Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:National Parks( 20 )

イエローストーン国立公園⑨熊とオオカミ

イエローストーンの2大動物、熊とオオカミ。
運が良い人は園内で遭遇する事ができますが、私はできませんでした。残念

しかし、そんな大多数の方にも(多分)熊やオオカミを見れるスポットがウェストイエローストーンの町にあります。

Grizzly & Wolf Discovery Center  (グリズリー&ウルフディスカバリーセンター)
b0165536_19174410.jpg


その名の通りグリズリーベアとオオカミさんの施設。
たぶん近隣小学生の課外活動スポットだと思う。集団キッズ多かったから。
b0165536_19204774.jpg


施設に入ると大きなグリズリーの剥製。
b0165536_19223640.jpg


グリズリーとブラックベアの違い。ブラックベアの方が小さいけど、やはり出会ってしまったら怖い。
足跡で違いがわかる。
b0165536_19234033.jpg


館内のセクションは順路に従っていくと先ずはオオカミコーナー。
b0165536_19252175.jpg


柵越しにいました。真っ白なウルフ。
b0165536_19262415.jpg


温かい日の当たる場所でのんびり過ごす子も。
b0165536_19272196.jpg


この子なんてオオカミと言うより普通なワンちゃんな表情。
b0165536_19284088.jpg


グレーの子はキリッとした風貌。
b0165536_19291543.jpg


次はグリズリーセクション。
さすがに大きい! 石に塗られた蜂蜜(?)をペロペロしています。
b0165536_19323262.jpg


熊さんの毛皮もあり触ってみましたが、想像と違い結構剛毛。フワフワ感はゼロ。
b0165536_19344498.jpg


ベア達の生態研究の為、又は人間の食べ物やゴミの味を覚えてしまった子を別の場所に移動させる為などでこのようなベアトラップ(ベア捕獲罠?)にて捕まえるそう。
b0165536_19411161.jpg

b0165536_19415157.jpg


そしてもう1つ、やはりベア達はゴミを漁る。その為いかにベアの襲撃に耐えられるゴミ箱を設置するかも研究課題。
b0165536_19451744.jpg


ベアの攻撃に遭ったゴミ箱。
b0165536_1946942.jpg

こんなプラスチックの軟なゴミ箱では熊さんの攻撃に耐えられるハズもない。
実際、イエローストーン園内のゴミ箱は鉄製のかなり頑丈なゴミ箱が設置されていました。
b0165536_19482537.jpg

食べ物の匂いが出るものは一切置きっぱなしにしないようにと園内のピクニックエリアのあらゆるところに表示されています。
b0165536_19514330.jpg



この日でイエローストーン国立公園の3日間は終了。
車で南下し、小さな滝で休憩したり、
b0165536_202343.jpg

動物さんの突然の飛び出しに注意したりして、
b0165536_2024338.jpg

アメリカの国立公園の中で一番美しいと言われるグランドティントン国立公園巡りの為、ジャクソンホールへと戻ります。
b0165536_2041144.jpg


イエローストーンとはまた違った雄大さがそこにはありました。
[PR]
by kiki-juju | 2015-03-29 20:05 | National Parks | Trackback | Comments(4)

イエローストーン国立公園⑧Canyonエリアで滝を見る

何だかずっと胃が痛い・・・。
夜遅くまでの毎日の仕事のせい?出張が最近は面倒で嫌?それとも春旅行の準備&トレーニング、さらに体重を2.5kgを増やさなくては!で暴食&ストレス??

そんなんで3年ぶりの胃カメラ検査。いつもの病院、苦痛は無いから楽なんだけどやっぱり検査前ってドキドキします。
結果は何事も無し。やっぱりストレスだよね~、旅行の。(どんな旅行よ!)


なかなか進まないイエローストーン旅行記。 このペースだといつ終るのやら?
終らせます、絶対に。


野生動物の後は渓谷&大きな滝鑑賞。
エリアはCanyon Village周辺
b0165536_2241932.jpg


キャニオンエリアの見所はアッパーフォール(Upper Falls)とローワーフォール(Lower Falls)の2つの滝。

まずは上のアッパー滝。 正直そんなに大した事ない。
b0165536_2281022.jpg

実はメインは下のローワー滝の方なので。
ローワーの方は歩いて行かなければなりません。これが結構大変。
注意書きもちょっと警告気味です。
b0165536_2294336.jpg

ここは標高2430m程。滝を見る為のトレイルはとても急な道や階段があるので、心臓や呼吸器に問題がある方はお勧めしません、と。
私は心臓や呼吸器に問題は無いけど、この警告文読んで「うっ、やめようかな・・・」と思ったよ。この時は体力ゼロだから。

