Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

マンガにはまる!

先日、ユキんころ☆さんから頂いたコメントをきっかけに前々から読みたいと思っていた漫画をついに購入!1つはちょっと前にブームだった「神の雫」。
b0165536_14305342.jpg

もう1つは「ソムリエール」。
b0165536_14315160.jpg

夜な夜な古本市場に出かけてみると、以前は飛び飛びで揃わなかったこの2つの漫画が結構1巻から10巻位までちゃんと揃っているではありませんか!!漫画ってどうしてもある程度は一気読みしたいのでちょっとだけ大人買いしました♪♪

正直、面白いです!!私はそんなにワインは詳しくありませんし、最高級ワインなんて飲む機会もお金もありません。何よりワイン愛好家やワインを語る人にはズバ抜けた記憶力が必要な気がしますね。この地域は何年のビンテージが良いor悪い、フルネームでワインの名前を覚える、醸造所や畑の特性などなど私の脳ミソでは無理です・・・・。

ワインのウンチクや世間の評価は関係なく、自分が飲んで「美味しい~!」と感じるワインでいいような気がします。味覚は人それぞれですしね。どんなに無名でも安ワインだろうと美味しいものは美味しいのだから。

私たちは海外に出かけると必ずワイナリーに立ち寄ります。事前に調べていく所もあれば行き当たりバッタリの時もあります。大抵、行き当たりバッタリのワイナリーは高評価になる事が多いのだが、次に行く時にはどこだったか不明などで行かれない事も。

いつかもう一度行きたいと思うワイナリーは、ハンガリーのバラトン湖北側の白ワインの産地。
4年前にドイツ人の友人達と夏休みに行き当たりバッタリで行ったワイナリー。白ワインでちょっと堅い感じがするが濃厚なバラの香りが素晴らしかった!確か名前は「Rosenstein」。バラの石?石のバラ?種類も多く、地元の人達は空ペットボトルを持ってきてお気に入りを樽から汲むのです!!値段は・・・・・・多分¥300位/ペットボトル(1.5リットル)でしょうか?私たちは日本に持って帰るからビンでないと・・・と言ったら値段が高くなって申し訳無いとオーナーさん。それでも¥500位/本(750ml)でした。
b0165536_159596.jpg

「ここに来た日本人は君が2人目だよ!」と言われたJuju。1人目はこの地域でドキュメンタリー撮影をしている撮影隊にいた人らしい。もちろん地元人にとってJujuは珍しい東洋人でジロジロ見。 (田舎の東欧はかなりスゴイ) 何故かいつもこのジロ見に快感を覚えるというJuju。みんなのジロ見の中、オーナー秘蔵のワインを飲まされたJujuが「Wunderbar!!(素晴らしい!)」とドイツ語で叫んだ瞬間、地元人が大笑い。一瞬にして謎の東洋人に地元人が心を開いた瞬間でした。こういうのって大好き!この後は言うまでもなくテイスティングルームは地元酒場に変化したのでした。

漫画の話題が何故か楽しい思い出話になっちゃった。毎年夏になるとバラトン湖に家があるので「今年も来る??」って誘ってくれる友人、行きたいけど・・・・遠い。でも絶対また行くつもり。
b0165536_13424487.jpg

酔っ払った帰りがけにあったコレ。この2人、やると思ったらやっぱりだ!
[PR]
by kiki-juju | 2010-02-06 15:32 | Book | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/12794955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-02-07 02:36
うちも夫の希望で、「ソムリエ」「ソムリエール」共に日本で大人買いして帰ってきました。ちゃんとコラムまで読むととても勉強になるんですよね。(大変だけど。)登場した中で面白そうなワインをワインショップで探して買ってみたりしてます。先日、アルザスの白ワインで作るホットワイン、試してみたり(笑)

記憶力は大切ですね。頭も、舌も。私もすぐに忘れてしまうので、飲んだワインブログをつけています。そうでもしないと絶対無理~。
Commented by kiki-juju at 2010-02-08 15:06
Shinaさん:
そう!そうですよね。小さなコラムや巻末の数ページの解説、「へぇ~」がたくさんあって読み応えバツグンですよね。お店でワインを買う際ハズレを選んでしまってがっかりする事が多いのですがこれからは外さなくなるかも(?)^^)

確かにブログの登場で便利になりましたよね。Shinaさんのワインの記事、充実していていつも見て楽しく勉強させて頂いています~♪♪

Commented by FondueM at 2010-02-09 06:53 x
神の雫、読んでみたいと思いつつ、夫の日本出張時or自分の帰国時には、他の本を優先させてしまうので、未読です。誰か知り合いが持って無いかなぁ~、と他力本願な事を考えてしまって。先週、夫とワイン講座に参加しました。これを言ったら元も子も無いかですが、kiki-jujuさんがおっしゃられている通りで、要するにあくまで自分の好みでワインは楽しむものだわ、と再認識。反面、蘊蓄を語るとかではなく、基礎の知識があるだけでも、その楽しみの幅が広がるなぁ~と、とても面白かったです。
Commented by kiki-juju at 2010-02-09 20:52
FondueMsann:
ドイツのワイン講座では美味しいワインもきっと飲めるのでしょうね♪♪ 羨ましいです。そうですよね、少しでも基礎知識があれば幅が広がりますよね。「神の雫」、とってもおススメですよ。私はこれらの漫画でちょっと知識が増えました(笑)

ドイツにはたくさんの美味しいワイナリーがありますよね~。私達のお気に入りはWürzburgの近郊の村、Sommerach。ここの地域のフランケンワインはどれもとっても美味しいです。いつもスーツケース残重量を計算してギリギリまで買い込みます^^)
Commented by yukinkoro_jp at 2010-02-09 23:22
ワインから始まる人との交流、素敵ですね。Jujuさん、心がキレイな人なんだろうなぁ。

そしてっ!早速読まれたのですね♪
私も、「神の雫」大人買いしたい・・・。まだ読んでないんです~。

私、ワインのうんちくは、途中から、右から左へ~、そしてほとんど記憶に残らずってなっちゃうんですが、マンガになると、大事なところは、ちゃんと心に残って。
「みんなで分かち合うから美味しいんだ!」

ということで、人が集まる時には、自分の好きなワインをあけたいなーと思うようになりました♪保存してても、もったいないな、みんなでワインで素敵な思い出作ったほうが良いじゃない!と。あはは。
Commented by kiki-juju at 2010-02-10 19:34
yukinkoroさん:
はい、スイッチ入ってしまって即買いに走りました^^)
漫画をまったく読まないJujuまでもハマッていますよ~。さらに「ソムリエ」まで先日大人買いしてきてちょっとビックリ!!そんな訳で今、我が家はワイン漫画で散らかり放題です(笑)

心がキレイとお褒め頂き誠に恐縮です・・・ありがとうございます。
(Jujuより)