Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Food/Wine( 50 )

やればできる!本格的なキムチ作り

いつも思う事、お料理の写真って撮るの難しい。
何故か美味しそうに撮れない・・・光の加減?それとも盛りつけ下手で単にマズそうな見た目だからか!?
作った料理をたまに写真に撮ってみるけど見た目イマイチなのでUPしない事多々です。


友人がドイツからお土産で持って来てくれたいろんなお豆のMIXでミネストローネ風スープ。
圧力鍋で簡単にでき、家の人々にも好評で最近我が家の定番メニュー化してます♪
b0165536_21232758.jpg


いつも美味しそうなお料理を参考にさせて頂いている素敵なブログ、「異邦人の食卓」のタヌ子さんの記事でイタリアで買って来ていた乾燥ポルチーニがある事を思い出し、ポルチーニのリゾット。
安物ポルチーニだが、いやいや香り高くて美味しかった!
b0165536_2130044.jpg



そして今年の夏からハマっているのがこの「河村さんちのキムチの素」です。
(この方、北海道では有名なようですね)
b0165536_21413146.jpg

近所のスーパーで販売。裏面を見ると添加物があまり含まれていないので試しに買ってみたところまろやかな風味でなかなか美味しい!
b0165536_21415981.jpg

自家製オイキムチ&カクテキを夏の間はよく作ってました。
ブツ切りにしたきゅうりと大根。塩をまぶし、1時間ほど置いて水出し。
b0165536_21464673.jpg

千切りした人参、大根、長ネギ、ニンニク、生姜のすりおろしをこのキムチの素と和える。隠し味に昆布茶&お砂糖も少量入れます。
b0165536_2150284.jpg

私は松の実好きなので海外に行くといつも購入します。日本は中国産の松の実がほとんど、さらにとっても小さいパック売りなのでちょっと残念。ドイツで買ったこの松の実はとっても重宝しています。
b0165536_2153385.jpg

きゅうりはこのタレで和えてオイキムチ。大根はネギ、ニンニク、生姜のすりおろしで和えカクテキ。2日目位からが食べごろ。
b0165536_2202062.jpg


で最近、ようやく寒くなり大きな丸ごと地元産白菜も出てきたので白菜キムチでも作るか!と試してみました。
(実はキムチ好きなのですが、ネットで衝撃的なキムチ映像を見てしまって以来市販品が買えず長い月日が・・・嘘かホントか分からないけど)

作り方はあっちこっちネットで検索、そのレシピを自分でMIX。いわゆる適当です(笑)
これが意外と時間がかかる、とりあえず試作なので工程写真は撮る余裕なし。

1日目は白菜1/4サイズx2を数時間天日干しにし、その後塩水につけて1晩。
翌日、その白菜を水で軽く洗い、半日ほどザルにあげて自然に水切り。
上のきゅうりのキムチを和える具材を基本ベースにイカの塩辛やリンゴのすりおろし、昆布やイリコ出汁なども適当にプラス。
水を切った白菜の間に1枚づつ丁寧に上記のタレをまぶし、クルッとしっかり巻きタッパーに入れ、空気に触れないようにラップを上部にかけておき冷蔵庫へ。4~5日目位から食べごろ。
b0165536_2222107.jpg

お味はかなり上出来で本格的な味!キムチはめったに食べない義母も熱々ご飯と一緒におかわりして食べるほど♪ 
激辛は私も苦手なのでリンゴ+ハチミツをちょっとばかり多めにしたので見た目ほど辛くないのです。酸味が出たらキムチ鍋や豆腐チゲにしても良さそう。
b0165536_22243614.jpg

改良の余地はまだあるけれど、初めての超適当作りにしてはかなり上出来!

しかし、、、このキムチの素、現在スーパーから姿を消してしまった・・・・いわゆる廃番。
北海道からの送料¥945-、ちょっと現実的ではないので第2回目作りの時は粉唐辛子を使って作らなければという事でさらに本格度UPするでしょう。
[PR]
by kiki-juju | 2012-11-13 22:51 | Food/Wine | Trackback | Comments(2)

やっと購入・マドレーヌ型

前々から買わなきゃ、買わなきゃと思っていたマドレーヌ型、ようやく買いました!
b0165536_21525349.jpg

我が家の人達、かなりのマドレーヌ好き。
「マドレーヌ焼け~、マドレーヌ焼け~」とこの間から呪文のように唱えられていましたが聞こえないふりして完全スルーしてました。(日々忙しいのよ、特に4月はね。)

いつもは適当にお菓子のアルミ型で焼いてましたが重い腰を上げちゃんとしたマドレーヌ型を買いましたよ♪

早速新しい型で試作。
作り方は簡単バージョンのホットケーキミックスを使っちゃいます!

