Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

カミーノ・デ・サンティアゴを歩いてみた⑨ パンプローナでピンチョス!

ホテルで軽くゴロゴロした後はパンプローナの街巡り。

ここパンプローナは牛追い祭り(サン・フェルミン祭り)で有名な街。
そしてこの市庁舎のバルコニーから開会宣言&打上げ花火で祭りが始まる。
b0165536_20512148.jpg

お祭りの時以外は静かな街のようです。
まだ街はシエスタTimeの為、人も少なく警察官だけが多く目につきます。
警官があちらこちらに多いけど、特に街に危険な雰囲気はありません。

ここでアメリカ人のお姉さま方4人組に遭遇。町にようやく辿り着き、歩き疲れてフラフラ状態。
やっぱり村から中都市旧市街に入ると方向感覚がなくなるようで大声で「Kiki~~!!」と叫ばれた!
アラフィフのお姉さま方はいつもは元気ハツラツ、とっても皆若々しい♪
私もあのように年を重ねたいものです。
彼女達も「今日は絶対ホテル泊!」 との事で私達の宿泊ホテルに案内後、街散策再開。

街は建物に囲まれているので日陰になっていて歩きやすいです。
突き当たりにはサンタマリア大聖堂が見えます。
b0165536_20571340.jpg

この通りにはカミーノショップもあります。
(巡礼マークの入ったお土産品やちょっとしたアウトドアグッズなどが売っています)
b0165536_2101031.jpg

クレデンシャル(巡礼手帳)を持っていると教会の入場料が割引になります。
b0165536_2058205.jpg

私達の町歩きの基本は「手ぶら」、クレデンシャル持っていなかったので教会は後回しにしましたが、この後のピンチョス&ワイン巡りで教会の事なんてすっかり忘れてしまいました・・・・。

ちなみにこの大聖堂のすぐ近くに公営アルベルゲ(巡礼宿)があります。
b0165536_21175399.jpg


町歩き再開。ワインショップを見ても今は買えない・・・。
ちなみにこの辺りはスペインのリオハワインの産地。 ワインが安い、さらに安いワインが美味い♪
b0165536_21202895.jpg

お菓子屋さん。
b0165536_21212574.jpg

私の大好きなココナッツ味のマカロンじゃない! ここは好きなお菓子を袋に入れての量り売り。
b0165536_21223463.jpg

お味は、、、、想像通りのココナッツたっぷり味。 いやぁ~、スペインは何でもホント美味しい。
b0165536_2124495.jpg
 

カスティージョ広場に来ました。 カフェ、バル、レストランが勢ぞろい。
b0165536_21253278.jpg

まずは小説家ヘミングウェイの行きつけだったという有名なCafe Irunaへ。
b0165536_2128323.jpg

カウンターに陣取りスペイン初本格ピンチョス。
ピクルスと生ハム、トマト、チーズ&焼きネギ?
b0165536_21311860.jpg

こちらはロースト玉ねぎ、羊のチーズ&ブルーベリージャムかな?
羊のチーズは苦手だけどこれは大丈夫だった。ジャムのおかげかな。
b0165536_21321761.jpg

出来立てピンチョスを次々カウンターに並べていくものの、どんどん出て行く。
ちょうど出来立てのマイタケ、ズッキーニ、生ハム。
b0165536_21351254.jpg

美味しい~♪ ホントビックリ! さらに安い。
次の店行こう。

ふらふら歩いて適当な店へ。
b0165536_2137525.jpg

濃厚クリームチーズにカリカリなハム。
b0165536_21375978.jpg

パキッパキのジューシーチョリソがサクサクパイに包まれている。
b0165536_21392211.jpg

はい、次の店に移動。
夜には飲んだくれストリートになるEstafeta通りに行ってみよう。
で、適当な店。
b0165536_2141451.jpg

何食べようか迷う。
b0165536_21421858.jpg

定番中の定番、生ハムとマッシュルーム。
b0165536_21434480.jpg

Jujuが食べてた何か。チビ目玉が乗っているから興味ナシ。
b0165536_21443914.jpg

お姉さんにお勧めを聞いてみる。 観光地なので英語が通じる。
b0165536_21452458.jpg

鱈(バカラオ)が美味しいよ、との事でお願い。
b0165536_2146571.jpg

スペインのピンチョスは私達に馴染みの食材(マイタケとかイワシなど)が多いのでどれもこれも試してみたくなる。
ちなみにアメリカ人はね、、、、ハム系以外チャレンジしない、かなりの保守的。