まぁ、お天気も良いし行ける所まで行ってみよう。
b0165536_22161417.jpg

ズンズン谷間を下りて行くのだけれども、下から戻ってくる人々がゼェハァ~虫の息で上がって来るので嫌な予感・・・・。

そして心臓破りの328段の急階段登場!途中、下から見上げる。
b0165536_22203416.jpg

いやぁ、私は高所恐怖症。鉄階段の下は抜けてるし角度が急。
全階段の1/4位の所で怖くてギブアップ。 こんなの怖くて下りれない・・・。
b0165536_22231452.jpg

Jujuにカメラを渡して行ってきて頂戴と。
写真撮影にまったく興味が無い男。撮った写真は・・・・・・コレ。
b0165536_22251430.jpg

えっ!!!!滝どこ??? 予想はしてたけど。

もうこの場所強制終了。 車で移動して対岸の展望台から見る事に。
帰路ももちろん下った分登らなくてはならないのでやはり私も虫の息になった。

そして対岸からは楽チンでローワー滝が見えた。最初からこっちに来てれば苦労は無かった。
b0165536_22292922.jpg

ちなみに先ほどの階段もこちら側から見るとこんな感じ。
b0165536_22301242.jpg

スリル満載の階段。あ~怖かった。

このエリアはイエローストーンのグランドキャニオンと呼ばれているように渓谷がとても綺麗。
膨大な量のイエローストーンリバーの水が蛇行。岩肌も若干黄色いのでこれがイエローストーンと呼ばれているのかもしれない。
b0165536_2233243.jpg


このスポットはキャニオンビレッジのビジターセンターからすぐなのでアクセスは良い。
b0165536_22342290.jpg

無駄に運動してしまったのでちょっとお腹が空いた。
ここ、ホテル、ショップ、レストラン、一通り揃っています。もちろんトイレも綺麗♪
b0165536_22354165.jpg

園内を巡るイエローストーン観光バスも。コレ乗ったら見所一気に回れて楽そうです。
b0165536_22363399.jpg

で、レストラン。と言うより国民食のバーガーショップ。
b0165536_22373025.jpg

1個食べたらもう夕飯要らないくらいお腹一杯。もちろんバーガーのお供、バニラシェイクも飲んでしまったから。

この日は朝から動物を見て、軽くトレッキングでかなりお疲れDayとなりました。
[PR]
by kiki-juju | 2015-03-10 22:42 | National Parks | Trackback | Comments(4)

イエローストーン国立公園⑦野生動物Lamar Valley

久々に更新と思って意気込んで記事を書いていたのに途中で誤って消えてしまった・・・・。

もう~~~(怒)

写真のオンパレードで行きます!

イエローストン公園北東エリアは野生動物がたくさん見れれる宝庫。
赤印のエリアです。宿泊しているウェストイエローストーンから約1時間半のドライブ。
b0165536_19473988.jpg

道路脇でごそごそ動いている何かを発見。ミュール鹿。(Mule Deer)
この子達はまだ若い感じです。
b0165536_1954711.jpg

またまたミュール。でも何だかこちらはおじさん系の様相。
b0165536_19562957.jpg

車が大渋滞。
b0165536_19565693.jpg

バイソンが道を塞いでいました。
b0165536_19574499.jpg

群れでたくさん!
b0165536_19592247.jpg

赤ちゃんバイソンもいました。
b0165536_20028.jpg

広大なラマバレー。運が良ければオオカミさんやクマさんにも出会えるそうですが、目を凝らしてみてもいないなぁ。
b0165536_2035343.jpg

ちなみにイエローストーンに来る時は双眼鏡必須。私も景品でもらった(一応Nicon)小さいのを持ってきたのだが、全然ダメ。
ラッキーな事に宿泊しているお部屋には立派な双眼鏡がちゃんと完備されていましたのでそれを使用。

双眼鏡で動物を探していたJujuが遠くにプロングホーン(Pronghorn)がいるのを発見。
b0165536_209369.jpg

一眼レフ最大望遠で撮影。肉眼ではほとんど分からない程草木に同化してました。

ラマ川(Lamar River)沿いをゆっくりドライブしながら動物さんを探したけど陽もだいぶ高くなってきたのでたぶんもう無理。動物さんの活動は早朝なので。
b0165536_2013125.jpg

人間様の行動時間となりました。さすがワイオミング&モンタナ州の州境、フライフィッシングがお盛んです。
b0165536_20142883.jpg

ブラピの映画、リバランの世界。この映画を見た時に「いつかモンタナ州に行ってみたい!」と思ってた。
b0165536_2018973.jpg

ロバート・レッドフォードが監督をしたもう1作品「モンタナの風に抱かれて(The Horse Whisperer)」
これもモンタナ州に行ってみたいと思わせる良い映画。
(最後の30分、ロバートの恋愛話が無かったら100点の映画なのに残念)

あっ、動物、動物。
名前は分からないけどいろいろな鳥さんを見る事もできます。
b0165536_20281556.jpg

それとリスはどこででも。リスさんは病気のリスクがあるので絶対に手を出してはいけません。
b0165536_2030554.jpg



結局、イエローストーンでは上野のパンダちゃん的存在のクマさん&オオカミさんは見れなかった。
が、後日ちゃんと見れるのです!やっぱり全米人気ナンバー1国立公園、見れなかった人にせめてもの救いが用意してあります。