・ホットケーキミックス 120g
・砂糖 80g ※今回はきび砂糖使用
・溶かしバター 90g
・卵 3個
・バニラエッセンス or レモンしぼり汁 少々 (好きな風味で) 
オーブンは170℃で予熱、焼き時間は12~13分くらい。

作り方はボールにホットケーキミックス→砂糖→卵→バター→バニラエッセンスの順で入れ

混ぜるだけ   そして型に入れて終了。

b0165536_22113874.jpg


今回、ホットケーキミックス使用で手抜きしている事は秘密です(笑)
粉&BPを計って作るよりもホットケーキミックス使用した方が私的には美味しい気がするけど。

やっぱりマドレーヌ型を使用する方が見栄えがいいですね♪
[PR]
by kiki-juju | 2012-04-14 22:23 | Food/Wine | Trackback | Comments(6)

珍しくお好み焼き

忙しくてブログの更新も滞りがち・・・。
放置も気になるので大した事ないネタで更新。

何時ぞやの週末、毎度の事ですが京都・四条烏丸通界隈は大渋滞。
駐車場に車を入れるのにも一苦労です。
b0165536_21382728.jpg

しかし1本東側の室町通りは人っ子一人いなくてガラカラ。
b0165536_21412626.jpg

いろいろと用事を済ませた後、なぜかこの日は無性にお好み焼きが食べたくなったのです!
これは自分的にも結構意外。実は「粉モン」って類の物があまり好きじゃない。
たこ焼きとかも全然興味無し。おススメされちゃったら1つ位は味見で食べるけどわざわざ自分で買ってまでは食べないかな。(関西の方々は大好きですからね~)

なのに、なのにこの日はすごく食べたい気分でした、お好み焼きが。
お昼もだいぶ過ぎた変な時間だったので四条烏丸通下ルにある「どんぐり」へ。
b0165536_2149836.jpg

お好み焼きは注文してから20分ほどかかるのでとりあえず太麺焼きそばを突きあって待つ。
b0165536_21501176.jpg

そして念願の豚玉。
b0165536_21504537.jpg

辛口ソースとたっぷりおかか&青のりをふって食べると「おっ!なかなか美味しい♪」

京都在住も結構長くなってきたからだんだん味覚も関西人化されてきたのかしら??
でもお好み焼きはたまには良いとしても、たこ焼きはあの中がトロ~~っとしてる感じがイマイチまだ馴染めない未熟者。
「そこが美味しいとこ」と突っ込まれますが(笑)
[PR]
by kiki-juju | 2012-03-02 22:00 | Food/Wine | Trackback | Comments(4)

棗(ナツメ)を使おう!

棗(なつめ)は漢方や薬膳料理にもよく使われている果実。
ナツメの産地は主に中国、韓国、国産はほとんど見かけませんが福井県福井市の「棗地区」という所で平成10年~栽培が始められた「なつめ屋ダイレクト」さんで国産のナツメが購入できます。
b0165536_20392512.jpg

ナツメは栄養価に優れていてカリウム、鉄分、亜鉛、葉酸など健康食品と言われるプルーンをも上回るほどで、女性は積極的に摂取したいほど。

でもこのナツメ、そのままで食べるのはちょっと難しいので寒い日に時々作る自己流参鶏湯もどきに使ってみました。


材料は鶏1羽丸まま。わが家の鶏肉はいつも京都中央市場、七条通にある鳥肉専門店で購入しています。
電話で予約をしておけば朝ビキ新鮮丸鶏が購入できます。
毎回作るのはめんどくさいので2羽分作って1羽は冷凍保存用。
b0165536_20552027.jpg

青ネギ、生姜薄切り(8枚位)、ニンニク(6片・大きいので半分にカット)、なつめ(10粒)、もち米(1カップ半)を用意します。
b0165536_2058513.jpg

