Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

ネルハのパラドール (Paradore de Nerja)

マンサナレスのパラドールから南スペイン・コスタ・デル・ソルにあるネルハ(Nerja)へ向かいます。
地図はこちら

到着した日のマドリッド、翌日のマンサナレスの2日間は天気が微妙でしたがこの日はすっかり晴れ!
初夏の陽気でスペインらしくなりました。
高速道路をひたすら南下、見渡す限りオリーブ畑です。

b0165536_08255593.jpg





















グラナダを通過し(帰路に滞在)、この日も宿泊先はパラドール。
ホテルを比べてあれこれ検討する時間が無かったので無難にパラドール予約、直前でも空室があり(普通のツインしか無かったが)、口コミ評価も高かったのでここに2連泊。

b0165536_08261478.jpg





















ネルハはイギリス人に人気の保養地のようでどこからも英語が聞こえる。
コスタ・デル・ソル全域に英国人が多いらしいです。
言葉のストレスを感じずに何だか安心。スペインにしてはこの地域の英語通じる度はピカイチ!
町の案内表記、レストランでのメニューなどなど英語がいっぱい♪ 
台北でのどこでも日本語が通じてストレスフリーと同じ感覚かな。


ホテルロビーをから中庭。 ちょっとリゾート感あります。
入った瞬間、このホテルの雰囲気がとっても気に入りました。そう、のんびりと【休暇旅行】っていうのをしたかったのよ。 土ぼこりまみれのカミーノじゃなくて^^

b0165536_08262493.jpg




















お部屋はシンプルで使いやすい。新しい施設ではないので最新ではありませんが綺麗で心地良いです。

b0165536_08262843.jpg





















バスルームもちょうどよいサイズ。 トイレが反対側にあるのですが別室になっていて良い。
シャワーの圧力が超絶強めで嬉しい。

b0165536_08263158.jpg
































どの部屋にもバルコニーがあり(テーブル&イス2脚付きでのんびりできる)、出てみるとプールと海が一望。 空も青く、日差しはかなり強いのに風は程よく涼しく、まさに海辺のリゾート。

b0165536_08263613.jpg




















芝生のビーチベッドは老人達の日焼けタイムでいつも満席状態。
欧米人のあの日焼けの仕方は皮膚ガン発症レベル。 南スペインの日光の強さは強烈。
日本人特有の徹底した日焼け対策(バケツ型帽子に長袖、日傘)も異様に見えるだろうけど、彼らの日焼けへの執念も異様です。

地中海を眺めて、プールサイドでのんびりは憧れますがやはり日差しが・・・・。
私はがっつりSPF50の日焼け止めを塗りまくり、ベランダの日陰の中です。


ホテルは高台にあり、眼下にはブリアナビーチが見えます。

b0165536_08264236.jpg




















ズームで見ると海の青いこと。 綺麗です。

b0165536_08270405.jpg




















ホテルの中庭(ここで喫煙可-夫の常連場所)でのんびり。

b0165536_08270837.jpg





















カフェテリア&バルにてとりあえずの1杯。 スペインではお茶ではなくビールとなってしまいます。
私はいつもレモン割りビールです。
おつまみにコロッケもオーダー。(ハムコロッケと鱈コロッケ)美味い!

b0165536_09044117.jpg




















シエスタ(お昼寝)タイムですが観光地はほとんど関係なし。
ブリアナビーチへ散策に出かけます。 ホテル横の脇道から急な坂を下って行きます。
町が可愛い。

b0165536_08281065.jpg




















かなりのビーチストリートでお店もたくさんあります。 でも年齢層高めで若者少なく落着いた感じです。
レストラン、カフェ、ビーチショップ(突然海に入りたい!と思っても水着から何んでもすべて揃うので忘れ物しても大丈夫。)などが軒を連ねています。

b0165536_09091304.jpg




















パラソルもたくさん。お年を召した方々でビーチベッドは満席状態。
これは翌朝、人がいない時間に撮ったもの。 昼間の写真はちょっと映像的に問題アリかな?!
まぁ、こんな感じでズラッと椰子の木パラソルが並んでます。

b0165536_09100545.jpg




















波打ち際を散歩したり、カフェであれこれ軽食つまんだりしてのんびり過ごします。

b0165536_09101749.jpg




















砂浜では無く綺麗な小石ビーチです。

b0165536_09102322.jpg




















パラドールからビーチへの行き帰り、なんとホテル敷地内から宿泊者専用ビーチ直行エレベーターがあるのです!
結構な高さ(5階分位)があるので行きは下りで良いのですが、帰りはさすがに結構キツイ。
これは本当にありがたい代物。

b0165536_08284815.jpg




















宿泊者は部屋のカードキーをかざすとエレベーターが動きます。

b0165536_09190662.jpg




















シースルーエレベーターで楽々。レストラン前の中庭に到着します。

b0165536_09191274.jpg




















一通り散策した後はやはりお昼寝、シエスタタイムです。
夜は9時半頃まで明るいので夕食も必然的に遅くなります。
お部屋でゴロゴロ、テレビでハリウッド映画(なぜかアメリカ物多し)を見たり、そよそよ心地よい風がベランダから入ってきてうたた寝したりして過ごします。

いやぁ~、何もしないって本当に贅沢だわ!


[PR]
by kiki-juju | 2017-05-19 19:39 | Spain | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/26867663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by タヌ子 at 2017-05-21 17:54 x
blogの世界にお帰りなさい!
私もかなり長い間放置状態だったけれど、kikiさんには負けます(笑)
スペイン行かれてたんですね。
確かにGWの頃はヨーロッパは少し寒かったかも。
最近はパラドールの基準も随分変わって、比較的新し建物でもパラドールのお墨付きがもらえるようになったんですね。
そういえばバブルの頃にシルバーコロンビア計画として、コスタ・デル・ソルに日本人専用の大型老人ホームを作るという案があったようですが、結局ポシャって良かったかもしれませんね。
だってこんなところに住んでいながら、長袖、長ズボン、防止に日傘じゃちょっとイメージ違いすぎますもんね(笑)
ヨーロッパの北の方々の太陽への執着心、本当に強くてびっくりですよね。
ノルマンディでも5月でちょっと天気が良いと、気温が20℃に達していなくても、ノースリーブ族が現れます。
アンダルシア地方、絶対再訪したいと思っているので、帰路の記事も今から楽しみ。
Commented by kiki-juju at 2017-05-21 19:59
タヌ子さん:
ご無沙汰しております^^;
ブログは放置し始めたら再開するのが難しいですね・・・。そのままフェードアウトしてしまうブロガーさん達の気持ちが分かります。今回も【ブログ書く時間もあまりないかな?】と思い、いつもよりも旅先で撮った写真が少なくかなりいい加減です(汗)
パラドール、人気かと思いきや直前でも空室ありで助かりました。ホテルの良し悪しを調べる時間が無い時はとりあえず一定基準以上は満たしているようなので安心して予約を入れる事ができました。
シルバーコロンビア計画、知りませんでした。スペインの不動産バブルが崩壊した直後に16万ユーロで不動産を買えば滞在ビザが貰えるという話は聞いた事がありますが今はもっと厳しくなっているみたいですね。
コスタデルソル、小さな村あり、マラガの繁華街もあり、何より海辺で焼き立てお魚を食べれるので私は気に入りましたが【海】はクロアチアの方が断然綺麗ですね。
今回の旅はダラダラで観光スポットはほとんど行かずに食べて飲んで昼寝に明け暮れました(笑)
のんびりとしていい所ですがちょっと遠いのが難点。この距離でシルバー計画は無しになってしまったのかしらね?