Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

京都 有喜屋 

相変わらずお蕎麦屋ネタです。
「外食は蕎麦しか食べないのか??」と思うくらいにそば屋ばかり。

いやいや、この日は珍しくイタリアンでもと思って出かけたらなんとClosed!!
気分はすっごーーーくパスタやピザでしたがチャレンジ2軒目もアウト。

ビジネス街・烏丸通りは場所柄やっぱりそば屋が多いです。
b0165536_20293468.jpg

2軒も空振りとなればすぐに食べられるお蕎麦屋さんしか選択枠がありません。
京都文化博物館内の有喜屋(うきや)さんへ。

お腹が空き過ぎてとりあえず一番早く出てきそうなざる蕎麦。 (相変わらず芸がナイです)
b0165536_20331972.jpg


有喜屋さんは京都市内に6店舗くらい(?)あるお蕎麦屋さん。
味は・・・・・・普通です。お腹が空いていて目の前にあれば入ります。

ここの手打ち蕎麦教室は巷のおじ様達に人気らしいです!
わたしもJujuに通ってもらいたいくらいです。 (そんな時間はナイ!と却下)
お家で打ちたてお蕎麦が食べれたら幸せだろうなぁ~♪
[PR]
by kiki-juju | 2010-09-28 20:41 | Food/Wine | Trackback | Comments(4)

鞍馬寺

最近は「あの暑さはどこへ???」と思うくらいにビックリするほど涼しくなった京都。
日頃の運動不足解消の為に鞍馬寺へ。
b0165536_1812473.jpg

Wikiによると、
「鞍馬山は山岳信仰、山伏による密教も盛んであった。山の精霊である天狗もまた鞍馬に住む。」と言う事でもちろん天狗ちゃんも居られました!
b0165536_1816858.jpg


中に入るとまずこちらのお水でお清め。すっごく水が冷たい~。
b0165536_18191970.jpg


鞍馬寺、正直あまりの階段の多さに参りました・・・・。
普段、車愛用、公共機関は最後に乗ったのは何時か分からない。運動・・・・嫌い。
毎日の歩く距離はきっと何百歩単位。そんな私にとって鞍馬寺は少々無謀でした。
b0165536_18235187.jpg


もちろん半分距離をインチキする為にケーブルカーもちゃんと利用して、山門駅~多宝塔駅まで楽チン。
b0165536_18251992.jpg


多宝塔駅を降りるとまずは多宝塔。
b0165536_1827385.jpg


しかし、ここからが大変。延々と続く道と階段地獄でした!
始めのうちは、「緑がいっぱいで風も爽やかで気持ちいいね~♪♪」
なぁーんて余裕でしたが、5分と経たないうちに息切れ状態。
b0165536_18283859.jpg


やっとの思いでたどり着いた本殿。
b0165536_1832761.jpg

どうやらここはパワースポットらしく、皆さん真ん中の所で両手を広げたりしてパワーを感じているようでした。私は・・・・もうここに辿り着いた時点でパワーゼロ。

寝殿にて休憩モードに突入です。貞明皇后様が大正時代に鞍馬山行啓の訪れた際の御休息所。板間がひんやりして、静かでこういう空間ってとっても落ち着きます。
b0165536_1836318.jpg


しばし休憩した後、「さらに奥の院参道へ行くぞ!」とJuju。もう疲れた私は登ったらまた降りてこなければならないのに・・・・と思いつつも後に続く。
b0165536_18412832.jpg


やっぱり・・・・階段がさらに急になってきた。
b0165536_18421383.jpg


かわいらしいお家が見えてきました♪ これは冬柏亭で与謝野晶子の書斎。
「書斎を利用するのにこんな所まで来るとは!!」と思っていましたが、どうやら東京の与謝野邸から移してきたそうです。 (そりゃぁーそうだ)
b0165536_18465470.jpg

この手前に霊宝殿(鞍馬山博物館)があり、そこに与謝野記念室があります。与謝野夫妻の遺品や歌稿が展示されているようで、ファンには嬉しいところでしょう。

まだまだ登ります。だんだん道も山道化してきました。前を歩く若者達は元気だなー。
b0165536_18493930.jpg


途中には「息つぎの水」があります。牛若丸が奥の院に行く途中に喉の渇きを潤したとの事。
b0165536_1852522.jpg


奥の院はまだまだここから500mも先。はい、もちろんもう無理です・・・・。
どうやら、貴船神社からの方が近く、573mで行けるらしいので次回そちらから再チャレンジしてみようと思い今回はここまでで引き返します。

