Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

Moet et Chandon@エペルネー

ランス(Reims)から車で20分位に位置するエペルネー(Epernay)。
ここに来た目的はもちろんモエ・エ・シャンドンのセラーツアー!
b0165536_17262356.jpg

さすがにLVMHグループ、高級チックです。
b0165536_1727292.jpg

もちろん有名なドン・ペリニヨンもいました!
b0165536_1728342.jpg

ツアーは事前に予約を入れておきました。大きなシャンパンメゾンはどこも要予約。
ツアーの入口もなんかいい感じ♪♪
b0165536_17294285.jpg

ツアーは最初に5分位のビデオを見てから地下のシャンパンセラーへと入って行きます。
b0165536_17321127.jpg

b0165536_17331060.jpg

ツアーガイドさんがシャンパンの工程をひとつづつ丁寧に説明してくれます。
b0165536_1734070.jpg

モエは1500エーカーものブドウ畑を所有するフランスで最大のシャンパンメーカーです。
毎年世界中に200万ケースものシャンパンを出荷するそうです。そしてここのシャンパンセラーの総全長はなんと28km!! 迷子になったら大変です・・・・。
b0165536_17372061.jpg

その昔、モエの顧客には英雄ナポレオンも。これはナポレオン用のシャンパン樽。
b0165536_17383347.jpg

b0165536_17384960.jpg

シャンパンの製造法も詳しく説明してくれます。何故高価になるのかも納得の説明でした。
b0165536_1742223.jpg

熟成を待つ間はこんな感じで斜めに傾けられています。昔は手作業でクルクル回していたそうですが今ではもちろん機械化されています。
b0165536_17441619.jpg

沈殿物が溜まるまでは普通のアルミ栓ですが
b0165536_17481817.jpg

沈殿物を取り除き、最終熟成段階になるとちゃんとしたコルクをして出荷まで寝かせます。
b0165536_17503762.jpg

そして出荷されるシャンパンは運ばれて行くのです。
b0165536_17523217.jpg

b0165536_17531820.jpg

セラーの中ではちょっと小汚いドンペリも出荷される時にはピカピカになります。
通常のシャンパンは味が毎年均一になるようにさまざまな年代の葡萄をブレンドして作られる。 しかしドン・ペリニヨンは同じ年に収穫した葡萄しか使われないので当たり年以外は作られないビンテージ物となります。なので今現在一番新しいビンテージのドンペリは2000年物だそうです。
b0165536_17554942.jpg

そして最後はお待ちかねのテイスティングタイム!!お兄さんが上品に注いでくれます。
残念ながらドンペリは飲めませんが。
b0165536_17574750.jpg
b0165536_17582627.jpg

お味は???正直言って普通・・・・でした。安物イタリアのプロセッコの方が私的には美味しいような。安物に慣れているもので^^) 文句を言いながらもRose Imperialをついつい買ってしまいましたが。
b0165536_1815650.jpg

ショップも充実しています。
b0165536_183922.jpg

ドンペリロゼや
b0165536_1834399.jpg

なんだか高そうなシルバーのドンペリ (←詳しくありません)などなどいろいろ。お金持ちそうなロシア人が数ケースまとめ買いしてました。気になる金額は???
b0165536_1845080.jpg

14ユーロのセラーツアー。なかなか楽しいので1度は参加してみるのもいいでしょう。
但し、セラーの中は凄く寒いので上着必要です。
シャンパーニュの大きなメゾンでツアーを行っている所はこのサイトでチェックしてみて。
[PR]
by kiki-juju | 2009-09-23 18:12 | Winery | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kikinotes.exblog.jp/tb/11990718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]