----イエローストーン国立公園内のトイレ事情-----
広大な公園内、食住を完備している各ビジターセンターの距離はかなり離れています。
そこでトイレの問題。5~10Km毎にあるピクニックエリアにトイレは必ず1つはあります。
b0165536_20402111.jpg

しかしこのトイレ、最初の2、3回は結構勇気のいるチャレンジトイレです・・・・。
男女共有、ボットン、便座が何故か大きい(誰サイズ??)、なので落ちそうで怖い。絶対に落ちないけど、でも子供は分からん。

水道は引かれていないので消毒ジェルが備え付けてあります。
(ペットボトルに手を洗う水を持参すると良いです)
トイレットペーパーは多量に備え付けてあるので紙の心配は一切無し。
綺麗ではないけど、でも激汚いというわけでもないこの園内トイレ。最初は躊躇するが意外と慣れるもの。だってコレしかないのだから仕方が無い。朝方散策など寒いとトイレが近くなる。
どうしても水洗、綺麗じゃなきゃ無理!って方は各ビジターセンターへ。
ちなみにラマバレー近くはルーズベルトロッジ(Roosevelt Lodge)、もしくはタワーフォール(Tower Fall)のジェネラルストアーのトイレへ。ここは水洗です。
b0165536_20502517.jpg

トイレのついでに落差40mのタワーフォール(滝)も見ておきましょう。
b0165536_20511843.jpg

寒くてすぐ退散しましたが。
[PR]
by kiki-juju | 2015-02-14 20:32 | National Parks | Trackback | Comments(4)

イエローストーン国立公園⑥Midway Geyser Basin

イエローストーンの続きです。
終るまでがんばって続ける!!(いつになる事やら・・・・)


イエローストーン国立公園のメイン的存在、Grand Prismatic Spring(グランド・プリズマティック・スプリング)。いわゆるよく見かけるコレ。
b0165536_21211390.jpg

前日に大渋滞&雨で断念した場所。

モクモク湯気が上がってます。
b0165536_21223614.jpg

この川に注ぐ湯が熱湯。ボコボコ言いながら流れてきます。
b0165536_21232451.jpg

案内板を見ると、一番奥に目的の熱泉があるみたい。
b0165536_21255469.jpg

モクモクな蒸気を掻き分けながら(?)、どうやら人々が留まっているあの辺りらしい。
b0165536_21282246.jpg

しかし・・・・見えるのは赤茶の部分だけ。
b0165536_2129867.jpg

横(側面)からはどうやら見難いみたい。
そりゃそうかも、これ、空撮だよね。Wikiの画像もやはり空撮かぁ~。

似たような小規模のOpal Pool。蒸気を発していない分見やすいが、期待していたのはやっぱりメインのGrand prismatic。
b0165536_21332258.jpg


いまいちだったスプリング。お腹も空いてきたので遅めのお昼を食べるために移動。
園内の各大きなビレッジ内にあるレストランなどの施設への移動は結構距離があり大変ですが、ピクニックエリアは約10Km間隔であちらこちらに点在しています。
b0165536_21523758.jpg

お昼時には満員になります。 さすがに観光地、世界各国の人がやって来るのでランチのメニューも皆さんいろいろで面白い!

アメリカ人--------パンにピーナッツバター、それにバナナ。
インド系----------本格カレー。もちろん手で食べる。
韓国系-----------ご飯、チゲ、おかずいろいろ現場で本格クッキング!
イタリア系---------パスタ&ワイン

我が家の海外用屋外煮炊きキット。
b0165536_21543683.jpg

Logosのソフトクーラーボックスも必需品。
b0165536_21555245.jpg

中でもこのスノーピークの極小ギガパワーストーブ”地”は優れもの。
b0165536_21585850.jpg

アウトドアーショップでブタンガス(OD缶)はどこにでも売っているので、このストーブヘッドさえあれば無敵!
b0165536_2225516.jpg

ちなみにOD缶ガスはイエローストーン圏内ではジャクソンホールのアウトドアーショップならどこでも有り。
ウェストイエローストーンでは町の大きな釣具店、公園内は北東のRoosevelt Lodgeの売店で売っていました。差込口の形状の違うものもあるので(コールマンなど)注意。

スープを温めサンドウィッチと食べたり、
b0165536_22192569.jpg

b0165536_22194231.jpg

やっぱり私は熱々のお味噌汁とおにぎりだよ。
b0165536_2220611.jpg

コーヒーショップも園内にはあまり無いのでコーヒーブレイクもピクニックエリアでお湯を沸かしてコーヒータイム。
どこでも綺麗な風景が広がっているのでホッと一息もいい気分です。
b0165536_22224747.jpg

