Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

ヨーロッパ・キャンピングカーの旅⑧Mt.Rigi,スイス

普段は朝が弱くてなかなか起きれないのに旅行中はなぜかスカッと早起きできる。
朝の湖は清々しくて景色も素敵。
b0165536_2391727.jpg

b0165536_2395015.jpg

このキャンプ場の近くにスイスハイキングで有名なリギ山(Mt.Rigi)があると聞き、行ってみる事にしました。
高速道路A4号線からすぐのGoldau A4駅から登山電車で山頂まで行かれます。
緑豊かなスイスの風景にこのピンクの券売所、センス悪すぎ・・・。しかも券売機壊れてると言うより電気も入っていない状態!?
備付けの電話で問い合わせてみると「車内で車掌から購入してください」ですと。
b0165536_23232783.jpg

券売機の先はちょっとした待合いスペースがあるのだからいっその事撤去したらと思ってしまいました。
b0165536_23261089.jpg

と皆でブツブツ文句を言っている間に電車到着!
b0165536_23315461.jpg

このリギ登山鉄道は1871年、ヨーロッパで最初のラック式登山鉄道だそうです。
b0165536_2353551.jpg

進行方向の山の方を見ると晴れていた空が何だか怪しい雲行きに。
b0165536_23591689.jpg

電車に乗ってしばらくすると右手にZug湖が綺麗に見えます。コトコトゆっくり走る電車ってワクワクします♪
b0165536_031024.jpg

でもだんだん霧が・・・・。
b0165536_045775.jpg

標高1315mのRigi Klosterli駅。
b0165536_135573.jpg

もうこの駅周辺ではこんな感じ、何にも見えない・・・。
b0165536_062386.jpg

約35分ほどで終点の山頂、標高1752mRigi Kulmに到着。雨は降ってないけど天気悪い。
b0165536_085036.jpg

山頂にはホテルがあるので宿泊客の方々もおります。
b0165536_0105286.jpg

真っ白のRigi Kulm Hotel、今の時期よりもスキーシーズンの方が賑わってそうです。
b0165536_0561270.jpg

登山電車はここで折り返し行きます。
b0165536_019295.jpg

山頂の天気は曇っている部分と晴れている部分の両方。展望台部分までここからは徒歩で行きます。
コースは2通り、このかわいい看板のように若者と老人コースが有り。
b0165536_0225225.jpg

若者コースはかなり急な坂道だけど一気にまっすぐ山頂へ。
b0165536_0234732.jpg

老人コースは山肌を緩やかなカーブで登って行きます。え~と、もちろん私は「老人コース」です!
b0165536_02531.jpg

さて、ノロノロと登りついた山頂では北にツーク湖、東にグラルナー・アルプス、南にテーディ、シェルホルン、ヴィンドゲレンなどの山々、ベルナー・アルプスを経て西にピラトゥス山まで、360度の素晴らしい展望が楽しめます。のハズなのだが、、、、、ほとんど見えません(涙)
b0165536_0312547.jpg

眼下はフィーアヴァルトシュテッテ湖(短く言えばルツェルン湖)なのだけど何が何だかさっぱり。
でも雲の動きがかなり早いので雲の切れ間から断片的に見えたりもします。
b0165536_0385482.jpg

だいぶ粘りましたが(10分以下ですが)一番良く見えてこのくらいが精一杯。
b0165536_0395918.jpg

風も強く、かなり気温も山頂は寒いので早々に退散。往路とは反対方向にもVitznau行の登山列車があるのでそちらも乗って見る事に。
b0165536_0415981.jpg

前に走るのはこの山にあるホテルやレストランに食料や備品を運ぶ専用列車。
b0165536_0455413.jpg

b0165536_0461143.jpg

途中にカウベルをカランコロン鳴らす牛さんも。こういう色の牛さんからのミルクで作った乳製品はきっと美味しいんだろうなぁ~と想像。
b0165536_0482240.jpg

