Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた⑰ ビアナ~ログローニョ

お正月から既に1ヶ月過ぎた! 早いなぁ~。

カミーノ巡礼の続き。ようやくこの日が歩き最終日。

2015年5月11日(月)     天気:晴れ
行程: ビアナ(Viana) ~ ログローニョ(Logrono) 約11km
出発: 6:00a.m   到着:9:30a.m   歩行時間:3時間30分


この日はたったの10Kmで最終目的地のログローニョ。
そんなに早くに出かけなくて良いのに、習慣的に早起きしてしまい朝6時には出発。
b0165536_20145088.jpg

こんな景色も見納め。
b0165536_20153513.jpg

仲良くしていた人達のほとんどが先に行ってしまっているので道中顔見知りもいない。
寂しいし、なんとなくやる気ゼロでダラダラ歩く。
朝日を背に受けて足長影。 これも今日が最後。
b0165536_20175739.jpg

分岐点には誰かが作った石の道しるべ。
b0165536_20182524.jpg


あっという間にログローニョのあるリオハ圏内。 ここはスペインリオハワインの本拠地。
b0165536_20194332.jpg


カミーノは1日にでも歩く距離がズレると歩くメンバーががらりと変わる。
道を歩いている人達はほぼ皆「初めまして、こんにちは!」の初めて見る人ばかり。

ここでアメリカ人(シアトル出身)の高校教師をリタイアしたマルガリータとお話しながら歩く。
マルガリータは本当はお友達と一緒にカミーノを歩くつもりだったが、
「私、おしゃべりだからお友達とカミーノに来たらきっと英語でずっとアメリカの話をしそうだったから、やっぱり1人で来たの。」
と言っていた。

が、が、が、私と歩いている間中、アメリカの社会問題、大統領選挙の事、格差などなど内容は全部アメリカの事! きっと彼女はカミーノの間中誰かを見つけては永遠にアメリカの問題をあれこれ話し続けるのでしょう・・・。

そんなんで話しながらも綺麗に咲いている花もちゃんと写真に収めました。
b0165536_20313583.jpg

5月はお花が本当にあっちこっちで咲いていてとても綺麗な季節なのかも。
暑いスペインでは犬小屋も石造り、瓦屋根なのかな?
b0165536_20324472.jpg
 
綺麗な花もいいけど、このポプラの綿綿攻撃にはちょっと参った。
b0165536_2035563.jpg

アレルギーじゃないけど舞々していて吸い込みそう。 アレルギーの人には注意が必要。

そんなこんなであっという間にログローニョの町についてしまった。
ゆっくり歩いたのに時間はまだ朝の9時半。
b0165536_20365351.jpg

きょうのお宿はどうしようかなぁ~?とうろついていたらブラジル人のアナに2日ぶりにばったり遭遇!
もっとずーっと先の町に進んでいると思っていたのに。 どうやら足が痛くてこの町で延泊していたよう。

アナ達が泊まったホステルが凄く綺麗でお勧めとの事で空室を聞きに行く。
街の中心、サンタマリア大聖堂のお隣にあるEntresueños Hostel
b0165536_20424733.jpg

10時半過ぎになればお部屋に案内できるとの事なので、とりあえず朝ごはんもまだだったので町中心のカフェで朝ごはん。 朝からたっぷり食べるよ!
b0165536_20384815.jpg


食後のコーヒーでゆっくりしているとマルガリータおばさんまたまた登場! 
「あら~あなた達♪ 一緒にいいかしら?」
で、またまた今度はアメリカの教育問題について・・・・・。 元教師だからネタが尽きない。
Juju的に関西風に言えば、 「そんなん知らんがなぁ~」
というネタであっという間の1時間。 意外と時間潰しに良いんじゃない、アメリカ問題討論。 自分の意見を言いぱなしでOKだし。

今日はあと10km歩くと行っていたマルガリータおばさん。なのに私も今日はここに泊まるわ!
と言うので同じホステルへ。

このログローニョのホステル、町の中心部にありとっても便利。さらにとても綺麗。
私達は個室(共同シャワー)で38ユーロ/泊。
b0165536_2132748.jpg

ドミトリーも明るく新しそうで綺麗。
b0165536_214646.jpg

シャワー、洗面、トイレは共同。 アナ達は専用シャワーのある部屋がお勧めと言っていたが空いてなかった。
が、こちらも掃除が行き届き文句無しに綺麗。
b0165536_2155711.jpg

b0165536_2161360.jpg

洗濯機、物干しコーナー。
b0165536_2164716.jpg

1階にはキッチン、共有スペースもあります。 このホステル、次回ログローニョからの再スタート時も確実に泊まります。
b0165536_2183398.jpg


まだお昼前だけど、歩いてきたのでシャワーを先に浴び、洗濯をしてからランチに向かいます。
ログローニョの町は実はピンチョスタウンとも呼ばれるほど、美味しいピンチョス通りがあるのです♪
[PR]
by kiki-juju | 2016-02-02 21:12 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/25322195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by タヌ子 at 2016-02-03 06:33 x
最終日、楽勝でしたね。
マルガリータおばさんのお蔭で、道中が短く感じられたのか、長く感じられたのか…(笑)
我が家の庭もポプラの綿毛で毎年真っ白になるのだけど、昨年はならなかった。
ポプラの雌も年を取ると綿毛が少なくなるのかな?
スペインって清潔度高いですね。
ピンチョス通り報告楽しみ。
Commented by kiki-juju at 2016-02-03 21:22
タヌ子さん:
この時の10kmという距離はちょっとそこまでの感覚だったと思います。
現在、まったくウォーキングトレーニングをしていません・・・。今年の春旅行の行き先がカミーノ続きではなくなりました(汗) でもちゃんとサンチアゴデコンポステーラまでは今後歩く予定です!

私は年配の方とのおしゃべりは結構好きな方なのでマルガリータおばさんとのお話は苦では無かったです。ここのホステルの清潔度を見てマルガリータおばさんも滞在を決めました。スペインの地方都市は宿泊費も外食費もきっと観光地よりもずっとお安い気がします。
Commented by taろう at 2016-02-04 22:22 x
苦しくも美味しい巡礼の道行き、お疲れ様でした。
試練のようだった道程も、歩き通した後では、忘れ難い思い出となったことと思います^^
それにしても、この巡礼路はグルメ街道と称してもいい位に、美味しそうな食べ物に溢れていますね!この誘惑が一番の試練かもw
ログローニョ、落ち着いた佇まいで、過ごしやすそうな街ですね。
ピンチョスタウンと聞いて、次の記事が楽しみです♪
スペインのバル巡り、楽しいですよね!
Commented by kiki-juju at 2016-02-05 22:36
taろうさん:
カミーノ巡礼、今回は180kmを歩きましたが毎日が本当に楽しく、こんな旅もあるんだなぁ~と思いました。見知らぬ人達との交流はどちらかと言えば苦手で敬遠しがちでしたが、たくさんの素敵な人達との出会いは貴重でした。
ログローニョ、カミーノに来るまでその名すら知りませんでしたが、ここには有名なピンチョス通りがありました。田舎町のスペインは物価も安く過ごしやすい気がします。