[PR]
by kiki-juju | 2015-01-16 22:25 | National Parks | Trackback | Comments(8)

イエローストーン国立公園⑤Mammoth hot springs

ブログ再開☆ ←一応続けてます^^

Norris散策で芯から冷え切った体を車の暖房MAXで温め復活!
道にはバッファローがノソノソお散歩中。
b0165536_20471529.jpg

b0165536_204808.jpg


Norrisから約34Kmで公園内北西のMammoth hot springsに到着。
b0165536_20504494.jpg

ここは温泉水に含まれた石灰分が長い年月をかけて蓄積されて、石灰岩のテラスを形成している。
毎日2t以上のミネラルが流れ出るため、形状は常に変化している。
トルコのパムッカレのような場所。ここは私が一番来て見たかった所。
b0165536_20533828.jpg

よく写真などで見る石灰棚。なかなか良い感じ~
と思ったけど、、、、、あれ?何か思ったより小さい・・・・
全体図で見るとこんな感じ。
b0165536_20554613.jpg

がっかりスポットではないけど、もうちょっと大きいと想像していた。

まぁ、次行って見ましょう! 
アッパーとロウアーテラス(Upper Terraces & Lower Terraces)と2箇所に別れていますのでロウアーから行ってみます。
Lowerってロウアー、ローアー、ローワー、どれが正しいカタカナなのだろうか???

ここもしっかり遊歩道が設置されています。
b0165536_20595546.jpg

温泉水がチョロチョロ流れています。
このお湯が適温で裸足で歩けたら楽しいのにとずっと思いながら散策。
b0165536_213491.jpg

結構干上がってしまている所も多々有り。
b0165536_2134932.jpg

1977年当時の写真と比べると無残な姿ですが、、、自然の物なのでいつかまたたっぷりの温泉が噴出すことがあるのかも?! イエローストーン噴火とか。
噴火の前兆あるとか無いとか言われているけど、本当に噴火したら人類半分生き残れるか?
b0165536_2182147.jpg


アッパーテラスの方に移動。
Orange spring mound
b0165536_21175791.jpg

先の方から熱湯がボコボコ噴き出しています。
b0165536_2119720.jpg


名称の写真を撮り忘れたようで分からないテラス。
ここが一番良かった。
b0165536_21265180.jpg

そのお隣にあったAngel terrace
b0165536_21282347.jpg

どう見てもエンジェル(天使)って想像できません。悪魔(devil)ってネーミングならまだ分かるけど。
b0165536_2130144.jpg


このマンモススプリングスの辺りは標高が1600mほど。
空がちょっと近い気がします。
b0165536_2132748.jpg



期待大だったマンモススプリングスでしたが、悪くは無いけど写真集で見た光景からするとちょっとボリュームダウン的かな。
恐るべしプロの写真技術!


今現在、仕事が忙しいのもあるが、ちょっと興味深い旅を発見してしまいその下調べに夢中。
いやぁ~、世界には面白い事する人達がたくさんいて感心、感心。
って私もたぶん来年しそう・・・・きっとする、と思う。 ←結構お金かかるのが痛い。

そんな訳でイエローストーン旅行記放置してましたが(写真整理が面倒だね)何とか年末までには終わらせたい意気込みです(笑)
[PR]
by kiki-juju | 2014-11-16 21:43 | National Parks | Trackback | Comments(4)

イエローストーン国立公園④凍えるNorris

台風19号接近中。
出掛ける事ができないので久々にブログ更新。たまにはこんな休日も良いね。
こんなスローペースでのイエローストーン旅行記、一体いつに完結するのやら?!


早朝から本日の間欠泉エリア散策開始。 Norris~Mammothまで。
b0165536_16541247.jpg

やはり早朝、ミュール鹿(Mule deer)のオス発見!
b0165536_165597.jpg

角をぶつけ合って戦う(??)といい音がします。木刀で打ち合う音に似ています。
b0165536_16561455.jpg

分岐のMadisonを過ぎるとモクモクと硫黄臭がたちこめています。
b0165536_1702098.jpg

道路脇ではそこら中の穴からボコボコ。
b0165536_172564.jpg

日本の温泉のように硫黄が「体に良さそう~♪」 ではなく、有毒ガスっぽくて体に悪そう・・・・。

Norris Geyserに到着。
b0165536_17468.jpg

またまた散策地域が広そう。
b0165536_1745232.jpg

案内板によると、
b0165536_171069.jpg

右手Porcelain Basinは1Km。 ちょっと覗いてこんな感じ。
b0165536_1794284.jpg

左手Back Basinは2.6Kmコース。近道すれば1Km。ここのメインSteamboat Geyserまでは400m。
で、左手に行って見ます。

遊歩道は綺麗に完備で歩きやすい。
b0165536_17132370.jpg

が、めちゃくちゃ寒い。たぶん気温は0℃かマイナスくらい。歩道、凍っているもの・・・。
b0165536_1716226.jpg

起毛トレーナーに、薄手のダウン着込んでも凍える寒さ。帽子、マフラー、手袋、タイツも必要だった。
ちなみに季節は9月あたまです。
b0165536_1716283.jpg