標高が下がるとガスが無くなるので景色も良くなります。
b0165536_0484010.jpg


予定外のリギ山でしたが、機会があれば山頂からの360℃のパノラマビューをもう一度リベンジしてみたいものです。
ここには高所恐怖症の人(私)が絶対に無理なこんなレストランもありますよ!
[PR]
by kiki-juju | 2012-06-24 00:52 | ヨーロッパ・キャンピングカー旅 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/18483554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by タヌ子 at 2012-06-24 10:03 x
思わず『ヨーロレイヒ~』って叫びたくなる風景ですね。
確かにこのピンクはいただけないかも。
この券売機、もしかしたら冬専用なのかも知れませんね。何ごともきちんとしているかに見えるスイスですが、登山列車系はかなりアバウトみたいですね。
以前スイス在住の方のブログでも、チケットが買えたり買えなかったり、満席だと言われたのに、一分後にまた新たに発券し始めたりと、スイスとは思えない臨機応変対応だったようです。
私はこういう時、見栄を張って若者コースを選び、途中で後悔するタイプ(笑)
ケーブルカーレストラン、楽しそう!
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2012-06-24 14:35
ピンク駅、私はなかなかお気に入りです(笑)でも霧は残念でしたね。でも、最後の1枚は素敵な本当に風景です。結構な頻度で霧になるのでしょうね、サンフランシスコのように、、、。パノラマレストラン、私は楽しめそうですが、夫はkiki-jujuさんと同じくこのサイトの写真だけでもぞっとすることでしょう。
Commented by taろう at 2012-06-24 21:40 x
山と湖、牧草地でもある緑の山肌…牧歌的という言葉がピッタリくる、正にスイス!という絶景ですね!
ピンクの券売所、地元の方が、このあまりにも完成されて隙のない景観に、少し緊張感を求めて、ちょっとしたアクセントを付けようとしたのかもしれませんね!?それでも、抑えめの色調で、配慮はしているということなのでしょうね(^^;
雲の切れ目から覗き見える景色が、雲のおかげでとてもダイナミックな迫力を感じます!
雲もアングル次第で、写真が生き生きしますよね。
勉強させていただきました^^
空中レストラン、実際は、ドアはモチロン閉まっているのでしょうね…(||o_o;)
Commented by kiki-juju at 2012-06-24 22:04
タヌ子さん:
私も『ヨーロレイヒ~』と口ずさみながら散策してました^^
どうやら5月のスイスは夏山とスキーシーズンのちょうど間のシーズンオフの期間のようで山小屋レストランやロープウェイなども所々でお休みもありました。
スイス人(スイスのお国柄)ってイマイチ不明です。ドイツのようにキッチリなのかイタリアのようにアバウトなのか??
山頂のハイキングコースは一気に登る方が実は正解のような気がしました。老人コースは側面をグルッと1周するので距離が倍ほどありました・・・(汗)
Commented by kiki-juju at 2012-06-24 22:10
shinaさん:
駅の周りはとっても綺麗な緑、少し高台になっているので景色がとても良かったので明らかにこの券売所が浮いていました。
山の天気はすぐ変わるのでせめて1時間くらい粘ればもう少しいい風景が眺められたかもしれません。SF近郊も午前中濃霧でも午後からスカッと晴れる事多いですものね。
私は飛行機でも絶対に窓側には座りません(笑)
Commented by kiki-juju at 2012-06-24 22:26
taろうさん:
実は「スイス人はピンク好き?」かと思ってしまうほどここに限らずピンク色が入った看板やパッケージをよく見かけました。
山頂の雲はどんどん次から次へと流れてくるので写真を撮るタイミングがなかなかつかめず、一瞬の雲の切れ間から見える風景を撮った次第でアングルも構図も実は何も考えていません(笑)
taろうさんのように写真が上手な人が羨ましいです・・・・。
私の場合はより一層のカメラ自体の進化を待ち望むだけです^^
ロープウェイのレストラン、ドアは閉まる事を期待しますがこれに乗って優雅にお食事できる(する)方々はきっと開けておいた方がここで食事する醍醐味に浸れるのではないでしょうか!?私は青くなってしまいそうです。