Pleasure Notes

kikinotes.exblog.jp
ブログトップ

雪の金閣寺

何年ぶり?こんなに大雪の京都。
家の前で軽く20cmは積っていました。

毎回雪が降ると思うのは【金閣寺の雪化粧】。
日曜日なのに早起きしたので(いつもはグズグズ)こんなチャンスはあまり無いと行ってみました。

道路は一面の雪で幻想的。
b0165536_19463560.jpg

所々道路は雪深い所も多かったですが、この様な状況でもトヨタ大型四駆ならスタッドレスでガシガシ進めます!

毎年雪の時期に行く岐阜・奥飛騨の道路を走っている感じ。
b0165536_19422033.jpg



金閣寺に到着。 
朝9時半と早い時間&雪が結構降っているにも関わらず凄い人・・・。
拝観チケット買うまでに20分ほど並びました。
b0165536_19495071.jpg

みな考えている事は同じなのですね、雪の金閣寺。
でもほとんどが華人。 華麗にスルッと横入りしてきます・・・・・。 ちゃんと並べ!!


はい、念願の金閣。 綺麗♪ 寒いけど。
b0165536_19525390.jpg


アップもね。 雪の降り方が尋常で無かった。
b0165536_1954684.jpg


でもこの写真を撮るのはかなり大変。 物凄い人、人、人。
華人の方々の様に遠慮なく前に行けなければ写真が撮れない状況です。
b0165536_19563484.jpg


綺麗な金閣さんも見れたし、寒いし、人多いしさっさと帰りましょと思っても順路は永遠牛歩状態。
元日の伏見稲荷くらいの混雑でした。(大昔に行った記憶)
出口への順路からも雪景色が綺麗ですが。
b0165536_19594729.jpg


そろそろ出口、でも行列です。
b0165536_201129.jpg


京都に長年住んでいてもここまでの雪は過去に1回あったか無かったか?
やはり雪の金閣寺は別格の美しさでした。
あの混雑、もう2度と行く事は無いと思います(笑) でもお勧めです♪
[PR]
# by kiki-juju | 2017-01-15 20:07 | Kyoto | Trackback | Comments(4)

2017年新春 サンフランシスコで過ごす

明けましておめでとうございます
今年も更新頻度はきっと低めですが細々続けていきますのでよろしくお願いします。


大晦日は久々に紅白を全部見るという快挙。
なぜならをおせち頂いてしまったので作る必要がなかった!
京都・平八茶屋のおせちはなかなか美味しかった。 義母と来年は(も)作るのやめて買いましょうと。
既成のおせちを初めて食べたけどなかなか美味しいし、なんと言っても楽チン。
b0165536_611408.jpg



明けて新年。お正月早々今年はサンフランシスコの友人達の所へ遊びに行きました。
しかし天気は毎日雨、雨、雨。 晴れたのは1週間のうち1日のみ。 しかも帰国日は20年に一度の嵐(Storm)直撃で飛行機飛ぶのか??と心配な程でしたが無事飛んだので帰国。


今さら観光する訳ではないので天気はまぁどーでも良かったのですが、でもやっぱり晴れて欲しいよね。
で、何をしたかと言えば特別何も無し1週間(笑)。 観光ゼロ、喋って、お茶して、食べて、スーパーでお土産食材買い物して。 
ゆっくりと言えばそうだけど、なんだか慌しくあっという間のお休みでした。


サンフランシスコ空港に着いた日は南下してサンタクルーズへ。
HWY1号線沿いにある苺ちゃん看板、Swanton Berry Farmは絶対に寄る所。
b0165536_6232123.jpg


ここの苺ジャムを買わずして日本には帰れない。 特にシトラス(柑橘)イチゴジャムは絶品!
特にジャム好きではないけれど、ここのは潰したイチゴそのまま。
b0165536_6241991.jpg



サンタクルーズに着いたら、、、、大雨・・・・・。
もう仕方ないね。 食を満喫しましょう!
アメリカ→お肉→BBQね。 Aptos St BBQでお肉をがっつり。
b0165536_6293596.jpg

