Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Croatia( 5 )

最後の晩餐はピザ

楽しく濃厚なクロアチアの旅も最終日。ザグレブに近づいて行くごとにお天気はどんより曇りがちに。ザダルからザグレブまではのんびりお茶しながらドライブで約3時間くらいの距離。
帰って来たよー。
b0165536_17503578.jpg

イェラチッチ広場には「最後の晩餐」の再現がありました。
b0165536_17522015.jpg

買い食いしつつ戻ってきたので晩ご飯は軽くでいい感じ。ホテルのレセプションで聞いたおススメのピザ屋さん、「PECI BOKUN」が私達のザグレブでの最後の晩餐。他のどこのピザ屋さんよりも絶対美味しいくイチオシと力説するので期待して行ってみました。
b0165536_17555556.jpg

これ、すっごく見た目は悪いですが食べかけではありません!半分に切ってから持ってきてくれました。
「Smallはどの位?」とお店の人に聞くと「すごく大きいよ!2人で半分して十分だよ。」
で、ピザは本当にすごく大きく、直径は30cm以上です!生地は薄くてパリパリ、ルッコラもシャキシャキ。値段も「えっーっ!」て位安くて美味しい~。これはこの店オリジナルのPeci Bokun。

公共団地(?)の1階部分にあるこのお店はひっきりなしにバイクで宅配に出かけています。
お店の中は1席しかない狭い空間ですが向いの土手芝生部分にテーブル席もあります。
(公共部分占拠のような気がしないでもないのですが・・・・)

b0165536_1882988.jpg


ちなみに、行きのスロヴェニアの田舎村で食べた人生最大ありえないくらい不味いピザ。お隣の国なんだから修行しに来て欲しいものです・・・・。本場イタリアもお隣なのに何故?????
b0165536_1811893.jpg


場所はJarun湖の駐車場に入るHorvacanskaとHrvatskog Sokola通りの角。中心部からならトラム#17番でJarun下車。団地の1階部分ですごく小さなお店だけれども結構人気。湖散策の後に寄るのがベストかな。大通りに沿って川の土手があり、みんなお散歩の途中にこのピザ屋さんに引き込まれていました。

PECI BOKUN
Vrisnicka 14
10000, Zagreb
TEL:01-3832-562
Open:8:00a.m-23:00p.m
[PR]
by kiki-juju | 2010-05-26 18:27 | Croatia | Trackback | Comments(4)

クロアチアのワイン

クロアチアワインは生産量が少ない為かあまり日本では見かけませんがとっても美味しいです。特に白ワインは沿岸部のシーフード料理にピッタリでさっぱりとした飲み口で爽やかな香りが広がります。何軒ものワイナリーを事前に調べて行ったにも関わらず、結局パグ島の1軒しか時間的に訪問できませんでした。

クロアチアの大型スーパーマーケットはワインコーナーが充実しています。今回も飛行機の荷物重量制限ギリギリまで買い込みました!
(実際には10kg以上の重量オーバー。しかしフィンエアー、何故か超過料金一切請求せず。いい航空会社です。)
クロアチア全土のワインを集めたコーナー。
b0165536_1718143.jpg

有名なクロアチアワインの産地の1つ、イタリアに近いイストラ半島のコーナー。
b0165536_1719873.jpg

有名なARMANのMuskatとMalvazija。フランスのアルザス地方のミュスカをイメージしていましたが実際はかなり甘め。デザートワインと言ってもいいくらいです。(写真左) マルヴァジィアはクロアチアではとてもメジャーな白の品種でこちらは爽やかで香りも葡萄と言うよりお花♪♪
b0165536_17292884.jpg

こちらのKABOLAは行ってみたかったワイナリーの1つでしたがここで発見!マルヴァジィア(白)でまだ飲んでいません。
b0165536_1735221.jpg

南ダルマチア地方は赤ワイン(Plavac Mali)が有名です。その中で目に止まったのがHvar島のZLATAN OTOK。もちろんまだ未飲なのでHPの説明をチェック。フルボディーでドライプラム、胡椒、バニラ等お味や芳香のようです。2006年物ですが飲み頃は???
b0165536_1743861.jpg

そして絶対にクロアチアで外せないワインと言えばGrgicでしょう。HPが無い・・・残念。
クロアチアからわずか$30の所持金でアメリカに渡り、ナパで素晴らしいワインを造りフランスでも高く評価されたGrgich Hills。ナパで造られるここのFume Blancが私は大のお気に入り!!
b0165536_1752966.jpg