カラッと乾燥、天気が良いので寒さが刺すように痛い。
b0165536_17213634.jpg

Norrisのメイン、Steamboat Geyser(間欠泉)。
b0165536_17232617.jpg

世界で一番高く吹き上がる間欠泉(91M)。でもいつ吹くかは分からない、間欠泉の気分次第。
直近は2013年7月31日だったそう。 普段は3m~12mの間でボコボコ吹いている。
で、湯気ばっかりでぜんぜん吹いているの分からない・・・・。
b0165536_1729843.jpg

実際吹き上がるとこんならしい。
b0165536_17302853.jpg

 間欠泉から吹くのは熱湯なのにこちら側には温かい恩恵は一切流れてこない・・・。
立ち止まると寒いので、下の方に綺麗な色のスプリングがあるので先に進む。
b0165536_17391241.jpg

こんなに綺麗なブルーは熱湯の中ででも生息できる数少ないバクテリアの仕業らしいです。
b0165536_1740549.jpg

あっちこっちこの様なスプリングや間欠泉がこの世の終わりっぽい空間に広がってます。
b0165536_17494351.jpg

他の人がパークレンジャーさんとお話しているのを盗み聞きしたところ、朝は気温が低いので蒸気が立ち込めていてあまり綺麗に見えないのだそう・・・・・。
早朝は人が少なくて良いけど確かに蒸気モクモクなので見づらい。
さらに寒すぎて凍える。所々に足湯があったらなぁ~とちょっと思ってしまったり。

Norrisは終了、次のMammoth hot springsへ移動。
ここ一番楽しみにしているスポット♪
[PR]
by kiki-juju | 2014-10-13 17:57 | National Parks | Trackback | Comments(4)

イエローストーン国立公園③W・イエローストーン宿泊

今回のイエローストーン国立公園巡りでの宿泊地は公園西(ウエスト)エントランスからすぐのウエストイエローストンの町に3泊しました。

旅行を計画したのが7月の半ばだったのでもちろん公園内の宿泊施設に空きはほとんどありません。

利便性を考えると園内に宿泊するほうが効率的ですが、時差ボケ気味も回復する見込みも無く、朝5時前起きの毎日だったので公園外宿泊でも問題ありませんでした。

ウエストイエローストーンにはたくさんの宿泊施設があります。
私達は【キッチン付】というのが絶対条件だった為、Explorer Cabinsに宿泊。
b0165536_20542040.jpg

まだ出来て1年ちょっとの新しいキャビン小屋。
b0165536_2103043.jpg

母屋は同じ敷地内にあるイエローストーンパークホテルなので、そちらでチェックイン。
b0165536_2123023.jpg


このキャビン小屋、新しくて綺麗、快適に過ごせました。2人なのに2BRにアップグレードして頂き広々使えてさらに◎。
b0165536_2161762.jpg

入口入ってすぐはキッチン付リビング。キッチン用品は何でもそろっています。
b0165536_2182298.jpg

夜は0℃近くになるので暖炉はありがたい!天井に大きな羽付ファンが付いているので暖かい空気が部屋全体に循環できます。暖炉の上にはキャビンにしては似つかわしくない巨大テレビ。
b0165536_21142325.jpg

巨大テレビは要らなくない?なんて最初は言ってましたがやはりテレビは見始めると見続けてしまいますね・・・(笑) 特にリアリティショー系、何話もまとめて放送しているのでエンドレス。今回はFat guys in the woodsという番組に嵌った。
太め体系さん達が森で何日もサバイバルする番組。←あまり食事してないのに痩せないんだなこれが。

次、バスルーム。フカフカ柔らかタオルがたくさんセットされています。バスローブもフワフワでした♪
バスアメニティもオーガニック系で香り良し。
b0165536_21161545.jpg

ベットルームはキングサイズのベット。こちらにも巨大なテレビ!
もう1部屋も同じ感じです。そちらは荷物収納部屋として使用。
b0165536_21191719.jpg

キャビンの目の前には2棟で1つの割合でファイヤーピットが設置されています。
b0165536_21225124.jpg

辺りが薄暗くなると従業員の方が火を付けに回ってきます。
そして部屋にはキャンプの定番、S'MORE(スモア)セットが置いてあります。
ハーシーズのチョコがちゃんとイエローストーンバージョンです!
b0165536_21285228.jpg

食後、早速スモアキットを持って外へ。マシュマロを刺す串はファイヤーピットの横に新しい串、使用済みの串とちゃんと分けて置いてます。
マシュマロを串に刺して火で程よく焦げ溶ける位に炙ります。
b0165536_21512863.jpg

火加減を間違えると一気に焦げます・・・・。
新たなマシュマロをセットしてやり直し。
b0165536_21482670.jpg

程よくこんがり焼き色がついたら串から外し、チョコレートと一緒にクラッカーに挟んで食べる。
b0165536_21492515.jpg

お味は・・・・・まぁ、私はマシュマロ自体が苦手なので^^;
スモアの元々の語源は子供があまりの美味しさに(!?)「Give me some more!!」(もっとちょうだい!)の略でSome more→S'more(スモア)となっているそう。夜の焚き火の前で食べる事で味も3割増し位になるのか??


