Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

愛宕山に登ってみた・・・・

順調に日々のウォークトレーニングを積み重ねているこの頃。
距離(平行)は結構歩けるようになってきたので、次のステップ、高さ(垂直方向)へのトレーニング。

京都はあっちこっちにいろいろなスポットに事欠かないので便利!

行きましたよ、無謀にも軟弱者にはキツイという愛宕山へ。

清滝のバス停。この横に5~6台程停められる駐車場有(¥800-)。
駐車場は朝9時頃(日曜日)ですぐに一杯になりました。 
b0165536_2244062.jpg


紅葉もそろそろ終りかけだけれども、まだまだ綺麗な箇所もチラホラ。
b0165536_22373654.jpg


準備を整えLet's go!
b0165536_22381011.jpg


地面は紅葉が一杯。
b0165536_22385954.jpg


橋を渡り、
b0165536_22404210.jpg


見えてきたよ鳥居が。ここからが本当の始まり。
b0165536_22413094.jpg


看板には
自分で登り、自分で下山する他、手段はナシ
うっっ、大丈夫かな?? 4.2kmは平地ならもう余裕の距離だが・・・。
b0165536_2245279.jpg


初っ端からいきなり登り! もうこれが永遠に続く。
100m位でJujuに泣き言言いましたよ。
「無理、もう絶対無理だから・・・・やめようよ~」
b0165536_22465049.jpg


最近は鬼コーチ化しているJuju。 私の泣き言は完全無視。

家を出る時に愛宕山20回程登っている義父からのアドバイス。
「最初の30分が大変だけどその後は大丈夫だから」との事。

「ねぇ、今何分たった?」とか「ねぇ、今何時?」って聞き続ける私。
無視され続けてましたけど・・・・。

そしてやっと20丁目。 もう虫の息です。
b0165536_22545889.jpg


休憩小屋あり。一人でちょっとお休みした。
ここまでが一番キツく、ここからはそんなにキツくないと書いてあった。
信じないで下さい。ウソです。信じた私は地獄をみました・・・・。
義父の最初の30分過ぎたら大丈夫説もウソでした。
b0165536_2259751.jpg


ガンバレって書いてあるけど全然ガンバレない・・・。
b0165536_230197.jpg


振り返る石の階段が紅葉の絨毯でこれだけが綺麗で心の支え。
b0165536_232950.jpg


ゾンビみたいな登り方をしてようやく30丁目。
山頂まであと60~80分を見た時には愕然としました。
b0165536_233858.jpg


でもだいぶ登ってきたので景色は爽快。
b0165536_2375238.jpg


ひと時の平らな道。救われる。
b0165536_2382788.jpg


京都市内が一望。
b0165536_2391724.jpg


とりあえずこの景色の良い所でおにぎり休憩。
他の人もお食事休憩していました。
b0165536_23101765.jpg


おにぎり食べて、甘いおやつ食べてエネルギー補給。
おっ、ちょっと足どり軽くなったかも!?
水尾方面に下りられる分岐点。
b0165536_23133020.jpg


あと35分。がんばれるかも。
b0165536_23132888.jpg


が、しかしここからがキツイ。これでもか、これでもかと上りの連続。
b0165536_23151254.jpg


やっとこさ黒門に到着。あと少し。
黒門を超えても容赦無い上り・・・・・。
b0165536_2315592.jpg


やっと、やっと境内が見えてきた!!
b0165536_23174718.jpg


そして最後の最後、地獄の石階段を登り愛宕神社到着。 
(Jujuが一人で御札を買いに行ってくれました^^;)
b0165536_23192148.jpg


私は力尽きて境内の休憩エリアで放心状態。
おにぎり第二弾で燃料注入してました(笑)
b0165536_23223715.jpg

さすがに標高900m近く、結構寒かったです。
往き約2時間半。往復約5時間と書いてあったので死にそうになりながらのペースでしたがまずまずなところでしょうか?

