アメ食に疲れた胃にはここのあまり辛くないおかず類がちょうどいい。辛いの好きな人にはちょっと物足りないかもしれませんが。
このお店のメニューは豆腐チゲ各種、ビビンバ、カルビなどのお肉数種のみで至ってシンプル。
甘辛い味付けの熱々柔らかカルビ♪
b0165536_18192269.jpg

そしてオーソドックスな豆腐チゲ。
b0165536_18202924.jpg

辛さは4段階選べて辛いのがあまり得意でない私はいつもMildをチョイス。スープの色は唐辛子赤いのですがほとんど辛さは無くイリコ出汁の風味が満載で疲れた胃にやさしいスープが染み渡る感じでやっぱり期待を裏切らない美味しさ!もちろん絹ごし豆腐もたっぷり入っています。辛いのが好みの人は必ず一番辛いHotかSpicyをもしくは「辛くして!」とお願いするのがいいと思います。

さらにここの好きな理由は石釜の炊き立てご飯で出てくるところ!取り分けてくれた後なのでこの絵ですが。
b0165536_18271218.jpg

お店はいつも混んでいるので食事時間を外したほうが良いです。さらに夜10:00p.mまでの営業ですがその30分位前にClosedの看板がでます。実際この日も夜9時過ぎに行ったのに3組待ちでしたから。

お肉たくさん食べたい派は3軒隣りのこの炭火焼肉屋さんがおススメ。ここもわが家20年来の定番の焼肉屋さんです!
b0165536_18353951.jpg

サンフランシスコで有名な韓国焼肉「Brothers Restaurant」よりこっちに行く方が多いです。お肉を漬け込むタレの味によって好みが分かれるところですが、この店のタレはかなり甘めです。最近味が変わったとウワサですがどうでしょうか??
[PR]
by kiki-juju | 2011-02-06 18:41 | San Francisco | Trackback | Comments(6)