翌朝、イエローストーン公園内には数々の野生動物が生息しています。
動物の行動は早朝との事で早起きして(時差ボケで目覚ましナシでも5時前起き)持って出かける簡単なお弁当作り。
お米を炊いておにぎりとお茶を用意。
b0165536_2282872.jpg

私は焼き海苔派、Jujuは味付け海苔派。これはお互い譲れない部分でいつも我が家は2種類用意。
b0165536_2294692.jpg

それとサンドイッチも。散策で歩くことが多いので結構お腹が空く。
b0165536_2273132.jpg

早朝、霧がかかる中、公園内散策に出かけました。
b0165536_22145832.jpg

[PR]
by kiki-juju | 2014-09-30 22:16 | National Parks | Trackback | Comments(4)

イエローストーン国立公園② West Thumb

イエローストン国立公園、サウスエントランス(南)からの最初の見所はWest Thumb Geyser Basin (ウエストサムガイザーベイスン)。
位置的には赤丸の部分。とにかく公園内が広いのでポイントを分けて数日かけて見て回る。
b0165536_20365368.jpg


公園内は大きく5つの地域に分けられます。
・ガイザー・カントリー -------イエローストーンのシンボルになっている間欠泉エリア
・マンモス・カントリー-------- テラスマウンテン
・ルーズベルト・カントリー----- タワー滝
・キャニオン・カントリー------- イエローストーン大峡谷  アッパー滝とロウアー滝
・レイク・カントリー------------ イエローストーン・レイク ←今ここ

各見所の近くにはビレッジ(Village)と呼ばれる場所があり、ビジターインフォメーションセンター、宿泊施設、食料品などが買えるジェネラルストアー、レストランなど園内のオアシス的な場所があります。
ウエストサムに一番近いビレッジはGrand Village(グランドビレッジ)。
水洗のお手洗いはビレッジ内のみなので、綺麗なお手洗い希望の場合には必ずここで。
園内のその他のお手洗いは・・・・・後々UPしますがかなり要チャレンジ。設置場所はたくさんありますが。


で、ウエストサム。 イエローストーン湖の湖岸に広がるガイザーベイスン。
b0165536_20475043.jpg

遊歩道が設置してあるのでとても歩きやすいです。
b0165536_20485141.jpg

強烈な硫黄の匂いと蒸気モクモク。
b0165536_2102989.jpg

案内版が設置してあり、各ガイザーやスプリングに名称がついています。
ガイザー(Geyser)とスプリング・プール(Spring/Pool)の違いは??たぶん吹き上がるのがガイザーで温水(熱水)がスプリングやプールと言われているのかな?たぶんそう思います。
b0165536_215322.jpg

Bluebell pool。
b0165536_2173541.jpg

真っ青!
b0165536_2175299.jpg

ガイザーとなっていても吹き上がっていないものも。
b0165536_21122290.jpg

b0165536_21124343.jpg

黄色や茶色などの色は湖 に生息するバクテリアによって作り出されているのだそう。
青色の部分は高温の為バクテリアが生息できないそうです。
b0165536_21153841.jpg

外気温はと~っても寒いので湯気が立っている温かそうなお湯を触りたくなります。
が、やけどするので絶対にダメ。そんな心理になるのでこんな注意書きも。
b0165536_2117380.jpg

黒くないのにBlack pool。
b0165536_21184038.jpg

b0165536_2119347.jpg

地熱により地面は温かいのかな??
鹿さんがたくさんいます。でも硫黄の匂いが結構強烈、鹿さんは大丈夫なのかしら?
b0165536_21204321.jpg

b0165536_2121093.jpg

そんなこんなでこのようなとても綺麗な青いプールがたくさんあります。
雨がまたまたパラパラ降り出してきたのでウエストサムは終了。

次はイエローストーンのシンボル的存在の間欠泉オールド・フェイスフル・ガイザー(The Old Faithful Geyser)を見に先に進みます。が、結構雨降り・・・。
途中の道路も工事中でノロノロ運転。
b0165536_21291758.jpg