下りも結構大変。石(岩)の階段を注意して下りないと転びそうになります。
そして下りても下りてもまったく標高が下がらない。
Jujuの腕時計に高度計が付いているのでしょっちゅう「今、標高何m?」とか「今、何時?あと何分位?」とうるさく質問。
「足元注意してさっさ下りろやー」
だって疲れて止まると膝が小刻みに震えてガクガクなんだもの・・・・・(涙)

そんなで下りは1時間45分程で到着。
良かった、無事に帰ってこれた。
b0165536_2336634.jpg


愛宕山、私には結構ハードです。
2回目はあるか?? 私的には無理です、と言うより嫌。
ちなみに皆さんリュック背負って登ってます。 
私は、、、、、Jujuが背負ってます。私は素、何も持たずに登ってます。それなのにこれです。

「次はお前も荷物背負って行く練習だ!」
もういい、無理です。

下山してえらくお腹が減りました。見かけた王将が妙に食べたくなり何年ぶり??
b0165536_23434551.jpg

焼飯、餃子に酢豚。お腹一杯、美味しかった!

愛宕山の御札を台所にちゃんと貼りました。(火の用心)
b0165536_23455662.jpg



翌日からの強烈な筋肉痛、家の階段の昇り降りで足が悲鳴を上げています。
こんな筋肉痛は人生初かも!? 
[PR]
by kiki-juju | 2014-12-04 23:47 | Kyoto | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/23833161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by タヌ子 at 2014-12-05 17:19 x
平地なら4キロ=1時間。
倍以上かかるのだから、勾配のきつさも容易に想像できます。
途中で平らになったり、ちょっと下ったりすればなんとなく頑張れる気もするけれど、ず~っと激しい上りって精神的にも折れそうになりますよね。
でも、それだからこそご利益もあるというもので…
これで夢の旅行計画に一歩近づきましたね。
先日王将の油も水もいらない羽根付き冷凍餃子を焼いたのだけど、羽根付き餃子なんて知らない母に、羽根を取り除かれちゃいました(苦笑)
冷凍でも美味しかった!
Commented by kiki-juju at 2014-12-05 21:26
タヌ子さん:
愛宕山の果てしなく続く連続の上りはかなりキツかったです。
途中の平らな区間はほんの気休め程度でした(涙)
計画している旅行、実は私はあまり乗り気ではないのです・・・。40半ばの旦那が「体力的に今しかできない(行けない)だろう!」となかば強制連行される感じです。
王将の餃子、たまに食べると美味しく感じます。一時期羽付き鉄餃子って流行っていた気がしますが今はどうなんでしょう?ブームに乗れない私はいつも出遅れ組です^^
Commented by taろう at 2014-12-06 09:53 x
愛宕登山にチャレンジなさるとは…!来年計画されているというご旅行への、並々ならぬ意気込みを感じましたw
登山道は、階段になっている箇所も多いのですね。
全行程50丁の無限階段、スパルタ過ぎ…私も、話を聞いただけで多分パスです(^^;)
膝が笑うなどして、登りよりも下りの方がキツい、とはよく聞きますよね。
下山後の王将、さぞ格別なお味であったことでしょうw
筋肉痛、お大事に。。。
Commented by kiki-juju at 2014-12-06 21:06
taろうさん:
来年計画の旅行先、はっ!?何を思って?という所です^^
無事に帰ってきたら旅行記にしますがどうなる事やら・・・。
登山道、90%階段です。なので下りも注意しないと転ぶびそうで結構怖かったです。
筋肉痛、やっと治りましたよ!次は比叡山とか言ってる・・・・どうしよう(汗)
Commented by くぼた at 2014-12-09 14:52 x
こんにちは!
胃カメラ今日受けてきました。
ドキドキしましたが入る時少しオエッっとなったくらいですぐに終わりました。検査の結果も何事もなくホッとしています。
ありがとうございました。
私は京都産まれの京都育ちですが、ブログを拝見してますが行った事ないところが多いですf^_^;)
写真とても綺麗で私も少しずつ京都を巡って行こうと思います。
Commented by kiki-juju at 2014-12-09 20:34
くぼたさん:
どういたしまして。
検査結果、何事も無く本当に良かったですね!
苦痛も最小限で済んでなによりです。
京都人(うちの旦那含)は意外と京都の名所には足を運ばない人多いですよね。週末ともなれば混みますし、いつでも行かれると思うとなかなか機会に恵まれないのかもしれませんね。
なので観光名所の質問をしても行った事無いで終ってしまいます^^;