やっぱりここは美味しい。お肉がホロホロ。
b0165536_630183.jpg


翌日も雨。それも土砂降り・・・。
今日はシーフード。 HWY1号線モントレー(Monterey)手前、モスランディング(Moss Landing)にあるPhill's Fish Marketはサンフランシスコ界隈のご当地グルメチョッピーノが有名なお店。
b0165536_6383514.jpg

トマトベースのスープにお魚、貝類、海老、蟹などがたっぷりと入ったシチュー。
具沢山(入れすぎ感あり)で美味しい。雨なので待たずに座れたが、常に激混み店なのが分かります。
b0165536_6381899.jpg


サンタクルーズからサンフランシスコへ移動。 やっぱり天気悪っ。
b0165536_6454257.jpg


サンフランシスコ界隈は空前の日本食ブームなんじゃないかと思うくらい和食オンパレード。
しかも価格が非常に高い! 友人が連れて行ってくれた居酒屋。味は美味い!しかし価格が・・・・
皆で鬼のように注文したのでお支払いした友人、きっと軽く片手$越えてたと思う。ご馳走様でした。

いや、全体的に何もかもがすべてにおいて物価高、強烈なインフレ状態。
一昨年にサンディエゴ兄家訪問時もアメリカ物価高~い、と思ったがそれよりも高騰している気がする。

体に良い物、オーガニック食品大好き都市部の人々。 こんな記事を見つけました。
ベイエリアの流行りは牧草だけで育てた牛肉(grassfed beef)。 
ハンバーガー店も安心安全お肉で作る時代になっている。 


で、なぜかラーメンも人気。あっちこっちにラーメン屋さん。 
宿泊しているホテルの目の前にあったラーメン屋さんに行こうと。
b0165536_7105126.jpg

鶏白湯ラーメン。英語名はWhite bird(ホワイトバード)そのまま(笑)
b0165536_7123124.jpg

スープは美味しいのだが麺が・・・・固すぎた。 良い線行っているのだがもうあと1歩。


念願の晴れ日。バークレーマリーナから見る対岸のマリンカウンティ。
b0165536_718282.jpg

晴れたらショッピングへ。 バークレーの4thストリートと界隈をふらつき、
b0165536_7191630.jpg

ノースフェース(The North Face)のアウトレットで次回のカミーノ用ウェアーを物色。
ホリデーシーズンは激安! ここはユニクロかと思うほどのプライスです。
b0165536_7224169.jpg


友人宅では巨大なプライムリブディナー。8kgくらいはあると思うお肉。
b0165536_2292027.jpg

レアー好きとウェルダン好きの両方に対応する焼き具合。
b0165536_22101917.jpg

付け合せのクリーミーベイクドポテトも美味しい♪
b0165536_2211351.jpg


サンフランシスコに来ているのにダウンタウンに行ったのはフェリービルディングに食材買いに行ったのみ。
b0165536_22131444.jpg

相変わらず私が必ず覗くのはキノコ専門店。
b0165536_22135697.jpg

お肉屋さんが作るビーフジャーキー。添加物など極力入っていない。
b0165536_22151859.jpg

キャビア専門店もあり
b0165536_22155499.jpg

ここは見ているだけでとても楽しい。 さらにこだわりのショップばかりなのでお値段もかなりお高めです。
ついつい散財してしまうからお金に羽が生えているように飛んで行きます・・・。
b0165536_22171491.jpg


一応サンフランシスコの観光名所、コイトタワー。フェリービルディングから見える。観光は以上。
b0165536_22185182.jpg


帰国前日夜から台風並の嵐が接近し、空港へ向かう朝方が一番酷くなるとの天気予報的中で大雨強風の中ベイブリッジを渡り空港へ。
b0165536_22251529.jpg

嵐の中、欠航や遅れなどもありましたが我が関空行きUAは定刻通りの出発。
b0165536_22263293.jpg

無事日本へ戻りお正月休み終了。


景気良いね~アメリカ。皆お金バンバン使っている。 
元々サンフランシスコ/ベイエリアは高所得層が多いけど、物価インフレ率がありえないほど。
ノルウェーかと思ったよ。
景気の波に乗っている人はそれこそ所得UPだけどやはり乗れない層もいる訳で。
以前に比べるとホームレスの数も倍増している気がした。
勝ち組、負け組みがはっきりとしている超絶格差社会のアメリカ。 
【アメリカに何で住まないの?】って言われるけど、住めません(キッパリ!)。
あの競争社会を勝ち抜く能力もパワーも無いし、ゆるく平和な日本でのんびり暮らす方が楽です。
[PR]
# by kiki-juju | 2017-01-11 22:41 | San Francisco | Trackback | Comments(6)

