Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Austria( 4 )

ウィーンでお昼&ワイン

ハンガリーのSopronでは結局パプリカチキンを食べられるお店が見つからず、ウィーンに戻って食べようと目指したレストランは応用美術博物館(通称MAK)に併設されている「エステルライヒャー・イム・マック」。中世~現代までの家具&ガラス製品&テキスタイルなどを展示している博物館。
b0165536_17282329.jpg


レストランとカフェ&バーにセクション分けされているので、静かにお食事orお茶&ワイン飲みの両方に使える便利なお店。朝、8:30a.m~営業しているところもすばらしい!!
b0165536_17344429.jpg


テーブルセッティングのランチョンマット(ペーパー)も本物のスープ(?)と錯覚するほど3D。
う~ん、アートだわぁー♪♪
b0165536_17411521.jpg


黒板に書いてある「本日のお勧め」を見るとホワイトアスパラガスのスープが。クロアチアにはなぜか無かった白アスパラ。濃厚なスープに大きな白アスパラがたっぷりで◎。
b0165536_1744040.jpg


パプリカチキンを目当てにやって来たのにランチのメニューにはパブリカチキンが無い・・・・。どうやらディナーのみかな?しかし、頭の中ではチキン以外には考えられないので「チキン腿肉のピカタ風withレンズ豆」。
b0165536_17471118.jpg


Jujuは相変わらず「ウィーン風シュニッツェルwithポテトサラダ」。たまにはブログに協力して違うお料理を頼んで欲しいものです・・・・。
b0165536_17491571.jpg


ここで飲んだハウスワイン(白)がとっても美味しく、銘柄を聞くとウィーン産との事。ウィーン産はあまり馴染みがなかったのでその美味しさにビックリ。ウェイターさんがシュテファン寺院近くのワインショップで買えるからと教えて頂いたので食後の散歩も兼ねて行ってみました。
b0165536_1758183.jpg


店内は右手側がワインバー、左手側がワインショップという造り。昼間でもたくさんの人達で大賑わい。
b0165536_1813444.jpg


各国のワインが取り揃えてありますがオーストリア産のワインも豊富です。
b0165536_18249100.jpg


ウィーン産という狭い地域内でも種類は結構たくさんありました。
b0165536_1845672.jpg


オーストリアワインと言えばヴァッハウ渓谷が有名で、先日たまたま見たBSフジの辰巳琢郎さんのワイン番組で「Pragerのリースリングは最高!」と大絶賛。で、わざわざ訪れている放送を運良く思い出しました。
b0165536_18105785.jpg


世界中の数あるワインを番組でいつも飲んでいる方が最高と言うのはどんな味なのか??やはり気になるのでウィーン産のRosengartel Alte RebenとPragerを購入。
b0165536_18135323.jpg


さて、いつ飲む事になるのだろうか??

追記:
博物館の周りの駐車場は路駐のみ。さらにパーキングチケットを買う自販機が路上にはありません。博物館の通り向いのタバコ屋さんに行き、紙の駐車チケットを買い(2時間、4時間、1日などいろいろ有)車をとめた時間と日付を塗つぶしダッシュボードの上に置くとってもアナログな方法です。もちろんこれをサボると駐禁切られますよ~。
b0165536_19415871.jpg


ホテルの追記:
[PR]
by kiki-juju | 2010-06-04 18:14 | Austria | Trackback | Comments(0)

ウィーン散策

今後、何度も訪れるであろうクロアチアを後にしてウィーンに戻ってきました。
やっぱり街が洗練されていますねぇ~。オペラ座の地下の駐車場に車を入れて散策。オペラ座の前では中世の衣装を着たチケット売りの人達が観光客めがけて押し売りにがんばっていました。

b0165536_19401926.jpg


ウィーンに来たらCAFE。オペラ座のすぐ近くにある「ザッハー」でザッハー・トルテを頂かなくては!!デーメルとザッハーのトルテ論争は有名で、どちらが正統なザッハートルテかと裁判までしたほど・・・・。 (京都でも老舗論争あるよなぁ~)
前回ウィーンに来た時にはデーメルを訪れたので、今回はもちろんザッハーで。
b0165536_1952114.jpg


