Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

ホースシューベンド

アリゾナ州ページ(Page)の町に訪れる観光客の目的はたぶんアンテロープキャニオンが一番人気でしょう。
しかしホースシューベンド(Horseshoe Bend)と呼ばれる馬の蹄鉄のような形をしたコロラド川が蛇行して流れているところも是非とも訪れて見て下さい。
ページの町から89号線を南に行き、98号線を超えて少し行くと何もない所の右側に車がたくさん駐車しているのですぐに分かります。
b0165536_20464682.jpg

実はお昼寝後の夕方6時過ぎに出かけたのですがダメ。暑い空気、日中にしっかりと温められた地面の暑さでとても歩ける気温では無かったので早々と退散。翌朝、日の出前(5:30a.m)に再度出なおしました。

駐車場の所にはいつもの通り注意看板があります。
・柵が無いのであまり身を乗り出さないように。
・日影が無いのでお水、サングラス、帽子など忘れずに。
・崖には不安定な場所もあるので気を付ける
などなどちゃんと読んでから行きましょう。
b0165536_20592582.jpg


駐車場からは3/4mile(1.2km)程歩いて行かなければなりません。最初は砂漠の砂坂を上りますが結構足を取られます。日の出前なので少し肌寒い位でちょうどいい気温です。
(帰りがけ、日が昇ってから下の2つの写真は撮ったのですでに明るいです)
b0165536_2144272.jpg

上り切ると目指す場所は右端の穴の開いてる所。こうやって見るとそんなに遠く感じませんが実際はS字に蛇行して歩いて行くので軽く15分はかかります。さらに緩やかな下り坂になっているので帰りは結構息が切れます。
b0165536_21105663.jpg

そして崖の渕に着き、恐る恐る下を覗いてみると、
b0165536_21132983.jpg

「うわぁーーー、スゴイ!!」

確かにコロラド川が馬の蹄鉄の形をしています。川の蛇行によってこんなに綺麗に削られていくなんて本当に自然の芸術です。
b0165536_21202116.jpg

実はコレ、かなり恐怖を感じながら撮った写真。崖の周りには柵も何もなく吸い込まれそうなくらいの高さです。落ちたら300m下に真っ逆さま!

先端の岩なんていつ何か拍子にポロっていったら・・・・。怖っ!
b0165536_21232115.jpg

まわりの地面は何層にも重なった独特の岩場。
b0165536_212969.jpg

ケーキのミルフィーユみたいに何層も何層も積み重なっていて不思議。
b0165536_21324547.jpg

周辺の岩山も一つづつ個性的でよく見ると同じ物では無くいろいろな模様があります。
b0165536_22572238.jpg

だんだんと朝日が昇ってくると目の前は真っ赤に。
b0165536_21344492.jpg

崖の間にも朝日が入り込んできて綺麗です。
b0165536_21362030.jpg

夕日や朝日でお決まりの記念撮影はやっぱりこれですよね♪
170cm&185cmの大型カップルの私達が3mくらになってしまいました(笑)
b0165536_21372576.jpg

写真を撮ったり、地面や岩肌を観察していたらあっという間に6時半過ぎに。お日様もしっかり顔を出す頃には徐々に暑くなりかけてきたので早々に退散。
b0165536_2305075.jpg

夏の間は涼しい朝方がおススメです。炎天下の中を行き、帰りの往復15分はかなりキツイと思います。駐車場に着いたのが7時ちょっと前でしたがすでに30℃を超え始めてました。



ページの町では89号線からすぐのCourtyard Marriottに宿泊。
b0165536_2364919.jpg

ホースシューベンド、アンテロープキャニオン、レイクパウウェルのあるページの町には宿泊施設がたくさんあります。しかし、結構人気の町なので夏の週末は予約で一杯になります。
マリオット系はよく泊まりますがここも綺麗で快適でした。
b0165536_23113581.jpg