Season's Greetings

この時期、年賀状前の一仕事。
海外の友人達への季節のご挨拶メール作業終了。(疲れた)
今年はカード送付はやめ、メールで済ましてしまった。カードを選びに行く時間が無かったし。

ついでにここでもHappy Holidays!
b0165536_21512829.jpg


あの人キリスト教徒だったかしら? いや違ったかも?
そう、Merry Christmas! の表現はキリスト教徒以外に使うのはちょっと難アリ。
だからさらに面倒が増える。

日本みたいにクリスマスもするし初詣も行く、和洋折衷何でも気にせずアリでもいいんじゃないって思ってみたり^^

あとは魔の年賀状製作だ。
[PR]
# by kiki-juju | 2016-12-23 22:04 | どーでもいい事 | Trackback | Comments(2)

北欧ラップランド・キャンピングカー⑮ マリメッコでお買い物

北欧記事、やっとこさ今回で最後。

最終日は車も返却し、ゆっくりとサンタクロースホリデーヴィレッジにて10日間の車旅の疲れ(?)を癒す。
お部屋にサウナがあるのは最高です。

さてサウナでのんびり、その他特にする事も無いのでビレッジ内を散策。
b0165536_208165.jpg


ここのビレッジでの主な過ごし方はサンタクロースに会う!というのがメインかもしれません。
サンタさん部屋にちゃんといます。入場料は無料だがサンタさんと一緒に写真を撮るのにはお金が必要。
特にサンタさんと一緒に写真を撮る事に興味を感じない為外に飾ってあるサンタさんの写真で終了。
b0165536_2021528.jpg


ここのビレッジ内に北極圏ライン(66°32’35’)が通過しています。
b0165536_204413.jpg

b0165536_2042229.jpg


私はサンタさんよりお買い物。ここにはマリメッコのアウトレットショップがあります。
b0165536_206024.jpg

食器のイッタラも。
b0165536_2063078.jpg


さてマリメッコ、アウトレットと言ってますが全然お安くないです。数枚買って軽く片手越えユーロ!
小さな小物入れなど安い物もありますが、私の欲しい物はマリメッコ独特派手め柄の洋服。
可愛いけれどもお値段はまったく可愛く無く、ほとんどが100ユーロ以上です。
でもいいな♪と思うお洋服がたくさん! さらに人が全然いないのでほぼ貸切状態、のんびり選べます。

お洋服選びは時間がかかるのでメリメッコ内にあるカフェでJujuには待機してもらいます。
店内併設カフェは良いと思う。 お買い物を待っていてもらうのって気が引けるし。
私も注文だけ通しておいて、またお洋服選びに戻る。 

Juju、気分は揚げ物との事でオニオンリングにフライドポテト。 選べるディップは胡椒マヨ。
これビールのお供でなかなか宜しい。
b0165536_20205558.jpg

ハンバーガーもトナカイ肉バーガーなどいろいろあるが、無難にサンタスペシャルバーガー(普通の牛肉)。
b0165536_20241194.jpg

結構な巨大バーガーでお腹一杯。 味もチーズたっぷりで美味しかったです!

お腹も満たされ、お洋服も買って大満足。運動の為にビレッジ内散策。
冬はソリ遊びもできる。と言うよりここは冬がオンシーズンの場所。
b0165536_20281910.jpg

でもその横、あれもこれもどれも禁止の看板。 子供なら全部やってしまいそうなのは分かるけど・・・。
b0165536_20292764.jpg


ビレッジ外部へのトレッキングコースもあります。
b0165536_2030442.jpg

しっかり道ができていて良さそうな散歩道ですが、
b0165536_20305352.jpg

もの凄~い蚊の大群に襲われます! 見たことも無いような蚊の数。早々に退散。
ビレッジ内には全くいないのに、ちょっと林に入ると突然です。 何だ!?