これが老舗ザッハーの「ザッハー・トルテ」。お兄さんがテーブルに置いた時に「ボロッ」と先がモゲてしまった・・・・。甘くない生クリームが添えています。
b0165536_19475198.jpg

そしてやはり観光客の定番、生クリームたっぷりの「メランジェ」も。
b0165536_19492385.jpg

チョコスポンジの間に杏ジャムが入っているのがザッハーのザッハートルテ。デーメルは入っていないのが違いだそうです。が、どちらも甘い、甘い。
ちなみにデーメルの前を通ったら、こちらも観光客で大賑わいでした。
b0165536_19555037.jpg


甘いものを補給した後は元気が出るのでいろいろと散策。いやー、クロアチアに比べて多人種、観光客が多いです。さらに、街がやっぱりお洒落でお花屋さんも素敵♪♪
b0165536_19583390.jpg


王宮を見たり、 (相変わらず有名な所でも外観だけで中に入ろうとしない私達)
b0165536_2004334.jpg


「マリアテレジアイエローがキレイな建物だね~」なんて話したり、
b0165536_2014473.jpg


シュテファン寺院は外壁工事中でちょっと残念だったり。
b0165536_2032696.jpg


観光客用の馬車で市内を巡って見るのも楽しいかもしれませんね。でも、このお馬さん達、ちょっと臭いが・・・・。風にのって馬車に乗っている間中この臭いを我慢するのはちょっとキツイかも!?
b0165536_208246.jpg


クロアチアでは緑の細いアスパラガスが主流でホワイトアスパラガスをあまり見かけませんでした。ウィーンではあちらこちらに。この小さなじゃがいもこんがりと揚げ焼きするととっても美味しいんだよね。
b0165536_20113957.jpg


そして欲望には勝てずにまたまたつまみ食い。パリッとしたソーセージとホクホクのじゃがいも!!
b0165536_20134798.jpg


料理のレパートリーはドイツと同じであまり変化に富んでいないような気がするけれども、何故かじゃがいも料理はいつ食べても美味しいと感じます♪♪

じゃがいも料理に気分を良くしたのか、イタリア製の手作りカバン屋さんの前で素敵なバックを発見!指くわえて欲しそうに見ていたらJujuが「欲しかったら買えば?」
値段を見てそれなりに結構お高かったが気に入ったものを10年使うと考えればそうでもないかな?? 
Jujuの気持ちも大きくさせてくれるウィーンはやっぱり素敵な街です★★★
[PR]
by kiki-juju | 2010-05-31 20:28 | Austria | Trackback | Comments(2)

ウィーン~ザグレブ その2

さて、いよいよクロアチアに向けて出発。ここで無くてはならない必須アイテム、Garminのナビ。ヨーロッパ全域マップをガーミンのサイトからSDカードにダウンロードして差し込めばOK。($149)日本で買った本体なら音声案内は勿論日本語。このナビ、本当にお利口さんです!
b0165536_1649517.jpg

手のひらサイズで持ち運びに邪魔にならずヨーロッパのややこしい旧市街もちゃんとカバーしているので迷う事がありません。レンタカー会社でもナビは借りれますが1日/€7~10するので長期、もしくは度々行くならお得!現地でナビを借りたら勿論現地語です。英語対応は高級車種がほとんどです・・・。

どこまでも広がる田園風景やサービスエリアで休憩&軽食をとりつつのんびりとドライブ。
b0165536_1741258.jpg
b0165536_175650.jpg


b0165536_17125356.jpg

そしてスロベニア国境に到着。スロベニアはEU加盟国の為、パスポートのチェック無しでそのまま素通りできます。しかし、スロベニアの高速道路は有料です。日本のように高速道路のゲートが無く、事前に通行料のシールを購入しフロントガラスに貼り付けます。7日間用で€15。
b0165536_17193956.jpg