帰りももちろん階段の嵐。登った分降りなければなりません。実は下りの方が膝に負担がかかって結構大変と思いましたよ。下りのケーブルカーも乗らずに頑張りました!!
b0165536_19555334.jpg


途中には「鞍馬の火祭り」で有名な由岐神社も。まっすぐに伸びる大きな杉の木は立派です。
b0165536_19572076.jpg


いやいや、久しぶりの運動(?)に疲れました~。もちろんその後の2、3日は体中が筋肉痛で超合金ロボットのような変な動きをしていました。
もうちょっと運動or歩く事を日頃から心がけないと老化が促進されそうです。
[PR]
by kiki-juju | 2010-09-26 18:52 | Kyoto | Trackback | Comments(0)

五辻の昆布

京都人の食卓に欠かせないものにやっぱり佃煮があると思います。
我が家でも実山椒や木の芽の佃煮は定番でお茶漬けには無くてはならないアイテム。

いつもは錦市場にある佃煮屋さん、「千波」に行く事が多いのだけれども千本今出川上る、西陣にある「五辻の昆布」 も京都では有名店。
b0165536_1874753.jpg

お店の前には各種カットした昆布がグラムg単位でも販売しています。自家製昆布の佃煮を作られる方も多いのでしょう。 (私は・・・・・無理です、勿論!)
b0165536_18124890.jpg


ここは手削りとろろ昆布が有名。そのフワフワ感にリピーターとなってしまうのでしょう。
店内ではお茶と一緒にいろいろな種類の佃煮が試食できるので、好みのお味の佃煮を買えるのが嬉しいところ♪♪

我が家はやっぱり秋の味覚、松茸入り昆布と細切りの汐吹昆布(この白い汐(粉)が大好き!)を今回は購入。
b0165536_1819127.jpg

ここの昆布は結構大判でさらにとっても柔らかいです。
佃煮と言えばちょっと辛くてあんまりたくさんは食べれませんが、五辻の佃煮はとっても甘めに炊いてます。熱々炊き立てご飯にはもうピッタリです!!

もう1つ、このお店のちょっと良いところは・・・・・お店の前に大きめの袋に「羅臼昆布の耳」なる物が売っています。
高級昆布と言えば北海道の羅臼産は有名です。その羅臼昆布の真ん中部分はもちろん佃煮で使いますが、長方形に良いとこ取りした残りの部分、端っこの「耳」が売っています。
b0165536_18242643.jpg

これ、1袋に結構量が入っていて味も香りもとっても良くお値打ちものです!!
長~い昆布をキッチンはさみでパチパチ適当な大きさに切って保存しておけば、普段のお料理に惜しげなくどんどん使えます。
ちゃんと昆布で取ったお出汁でお味噌汁や煮物を作るとやっぱり香り豊で美味しいです♪♪
[PR]
by kiki-juju | 2010-09-22 18:31 | Food/Wine | Trackback | Comments(2)

やっぱり1番のたぬき蕎麦

お店の看板も無く、住宅街の中でひっそりと営業している京都・岩倉にあるごく、ごく普通のおそば屋さん「太船」。前を通ってもきっと初めてだったらかなり勇気を振り絞らないと入らない小さなお店です。
b0165536_20194562.jpg


しかし、休日のお昼時は待ち必須で入れません!ネットで検索してもあまり情報が無いこのお店、これこそ口コミなのでしょうね。タクシーで乗りつけてくる観光客も多いです。
午後2時頃になれば誰もいなくなるのでその頃が私達のいつもの行く時間。
この日も昼時に行ったら待ちの多さに自ら門前払い(退散)しました・・・・。

再度、昼過ぎに行くと貸切状態。(夜はまた混みますよ!)
b0165536_20272011.jpg


このお店、私の中では京都で1番「たぬき蕎麦」が美味しいのです♪♪
b0165536_2030529.jpg

もともと「お蕎麦好き♪」の私。数あるお蕎麦屋に行っていますが京風たぬき蕎麦(あんかけ)はここがやっぱり1番!!京風たぬきそばには必ずショウガ。
「生姜多めで。」とお願いすればサイドでてんこ盛りの生姜が付いてくる幸せ。

はっきり言って他の今流行のこだわりお蕎麦屋さんのように
「本格手打ちそば」
「〇〇産そば粉使用」
「〇〇産鰹節、昆布使用」
など特になし。普通のその辺にあるおそば屋さん。 しかし何って出汁がとっても美味しいのです!