1年前から予約をしなければ泊まれないオールドフェイスフルイン。園内の宿泊施設の中では立派。
b0165536_21301270.jpg

目の前はモクモク蒸気の上がる大小の間欠泉。
b0165536_21305632.jpg

とりあえず中に入って間欠泉の噴出時刻の確認。
木がふんだんに使われていて素敵だけど、なんせ人多すぎ!
b0165536_21352120.jpg

レストラン、ショップなども併設され、宿泊者以外も利用するので静かにお部屋で・・・と言う訳にはいかなそうな雰囲気。

次の間欠泉の噴出時刻は約1時間後・・・・。カフェも満員、外は結構な雨。
3日後の帰りにもう一度寄ろう!という事で退散。
ここから噴出するらしい。
b0165536_21404512.jpg

が、帰り道、このオールドフェイスフル~ウエストサム間の道路が工事になり結局行かれず仕舞い。
噴出したらこんな感じらしい。 (Wikiよりお借りしました)
b0165536_21442491.jpg


次の見所、ミッドウェイガイザーベイスンへ行くも駐車場へ入るまでとんでもない渋滞。
b0165536_21501343.jpg

雨も結構強く降っていたのでここも後日で後回し。

途中、Firehole Falls(ファイヤーホールフォールズ)の小さな滝を見て、
b0165536_2153479.jpg

ウエストエントランスのゲートを出て
b0165536_21535631.jpg

初のモンタナ州に入りました。
b0165536_21543941.jpg


ウエストイエローストーンの町はウエストエントランスのすぐ横。
町の規模はとっても小さく上下左右数ブロック程の広さ。
b0165536_2242449.jpg

スーパーマーケットは小さなのが2件程。名前は分からないけどこちらのスーパーの方が大きめ。
b0165536_226280.jpg

一応何でも揃いますが、フレッシュな野菜や果物はジャクソンの町で買ってくるほうが良いと思います。
ケンタッキーのおじさんもウェスタンハット。
b0165536_22115732.jpg

Woodside Bakeryはパンを求めて彷徨った挙句(スーパーのパンが美味しくなさそうで)、やっと見つけたパン屋さん。
b0165536_2214213.jpg

朝の焼きたて直後は種類も多く、デニッシュ系も甘すぎずとっても美味しかった。

町のレストランは数件見かけたがピザ、ステーキなどの典型的アメリカン。あまり選択枠はなさそう。
私たちはキッチン付の新しいキャビン小屋に宿泊したので自炊。
b0165536_22242485.jpg


アメリカ田舎内陸部旅行の最大のストレス、食事面は今回はきっちり対策済みです。
[PR]
by kiki-juju | 2014-09-19 22:27 | National Parks | Trackback | Comments(4)

イエローストーン国立公園①

今年の夏休み、なんだかんだと迷い、いろいろ候補はあったものの結局は無難にアメリカ。
関空-サンフランシスコは新しい787・ドリームライナー。 (バッテリートラブルなど解決したのかな?)

b0165536_1634160.jpg

エコノミーで行く時は必ずバルクヘッド席(一番前)。ユナイテッドのビジネスはタダで乗るもの。
なぜか我が家ではそんな決まりです(笑) 
b0165536_1638745.jpg

関空で焼き鮭定食をしっかり食べ、パンとおにぎりを持ち込んで機内食はパス。UAの場合の鉄則です!
約9時間でサンフランシスコ着。
b0165536_16462531.jpg


イエローストーンのゲートシティはワイオミング州のジャクソンホール(Jackson Hole)。
夏季のみ(9月上旬まで)サンフランシスコージャクソンホール間の直行便が1日1便出ています。
しかしこれが夕方18:00p.m発と乗り継ぎが7時間以上もありとっても不便。
若者じゃないので長旅の疲れを考え、サンフランシスコで1泊し、翌日のフライトに。


さてさて国立公園巡りの一番の問題は食事です。
前回のザイオンからスタートした国立公園巡りでは準備が不十分で旅後半には結構限界モードだった。
国立公園は自然を楽しむ所、決して食事を楽しむ所ではありません。

今回はしっかり抜かり無く、日本から持っていった物、ベイエリアの日系食材店で調達した物、ジャクソンに着いてから調達した物で万全を期した。 我が家にとって一番重要なのはやっぱりお米。
b0165536_1785134.jpg

最近のアメリカ税関での食べ物持込チェックは以前に比べるとだいぶうるさくなってきている気がします。
一応、入国の際、食べ物持込ある場合には税関申告書にFood有りのチェックを入れておきましょう。
チェックを入れいてもスーツケースを開けられた事は私は一度も無いです。
税関申告書にチェック無しで万一抜き打ちで食べ物が見つかった場合、結構高額な罰金を取られるらしいです・・・虚偽には厳しいアメリカです。

サンフランシスコ・ベイエリアにはたくさんの日本食材店があるので、現地調達の問題もありません。
価格も日本よりちょっとばかり高いくらいで、許容範囲のはずです。


アウトドアショップのREIで私のハイキングシューズと細々した物を調達し、
b0165536_1730086.jpg

サンフランシスコ空港近くのいつもの定宿にて夕食まで仮眠。

ちょっと寝るつもりがだいぶ寝てしまい、気がついたら夜の7時過ぎ!
この日は金曜日なのでギリシャレストランを6時にちゃんと予約していたのに思いっきり寝過ごした・・・・。