ロビーにはPCが設置してあるのでパソコンを持ってきていない観光客の方もここでいろいろ情報検索できます。
b0165536_23132436.jpg

部屋には冷蔵庫付、ロビー隣りの売店には電子レンジ有、ゲスト用のコインランドリーも有。

そしてこの町にはSafewayがあります! 普段は特別重宝しませんがグランドサークル周辺にはあまり大きなスーパーが無いのでここは便利。
b0165536_23145278.jpg

昼食用(移動中のお弁当)サンドイッチを作る為に6個入のクロワッサンを買いましたがなかなかバターたっぷりで美味しいクロワッサンでした。ヨーグルト、サラダ用野菜、オレンジジュースなどなど物資の補給もここで完了!
RV旅行者がレイクパウウェルに多いので昼間は地元の人よりも観光客の買い出しで大賑わいのスーパーでした。

えーと、ページでの夜ご飯は、、、、、、ピザハットにしました。(笑)
数件の小さなレストランは見かけたのですがあまり流行っていなかったので。
唯一、溢れんばかりのお客さんがいたのがピザハット!でもお客さんの90%はヨーロッパ人の観光客でした。ピザハットなんて一体何年ぶりに食べたのだろうか。そこそこ美味しかったですよ♪
[PR]
by kiki-juju | 2011-09-24 23:27 | National Parks | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/16337401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mini-pe at 2011-09-24 23:51
ホースシューベントいかれたんですねぇ~。
私も去年いきました!
すっごく感動しますよね。
あの砂の道は1.2kmありましたか。
結構つかれましたからぁ~~~。
Commented by taろう at 2011-09-25 16:03 x
注意看板もスリリング;なホースシューベント、本当に綺麗な馬蹄形で、ビックリ!でした。
水面に映る空が川の水の深い色と混ざり合っていて、神秘的な色合いですね。
岩の模様からもその力を感じる大自然の造形美には、そのまま吸い込まれてしまいそう…高所恐怖症の気がある私にとっては、固まってしまいそうな高さです(^^;
朝日に染まった岩も、物凄い赤色…実に印象的です!!
Commented by kiki-juju at 2011-09-25 19:42
mini-peさん:
結構駐車場からの距離ありますよね~。
私も看板を見て「うっ、1.2kmかぁ~・・・・。」と一瞬たじろぎました。でも行ってみて良かったです。
広角レンズで写真を撮ったらもっとワイドな感じに撮れるのでしょうね。
今回の旅行で三脚と広角レンズは大自然を撮るのに必要かと思いました。素人なのに(笑)
Commented by kiki-juju at 2011-09-25 19:47
taろうさん:
案内看板の人がアジア人と言うところが・・・・。過去に何かあったのかとちょっと勘ぐってしまいました。
私も高所恐怖症です!観覧者とかも絶対に乗れませんし、飛行機も絶対に通路側を選択。
でも頑張って覗いてみたら血の気が引く程の高さがあり恐怖におののきながらカメラを前に付き出して撮りました(^^;)
三脚で撮影している人たちは崖ギリギリで見ている私の方がドキドキしてしまいました。
Commented by タヌ子 at 2011-09-28 05:09 x
崖の上からの風景、圧巻ですね。
実際に見たらすごく感動物ですよね。
やっぱりアメリカはスケールが違う!
ピザハット、もう10年以上食べてません。
フランスにもありますが、ピザフットと呼んでいる人が多いようです(笑)
Commented by kiki-juju at 2011-09-29 00:13
タヌ子さん:
ここは本当に覗きこんで見た瞬間「スゴイ!」と口から思わず言葉が出たほどでした。
しかし見れば見るほど吸い込まれそうな絶壁の為、足はかなりガクブル状態で腰が引けた状態でした。

ピザハット、本当に私も何年振りかの久々でした。
典型的なアメリカ量産ピザ味で食べる前から味が予想できるというハズレも当たりもないものですね。
この予想できる味にヨーロッパの人々で群がっていたのでしょうか?他のお店は何となく怪しく、寂れていた感じがしたので。ホテルにも翌朝ピザハットのデリバリー空箱が山積みであっちこっちにあったのでここのピザハットは大繁盛店ですね。