Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた⑳ 本物の巡礼者

次の旅行が決まっているのに、去年の巡礼記が終わっていないって・・・・。
GW中はブログ更新に励もう!

2015年5月13日(水)  天気:晴れ
結局巡礼中は一度も雨に降られる事がなかった。

早起きの癖がついてしまっているのでこの日も5時半起床。
朝食までまだまだ時間もあるので、朝の散歩。 ホテルは巡礼路の1本中の通り。
b0165536_210125.jpg

朝から巡礼者がトレッキングポールがカチカチ鳴らしながら歩いている。
実はこの音、付近の住民からしたら迷惑な音なのかもしれない。
b0165536_210511.jpg


と、ある男性、「路上生活の人かしら?」と思ったが挨拶して話したら彼も巡礼者。
なんと3年もの間巡礼路をあっちこっち歩いているのだそう。 
左肩から下げているのはテント。 たまに教会に泊まる事はあるが、ほとんどは自前のテントで寝泊りするとの事。
b0165536_2145641.jpg


サンティアゴ・デ・コンポステーラで貰える巡礼証明書
b0165536_2153770.jpg

その先、ムシアまで歩くと貰える別の巡礼証明書などを見せてくれた。
b0165536_2162669.jpg

彼の巡礼手帳の長さはこんなにロング!
b0165536_21755.jpg

私達はたったのこれだけ・・・。
b0165536_2173270.jpg

出会った記念にと自前のノートに何かを書き始めてくれた。
b0165536_2182830.jpg

何と書いているのか読めないけれど、とっても嬉しかった♪
b0165536_2191890.jpg

まだまだ旅を続ける彼。 歩き始める前はバスク地方・ビルバオで漁師をしていたと言う。
「俺はバスクの男さ! 神はいつも天から見守ってくれているから何があっても大丈夫!」と。
彼は敬虔なカトリック信者。

巡礼路、実はなんちゃって巡礼者が多いので、巡礼路最後の日に彼に会えた事が何か意味があるような気がしてならなかった。
次回、続きを歩く私達とまだまだ歩き続ける彼がどこかで出会ったら奇跡だよね。
でも、カミーノってそんな不思議な事があるらしい。 


朝食後、この日はログローニョからビルバオへバスで移動。
バスターミナルは町の中心、新市街と旧市街を分けるエスポロン公園の南側。
この像のあるエスポロン公園。
b0165536_21173564.jpg

バラ園かと思うほどのバラがこの公園では咲いていました。
b0165536_21181329.jpg

b0165536_21182593.jpg


スペインの長距離バスALSA。 電車よりもバス網の方が発達しているようです。
b0165536_21193183.jpg

ログローニョのバスターミナル。 中心部からは歩いて10分位です。
b0165536_212091.jpg

綺麗で危険な感じもしません。
b0165536_21203719.jpg

行き先、時刻、チケット販売所番号が書いてあるのでそこから自分の行き先をチェック。
b0165536_21212724.jpg

ビルバオ行きは20番窓口。
b0165536_2121599.jpg


バスは出発間際ではないと来ないみたい。
ターミナルの上が団地になっているのだけれども、1日中バスが出たり入ったりする所って・・・。
b0165536_21224275.jpg


ビルバオ行きバス到着。 巡礼者も結構乗っています。
b0165536_2124627.jpg

ビルバオまでは1時間半程。 車窓はリオハワインの産地なので永遠と続くブドウ畑。
b0165536_21245757.jpg


そしてビルバオのバスターミナル到着。
ビルバオ-ログローニョ間の停留所は#16番。 (次回の覚書)
b0165536_21262182.jpg

ビルバオのバスターミナルも綺麗で分かりやすくなってました。
b0165536_21321220.jpg

ここからビルバオ中心部まではバスターミナル地下にあるメトロ(地下鉄)で2つめAbandoまで。

そこから橋を渡りビルバオ市役所。
b0165536_21304824.jpg

川の遊歩道は綺麗に整備されている。この先にグッゲンハイム美術館がある。
b0165536_21361280.jpg

ビルバオでのホテルはBarceló Bilbao Nervión  川を渡れば新市街、東に歩けば旧市街、とても便利な場所でした。
b0165536_2138035.jpg


美食の町ビルバオ。ここに2泊してピンチョス巡りをします♪
[PR]
by kiki-juju | 2016-04-27 21:40 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/25720947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taろう at 2016-04-27 23:32 x
おお、ついにビルバオ入りですね^^
ログローニョから、バスで1時間半ですか…結構近くなのですね。
自分のブログ記事に使う地図に、ログローニョも表示されていたので、「ここかぁ」としばし地図を見つめていました。
この辺りはスペイン有数の美食地帯、すべての街を食べ歩いてみたいですねw
ビルバオピンチョス三昧の記事、楽しみです(^г^)
Commented by kiki-juju at 2016-04-29 11:44
taろうさん:
ようやくです(汗)約1年前の話になりつつあります・・・。
ビルバオ--ログローニョ間はバスから車窓を眺めているとあっという間に着いてしまいます。
スペインは日本からの直行便がないのでどこかしらを径由しなければなりませんが、都会のマドリードよりもカミーノの場合はビルバオを拠点にする方が小さな町、治安も良好で楽な気がします。
ビルバオのピンチョスはログローニョの上を行っています!
taろうさんのバスク記事も楽しく読ませていただいてますが、バスク地域だけでも10日位かけてじっくり廻ってみたいです♪
Commented by タヌ子 at 2016-05-02 00:02 x
サンチアゴ・デ・コンポステーラが最終目的地なのかと思ったら、そこから先に行くことが出来るんですね。
宿泊費はかからないとしても、3年間食費はどうしているのだろう?とヤボなことを考えてしまいますが、神のご加護がある人は、そういう心配をする必要もないのでしょうね。
いつか彼と同じ時間に同じ道を歩けるといいですね。
ビルバオ、滞在はできないかもしれないけれど、6月頃に通過できるかもしれないので、美味しいピンチョスが食べられるお店の紹介、楽しみにしてます。
Commented by kiki-juju at 2016-05-03 10:57
タヌ子さん:
巡礼路は私達が歩いたフランスの道が一番ポピュラーですがその他にもたくさんの道があり、すべてサンチアゴに続いています。たくさんの人が1つの道を歩き終えるとまた次の道へのチャレンジをするそうです。
この巡礼者方、私達も書いてもらった、と言うより突然書き始めたカリグラフィー的な物で小銭を頂き旅をしているようです。寄付制教会巡礼宿の中には食事を提供してくれる所もあるので。
ビルバオ、通りすぎるだけでもピンチョスをぜひいくつか摘んでみて下さい♪