鶏のお腹を綺麗に洗い水気を拭き、お腹にもち米を詰める。途中でナツメ2つ、ニンニク1粒入れて上までしっかり詰める。
b0165536_2111191.jpg

もち米を詰め終えたら開き口をタコ糸でしっかりと縫い閉じます。
反対の首部分ももち米を詰める前に軽く縫い閉じておきます。
b0165536_2131250.jpg

ブラブラする脚もタコ糸で縛って大きめの鍋に入れます。そこにネギ、ショウガ、ニンニク、ナツメを入れます。
b0165536_2154326.jpg

お鍋一杯にお水を入れ強火にかけます。強火で煮立たせ、出てきた灰汁をしっかり取り除き弱火で3時間程煮ます。
b0165536_2162274.jpg

弱火で煮ている時も絶えず灰汁を取り続けて綺麗なスープを維持します。
冬なら石油ストーブの上で煮れば遠火のちょうど良い火加減でさらに経済的!
蓋を少しずらしめにして煮ます。沸騰してグラグラ煮立たせるとスープが濁ってしまいますので弱火を維持。
b0165536_21101044.jpg

3~4時間程煮たら卓上に土鍋や電気鍋物用鍋などにスープごと移し、周りに白菜を入れて普通のお鍋として鶏肉を解体しながら頂きます。

味付けは全くされていないので好みで塩コショウで調節、柚子コショウでも美味しい!
刻みネギをたくさんトッピングするのを忘れずに!!鶏スープの旨み味が濃いです。
b0165536_21154655.jpg

お腹に詰めたもち米も解体途中で崩れるので最後はそのまま鶏もち米雑炊になります。

冬の肌の乾燥もこの鶏肉鍋を食べれば一気に解消されます。コラーゲンたっぷりで翌朝はお肌ツルツル♪

このナツメ、Jujuがネット通販で見つけて購入。
冷え症、貧血気味、美容に良いと私の為にお取り寄せはしてくれたのは有り難いのだけど・・・・。国産を見つけたからといって5袋分も注文は多すぎますよ。
まだまだ凄~く多量にあります。全然減らないこのナツメ、ネットでググって次はナツメ茶作りでもしようと思います。
[PR]
by kiki-juju | 2012-02-22 21:30 | Food/Wine | Trackback | Comments(6)

年末お餅作り

残すところあと2日で今年も終わり、早いですね~。
大掃除も早めに済ませたので気分的に楽チン♪

そして今、テレビを見るのに大忙し003.gif
AXNで数日前からLOST・全121話一挙放送されているのですがこれを昼夜問わず見続け状態。

海外ドラマはシーズンがいくつも続いて必ず途中で脱落して最後まで見たためしがナイ。
LOSTもシーズン1は見たけどその後飛び飛びで話が分からなくなり脱落した1つ。
5日間・ノンストップ放送(録画するよね普通)やはり連続で全話見るの無理だけど3,4話飛ばしたところであまり話が進んでないのでついて行けます(笑)
途中でちょっと飽きてこんな風にブログも書いたりして^^

そんな寝不足状態、昼夜一人で年末テレビ祭り開催中♪♪の中、とうとう「いい加減に餅作れ!」命令が。

先日わが家に来た餅つき機。結構日々活躍しています。
b0165536_1759159.jpg


もち米を入れてスイッチON。1時間ほど放置したらお餅ができちゃうスグレ物。
テレビの合間でもOK!出来上がったお餅を丸めておき、すぐに使わない分は冷凍庫で保存。
うちはお餅よく食べるので今回は7合分作りました。
b0165536_21284616.jpg

もちろん出来立ては熱々で美味しいので試食もしますよ。
小さくちぎったお餅を大根おろしで
b0165536_1834271.jpg

レトルトパックのぜんざいを温めて上にかけたり
b0165536_1842781.jpg

やっぱりつきたてのお餅は美味しいです。

先日台湾で買ってきたドライマンゴー。(ゴーの横棒、縦だよとツッコミたくなりますよね)
正直、見た目が全然美味しくなさそうだったのでお店で試食を勧められた時も半信半疑だったのですが、すっかりその美味しさにハマってしまった商品。
b0165536_1863041.jpg

そのままでも十分美味しく食べていたのですが残り少なくなってきたので、
「ケーキに入れたら美味しいかも?」とついでにマンゴーパウンドケーキも作ってみました。
マンゴーが下に沈みすぎだけれどもキメ細かくかなり美味しくできたクルミ入りマンゴーケーキ。
b0165536_1818255.jpg