京風たぬきと同じく人気はカレーうどん。
b0165536_2040221.jpg

これもかなりの絶品!辛すぎず、出汁とカレー味のバランス本当に絶妙です。

昔ながらの家族経営のお蕎麦屋さん。以前この近くに少しだけ住んでいたので普段使いでよく出前もお願いしていました。(本当に狭い範囲だけ出前してくれます)
馴染みがあるから美味しく感じるのかどうか分かりませんが、あちらこちらでたぬき蕎麦を食べていますがここの京風たぬき蕎麦を抜く程のたぬきにまだ出会えません。

ちなみに、ここのざる蕎麦はイマイチです。冷たいざる蕎麦系はやはり蕎麦の香りが高く、固めに茹でるそば粉にこだわりがあるお店の方が美味しいです。ここでは出汁を堪能する温かいお蕎麦を頼みましょう!

太船(たいせん)
京都府京都市左京区岩倉南平岡町83
TEL:075-721-0249
定休日:水曜日
[PR]
by kiki-juju | 2010-09-21 20:53 | Food/Wine | Trackback | Comments(0)

懐かしい京都菓子

秋の3連休です!いつもの通り、京都市内は混んでます・・・・。

久しぶりに映画トラブル・イン・ハリウッド(邦題)(What just happened)を見に行こうと思ったらその映画、関西では上映されていない。
(こんな事もあると初めて知った!予告編、B級チックで面白そうなのに何で???さらに日本に来るの遅ぉー)

とある美術館に行こうと思ったら、9/30まで全館改装の為休館・・・、ツイテナイ。
仕方ない、家でも帰ってチクチク手芸(今は東欧刺繍ハマリ中)でもするかと思い、茶菓子を調達しに。

京都でお茶のお店と言えば寺町二条にある「一保堂茶舗」
b0165536_1746872.jpg

もちろん店内に喫茶室も併設されているのでゆっくりといろいろなお茶を楽しむ事ができます。
が、日曜日に訪れたところですんなり入れるハズはありません。皆さん、待つのがお好きなようです。ちなみに私達は絶対待つのが無理派です。

一保堂のお茶は結構お値段がお高いです。観光客の皆様は高級茶をどんどん買っていますが私達が普段飲むお茶はもちろんゼロが1つ違う庶民の「京・いり番茶」。
b0165536_17572269.jpg

一保堂のいり番茶はちょっと独特な燻したスモーキーな香りで好き嫌いが分かれるらしいです。
茶葉もどこかその辺の枯葉を集めて燻しただろうと思われる感じ。 (失礼ですが・・・)
b0165536_1814590.jpg

しかし、普通のお茶に比べてカフェインやタンニンの量も少なく、子供やお年寄りにも良いと言われているそうです。
そしてこの独特の香りはとても飛びやすいので開封したら早めに飲んでしまう方が良いそうです。言いかえれば普段使いでどんどん飲んでしまいましょう!的な庶民のお茶です♪♪


そして、お次は京都のお菓子。何だかこの間から突然無性に食べたくなったのが御池通りにある亀屋良永の「御池煎餅」
b0165536_1885756.jpg

まさしくこれこそ京都の味!と言うくらいに薄味煎餅。特別「すっごく美味しい~♪」という訳でもないのですがこのパフパフ感が懐かしくて妙に食べたくなる時があります。

以前、アメリカに住んでいた時にJuju父が「京都食の便」なる京都の食べ物ばかりをどっさりと定期的に送ってきてくれていました。その中にこの御池煎餅と一保堂のお茶(高級煎茶!)は必ず入っていました。
初めてこの御池煎餅を食べた時には「何これ?味が薄いよ。」と大して美味しいとは思わなかったのですが、何度も食べているうちにこの素っ気無い味の御池煎餅が不思議と美味しいと感じるようになりました。

京都の物って感動的に「うわぁ~~、美味しい!!」って思うものはあまり無いのですが(あくまでも個人的に)、食べ慣れて「これじゃないとダメだよね~。」と言うものが住めば住むほど増えていくような気がします。
実際、漬物、佃煮、豆腐は他府県で食べると、「やっぱり京都の方が美味しいかも・・・。」と思ってしまいます。

京番茶と京菓子、家でほっこりとする休日です。
b0165536_18243680.jpg

[PR]
by kiki-juju | 2010-09-19 18:25 | Kyoto | Trackback | Comments(2)

