Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

北欧ラップランド・キャンピングカー⑪ クングスレーデン少しだけ歩く

クングスレーデン、往復10kmの行程歩いてみます。

皆が記念撮影をするゲート。もちろん私達も記念ショットを取りました。
b0165536_23112134.jpg

アビスコ国立公園内(15km先まで)は川沿いの道を歩きます。
b0165536_23121055.jpg

標識も分かりやすくほど良い間隔であるので迷う事はないです。
b0165536_2313636.jpg

トレイル上、木板が張り巡らされているのでとても歩きやすく、ぬかるんだ湿地帯も靴が濡れずに歩けます。
が、雨降った翌日はやはり厳しいでしょうね。
b0165536_2314384.jpg

時折登りのきつい所もありますが
b0165536_23151219.jpg

ほどほど平坦な道が最初は多く息を切らして歩くような所はありません。
b0165536_23161682.jpg

小さな沢を渡り、
b0165536_23164675.jpg

綺麗なグリーンの湿地帯。 この時は6月初めで蚊はいませんでしたが、クングスレーデンの7月~8月中頃までは猛烈な蚊の大群が発生するそうです。
b0165536_23181748.jpg

その情報を元にすると私が歩くなら8月中旬以降だな。

大きな川には橋がかかっています。
b0165536_23195865.jpg

鉄製のしっかりとした橋。スウェーデンのトレイル整備は素晴らしいです。
b0165536_23205822.jpg

b0165536_2321145.jpg

楽しく歩いて
b0165536_23214262.jpg

ゲートから5km先にある最初のキャンプ地に到着。
b0165536_23222715.jpg

薪ストーブが置いてあり、
b0165536_23225687.jpg

置いてある薪を自分で割って使います。 薪割り台と斧も置いてあります。
b0165536_23232487.jpg

使った分の薪は次の人の為に薪収納小屋から補充しておきます。(この中にはたくさん薪が入っています)
b0165536_23243092.jpg

国立公園内では決められた場所でのキャンプとなります。公園の外に出てしまえばどこでも好きな所でテントを張って良いのです。
b0165536_23253164.jpg

サイト内にはちゃんとおトイレもあります。
b0165536_2325595.jpg

飲み水、お料理に使うお水は目の前の川から汲んで使用。 
アビスコツーリストインフォメーションでも聞きましたが、このお水をそのまま飲んでもまったく問題無いとの事です。大自然の恵みです。 
b0165536_2327867.jpg

歩いている間は寒さを感じませんが、やはり止まって休憩していると肌寒く感じる6月上旬です。
薪ストーブを点けて暖まります。 サラミも食べて^^
b0165536_2330469.jpg

風がそよそよして、シーンと静まり返り、木の香りがして本当に素敵です。
b0165536_2331545.jpg


帰りも来た道5kmを帰ります。 川って見ているだけでも楽しい!
b0165536_23333064.jpg

帰り道にこれからスルーハイクに行く巨大なザックを背負った若者2人に会いました。
あまりの大きなザックに「何キロ背負っているの?」
と聞いたら26キロだって!!! 

クングスレーデンはテントを持っていればどこでも野営OK。
でも15~20kmごとにちゃんと小さいながらも宿泊小屋もあります。食料も売っているそうです。

私達が歩く時はもちろん一番軽いテントも持って行くつもりだけど(休憩用とか万が一疲れて歩けなくなった場合用)、基本小屋予約しておくだろうな。
夜になると天候荒れて暴風雨が凄いらしい・・・・。

たった10kmの往復だけれどもとても素敵なトレイル。もっと先には素晴らしい景色が広大に広がっているはずです。

キャンプサイトに帰ってきたら寒いなーとは思っていたが気温3℃。
寒いので夜はロフォーテン諸島で買った鱈で生姜をたっぷり入れたタラの味噌お鍋。 あと日本酒も!
b0165536_23435436.jpg