このドライマンゴー、袋開けるとマンゴー独特のにおいでクサいのだけど本当に美味しい。
台湾で生マンゴーは時期では無かったのであまり見かけませんでしたがきっと生マンゴーは甘くてドライよりずっと美味しいのでしょう。

さらにテレビを邪魔されない(文句言われない)為にJuju好物の濃厚アメリカンタイプのブラウニーも一気に作り機嫌を取っておくことも完了しました(笑)
b0165536_12122666.jpg


さてさてテレビ見、再開します♪
[PR]
by kiki-juju | 2011-12-29 21:51 | Food/Wine | Trackback | Comments(4)

今年もコストコ・タラバガニ

2011年12月9日(金)にとうとう京都にもコストコ(Costco)がオープンしました。
って言っても京都府八幡市、市内からはちょっと遠いけど尼崎店よりかはまだ近いか??

そんなにコストコファンって訳ではないので頻繁には行きませんがこの時期待っている商品があります。
去年初めて買って「これはウマイ!!」と家族全員大絶賛の

コストコのタラバガニ (Alaskan King Crab-アラスカ産キングクラブ)
b0165536_20532713.jpg


昨日から販売開始したようで朝から出かけて買いに行ってしまいました(^^;)
どんだけ蟹好き?? すご~~く好きです!!

今年は昨年に比べて漁獲量も極端に少ないようで値段もかなり高め。
2.8kgのこのサイズ、横幅35cm強でかなり大きくずっしり。
b0165536_20585013.jpg

まだまだカチカチに凍っているので食べる2日前くらいに冷蔵庫に移動します。
年末~お正月の楽しみ♪♪

価格は今年は去年よりも高めで今回買った中くらいのサイズで¥13,700-。
b0165536_2124566.jpg

これより小さい2.5kgサイズが¥10,800-、一番大きいサイズは¥15,800-位でした。

昨年はこれよりだいぶ安かったのでだんだん捕れなくなってきているのかしら?

でもこのコストコのタラバガニ、去年初めて食べてビックリしたのだが身がぎっしり詰まってプリプリ。塩味もキツくなく食べ応え満点でお値段ちょっと高いけれども躊躇せずに購入する商品。
実際、毎年販売するコストコのタラバガニ、リピーターさんが多いそうです。

一応賞味期限は冷凍してから2年程。かなり昨年のカニも大きかったので我が家では3回ぐらいに分けて楽しみました。2年も持ちません、1か月以内に全部消費しましたよ(笑)
b0165536_21132286.jpg


あと必ずコストコに行った時に購入するのは決まってこの大きなアルゼンチン産の赤エビ。
b0165536_21151986.jpg

1匹だいたい15cm位あるジャンボエビ。南米産の魚介類は美味しい~♪
これをニンニクたっぷりの酒蒸しにして食するのが定番です。


コストコは1アイテムの量が多すぎて大家族で無いわが家ではあまり利用する事が少ないけれども年末のアラスカ産タラバガニだけはこれからも毎年の恒例になるでしょう。
タラバガニは蟹じゃなくてヤドカリ科の一種なんだって。
[PR]
by kiki-juju | 2011-12-17 21:23 | Food/Wine | Trackback | Comments(2)

これが一番!ワイン梱包材

旅行中のカリフォルニアで美味しいワインを買っても飛行機の預入れスーツケース内でもしも割れてしまったら・・・・、なんて不安がありますよね。

今までの経験上しっかり梱包して入れればほとんどの瓶物アイテムが割れた事は1度もありませんが、スーツケースに入れて飛行機で持ち帰る場合の最強ワイン梱包材を今回はゲット!!
もちろん、お店はいつものワイン専門店・K&L Redwood city店 (いつも裏口ですが・・・)
b0165536_2015431.jpg

日本へ帰る前日、飛行機の受託荷物の重量余裕分を計算しギリギリまでワインを買い足します。
ユナイテッド航空の受託荷物制限はこんな原油高のご時世なのにかなり太っ腹!

