Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

これが一番!ワイン梱包材

旅行中のカリフォルニアで美味しいワインを買っても飛行機の預入れスーツケース内でもしも割れてしまったら・・・・、なんて不安がありますよね。

今までの経験上しっかり梱包して入れればほとんどの瓶物アイテムが割れた事は1度もありませんが、スーツケースに入れて飛行機で持ち帰る場合の最強ワイン梱包材を今回はゲット!!
もちろん、お店はいつものワイン専門店・K&L Redwood city店 (いつも裏口ですが・・・)
b0165536_2015431.jpg

日本へ帰る前日、飛行機の受託荷物の重量余裕分を計算しギリギリまでワインを買い足します。
ユナイテッド航空の受託荷物制限はこんな原油高のご時世なのにかなり太っ腹!

K&Lで店員さんに今までのワイン梱包材よりもさらに頑丈そうな発砲スチロール製を勧めて頂きました。
b0165536_20225783.jpg

このまま入れたのではまだ隙間もありちょっと不安なのでエアークッションで1本ずつキッチリ包んで入れます。エアークッションは瓶物を買って帰る事が多いので日本から毎回多量にスーツケースに入れて持って行っています。
b0165536_2025344.jpg

そして上側の発砲スチロールをかぶせ、接続部分をガムテープで巻けば完璧!!
b0165536_20291210.jpg

2本仕様と3本仕様の物がありますが小分けできる2本仕様の方が使い勝手が良いです。
b0165536_2192037.jpg

前回まで使用していた厚段ボール素材の梱包材はオリーブオイルなどの瓶物を入れるのにピッタリ。
b0165536_20322229.jpg

もちろんビニール袋に入れてから蓋をし、ガムテープでしっかり閉じればOK。
b0165536_20443110.jpg

あとはスーツケースの中に洋服などを間に敷き詰めて分散して入れれば大丈夫です。
瓶ものは割れたら・・・なんて心配もこれで解消されます。
私はバルサミコ酢狂いの為、何種類も買っちゃうので瓶もの対策は必須!
b0165536_20491212.jpg


このワイン破損防止梱包材、K&Lでワインを買えば無料で頂けます。(多分)
今回ここで10本買ったので「好きなだけ持ってっていいよ~」と言われたので発砲スチール製と厚紙製の両方をたくさん頂きました。

レッドウッドシティ店(Redwood city)はサンフランシスコ空港にも近く、お土産カリフォルニアワインを買おうかな?と思われるのであれば空港で買うよりこちらのお店の方がおススメ。値段も安く種類も豊富。
ロサンゼルス空港の場合にはハリウッド店(Hollywood)もあります。

そして絶対に忘れてはならないのが空港で荷物を預ける際、これでもか!と思うくらいに割れ物注意シール「FRAGILE」をスーツケースにたくさん貼りましょう。
貼り過ぎるとあえて投げられる?なんて事もあると聞くが・・・・。