この夜の暴風雨はひどかった。 車が横に倒れるのではないかと思うほどの風。
トレイルであった若者2人組はテントで無事に夜を越せたのだろうか?
[PR]
by kiki-juju | 2016-10-08 23:46 | 北欧・キャンピングカー旅 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/26260608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taろう at 2016-10-09 08:29 x
北欧も、自然を楽しめるように、トレッキング用の小径を上手に整備されていますね。
本当に、お写真を拝見しているだけでも、心が洗われたような気分になれた、素敵なコースです♪
気候や天候は流石に北欧、ワイルドそうで、施設が充実整備されていても、油断は禁物なのですね。
北欧の大自然の中でいただくタラ味噌鍋&日本酒…乙ですねぇ^^
Commented by kiki-juju at 2016-10-09 19:31
taろうさん:
スウェーデンのアウトドア事情はアウトドアブランドの多さにも直結しているのでしょうね。
私達が歩いていた時も公園管理の人が整備調査などをシーズンオープン前と言ったところで念入りにチェックしていました。
日本(語)ではなかなか情報が少ないですが、欧米ではかなり有名なトレイルです。
タラ鍋と日本酒、なかなか良い組合せです。
日本からわざわざ持って行った甲斐がありました^^
Commented by タヌ子 at 2016-10-13 00:57 x
画像を見て思わず深呼吸してしまった。
こんな景色なら疲れも感じず、何時間でも歩けそう。
フランスだったらこんなところでも必ず空き缶や空き瓶、ビニール袋が目に付くけれど、ゴミなんて一つも落ちてなかったのでしょうね。
味噌に日本酒、一体どれぐらいの食料を日本から持っていかれたものやら…(笑)
でも、帰りはその分別の物を詰められるからいいですよね。
Commented by kiki-juju at 2016-10-13 23:18
タヌ子さん:
クングスレーデンはスウェーデンのトレイル管理の徹底さとハイカーのマナーの良さできっと大自然を同じ形で後世まで残そうという努力が感じられました。ゴミも有りませんし人工物も極力最低限という徹底振りでした。
そうなんですよ~、結構持って行きました(笑)
事前情報(調べ)で本当に何にも無いとの記載が多かったので。実際レストランは無いも当然ですが(キャンプサイトホテルのレストランも時期外れでクローズ)お茶するカフェもお店もほぼ無し。ガソリンスタンドはあるが無人のカード払い。特にお酒類は規制が厳しく買える時間、曜日も限られているなど。
人がほぼ住んでいない地域なのでお店を作る必要もないのかもしれません。翌日は牛乳1つ買うのにお店が見当たらず結局翌々日、300km先で入手しました。
このような感じなので大自然が綺麗に残っているのでしょうね。
Commented by まる子 at 2016-10-15 23:34 x
アビスコ国立公園の中へは、キャンピングカーは入れないのですね。公園内はトレッキングでしょうか?健脚ではないので、短いコースとかもあるのでしょうか?アメリカの国立公園のように、園内をバスが走ったり宿泊施設があったりではなさそうですね。9月だとテント張るのも寒そうですが。
Commented by kiki-juju at 2016-10-16 16:49
まる子さん:
アビスコ国立公園内は車は一切入れません。公園入口(単なる空き地)もしくはアビスコツーリストステーションに停めておきます。
歩けるコースはいろいろありますが特に明確ではないので好きな距離を歩いて同じ道を引き返す事もできます。
アメリカの国立公園はかなり商業的に確立されていて便利ですが、こちらはまったく開発していません。ご自由にテントを持ってどうぞという感じです。
9月はもうこの辺りは「初冬」の気候だと思います。この時6月初めですら朝方はみぞれが降っていましたので。
Commented by まる子 at 2016-10-16 23:37 x
丁寧にいつもお答えくださってありがとうございます。
アビスコ国立公園についてネットで調べると、本当に素晴らしい広大な所のようです。オーロラステーションもあるみたいで、1日では回れないのですね。テントでは9月は、寒そうだし。

話は変わりますが、スイス、北イタリア、ドイツもキャンピングカーで回られたようですが、街歩きとかの時は車はどのような所にとめられたのでしょうか?大きな駐車場でないととめられないと思うのですが、不便な事とかなかったですか?来年GWはスイスを拠点にフランス、ドイツを回る予定ですが、kikiさんのブログでキャンピングカーにしようかとサイトみていますが、やはりシャワーやキッチン付きだと思う北欧でのようなサイズになります。都市部とかは避けて走ったほうがいいのでしょうか?山道とかも厳しいでしょうか?北イタリアからだと山越えとかもあったのではといろいろお聞きしたいことがいっぱいですみません。急ぎませんのでよろしくお願いします。
Commented by kiki-juju at 2016-10-18 20:33
まる子さん:
アビスコ、自然が本当に素敵な所です。機会があれば是非訪れて下さい。