私的に感激なサイト見つけた♪

どうでもいい事なのですが私の中ではとびきり便利なサイトを発見して一人で感激中emoticon-0169-dance.gifemoticon-0169-dance.gif

そのサイトがOnline Conversion.com

何がそんなに便利かと言うと、ヨーロッパの会社と取引する場合、あちらでは納期や予定等を言う時、「ではWeek 40で。」とWeekで予定を伝えてくるのです・・・・。
ちなみに今日、9/14日は37週目。

これが年半ばまで来ると「Week40ってまったくいつだよ!!」となってくる。

勿論、各企業さんは年末には翌年の週入りミニカレンダーや手帳等を送ってきてくれる。
だが、、、、うちの場合、ドイツ仕様なのでデザインが恐ろしいほどダ・サ・い!
イタリアの会社だったらきっとお洒落なのかなぁ~なんて想像したりするがまあ、イタリア企業とは取引無いもので仕方が無い・・・。

目の前に置きたくない程なので机の端っこの方に追いやっているとだいたい3月くらいにはどこかに無くなってしまっている。
日本のカレンダーにせっせと4月位までは書き込んでいるのだが、ズボらな性格の為その続きが無いのが通常。

そして9月ともなると、1月から「いち、にい、さん、しぃ・・・・・」とバカみたいに数える始末。そこでまた書いとけばおけばいいのにそれも後でと思いつつ書いてない。

そこでこのオンライン・コンバージョンのサイトを発見♪♪ 今日の日付を入れたら何週かと瞬時に出てくる!ついでに今日は256日目。 
早いなぁ~、あと100日ちょっとで今年も終わりだよ。

このサイト他にも
・インチ&フィートをセンチCM、
・温度の華氏Fを摂氏℃、
・マイルMileをキロメートルKm、

そして最も面倒くさいお料理やお菓子の本(英語版)のOzをmlに計算したり、オーブンの華氏(F)で書かれた温度が楽々摂氏℃で分かってしまう!
お菓子作りは微妙な量で結構出来上がりの良し悪しが変わるからこの変換が意外と重要。
(毎回OZ表示の軽量カップを買おうと思っているのにいつもすっかり忘れる、ボケ進行中)


日中はまだちょっぴり暑いけど、2日くらい前からようやく夜はエアコン無しでもOKな気温になってきました。と、思ったらコスモスも咲き始めました。
b0165536_19505867.jpg


本当に今年の夏は地獄の日々でした。暑さに弱い私、よくぞ耐え抜いた!
[PR]
by kiki-juju | 2010-09-14 18:26 | どーでもいい事 | Trackback | Comments(6)

秋の味覚

秋は食べ物が美味しい季節ですよね。
毎年8月下旬~9月上旬のほんの短い期間しか販売していない葡萄を買いに出かけました。

生産している数量もとっても少ないので京都市右京区の山奥、越畑までわざわざ出かけなくてはなりませんがとっても美味しいので毎年行ってしまいます。

道中、栗の木もありました。大きな実がたくさんなっています。
今年は豊作でしょうかね。栗拾いも毎年恒例行事となっていますがまだまだ先ですが期待大です。
b0165536_18175516.jpg


この越畑と言う場所、本当に何にも無いところです。大行列のお蕎麦屋さんがあるだけ。
b0165536_18185290.jpg


こんな恐ろしい看板が立っているのでどんな所かは想像できますよね。
b0165536_18203659.jpg


そして葡萄直売所。おじいさんとおばあさんが仲良く切り盛り。
b0165536_18212744.jpg

おばあさんが販売して、おじいさんが裏の葡萄畑で次々葡萄を収穫してくる。
b0165536_18223744.jpg


やはり今年は酷暑のせいで葡萄はどんどん実が落ちてしまったり、腐ってしまったりと大変だったとの事。大きさも例年比べて半分の小さいサイズ。

種類は濃い紫の藤稔。こちらは巨峰のようなブドウ。実が大きくてしっかり甘い。
b0165536_1827497.jpg

b0165536_1828094.jpg


薄い紫は天秀。こちらはちょっと酸っぱめの大粒ブドウ。
甘酸っぱいのが好きな私はこちらが好み。
b0165536_18292863.jpg

b0165536_18294040.jpg


周りは広がる一面お米畑。
b0165536_18355769.jpg

今年はお米は大豊作らしく京都米も元気に育っています。
b0165536_18333548.jpg

もうすぐ刈取りの時期で稲穂が重たそうー。
b0165536_18342898.jpg


我が家はお米はスーパーでは買わずに京都市の隣の園部町で減農薬米をいつも買います。購入時に玄米を精米するのでいつも何となく新鮮な(?)お米が食べれます。
今年の新米ももうすぐ出来上がるとの事♪♪ 炊きたてご飯と今年漬けた酸っぱーい梅干で早く新米を食べたいです!!
[PR]
by kiki-juju | 2010-09-09 18:45 | Food/Wine | Trackback | Comments(4)

京都、日本第1位になったよ!!