国境の手前のショップやガソリンスタンドで購入できます。
b0165536_18325882.jpg

このマークが目印です。
b0165536_18335187.jpg

ちなみにオーストリアもこの方式です。オーストリアでレンタカーを借りた場合にはすでに貼ってあるので購入の必要無しですが、隣国から来る場合には忘れずに!参考までにオーストリアのマークはコレ。
b0165536_18352459.jpg

国境ゲートには誰もいないのでそのまま素通りです。
b0165536_18375392.jpg

この後、スロベニア出国時&クロアチア入国の際に両方の車の絵柄の入りのスタンプをパスポートに押してもらえます。国境は写真撮影禁止の為、残念ながら写真はありません。
EU諸国からのレンタカー入国は国境では全く問題ありません。国際免許証と日本の免許証(読めない!とすぐ返却されます。)を提示させられる場合がありますので忘れずに♪♪
[PR]
by kiki-juju | 2010-04-30 17:20 | Austria | Trackback | Comments(0)

ウィーン~ザグレブ その1

12日間のクロアチアへの旅行、とっても楽しく満喫しました。
写真もたくさん撮り過ぎ(?)整理に困るほどです・・・。
今回はレンタカーでウィーンからクロアチアまでドライブ気分で行きましたが正直、ちょっと遠いです。しかし、素敵な風景や寄り道をしながらでまぁ、良しでしょう。

今回はフィンランド航空で関空~ウィーンまで行きました。理由はチケット代が格安!
ヘルシンキ~ウィーンまでは私の苦手な小さな飛行機。 (ちっちゃ!!)
b0165536_205976.jpg
b0165536_2053088.jpg


約2時間ちょっとでウィーンに到着。
b0165536_209523.jpg


乗り継ぎで非常にお疲れモードの私達は到着ロビーを出た真ん前の予約しておいたNHホテルへ直行。ウィーンの町までは電車で20分位かかるので、夜の到着や雨の日などは横断歩道2本渡るだけのこのホテルはとっても便利です。
b0165536_2011234.jpg


翌朝、空港でレンタカーをピックアップ。到着ロビー左側を歩いて行くと各社のブースがあります。
b0165536_2031949.jpg

私達はいつもSIXTレンタカーを利用。
b0165536_20202141.jpg

ヨーロッパでのレンタカーはハーツ、エイビス、Europcarなど大手いろいろありますが、Sixtが値段&利便性において良いような気がします。さらに今回はEU加盟国で無いクロアチアへレンタカーで入国。レンタカー会社によっては入国禁止だったりしますので事前に確認して気をつけましょう。
Sixtの場合、クロアチア、スロベニア、ハンガリー、チェコなどの入国はOKです。但し30ユーロ/(1レンタル)の割増料金、MB,BMW,AUDI,VWなど殆どのドイツ車での入国は禁止。OpelはOKなので4ドアのオペルをレンタル。
b0165536_20292860.jpg

事前にネットで一番安い車種を選択しておき、実際現地で借りる時にもし大きさなど気に入らなければ、その場で少しのプラス@で車種変更してもらえるので料金的にお得です! 
ほとんどの車がミッションなのでオートマ車の場合は事前予約時に申告すれば確実です。

しかしこのオペル、小さい車ながら大型スーツケース2個を楽々トランクに収納できます。ヨーロッパは意外と駐車場スペースが狭いので実際小さい車の方が便利です。
それと保険。ベーシックは料金に含まれていますが盗難などは含まれていません。自分の加入している海外保険にレンタカー関係がカバーされていない場合は追加保険に加入する方が安心です。その場合、1日当り18ユーロでした。(EU以外の国で何かあった場合でも全てカバーされます。)
[PR]
by kiki-juju | 2010-04-29 20:36 | Austria | Trackback | Comments(2)