ギフトショップ(お土産)アーケードにも行ってみますがシーズンオフ、お客もいなければ店員もいない店も多々。一応営業中ですが。
b0165536_20334943.jpg


仕方がないのでお向かいのガソリンスタンドでビールとフィンランド版グレープフルーツ酎ハイを買って部屋外で井戸端会議。
b0165536_20361983.jpg


ここの施設、なかなかこの時期はお値段もお安く静かでとても良いです。
冬のシーズンに向け宿泊小屋増設工事中。 
b0165536_20385225.jpg

今はこの規模だが倍ぐらいに増えるのではないか?
b0165536_20393646.jpg


翌日、ホテルでの朝食。 ミニクロワッサンにさらにバターたっぷり塗っちゃいます。 バターが美味い!
水耕栽培が盛んの様でレタスはいつでもパリパリ、シャリシャリでした。
b0165536_20421784.jpg


昼間で部屋でゴロゴロ、ホテルの方にロヴァニエミの空港へ送ってもらう。
b0165536_204327100.jpg

小さな空港でカウンターはこれだけ。
b0165536_20435155.jpg

空港内ショップもほとんどありません。 お土産屋さんの名前がモスキート(蚊)。
やはり雪のない季節は猛烈な蚊に皆悩まされているのだろうか?
b0165536_2045897.jpg

搭乗口そばに軽食CAFE。 おっ!クリーム系スープ。と思ったらこの日はこれまたトナカイのスープでした、撃沈・・・。 獣系はちょっと苦手です。
b0165536_2046368.jpg


小さなフィンエアー機はほぼ満席。観光客というより地元民が多い。
b0165536_20474994.jpg


ヘルシンキ空港で乗換えて関空へ。
空港カフェでサーモンサラダ。これで19ユーロだけれどもノルウェーで感覚がおかしくなったのか普通に躊躇無く注文。 サーモン、多量に入っているのでサラダなのにお腹一杯になります。 さらにドレッシングがとても美味しい。 
b0165536_20492480.jpg
 
秋のカミーノ帰りもヘルシンキ乗換えだったので迷わずこのカフェに直行してまたもやこのサラダを食べました。
ヘルシンキ空港ではこのサーモン盛りだくさんサラダ、私のマストアイテムです!

Jujuはサラミサンド、これで10ユーロ。 行きは【高~い!】となるが帰りは【別にいいよ。】とお金の感覚がおかしくなる北欧です。
b0165536_20543521.jpg


長々と時間の掛かった北欧記、これにて終了。
フィンランド、スウェーデン、ノルウェーの3カ国。一番良かったのは断然ぶっちぎりでノルウェー!
フィンランド、スウェーデンが良くない訳ではありません。が、ノルウェーの大自然は想像を越えました。
もっと長~~くお休みがあればゆっくりとまわることができるのに。
(ヨーロッパの人の様に休暇1ヶ月とか羨ましすぎる)

再訪はアリです。 のんびりと自然に囲まれ、人間に会いたくないと思ったら北極圏です!
白夜の季節が時間を有効に使えてとても良いです。雪の季節にオーロラも見てみたいが移動手段が問題。

次は秋のカミーノ記事だがこちらもどれだけ時間がかかるか未知数。
書いている途中に次のカミーノ始まったりして(笑)
[PR]
# by kiki-juju | 2016-12-19 21:03 | 北欧・キャンピングカー旅 | Trackback | Comments(0)

北欧ラップランド・キャンピングカー⑭ ロヴァニエミのキャンプサイト

またまた長らく放置状態でした・・・・。
仕事も年末にかけてと忙しい時期もあるが、一番の原因は大掃除中に古~いドラクエ7を見つけてしまったから!
夕食後~就寝までストレス発散、ゲーム三昧(笑) なかなか終わらずまだまだかかりそうです。
更新がまた途絶えたら新たに次なるアンティークゲームソフトを始めたという事です^^