K&Lで店員さんに今までのワイン梱包材よりもさらに頑丈そうな発砲スチロール製を勧めて頂きました。
b0165536_20225783.jpg

このまま入れたのではまだ隙間もありちょっと不安なのでエアークッションで1本ずつキッチリ包んで入れます。エアークッションは瓶物を買って帰る事が多いので日本から毎回多量にスーツケースに入れて持って行っています。
b0165536_2025344.jpg

そして上側の発砲スチロールをかぶせ、接続部分をガムテープで巻けば完璧!!
b0165536_20291210.jpg

2本仕様と3本仕様の物がありますが小分けできる2本仕様の方が使い勝手が良いです。
b0165536_2192037.jpg

前回まで使用していた厚段ボール素材の梱包材はオリーブオイルなどの瓶物を入れるのにピッタリ。
b0165536_20322229.jpg

もちろんビニール袋に入れてから蓋をし、ガムテープでしっかり閉じればOK。
b0165536_20443110.jpg

あとはスーツケースの中に洋服などを間に敷き詰めて分散して入れれば大丈夫です。
瓶ものは割れたら・・・なんて心配もこれで解消されます。
私はバルサミコ酢狂いの為、何種類も買っちゃうので瓶もの対策は必須!
b0165536_20491212.jpg


このワイン破損防止梱包材、K&Lでワインを買えば無料で頂けます。(多分)
今回ここで10本買ったので「好きなだけ持ってっていいよ~」と言われたので発砲スチール製と厚紙製の両方をたくさん頂きました。

レッドウッドシティ店(Redwood city)はサンフランシスコ空港にも近く、お土産カリフォルニアワインを買おうかな?と思われるのであれば空港で買うよりこちらのお店の方がおススメ。値段も安く種類も豊富。
ロサンゼルス空港の場合にはハリウッド店(Hollywood)もあります。

そして絶対に忘れてはならないのが空港で荷物を預ける際、これでもか!と思うくらいに割れ物注意シール「FRAGILE」をスーツケースにたくさん貼りましょう。
貼り過ぎるとあえて投げられる?なんて事もあると聞くが・・・・。

そうそう、前から目をつけていた「Vinturi」のワインエアレーターも購入しちゃいました♪
b0165536_21372481.jpg

ワインに空気を混ぜる事で香りと味を開かせるデキャンタージュが簡単にできるスグレ物。
グラスにこのエアレーターを通してワインを注ぐだけという何とも横着者の私にはピッタリの商品です。
で、ちなみにこの商品どうかと言えば、、、、、
正直、どうなんでしょう?? 美味しくなる気もするし、変わらないと言えば変わらないし。よく分からないけど何となく使ってみたりしている。
そんなに違いの分かる立派な味・嗅覚保持者ではありませんので、私。
[PR]
by kiki-juju | 2011-11-30 21:15 | Food/Wine | Trackback | Comments(6)

最近いろいろ作ってみた

お料理やお菓子作り、基本的にあまり得意(好き)ではないんです私。
一応やれば一通り何でもできるのですがほとんどは義母に毎日お任せして実は楽チン生活な日々です056.gif
(感謝感謝)
先日、Juju4?回目誕生日だったので、
「何か食べたい物を作ってあげるぜよ!」
と言ってみたところ
「マドレーヌが食べたい」
とリクエスト。相変わらず安い人だわぁ~。
b0165536_16591277.jpg

意外と簡単、あっと言う間にできてしまって美味しいじゃない♪♪
調子に乗って朝食にも食べれるバナナのパウンドケーキも作ってみました。
b0165536_1714449.jpg

さらに調子に乗ってほうれん草&ハムのキッシュまで。
見た目イマイチだがかなり上出来なお味でした。
b0165536_1741633.jpg


調子に乗っていたのは私だけでは無かったようで、この際と思ったのか「手作りピザが食べたい~、ピザが食べたい~」と日々呪文のように唱えていたJuju。
「生地こねるの面倒臭いからイヤ!!」と無視し続けてました。
昔は暇な時によく作ってあげていた実家から受け継いだレシピのピザ。手作りは美味しいけどね~。

そうしたら・・・・・なんと餅つき機買ってきました!!(そんなに食べたかったのか?)
b0165536_17153422.jpg

つきたてのお餅はもちろんの事、パン生地などのこねる作業もOKの優れもの。
餅つき機なのだが初めて作ったのはやはりリクエストのピザ生地。

材料を入れてスイッチONで10分でこね上がり。ビックリする位簡単。
オーブンの発酵機能で生地を1時間ほど寝かせて出来上がり。
b0165536_17221873.jpg

シンプルなぺパロニ&モッツァレラチーズにバジル。
生地発酵している間にニンニクたっぷりのトマトソースを作っておきます。
焼き上がり写真を撮る前に皆さん食べ始めちゃってたよ・・・・・。

