Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

イエローストーン国立公園④凍えるNorris

台風19号接近中。
出掛ける事ができないので久々にブログ更新。たまにはこんな休日も良いね。
こんなスローペースでのイエローストーン旅行記、一体いつに完結するのやら?!


早朝から本日の間欠泉エリア散策開始。 Norris~Mammothまで。
b0165536_16541247.jpg

やはり早朝、ミュール鹿(Mule deer)のオス発見!
b0165536_165597.jpg

角をぶつけ合って戦う(??)といい音がします。木刀で打ち合う音に似ています。
b0165536_16561455.jpg

分岐のMadisonを過ぎるとモクモクと硫黄臭がたちこめています。
b0165536_1702098.jpg

道路脇ではそこら中の穴からボコボコ。
b0165536_172564.jpg

日本の温泉のように硫黄が「体に良さそう~♪」 ではなく、有毒ガスっぽくて体に悪そう・・・・。

Norris Geyserに到着。
b0165536_17468.jpg

またまた散策地域が広そう。
b0165536_1745232.jpg

案内板によると、
b0165536_171069.jpg

右手Porcelain Basinは1Km。 ちょっと覗いてこんな感じ。
b0165536_1794284.jpg

左手Back Basinは2.6Kmコース。近道すれば1Km。ここのメインSteamboat Geyserまでは400m。
で、左手に行って見ます。

遊歩道は綺麗に完備で歩きやすい。
b0165536_17132370.jpg

が、めちゃくちゃ寒い。たぶん気温は0℃かマイナスくらい。歩道、凍っているもの・・・。
b0165536_1716226.jpg

起毛トレーナーに、薄手のダウン着込んでも凍える寒さ。帽子、マフラー、手袋、タイツも必要だった。
ちなみに季節は9月あたまです。
b0165536_1716283.jpg

カラッと乾燥、天気が良いので寒さが刺すように痛い。
b0165536_17213634.jpg

Norrisのメイン、Steamboat Geyser(間欠泉)。
b0165536_17232617.jpg

世界で一番高く吹き上がる間欠泉(91M)。でもいつ吹くかは分からない、間欠泉の気分次第。
直近は2013年7月31日だったそう。 普段は3m~12mの間でボコボコ吹いている。
で、湯気ばっかりでぜんぜん吹いているの分からない・・・・。
b0165536_1729843.jpg

実際吹き上がるとこんならしい。
b0165536_17302853.jpg

 間欠泉から吹くのは熱湯なのにこちら側には温かい恩恵は一切流れてこない・・・。
立ち止まると寒いので、下の方に綺麗な色のスプリングがあるので先に進む。
b0165536_17391241.jpg

こんなに綺麗なブルーは熱湯の中ででも生息できる数少ないバクテリアの仕業らしいです。
b0165536_1740549.jpg

あっちこっちこの様なスプリングや間欠泉がこの世の終わりっぽい空間に広がってます。
b0165536_17494351.jpg

他の人がパークレンジャーさんとお話しているのを盗み聞きしたところ、朝は気温が低いので蒸気が立ち込めていてあまり綺麗に見えないのだそう・・・・・。
早朝は人が少なくて良いけど確かに蒸気モクモクなので見づらい。
さらに寒すぎて凍える。所々に足湯があったらなぁ~とちょっと思ってしまったり。

Norrisは終了、次のMammoth hot springsへ移動。
ここ一番楽しみにしているスポット♪
[PR]
by kiki-juju | 2014-10-13 17:57 | National Parks | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/23559511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taろう at 2014-10-14 22:12 x
イエローストーンといえば間欠泉ですが、大地全体が煮えたぎっているように思える勢いの水蒸気ですね!
地球のパワーを感じますw
別府でいうところの、「地獄」のスケールを遙かに巨大にしたような場所なのでしょうね。
盛大に吹き上がる様子を、私も眺めてみたいです。
神秘的なブルーの、文字どおり「温泉(熱泉?)」に潜むバクテリア、のぼせることもなさそうで、実に羨ましいですw
Commented by タヌ子 at 2014-10-15 07:53 x
最後の写真、本当にこの世の終わりみたいな風景ですね。
手前の緑の木がなければ焼け野原みたい。
0℃でこれだけ首が出てたら寒いですよね。
100℃を超えればどんなバクテリアも死ぬのかと思っていたら、しぶといバクテリアもいるんですね。
でも、そのお蔭でこんな美しい青緑の水が見られるのなら、そのしぶとさに感謝しないといけませんね。
八幡平みたいに岩盤浴ができるといいのにね(笑)
Commented by kiki-juju at 2014-10-15 20:09
taろうさん:
早朝は外気温が低い為、蒸気が多く、気温が上がるにつれて間欠泉の噴出口は見えやすくなるそうです。
しかし観光地、お昼くらいになると有名間欠泉エリアは人が多くなりますのでどちらが良いのだか^^;
写真で見るブルーと実際のブルーの色はだいぶ違います。やはり実際に見るほうが数倍綺麗です!
アメリカは観光旅行というカテゴリーではやはりヨーロッパには負けてしまいますが(食事とか交通の便など)、国立公園の旅というのであればやはり迫力が違います。taろうさんもいつか大自然に包まれたくなったら訪れてみてください。結構感動しますよ♪
Commented by kiki-juju at 2014-10-15 20:19
タヌ子さん:
国立公園で山火事が起こってもあえて人の手で消火活動はしないそうです。それが自然のサイクルで生態系を守るためでもあるそうです。なので以前の山火事で焼け残った木々もそのままです。
イエローストーンが噴火したら世界が終わりになるなんて言われている程(そろそろ近いらしい!?)の巨大エネルギー、山火事くらいのサイクルがいいです。
実はここまで寒いとは想像していなかったので最後まで持ってくるのを迷った薄手のダウン、毎日活躍!マフラーも必要でした・・・。
寒すぎて鼻水垂らしながらの散策。真横ではポコポコ温かい温泉が涌いているのに・・・。確かにせめて大きな石があったら岩盤浴できそうですね。