北欧旅行記、もうすぐ終わりなのにこの調子じゃねぇ~。

北極動物園の翌日、ロヴァニエミのキャンプサイトに移動。
翌日にキャンピングカーを返却するので片付け、掃除が必要。

ロヴァニエミの町にあるキャンプサイト、Ounaskoski Camping Rovaniemi
b0165536_20271873.jpg

ロヴァニエミ中心部の対岸にあります。 町までは歩いて行けるのでとても便利。
川に面しているのでお天気が良いととても心地よいサイト。
b0165536_20292951.jpg

この日はイギリスからのキャンピングツアーの団体さんがたくさんいましたが、
b0165536_20301435.jpg

個人のキャンパーには団体さんと離れた静かな場所にしてくれましたので良かった。

そうそう、キャンパーを停泊する時に便利なキーホルダータイプの水平器。
キャンプサイトはすべてが平地というわけではないのでこれで毎回水平度合いを確認します。
b0165536_20331771.jpg

車には水平になるようにタイヤに噛ませるレベライザーが常備してあるので、タイヤを乗せて調節します。
b0165536_20344984.jpg

このキャンプサイトはテント泊の人にも優しい設備が揃っています。
天気が悪い事が多いのか屋根付きテーブル、
b0165536_20361861.jpg

個々のキッチンがズラリと並び、
b0165536_20365011.jpg

一つ一つのキッチンに流しとコンロ付きレンジ。
b0165536_20373833.jpg

テント泊の人がキャンカーに比べて少ないのにこの充実度。素晴らしいです。

ある程度車内の掃除、荷物の片付けが終わった後はロヴァニエミの町へ散策に出かけました。

キャンプサイトからは歩いて1.5kmほど。 緑が多く、お天気も良くお散歩日和でした。
b0165536_20402784.jpg

子供の通学路なのでしょうか? スケボーや自転車で通学している子供達をよく見かけました。
b0165536_20412215.jpg

中心部と対岸を結ぶ大きな橋。
b0165536_20421024.jpg

川沿いに泊まっているキャンプサイトがあります。
b0165536_20425912.jpg


さてロヴァニエミの町、小さいです。見所も特にう~んありません・・・・。
ここが中心のメイン通りらしいのですが、なんとも人がいなくシーンとしています。
b0165536_20443260.jpg

お店のショーウィンドーにはお決まりのムーミンです。
b0165536_20451840.jpg

世界最北のマックに、
b0165536_20454751.jpg

稚内という名の日本食レストラン。
b0165536_20462657.jpg


お洒落系なカフェ、CAFE21があったのお茶してみました。
b0165536_20481832.jpg

店内は外の殺風景からするとかなりお洒落。
b0165536_20502232.jpg

ホワイトチョコチーズケーキも甘さ控えめで美味しい。
お皿もコップもイッタラ。この粒々シリーズ、私も好きで使っています。
b0165536_2051474.jpg

軽い食事系メニューもいろいろありました。

他に町の中で見るところは・・・・小さなショッピングセンターくらいでしょうか?
ショッピングセンター内に入っているスーパーを見てキャンプサイトに帰還。

サイトに帰ると一生懸命キャンパーを掃除しているおじさん。
はい、もちろんドイツ人です! ドイツのキャンパーさんって中も外もピカピカにしておかないと気が済まない人が多い気がします。
b0165536_20562146.jpg

サンドイッチ食べたり、ケーキ食べたりといろいろ変な時間につまみ食いしているので夜ご飯は軽めで。
Jujuが残った食材でナポリタンを作ってくれました。
旅行中は積極的にお料理してくれるから助かります♪ 
b0165536_20583450.jpg



翌日は車の返却。
サンタクロースホリデービレッジの向かいのシェルガソリンスタンドでプロパンガスの交換をします。
b0165536_2131370.jpg

ガスボトルは2個備わっていますが、私たちは10日でちょうど1本使い切りの良いタイミングでした。
b0165536_2143884.jpg

空の1本を外し、ガソリンスタンドの店員さんに交換をお願いします。1本41€。
b0165536_2153795.jpg

新しいガスボトルの上には新品のシールで封がしてあります。 
キャンピングカーを返却するときはこのシーリングされている事が重要です。(新品という証明)
b0165536_2171085.jpg

