Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

懐かしい京都菓子

秋の3連休です!いつもの通り、京都市内は混んでます・・・・。

久しぶりに映画トラブル・イン・ハリウッド(邦題)(What just happened)を見に行こうと思ったらその映画、関西では上映されていない。
(こんな事もあると初めて知った!予告編、B級チックで面白そうなのに何で???さらに日本に来るの遅ぉー)

とある美術館に行こうと思ったら、9/30まで全館改装の為休館・・・、ツイテナイ。
仕方ない、家でも帰ってチクチク手芸(今は東欧刺繍ハマリ中)でもするかと思い、茶菓子を調達しに。

京都でお茶のお店と言えば寺町二条にある「一保堂茶舗」
b0165536_1746872.jpg

もちろん店内に喫茶室も併設されているのでゆっくりといろいろなお茶を楽しむ事ができます。
が、日曜日に訪れたところですんなり入れるハズはありません。皆さん、待つのがお好きなようです。ちなみに私達は絶対待つのが無理派です。

一保堂のお茶は結構お値段がお高いです。観光客の皆様は高級茶をどんどん買っていますが私達が普段飲むお茶はもちろんゼロが1つ違う庶民の「京・いり番茶」。
b0165536_17572269.jpg

一保堂のいり番茶はちょっと独特な燻したスモーキーな香りで好き嫌いが分かれるらしいです。
茶葉もどこかその辺の枯葉を集めて燻しただろうと思われる感じ。 (失礼ですが・・・)
b0165536_1814590.jpg

しかし、普通のお茶に比べてカフェインやタンニンの量も少なく、子供やお年寄りにも良いと言われているそうです。
そしてこの独特の香りはとても飛びやすいので開封したら早めに飲んでしまう方が良いそうです。言いかえれば普段使いでどんどん飲んでしまいましょう!的な庶民のお茶です♪♪


そして、お次は京都のお菓子。何だかこの間から突然無性に食べたくなったのが御池通りにある亀屋良永の「御池煎餅」
b0165536_1885756.jpg

まさしくこれこそ京都の味!と言うくらいに薄味煎餅。特別「すっごく美味しい~♪」という訳でもないのですがこのパフパフ感が懐かしくて妙に食べたくなる時があります。

以前、アメリカに住んでいた時にJuju父が「京都食の便」なる京都の食べ物ばかりをどっさりと定期的に送ってきてくれていました。その中にこの御池煎餅と一保堂のお茶(高級煎茶!)は必ず入っていました。
初めてこの御池煎餅を食べた時には「何これ?味が薄いよ。」と大して美味しいとは思わなかったのですが、何度も食べているうちにこの素っ気無い味の御池煎餅が不思議と美味しいと感じるようになりました。

京都の物って感動的に「うわぁ~~、美味しい!!」って思うものはあまり無いのですが(あくまでも個人的に)、食べ慣れて「これじゃないとダメだよね~。」と言うものが住めば住むほど増えていくような気がします。
実際、漬物、佃煮、豆腐は他府県で食べると、「やっぱり京都の方が美味しいかも・・・。」と思ってしまいます。

京番茶と京菓子、家でほっこりとする休日です。
b0165536_18243680.jpg

[PR]
by kiki-juju | 2010-09-19 18:25 | Kyoto | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/14038937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mini-pe at 2010-09-20 22:10
おせんべいとお茶、和ですねぇ~。
こういう薄味が分かるのも日本人の舌が敏感な
おかげですね(^^)
畳の上でわたしもほっこりしたいですぅ~~。
Commented by kiki-juju at 2010-09-21 19:39
mini-peさん:
確かに欧米人と比べると日本人の味覚は格段に優れていると思います。でも最近の子供は加工品の摂取が昔と比べると多くなっているので味覚が鈍ってきているという記事も目にしました。
私は洋菓子よりも和菓子派なので京都に住めてちょっと嬉しいです♪