そうそう、前から目をつけていた「Vinturi」のワインエアレーターも購入しちゃいました♪
b0165536_21372481.jpg

ワインに空気を混ぜる事で香りと味を開かせるデキャンタージュが簡単にできるスグレ物。
グラスにこのエアレーターを通してワインを注ぐだけという何とも横着者の私にはピッタリの商品です。
で、ちなみにこの商品どうかと言えば、、、、、
正直、どうなんでしょう?? 美味しくなる気もするし、変わらないと言えば変わらないし。よく分からないけど何となく使ってみたりしている。
そんなに違いの分かる立派な味・嗅覚保持者ではありませんので、私。
[PR]
by kiki-juju | 2011-11-30 21:15 | Food/Wine | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/17142051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by タヌ子 at 2011-12-02 10:46 x
瓶物を手荷物に出来なくなってから、苦労しますよね。
それにしても凄い量ですね!
こんなに瓶物を買ったら、AFの場合、それだけで制限重量に達してしまいそう。
私は横着して、瓶を厚めのビニール袋にグルグル巻きにして、洋服の間に入れ、動かないようにしてるだけ。
この容器があったら更に安心ですよね。
ワインエアレーターなんてものがあるのですね。
フランスでは見かけたことないけど、予めデキャンタに移し忘れてしまった時に重宝しそう。
ワインって食事が進むごとに味が変わってきますよね。
最初が美味しい方がいいのか、飲むに従って美味しくなる方がいいのか、第一印象が大事な私は前者かな(笑)
Commented by taろう at 2011-12-02 21:00 x
液体を機内持込みできなくなってから、酒瓶などの無事な運搬には、本当に頭が痛いです><
私もスーツケース内は、タヌ子さんと同じような状況です。
今年の旅行では乗り継ぎも多かったので、不安も一入でした;
この梱包材、世界中に広まってくれないかなぁ。。。
ワインエアレーター、面白いところで合理性を発揮する(私の偏見でしょうか(^^;)アメリカ人受けしそうな商品ですねw
味覚というのも主観的なもので気分という要素も重要だと思うので、せっかくお買いになったエアレーター、素直に「美味しい美味しい!」と思い込んでしまえば、より美味しく感じられるかもしれませんね^^
Commented by kiki-juju at 2011-12-03 00:29
タヌ子さん:
私もワインは一口めに飲んだ時に「美味しい!」と感じる方が好きです。ワイン通な方は時間をかけてゆっくりゆっくりと言われますが私は待てません(笑)
瓶物、毎回旅行に行く際には1つのスーツケースは割れ物梱包材(エアークッション、ガムテープ、ビニール袋)などで一杯にして行きます。ヨーロッパの航空会社は荷物重量規制が厳しいですよね・・・。
Commented by kiki-juju at 2011-12-03 00:37
taろうさん:
これらの梱包材は壊れる事も無く次回に再利用できるのでちゃんととって置き今後も利用できるので重宝します。
ワインエアレーター、アメリカでは結構人気でよく見かけます。
そうですよね、合理性、手抜き商品、便利グッズを開発する事が好きなアメリカの国民性が感じられますね(笑)
料理もお酒も楽しくワイワイ皆で飲むだり食べたりすると美味しく感じられるものですから思い込みも大事ですね^^
Commented by FondueM at 2011-12-10 19:24 x
ご無沙汰しています。私のブログはもはや開店休業中ですが、Kikiさんのブログ、ちょこちょこ拝見させて頂いていますよ♪アメリカにいらっしゃっていたのですね~。ワイナリー、羨ましい!今年の長期Urlaubはアメリカ・カルフォルニアが良いね~なんて、夫とも話していたのですが、実は私は現在妊娠8ヶ月の後半で(もう直ぐ仕事も産休に入ります)、今年は、大好きなワインは4月のイースターにイタリア・ピエモンテでワイナリー巡りをした時に飲み納めた感じです(涙)。梱包、気合入ってますね~。発砲スチロールの入れ物、確かに便利そうです。しかし、凄い量を飛行機で持って帰られるのですね。ワインに対する気合が感じられます(笑)。
Commented by kiki-juju at 2011-12-11 21:43
fondueMさん:
お久しぶりです!コメントありがとうございました。
気まぐれ更新ブログですが、ご訪問頂きありがとうございます。
来年には赤ちゃんが生まれるのですね!おめでとうございます♪
8か月だともうかなり大きなお腹で日々の生活も大変かと想像します。ドイツの冬の寒さに気をつけて元気な赤ちゃんを!!
夏にケルン在住の友人にも(ドイツ人夫&日本人妻)赤ちゃんが生まれ、ドイツはなかなか子育てしやすいと絶賛してます。
今後の休暇旅行は家族3人になり、これまでの夫婦2人とは違った視点での旅になるのでしょうね♪
いつか機会ができましたら是非、カリフォルニアも訪れてみて下さい。ヨーロッパとはまったく異なった面白い文化があります(笑)
残り出産までの期間、産後もお体ご自愛ください。
またしばらくして育児に余裕がでてきたらブログ再開されるのを楽しみにしております。