Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

アンテロープキャニオン

アリゾナ州・ページに訪れる観光客のNo.1スポット、アンテロープキャニオン
ページの町から89号線を南へ、数マイルで98号線があるので左折してしばらくすると右側にアッパーアンテロープキャニオンの駐車場が見えます。

ここはナバホ居留地の為ナバホのガイドさんと一緒に入らなくてはなりません。
ネットなどを見ると事前にこのアッパーアンテロープキャニオンに訪れるのにはツアー予約をページの町でしなければならないとなっていますが直接行って駐車場にある小屋でもツアーに申し込めます。

アッパーアンテロープキャニオンは観光客に人気ですがシーズン中は混んでいる、砂ぼこりにまみれてジープに乗る、というのがめんどくさいので私達は道を挟んでお向かいの方にあるロウワー(Lower antelope canyon)の方に行きました。
b0165536_2092072.jpg

でもね、行ってみるとロウワーも意外と混んでいました・・・。ほとんど90%がヨーロッパ人の観光客でした。
b0165536_2011898.jpg

受付で各人の名前、住所(県名、国でOK)を書き1人$26(結構高いね~)を支払いツアーの時間まで屋根付きの所で待ちます。この日も40℃位は余裕でありますが日陰は涼しくはないけど空気が乾燥しているので心地良いです。

ツアーは15分間隔くらいで次々出発、1ツアー15人程に分けられます。私達は10:50a.m~のツアーに参加。午前中お昼前後が一番きれいに見れる事らしいのでなかなか良い時間帯でした。
ナバホ族のガイドのお兄さんに連れられて出発です。炎天下に出ると一気に死にそうになるほど暑いです。
b0165536_2019095.jpg

こんなすき間からキャニオンの中に入っていきます。本当、ちょっと太めの人は辛いかも。
b0165536_2021127.jpg

すき間を入るとすぐ下には鉄製の階段があります。
b0165536_20221118.jpg

階段を下りていくと、
b0165536_20242314.jpg

「うわぁ~~、キレイ!!」

人ひとりがやっと通れる位の幅をどんどん進んでいきます。渓谷の中はとてもひんやりしていて涼しくて快適。
b0165536_2029439.jpg

鉄砲水と風の浸食によってつくられた自然の芸術。本当に素晴らしい!!
b0165536_20332257.jpg

乱れも無く規則正しくサーっと波打つ砂岩にある模様はとっても綺麗です。
b0165536_20371276.jpg

進めば進むほどいろいろな表情を見せる。
b0165536_2040944.jpg

歩く幅は本当にこんなに狭いです。
b0165536_2041505.jpg

さらにどんどん下へ下へと階段を下がって行きます。階段もかなり急だし幅も狭いので気をつけて降りて行きます。
b0165536_20425937.jpg

所々でガイドのお兄さんが「こんな感じで写真撮ると綺麗だよ!」とアドバイスしてくれます。
私、「んじゃ、お兄ちゃん綺麗に撮っておくれよ!」
とお願い。どうやらこのアーチ形を入れて撮るのが良いらしい。(ナバホガイドのお兄ちゃん曰く)
b0165536_20501214.jpg

私はどうも失敗写真を撮る才能に長けているのでイチオシを外すわけにはいかない!

その後も写真ポイントで手ほどきを受けながら頑張ってパチパチ。
b0165536_20594991.jpg

b0165536_2111444.jpg

ツアー人数は20人近くいますが渓谷内はクネクネ曲がっているので一番後ろにいれば人がすぐ見えなくなるので人物が写り込まない写真が撮れます。
b0165536_2143846.jpg

ガイドのお兄ちゃん曰く、観光客にはアッパーキャニオンの方が人気だがこちらのロウワーの方が幅が狭い分変化に富んでいて写真家はこちらの方が好みと言う人が多いそうです。
b0165536_2111186.jpg

b0165536_21111353.jpg

たいして距離は無いのだけれどもゆっくり進んで一時間近く、探検気分が味わえてかなり楽しかった。最後はこの階段を上って地上に出ます。
が、こんなに下って来たのか!?と思うくらいの高さの階段を上ります。高所恐怖症の私は絶対に下を見ないようにひたすら上だけを見続けて登り切りました。(怖かった~)
b0165536_2114436.jpg

地上に出たらお決まりの灼熱地獄。ひたすら5分位歩き続けます・・・・・。
b0165536_21171582.jpg

スタート地点の小屋が見えてきて一安心。
b0165536_21182718.jpg

とても気の良いガイドのお兄ちゃんがいる楽しかったロウワーアンテロープキャニオン終了。
車に乗るまで愛想良くしつこい位バイバイしてくれて(笑)

炎天下の中、次なる目的地へ出発しました。
[PR]
by kiki-juju | 2011-10-02 21:36 | National Parks | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/16379319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2011-10-04 03:36
はい。定番のアッパーのほうに行きました。すごい人で、人が入らない写真を撮るためには、写真ツアーみたいなほうに参加しなければいけないほどでした。(写真ツアーだと、人を一時遮断して写真を撮らせてくれるみたいです。)おっしゃるとおり、ロウワーのほうが変化に富んでいて面白そうです。高いところが大好きなので、階段を登るのも楽しそう(笑)
Commented by taろう at 2011-10-04 23:32 x
この世のものとも思えない、幻想的な景色ですねぇ!!
世界には、まだまだ不思議な風景がたくさんあるのだなぁ…と実感しました^^
水と風が造ったなんて、どこかロマンチックでもありますねw
岩に刻まれた細かな筋も本当に綺麗でビックリです!
私も見てみたいなぁ。。。
素敵な風景の素晴らしいお写真を見せていただき、ありがとうございました!
Commented by kiki-juju at 2011-10-05 19:10
shinaさん:
私達も最初、アッパーの駐車場へ行きましたがあまりの混雑ぶりで即退散しロウワーに行った次第です。
ロウワーでもフォトツアーは別枠でありましたよ。
しかし渓谷の幅が狭く、空間の広めの場所も皆あまり立ち止まらず進んで行くのでちょっと待てば人がいなくなりました。
探検気分が味わえたのでかなり楽しかったので次回是非訪れてみて下さい♪
Commented by kiki-juju at 2011-10-05 19:14
taろうさん:
私もここかなり感動しました。
自然の力は本当に偉大とあらためて感じました。
ヨーロッパは歴史的建造物でこれまた素晴らしく感動しますが、アメリカは地球の歴史を感じられる大自然が残っていますね。
是非、機会があったら次回の旅候補に!!
写真、お褒め頂きありがとうございました。恐縮です(^^;)
Commented by mini-pe at 2011-10-08 11:01
わたしもアッパーしか行っていません。
kikiさんのお写真みたらロウワーもいきたくなっちゃいました!
でも閉所恐怖症の私にいかれるのかな?
そうですか......写真家はロウワーが好きですか.....
心がゆれうごくわぁ~~。
Commented by kiki-juju at 2011-10-08 13:51
mini-peさん:
アッパーはとっても混んでいたので迷いも無くロウワーに行きましたがこちらもかなりの混雑具合でした。
ロウワーの方でもフォトツアー(個別で出発)が別でありましたよ。時間は普通のツアーよりも長めの1時間半で三脚の持込みがOKなど。
閉所恐怖症との事ですが細い道を行っては空間部分という繰り返しで上も常に青空が見える感じなのできっと大丈夫ですよ!!
かなり幅の狭い所や階段も急な所がありうっかり足をくじきそうになりました。
アッパーに行っていないので比べる事は難しいですがとっても素晴らしかったので是非機会があったら訪れて見て下さい。