あっちでつまみ、こっちでつまみ、大満足なパンプローナのピンチョス巡りでした。
[PR]
by kiki-juju | 2015-07-07 21:50 | スペイン巡礼 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/24666533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 三十路オンナ at 2015-07-08 20:00 x
こんばんは♪

パンプローナですね!!!
そうですよね、牛追い!!!
こちらもスペインでいきたい場所の一つです。

スペインに行った際にバレンシアの火祭りを見て、
お祭り好きの私はパンプローナのお祭りも見てみたいと思っていて(w)
トマト祭りもです(w)うふふ

街の建物もとても歴史深くて、街歩きも楽しめる場所ですね♪♪♪

美味しそうなお料理の数々ですね♪♪♪

スペインのお料理、本当においしいですよね♪

巡礼だけでなく、もちろん、現地の方の生活やお食事も楽しまれたようで、とても充実したご旅行だったようですね♪♪♪

私も旅行好きなので、またスペインに行ってみたくなりました♪

ではでは♪♪♪
Commented by kiki-juju at 2015-07-09 20:39
三十路オンナさん:
スペイン、いろいろなお祭りがありますね。
私もトマト祭り、興味があります♪
スペインのお料理、バラエティ豊かでお肉、お魚、魚介類などなど毎日飽きることなく堪能しました。
今までスペインは「遠い」という理由で私の中で優先順位がとても低かったのですが、これだけ美味しい食事やワイン、他のヨーロッパ諸国と比べて物価が安いという事でスペイン大好きになりました☆
Commented by タヌ子 at 2015-07-10 06:49 x
巡礼の旅が毎晩こんな感じで終わるのなら、今すぐにでも計画したい(笑)
どんなに歩いてカロリーを発散しても、目的地に着く頃にはプラス10キロぐらいになってしまいそう。
確かにスペインの町は狭い路地が多く、当然のことながら日陰も多いので、暑い夏でもどうにか観光できますね。
ピンチョスは片っ端から食べたくなって選択に悩んでしまいますよね。
アメリカ人、フランス人同様、食に関して冒険心がないのですね。
研究熱心な日本人に、是非ピンチョス専門店を開いてほしい。
Commented by kiki-juju at 2015-07-10 20:51
タヌ子さん:
実は、、、私達の巡礼は毎晩こんな感じでした(汗)
スペインの美味しさに目覚め、昼間の歩いてる間中「お昼は何食べよう?」、「夜はピンチョス巡りだ♪」と食べ物の事ばかり考えて歩いていた気がします(反省)
歩いていれば体重落ちます!体重自体が変わらなかったとしても見た目はかなりいい感じに締まると思います。
日本人は食の探究心ありますよね。だからいろいろな創作料理も生まれるのかもしれませんね。
ちなみに巡礼中に仲良くしていた韓国人も冒険してませんでした・・・。アルベルゲのキッチンで韓国料理を毎晩作っていました。私はちょっとその匂いにそそられてしまいましたが(笑)
Commented by taろう at 2015-07-10 23:10 x
スペインの街は、そぞろ歩きに向いている気がします。
どの街も歩いて巡るのに、手頃な広さというか、歩いていて気分が楽しくなる空気がありますよね^^
スペインへは、自分のブログを始める随分前に、初めて訪れたことがあるのですが、kikiさんのカミーノの記事を拝見し続けていたら、また行きたくなってしまいました(流石に巡礼の旅はムリ(爆)。
ちょっと歩いた先々にバルが店を開いて、美味しい食べ物を気軽にいただけるのも、スペインの町々の魅力ですよね!
日本人のように、口に合って美味しければ、何料理であろうが幅広く(無節操にw)飛び付いてしまう人の方が、世界では珍しいのでしょうね…私などは、美味しいものに出逢えただけで、人生トクした気分になってしまいますが(^-^)
Commented by kiki-juju at 2015-07-11 21:35
taろうさん:
スペイン、良い国でした☆
いつもヨーロッパの国々へ行く際は必ずレンタカーでしたが、今回は歩きがメイン、車旅だったら絶対に訪れる事の無い小さな村や町ばかりで(治安も良い)夕方からの町歩きにも最適でした。
日本人は普段から各国料理に慣れ親しんでいるので旅先でも「食事」に焦点を合わせる人も多いですよね。
私は結構食わず嫌いな物も多いのですが、目に飛び込んでくるピンチョスの誘惑に「これ何?これは?」と店員さんにいろいろ聞いてチャレンジしました!美味しかったです♪