10日間お世話になった車をTouring Carsのレンタル店へ返却。
b0165536_2184690.jpg

店員さんが車の返却時の状態をチェックして、何も無ければレンタル時に引き落とされたデポジット金がクレジットカードにその場で返却されます。

この日は初日に宿泊したサンタクロースホリデービレッジに再度宿泊するので車で送ってもらいました。
b0165536_2113408.jpg

[PR]
# by kiki-juju | 2016-12-11 21:14 | 北欧・キャンピングカー旅 | Trackback | Comments(4)

北欧ラップランド・キャンピングカー⑬ 世界最北にある動物園

アメリカ大統領選終わりました。
何だかんだと釘付けでCNNを見てました。

結果はトランプ・・・おめでとう。 さよならアメリカ。
そんな感じです・・・・・。 
投票をサボった私に意見を言う権利はありませんが。

別にヒラリー支持では無いけれど女性初大統領になる為、若かりし時からの並々ならぬの計画、熱意、努力、報われて欲しかった気がします。 

最後のスピーチはとても良かったし、ちょっぴりジーンときた。 そうだな、それがアメリカだよねって。
選挙戦でこんなスピーチをちゃんとすればまた違った結果になったのかもしれない。
しかしアメリカ中西部州のあの真っ赤具合、ある意味怖い。   おわり



さてさて北欧旅の続き。
ロヴァニエミより1時間ほど車で南に下がった所にある北極圏の動物達を主に見る事ができるラヌア動物園(Ranua wild park)

この動物園にも綺麗なキャンピングサイトが併設されています。
b0165536_19125496.jpg

b0165536_19132258.jpg

設備もしっかり整い、とっても綺麗です。
b0165536_1913352.jpg

お決まりのサウナもいつも通りの貸切状態。
b0165536_191556.jpg

動物園の入場料は大人16ユーロ。
b0165536_19152422.jpg

園内はこの様な木道で整備されておりとても歩きやすい。
b0165536_19154331.jpg

1周ぐるっとなんと2.5kmもあり広いです!
b0165536_19174392.jpg


まずはカワウソ。 プールで楽しくボール遊びをしてました。
カワウソてこんなに小さいのね。知らなかった。
b0165536_191621100.jpg


お次はミンク。イタチです。
b0165536_19175857.jpg

どこかに隠れてしまって全くいない・・・・。 もぬけの殻部屋でした。
b0165536_19181133.jpg


ここラヌア動物園はいろいろな種類のフクロウがいるのが有名だそう。
b0165536_19201129.jpg


Snowy Owl(シロフクロウ)
※白色の羽毛に覆われた大型のフクロウで、北極圏のツンドラ地帯に分布する by Wiki
b0165536_19194985.jpg

いたいた、お地蔵さんみたいな子。
b0165536_1920306.jpg

いろいろなフクロウがいたのだけれども、1つづつのケージが大きい、そしてフクロウが木の色と同化してしまって探すのが大変でした。
b0165536_19243510.jpg


そしてメインはやはり北極白くま。
b0165536_19254385.jpg

全くやる気ナシ。
b0165536_19262180.jpg

この子なんていびきかいて寝ていました。
b0165536_19272681.jpg


普通のブラウンベアも。
b0165536_1928236.jpg


オオカミ&キツネセクションへ。
やっぱりオオカミってかっこいい! イエローストーンでもオオカミが一番好きだった。
b0165536_19285171.jpg

赤オオカミ・ドール(Dhole)
※赤褐色などの毛色をしているので、別名をアカオオカミとも呼ばれる食肉目イヌ 科の動物 by Wiki
イソップ物語のキツネと葡萄のお話を思い出した風貌。 オオカミだけどね。
b0165536_19313390.jpg

こちらは赤キツネ。
b0165536_19315647.jpg

そして北極キツネ。 もっと可愛い子かと思っていたがイマイチなお顔。
b0165536_19322734.jpg

やはり北極圏といえばトナカイ。 ここにもいましたが、旅も終盤、たくさんあなた方にはお会いしたので感動がありません・・・。
b0165536_19334381.jpg


そしてここでのソリ遊び禁止の張り紙。
b0165536_19345924.jpg

いやぁ~、雪が積っていたらいいコースですね。 張り紙をする意味が分かります。
b0165536_20123156.jpg


この時6月上旬ですが、もう寒くて寒くて。
毛糸の帽子、手袋をしても指先ジンジンするほど。
ちなみにこの動物園は冬がメインなのかしら?
北極圏に生息する動物達だから季節が寒い方が活動が活発になりそうです。