スイス、北イタリア、ドイツでのキャンピングカー、町の大きさにもよりますが基本的に町中心部には道がかなり細いのでキャンピングカーでは入らないように気をつけています。
町の近くには駐車場やキャンプ場があるのでそこに車を停めておきます。町に行く場合には歩ける範囲でなければ私達はタクシーを利用する事が多いです。
都市部への観光をお考えであればキャンピングカーよりも普通のレンタカーの方が楽だと思います。
北イタリアの山岳道路、ドロミテ渓谷、チロル辺りは道が狭くキャンピングカー通行禁止区域もありますので事前によく調べた方が良いかと思います。北イタリア湖水まわりもかなり道が狭く大変な箇所が所々にありました。
Commented by まる子 at 2016-10-20 10:56 x
いつも丁寧にお答えしていただきありがとうございます。

やはりキャンピングサイトとか書いているマップとか駐車場情報を事前に入手しておいた方が、いいと思いますが、現地でゲットされたりしているのでしょうか?
ネットで調べたりしてもわかるのでしょうか?
道路地図は、昔のなら持っていますが。
街歩きより自然優先でキャンピングカー、考えたらいいのでしょうか?本当に迷います。
北欧はキャンピングカーにするつもりですが、GWのスイスについては、もう少し考えてみようと思います。
Commented by kiki-juju at 2016-10-20 19:41
まる子さん:
昔の道路地図でも問題ないと思いますが、新しい物をとの事でしたら到着した空港の本屋さんにヨーロッパ全土地図など豊富に売っています。街中で探すよりも空港の本屋さんの方が楽です。
ヨーロッパキャンプサイトの一覧本は便利ですがとても厚く、重いのでここで事前に検索するのが常に最新で情報が新しいです。
http://en.camping.info/campsites
Commented by まる子 at 2016-10-21 16:43 x
貴重な情報ありがとうございます。
たくさんヨーロッパにはあるのですね。
いろいろ設備も掲載されて湖の周りは本当に多いです。
キャンピングカーだとモーターホームで探すものでしょうか?テントとは違いますよね。
当日空いてたら、大丈夫でしょうがいっぱいで近くにほかのキャンピングサイトないと心配かなと思ったり、その辺に野営とかは処罰の対象ですよね。なんとかなるものでしょうかね。
Commented by kiki-juju at 2016-10-22 14:50
まる子さん:
ヨーロッパのキャンピングサイトは95%キャンピングカー泊と考えてOKです。テントはほとんど見ません。
キャンピングサイトの予約は7月後半~8月中旬以外は必要ないです。どこもサイト自体が広いので一杯で泊まれないとの事はほぼ無いので大丈夫です。
またヨーロッパでの駐車場や空き地での野営、高速SA、24ガソリンスタンドでの宿泊は絶対にしない方がいいです。一見安全そうな国でも不特定多数が行き来する所は大変危険です。
キャンカーを狙った事件は各国毎年いくつも起きています。北欧、ラップランド地域だけが特別で例外なだけです。
外国での安全はお金で買いましょう。
Commented by まる子 at 2016-10-22 23:45 x
いつも親切に教えていただき、本当に感謝です。

北欧ラップランドは、キャンピングカーと思っております。
でもスイス、フランス辺りはキャンピングサイトでも治安については気をつけた方がいいのでしょうか?
朝車をキャンピングサイトに置いて、ハイキングとかで半日以上車から離れるのも注意が必要でしょうか。明るい時なら大丈夫でしょうか?危険な目にkikiさんもあわれたことあるのでしょうか。レンタカーなら荷物が見えないようにして車から離れますが、キャンピングカーの場合見えないように出来るのでしょうか?
話が治安の方にそれてしまって申し訳ないです。
Commented by kiki-juju at 2016-10-23 20:27
まる子さん:
キャンピングサイトの中は基本的に安全ですので最低限の注意で大丈夫です。ハイキングで留守にしてもほぼ問題ないです。
キャンカーは車高が高いのでよほど故意に覗かない限り中の物は見えませんし、怪しい行動をサイト内でしている人がいれば管理人に通報されるでしょう。
私達はアメリカ在住が長かったので、そのクセで安全第一がいつも最優先で行動しているので幸いにも危険な目には今まで会った事はありません。