スプリトとドゥブロブニクの真ん中に位置するPeljesacにワイナリーがあり、ナパの方式で造られているようです。もちろん未飲なのでお味は分かりませんがちょっと期待しています♪♪
クロアチアのワインの中でもお値段は飛び抜けて高価(アメリカと同じくらい)。ちょっとお洒落なレストランやホテルではガラスケースの中に飾られていてクロアチア内でもちょっと別格な雰囲気がありました。

その他マケドニアのワインもかなりの数がありどんなお味なのかちょっと興味が湧きました。
b0165536_1824543.jpg

普段飲みのワインはシャルドネが多く、こちらはお値段もほとんどが¥800未満で種類も豊富。
b0165536_1852625.jpg

Jujuは毎日お昼からクロアチアのビール、Karlovackoを水がわりに愛飲。
b0165536_188251.jpg

今回は今まで最高、15本も持って帰って来た。その為、個人的なお買物はほとんどしなかったなぁ~。これらのワイン、勿体ぶらずにどんどん消費しなくてはワインの意味が無いですよね。
[PR]
by kiki-juju | 2010-05-22 17:47 | Croatia | Trackback | Comments(2)

ザグレブ~パグ島@クロアチア

ザグレブからザダル(Zadar)へ向けてこの日は約250km移動。途中寄り道をして事前に調べておいたパグ島(Otok Pag)にあるワイナリー&レストランへ。
クロアチアの高速道路は日本と同じでチケットを取って出口で料金を支払うシステム。支払は現金、クレジットカード、ユーロでも受け付けてくれます。

b0165536_195827.jpg

サービスエリアも所々にあります。ほとんどのサービスエリアにはCAFEが併設されているので風景を眺めながらのんびりできます。私のお気に入りのカプチーノは9クーナ。
(約¥160とお安い!)
b0165536_2025638.jpg

途中から高速道路を降りて一般道へ。う~ん、田舎風景が漂っています♪
b0165536_2042931.jpg

あちらこちらに羊もいっぱいでとってものどかです。
b0165536_2045886.jpg

田舎道を直走り、しばらくすると「あっ!海だぁー」。
b0165536_206327.jpg

この日は残念ながらうす曇り。真っ青なアドリア海とはいきませんが目の前に見える丸ハゲの島がパグ島。
b0165536_2082155.jpg

本土側からパグ島に渡るにはPrizna港からカーフェリーで渡ります。
b0165536_20104322.jpg

道路の途中にいきなり建っているのがJadolinijaのチケット売り場。
b0165536_20132170.jpg

ここで忘れずにチケットを買って船に乗るのを待ちます。船は1時間半に1本位の割合で出ています。夏はもっと増便されるのかな??
b0165536_2015352.jpg

ナビゲーションも「フェリー乗船」の案内。本当にお利口さんのガーミン君。
b0165536_20194177.jpg

船に次々と車が乗せられいきます。
b0165536_20204792.jpg

そして約15分で対岸のZigljen港へ到着。パグ島、不毛の地とはこの事か!と思う位に草木が全く生えていません。
b0165536_20222684.jpg

こんな土地でワイン作りやチーズが有名だなんてこの時は想像もできないのでした。
[PR]
by kiki-juju | 2010-05-05 20:16 | Croatia | Trackback | Comments(0)

Hotel Jarun@ザグレブ

ザグレブ市内のホテルはいろいろありますが、私たちレンタカー旅行者にしてみれば駐車場がある所が第一条件なので通常、街の中心部よりちょっとだけ離れた場所にする事が多いです。
今回、ザグレブで宿泊したホテルは「Hotel Jarun」。市の中心部からは4km程離れている所にあります。近くにはJarun湖という小さな湖もあります。この近くにフロントで紹介してもらったとっても美味しいピザ屋さんもあります。 これについては後日。
b0165536_2083956.jpg

2ブロック程歩くとトラム乗り場(17番線)もあるので市内にも行かれそうです。
(実際は利用はしていませんが)
このホテル、3年位の新しいホテルで外観の味気無さ(?)とは違ってホテル内はとってもコンテンポラリーな雰囲気と設備を整えています!お部屋はまあまあ普通の広さですがとっても清潔でいい感じ。
b0165536_20142668.jpg

軽く潔癖気味の私は部屋のお掃除度を結構重視してしまう方。人差し指でツーってな感じで嫌なタイプです・・・。シーツ&枕のパリッと度、ベットの寝心地度、お風呂場のキレイさなどなど。
b0165536_20192618.jpg

このホテル、3星★★★ですがそれ以上です。実際、いつも参考にするTripadvisorやBooking.comのReviewでもかなりの高評価のホテルです!