仕方が無いのでマウンテンビュー(Mountain View)のレストラン密集ストリートでタイ料理と思ったが、金曜の夜、駐車場も無いほどの激混み具合、予想はしていたけど。
仕方が無いのでSan Jose店まで行ってしまった。だって口の中がもうタイ料理だったから。


サンフランシスコからワイオミング州のジャクソンホールまでは飛行機で2時間。
アメリカの国立公園内にある唯一の商業空港だそう。
とっても小さな空港で飛行機はすべて沖止め。
b0165536_17542671.jpg

空港もとっても小さく、預けた荷物は空港建物外で職員が運んできて並べる!
b0165536_17573746.jpg


レンタカー会社はハーツ、エイビス、バジェットは空港の敷地内でレンタル可。(レンタル料金が非常に高額)
ダラー、アラモ、ナショナルは空港からシャトルバスに乗ってジャクソンの町にある営業所でレンタルします。
b0165536_1802717.jpg

我が家はアラモ(Alamo)でレンタル。シャトルは飛行機が到着する時間に合わせてちゃんと待機しています。
早朝便出発の場合、営業所は朝6:00~営業ですが、シャトルは朝5:00前から運行しています。
(実際、営業所も5時には開いていたけど)

ジャクソンの町は夏は国立公園のゲートシティ、冬はスキーリゾートで賑わう町。
そんな訳でこの町の宿泊施設はかなりの強気プライス!!
初日は夜に着いてほとんど寝るだけなので、適当な所でと思っても税金入れたら余裕の$200-超え!
祝日のレイバーデイ3連休かぶっていたからかもしれないけど、とにかくそんなに良くないのに高かったMiller Park Lodge。暖炉とジャグジーをふんだんに使ったわ。

ジャクソンからイエローストーン一帯の標高は約2000m~2600mの高地。
8月末から9月にかけての滞在でしたがとにかく朝晩真冬並みの0℃~-2℃程の寒さ。
ホテルは暖炉付を強くお勧めします。

翌朝早朝、生憎の雨・・・・結構強い。
ジャクソンからイエローストーンに向かう為、とりあえず食料を調達。
オーガニック系スーパーのJackson Whole Grocerにてお肉や飲物、水などを買い込む。
b0165536_19491031.jpg

そんなに大きな町ではないけれども、チェーン店のAlbertsonsやK-martなどもあります。
b0165536_1951994.jpg


準備が整いいよいよ出発。
イエローストーン国立公園の大きさは四国の半分程の広さ。公園内の宿泊施設に泊まると効率よく回れるのですが、そもそも旅行を計画したのが7月に入ってからなので当然公園内の宿泊施設は満室。
毎日予約サイトをこまめにチェックしていればキャンセルが出るらしいのですが、まぁそんな面倒臭い事はパス。園内ロッジは部屋の設備が質素との口コミ拝見多数。
なので私達はモンタナ州のウエストイエローストーンの町を宿泊地(3泊)として回りました。
b0165536_2002278.png


森林の中を進みイエローストーンを目指しますが雨なので景色がイマイチ。
b0165536_2021699.jpg

国立公園のエントランス、イエローストーン、グランドティントン両国立公園共通で$25-/車1台・7日間。
b0165536_2042363.jpg

公園内に入るが、雨のせいで景観がもうひとつ・・・・。
b0165536_2063227.jpg

雨はこの日のみ、翌日からは毎日快晴でした。傘買った瞬間、雨は1mmも降らなくなった。まぁ、そんなもんだよね。

イエローストーン国立公園は8の字になった周回道路がメインロード。
地図の一番下が南のサウスエントランス。ジャクソンの町から来るとサウスエントランスから入る事になります。
東西南北にイーストエントランス、ウエストエントランス、ノースエントランスと4箇所の入口があります。
b0165536_2016131.png


サウスエントランスから最初の見所、8の字周回道路の入り口、West Thumbから訪れてみました。
[PR]
by kiki-juju | 2014-09-12 20:28 | National Parks | Trackback | Comments(4)

イエローストーン&グランドティトン国立公園

今年の夏休みはいろいろ迷った挙句、アメリカの国立公園に決定。

アクセスが不便でなかなか行く気になれなかったワイオミング州にあるイエローストーン国立公園
b0165536_2318112.jpg

数々の間欠泉や温泉、野生動物達
b0165536_23224061.jpg


そして、そのすぐ南側に位置する、アメリカでもっとも美しい国立公園と言われるグランドティトン国立公園。
b0165536_23251634.jpg

素晴らしい山々の光景に感動。
b0165536_23261550.jpg



膨大な量の写真を整理しつつ、放置ブログの再開になります^^
[PR]
by kiki-juju | 2014-09-07 23:28 | National Parks | Trackback | Comments(4)