本日、ついに京都のこの暑さ、日本全国第1位に輝きましたぁ~!emoticon-0157-sun.gifemoticon-0157-sun.gifemoticon-0157-sun.gif

京都府京田辺市で今夏全国最高、観測史上17位タイの39.9度を観測。
それでも17位かぁ・・・・、観測史上1位は一体何℃だったのかしら?

京田辺市と京都市はご近所さん。京都市内もとっても暑い~~。

秋を探しにお隣の亀岡市に出かけたら、何と一面のヒマワリ畑。
b0165536_17213569.jpg

ヒマワリが巨大化しすぎて頭が重い、重い。何とか見つけた小さめの首の据わったヒマワリ。
b0165536_17231010.jpg

ハチさんも蜜をたくさん集めて頑張っています。
b0165536_17244440.jpg


もう、暦の夏の定義は7月、8月、9月とした方が良いでしょう。
来年は高校野球もナイターにするとか、学校は冬休みを短くして夏休みを9月末までにするとか。本当に気候が変わってきています・・・・。
[PR]
by kiki-juju | 2010-09-05 17:09 | Kyoto | Trackback | Comments(2)

健康第一!!

9月になって秋らしくなりました!
とは残念ながら行かない毎日です・・・。今日も気温はホクホク37℃です♪♪

1ヶ月以上前から左肋骨内が何となく痛くて痛くて、意を決して昨日病院に行きました。
(大の病院嫌い(怖い)なので意を決さないとなかなか行けないのです・・・・)

病院に行くとあまりにも脈拍が早すぎる、血圧が上下高すぎる、熱があるなどなど何故か
心臓内科に回される始末。emoticon-0107-sweating.gif

「いやいや、遅れそうで走って来ましたから。」
とか
「病院恐怖症なんです。」と言っても、
「いやぁ~、高すぎますよこれは。検査します!」

もともとすっごくビビリ症なのにこんな事言われたらさらに心拍数上昇↑。
さらに何で熱があるのだろうか??自分でも不思議。

そして、ありとあらゆる検査をして極度の不安の中聞いた結果は・・・・・、
「単なる肋間神経痛です。しばらく続くので湿布貼っておいたらいいですよ」(笑)
との事。


まあ、何事も無くて良かったが、健康診断はちゃんと受けた方がいいですね。
どこかで「私は絶対に大丈夫!」という変な思い込みがあります。
何故なら、うちは家系的に超長生きなのです!!
我が家で早死には90歳以下が常識。ほとんどの親族が余裕で90歳越えしているのです。
さらに大病で亡くなるのではなくほぼ老衰。

そんなに長生きの秘訣は??と言われても、遺伝しか思い当たらないのです。
基本的に皆、食べ物にはかなり気を使っていますがお肉、お魚、お野菜、果物まんべんなく。
あとは???みんなある意味好き勝手に自由でしょうか?

日本では最近「ホメオパシー」が科学的根拠ナシという事で話題になりましたが、うちのアメリカの親戚老人達の間では昔からマストアイテム化しています。
b0165536_15224681.jpg

子、孫世代に医系多いのに、親世代は何故か反西洋医化している不思議な家系。
そんなジジババ影響で私も昔から使用する事も度々。

「効くか?」と言われると微妙。でも効いているような気もするが真相は不明が正直なところ。
そもそも「病は気から」なんていう言葉があるのだから、かなり思い込みと暗示部分もあるような。でも何となく風邪っぽいとか喉が痛いなどで早めにちょっと取ってみたりする事もしばしば。
ある意味気休めですが、何となく好きです。(パッケージに流されるタイプです。)

でもやっぱりちょっと普段と体調が違うとかこれはと思ったときには即病院ですよ。
何事も偏らずにバランスを取る事が重要ですよね。

そんな長生き家系の私にJujuは、
「申し訳ないけど俺はそんなに長くは付き合えないからお先にあの世に行きます。」と一言。
[PR]
by kiki-juju | 2010-09-03 15:41 | どーでもいい事 | Trackback | Comments(4)