良い所:
・部屋がと~ってもキレイ。
・部屋で高速ネット(ワイヤレス)無料で使い放題。
・シャワーのお湯が勢い良くたっぷり出る。(排水の流れもGood)
・テレビの衛星放送もバッチリでCNNやBBCも見られる。
・駐車場も無料。
・フロントはとっても親切で英語もOK。さらにユーロからクーナへの両替、他のどこよりもレートが良かった!

イマイチな所:
・車で無い人はちょっと観光には不便かな??
・お風呂場のアメニティが少なめ。愛用品を持参して来てるので問題無いですが。ドライヤーは最新でした!
・朝食のバラエティーが少ないのかな??オレンジジュースが100%で無い。
(しかし、朝からガッツリと食べる派では無いので、私的には全く不満感じません。)
・クロワッサンが・・・・・バターの量が少ないのかパサパサ。でも、ハチミツがとっても濃くて美味しいのでそれでカバー。
b0165536_20423223.jpg


ホテルから見た周辺の様子は団地(アパート)群。日が暮れても子供とお母さんが遊んでいるので治安は良さそうです。
b0165536_20344928.jpg

ホテルの周りにはあちらこちらと子供が遊べる公園が多かったです。
b0165536_20365618.jpg

ここのホテルは本当に居心地が良く便利なのでチェックアウトの際、島から1週間後にまたザグレブに戻って来た時の為にフロントで予約をお願いしたら10%OFFにしてくれました♪♪

私たちのザグレブのおススメのホテルです!
[PR]
by kiki-juju | 2010-05-03 20:44 | Croatia | Trackback | Comments(2)

ザグレブ@クロアチア

クロアチアの首都、ザグレブ。クロアチアは簡単に言えばイタリアの東側、オーストリアの南に位置する旧ユーゴスラビアから1990年代に独立した国。初ザグレブの印象は??
良い所:
・街にゴミが落ちていなくてキレイ♪♪
・治安が良い。
・街中の公共機関が便利。
・花や緑が多い。
・英語がどこでもよく通じる。(全く問題ナシ!)

不思議な所:
・やたら壁に落書きが多い。(なのに街が安全というアメリカの真逆!)
・パンが不味い・・・・。(パンが主食のハズなのに。)
・物価が高い~!!(日本と同じかそれ以上です!カフェの飲み物は安いが。)

ザグレブに到着したのが既に夕方、暗くなる前に夕食を目当てに中心部を散策。
旧市街のあちらこちらにいろいろな銅像がありました。
(しかし相変わらずガイドブックを持って行かないタチなので何かは不明・・・です。)
b0165536_11325548.jpg
b0165536_11473458.jpg


観光客用でしょうか?レンタルセグウェイで楽しんでいる人も。
b0165536_1139412.jpg

この共和国広場から北に向かって旧市街と新市街に分かれているようです。
旧市街、やたらとCAFEが多い!!右も左もCAFE、CAFE,CAFE。
b0165536_11561370.jpg
b0165536_11544213.jpg


このカフェの乱立しているトカルチチェヴァ通り(Tkalciceva)をしばらく歩いて行くと今宵のお目当てレストラン、 「Ivica i Marica」に到着。
b0165536_1241086.jpg

オーガニック食材使用のレストランでクロアチア全土の郷土料理が頂けるとの事で愛読雑誌、「Figaro Japon」のクロアチア特集で掲載されていたお店。レストランの隣には併設しているCAFEがあり、こちらも美味しくて評判のよう。

店内もシックで木をふんだんに使って落着いた雰囲気。
b0165536_128495.jpg

自家製のパンにルッコラのサラダ。サラダに付随してくる粉チーズがとっても美味しくてどんどんかけ足してしまう程。
b0165536_12104798.jpg
b0165536_1211385.jpg


メインのお料理は、Jujuは豚ヒレ肉にキノコ類の詰め物。
b0165536_12153843.jpg

お米派の私はイカと海老のリゾット。
b0165536_12162644.jpg

豚肉はとっても柔らかくてソースもしつこくなくてGood!
リゾットもニンニク風味が程よく、お米もやわらかめで私好み♪♪
グラスのハウスワイン(白)もさっぱりでお食事にピッタリでした。

自慢のデザートも食べたかったけれども、小食の私達はもうお腹一杯!
クロアチアの食事、結構期待できるかも!!と初日に思ったのでした。

Ivica i Marica
Tkalciceva 70
Zagreb
12:00~23:00p.m(月~土)
13:30~21:30p.m(日)
[PR]
by kiki-juju | 2010-05-02 11:42 | Croatia | Trackback | Comments(2)