この餅つき機、今後も我が家では大活躍しそうです!
つきたてお餅を大根おろしで食べるのが今から楽しみです☆
[PR]
by kiki-juju | 2011-11-05 17:29 | Food/Wine | Trackback | Comments(4)

とうとう買ってしまった

前から欲しい、欲しいと思っていた精米機をとうとう買ってしまったよ、象印のコレ

b0165536_2034923.jpg

お米好きとしては毎日美味しいお米が食べたいのです。
いつも京都府・丹波光悦村まで行って玄米で30kg購入し涼しいガレージで保存。
1週間に1回程度食べる分だけ近所のコイン精米機で精米とホントめんどくさい事している。

だからね~、家庭用で優秀な精米機が欲しかったのよ。
で、さっそく精米してみました。
一度に2~5合精米できるのですがとりあえず4合分入れます。
b0165536_2045788.jpg

b0165536_20452571.jpg

蓋をして精米度は白米でスイッチON。
b0165536_20464711.jpg

見る見る手前側に米ぬかが溜まってきます。精米中の音の大きさは掃除機くらいで結構ウルサイです。
b0165536_20491973.jpg

だいたい2分位で精米された白米の出来上がりです。
b0165536_20502958.jpg

左が元の玄米で右が精米後の白米。
ほんの少しだけ先の方にヌカが残っていますよね。これを白米強にすればさらに真っ白に、無洗米にすればこれよりさらに削られます。
b0165536_205313.jpg

栄養価など好みで精米具合を選べるのも人気のとこらしいです。

米ぬかは炒ってからヌカみその床に使用します。
b0165536_20555656.jpg


これで精米したてのお米が毎日食べられて嬉しい~~!
ますますパン嫌いが加速しそうです。
[PR]
by kiki-juju | 2011-08-19 21:04 | Food/Wine | Trackback | Comments(4)

暑い日にピッタリのワイン

世間はお盆休みですが、、、、、私はお仕事休みではないので普段通りです。
実家の用事も重なって(呼び出し)なのですが月末から夏休みを取ってアメリカへ。

カリフォルニアへ行く=ワイン買い込みという図式は定番。
今回こそサンタバーバラ近郊ワイナリーを攻めなくては!!(時間あるかな??)

新入りワインのスペース確保の為に既存ワインの消費をしなくてはと思いつつも、こう暑いとあまりワインという気分ではないのが正直なところ。

暑い日でもいける白ワイン、ニュージーランドワインのVilla Mariaのソーヴィニヨン・ブラン2009。
b0165536_207433.jpg

オークランド空港近郊にあるヴィラ・マリアはニュージーランドのワイナリーの中では有名どころ。毎年、多くのワインがワインコンペティションで金でも銀でも何でも受賞しています。
簡単に言えば良くも悪くも外さないワインが多いって事でしょうか。

NZワインの白、ソーヴィニヨン・ブランは南島・マールボロ地域が良質な葡萄が栽培され一大産地。
このソーヴィニヨン・ブラン2009はしっかりとした葡萄の風味を感じながらもかなり酸っぱい口当たり。まさしく暑い夏の日にキューっと冷やして酸っぱ爽やかでゴクゴクいけるワイン。
酸っぱいワインが苦手の人には多分・・・・かもしれないが私は酸っぱい葡萄を食べてる感じのこの味が夏にはもってこいと思っている。

NZワインは全般的にコルク栓では無くスクリューキャップが多く使われている。
このヴィラマリアは世界に先駆けて2002年ヴィンテージからワイン専用スクリューキャップを採用。

コルク不良の除去、空気の流入量の違いによるワイン毎の味わいの差異を無くす利点があるようです。実際、最近フランスのワイナリーでもキャップ採用している所多くなったと感じます。
消費者側からすれば飲み残しの場合、しっかりキャップできるのでコルクよりも翌日以降のワインの変化が無く同じ味が楽しめる気がします。って言っても1本開けてしまうので意味無いですが(笑)

今日のワインのお供は京都北区にあるカワキタさんのレーゲンスブルガー。
b0165536_20513232.jpg

ワイン友のY家に行くとここカワキタのデリがいつも用意されていてなかなか美味しいと思い教えて頂いたお店。
丁寧に作られた自家製ソーセージやハム類は本場ドイツの味にかなり近い。最近我が家のお気に入りショップになっています。
[PR]
by kiki-juju | 2011-08-15 20:59 | Food/Wine | Trackback | Comments(6)