Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

ヨーロッパ・キャンピングカーの旅⑤キャンピングカーの装備

今回キャンピングカーの旅をして思った事、「これはアウトドアとは言えない!」という事。
キャンピングカーに装備されている設備はいかに車内で快適に過ごせるかを追求しているよう。

今回レンタルしたのはフィアット(Fiat Ducato 2.3JTD)、7000kmしか走行距離の無いほぼ新車の域。
b0165536_21465269.jpg

運転席側のイスは長時間ドライブでも疲れにくく座り心地もなかなか良い。
b0165536_2155373.jpg

6速MT、2300ccしかないのにこの重そうな車体でもかなりスピードも出て(アウトバーンでは120kmで快適走行)、さらに車内も積み込んだ荷物動いてウルサイかな?と最初は予想していたがとっても静か。
b0165536_22173231.jpg

シガーソケットも2口付き。
b0165536_22184476.jpg

ナビのガーミンもOK、携帯電話の充電もOK.
b0165536_22192888.jpg

ボディ横扉の隣には3口ガスレンジとシンク。普通の家のガスレンジと同じ火力なので普通にお料理OK。シンクの蛇口からは水&お湯の両方が出ます。水圧も普通で不便を感じない。
b0165536_223146.jpg

ガスレンジの下に冷蔵庫。ちゃんと冷凍庫も完備してます。
b0165536_2231842.jpg

キャンプサイトに着いて電源を確保したら電気モードに。走行中はガス使用モード(涙型マーク)に切りかえます。
b0165536_22322861.jpg

そして後方にはベット。ベッドのサイズは計っていませんが大型の大人2人が普通に寝れます。
ちなみに私(身長170cm)Juju(身長185cm)の細身大型2人が余裕で寝れます。
b0165536_2273124.jpg

図解で左が昼仕様、右が夜仕様。
b0165536_22113768.gif

運転席の上にも寝れますが寝相が悪いと落っこちそうで怖いので私達は荷物収納部分として使用。

ベットのお隣に洗面シンク、トイレ(水洗)、シャワーがあります。
b0165536_22201148.jpg

b0165536_22202592.jpg

b0165536_22204125.jpg

水はたっぷり100L積み込めるのでシャワーも水を節約しつつですが(水はキャンプサイトでいくらでも補給できますが、大きな車をわざわざ動かすのは面倒)なかなか快適に浴びれます。もちろん水圧もちゃんとあります。

この車にはプロパンガス2本積んであります。正確な容量は分かりませんが10日間節約せずにガンガン使っても1本すら減りません。
車内のお湯はこのスイッチで50℃または70℃に選択してガスで沸かします。温まるのに約30分程。途中でお湯切れなんて事は特にありませんでした。
b0165536_22254762.jpg

そして温風ガスヒーター。車内に2カ所、洗面所に1カ所に送風口がありすぐに車内はヌクヌク。
b0165536_22281151.jpg

車内には電気コンセントが1つ。ここから延長コードに接続すればいくつかの電気製品を使用する事もできます。
b0165536_22351549.jpg

日本の電化製品(デジカメ充電器など)を使用する場合にはC型アダプタープラグを忘れずに。
b0165536_22363222.jpg

車内には電気集中スイッチ、一目でわかるバッテリー残量、上水残量、汚水レベル、水圧ポンプ電源が一つのパネルにまとめられています。
b0165536_22394322.jpg

荷物入れは車体後方にあります。大型スーツケース3~4個は余裕で入ります。
b0165536_22411818.jpg

中からも通じているので出し入れもし易いです。(汚くてゴメンナサイ)
b0165536_2242209.jpg

車内に取り込む給水ホース、電源ホース、夜間フロントガラスに置いておく目隠し(?)シート、車体を水平に調整する黄色い何か(名前が分からない)も備え付けてあります。
b0165536_22444111.jpg

肝心な車内のトイレ。この様な車体に入れるカセットトイレがヨーロッパでは一般的なようです。
b0165536_22461120.jpg

キャンプサイトの汚物排出場所にカセットトイレを取り外して持って行きます。
b0165536_22472029.jpg

ちょっと汚いけどこの様な所で黄色のキャップ部分を外して捨てます。(もちろん男性陣のお仕事です!)
b0165536_22482098.jpg

捨て終わって、綺麗に中を洗った後にこの穴の開いている部分に薬剤を入れます。
b0165536_22501369.jpg

薬剤はキャンピングカーを借りる時に付けてくれます。
b0165536_22504356.jpg

このブルーのケミカル剤と水1Lをカセットトイレの中に入れて蓋をして終了。
b0165536_22514427.jpg

なかなか簡単ですよ。(私はやっていませんが^^;)

借りる前は、「寒かったらどうしよう~」とか、「お湯が出ないなんて耐えられない!!」なんて不安でしたがそんな心配は無用。

定員6人のこのキャンピングカーですが正直6人はちょっと無理。大人2人&子供1人くらいがちょうど良いサイズです。
[PR]
by kiki-juju | 2012-06-12 22:57 | ヨーロッパ・キャンピングカー旅 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/18433100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2012-06-12 23:49
いやあ、便利、快適とは聞いていましたが、ここまでとは。ほんと、これは既にアウトドアではありませんね、笑。カリフォルニアですら超寒がりの私は、温風ガスヒーターも嬉しいところ。キャンプサイトには必ず電気が通っているんだと、当たり前のことに感心してしまいました。お手洗いもそのようにして処理するんですか。(・・・両方とも?汗)
Commented by kiki-juju at 2012-06-13 20:00
shinaさん:
私もすごく寒がり&冷え症できっと夜は寒いハズ!と思い、実は小型の湯たんぽを持参してました。しかし出番はありませんでした(笑)
電源はほとんどのサイトで確保できるので電気の心配は不用でした。
トイレ、アメリカだとフルフックアップが多いのできっと直接ホースを繋ぐ形だと思いますが、ヨーロッパではこのカセット式が一般的なようです。
青いケミカル剤がトイレットペーパーも大の方も粉々に分解してしまうようで捨てる時には単なる「青い水」の様相らしいです。
便器内には開閉式の内蓋が付いていて、車内にトイレ臭は一切ありませんでした。
Commented by taろう at 2012-06-13 23:12 x
成る程、ホテル顔負けの充実装備を誇っているのですね!
本当に、キャンピングカーとは実際全く縁がないので、毎回未知の世界に触れる思いで驚きながら拝見しています^^
「フロント上部の出っ張りは何だろう?」と思いつつ聞きそびれていましたが、ベッドスペースだったのですね…疑問が解けましたw
限られたスペースを上手く活用していますよね、収納部の大きさも驚きでした!
Commented by kiki-juju at 2012-06-14 21:13
taろうさん:
私も今回初めて利用してみてここまで至れりつくせりの装備に驚きでした。レンタル仕様でこの装備なら購入している方々はもっと便利&快適にカスタマイズしていそうです。
壁という壁に収納部を備え付けているのでかなりの量を収納できる所も魅力でした。
わが家では今後のヨーロッパ旅行にはキャンピングカーという選択肢が幅を利かせそうな予感^^一回荷物を積み込んでしまえば本当に楽ですから。