なかなか楽しめます、ラヌア動物園。
ロヴァニエミに訪れた際には足をのばして訪れて見てください。
[PR]
# by kiki-juju | 2016-11-10 19:40 | 北欧・キャンピングカー旅 | Trackback | Comments(4)

北欧ラップランド・キャンピングカー⑫ 大自然で本当に何も無い

アビスコ国立公園からフィンランドへ向かってのんびりゆっくりの帰路。
途中キルナ(Kiruna)の町でガソリンを入れ、ガソリンスタンドの隣にあった釣具兼アウトドアショップを覗いてみる。  お店のおじさんに
【フィンランド方面へ帰るのですがどこかいい所ありますか?】
と聞いてみると フィンランド北部・EnontekiöからPallas-Yllästunturin国立公園 という所が良いとの事。

キルナからE10道路をVittangiへ、そこからE45道路を北上する。
が、このE45道路、ビックリする程車が通らない!
b0165536_19581835.jpg

走っても走っても景色が変わらない。 さらに対向車も30分に1台くらい来るか来ないか。
小さなパーキングはあるが、車を停めてゆっくりするピクニックテーブル付きパーキングが無い。
b0165536_201491.jpg

こんな所で事故、まあ対向車も来ないので事故はトナカイとの接触しかありえないが、救助なんて永遠に来ないでしょう・・・。
もちろん村もキャンプサイトも走っても無し。時間も夜の8時近くなってきたのでこの日は道路脇に広々空き地を見つけ野営となった。 
b0165536_2063555.jpg

暇だから車が一体何台通るか数えてみようと思ったが10分経っても20分経っても通らない。 一応E45という幹線道路なのに。 馬鹿らしくなって数えるのやめたが結局1時間に1台通るが10時過ぎから朝方までは皆無に近い。 安全なような怖いような、どっちだろう?


翌日、20km先にフィンランド国境。 国境際の空き地にも野営キャンパーが2台泊まっていた。
b0165536_20115763.jpg

国境を越えてフィンランドに入っても果てしない大自然。
b0165536_20124190.jpg


釣具屋のおじさんお勧めというEnontekiöという町(村)に来たが、、、、、何も無い。
綺麗な川はあるけど。 釣りに最適な場所なのかも。釣具屋のおじさんなだけに。
b0165536_2014504.jpg

さらに雨降ってるし。 
Pallas-Yllästunturin国立公園内に行ってみる。
公園内を走ると森林が深くなる。
b0165536_20163371.jpg

雨が降ったり止んだりの天気。
b0165536_20178100.jpg

景色の綺麗な所で休憩しつつ、だいぶ走って公園内ビジターセンターへ。
b0165536_2018524.jpg

雨も一応あがっていたのでトレッキング地図をもらいにと思ってドアを開けようとしたらクローズ・・・。
b0165536_2019974.jpg

6月上旬はまだシーズン前なのか閉まっている所多いです。
大まかなトレッキング地図看板があったので確認していると、突然の通り雨。
b0165536_20201874.jpg

今日は雨が降ったり止んだりでダメダメ日。 気温も寒いし公園撤収。
きっと天気が良く、ハイキング日和だったら素敵な国立公園なのだと思うが、天気悪いと半減。

地図を調べ近くのMuonioという村に良さそうなキャンプサイトがあったのでそこへ行く事に。
ホテルも併設されているHarrinivan Lomakeskus
b0165536_20255757.jpg

川辺に面した静かなサイト。 川の向こう側はスウェーデン。
b0165536_20362238.jpg

冬にはこの川が全面凍るのでしょう。
b0165536_20372436.jpg

スケート靴のレンタルがあったから。
b0165536_20375579.jpg

キャンプサイトでの車の設置、細々雑用を終わらせたらお楽しみのサ・ウ・ナ♪
相変わらずサウナは貸切状態。
別途サイト内にはシャワー室もあるのだけれども、サウナ内のシャワーの方が広々。
b0165536_2183662.jpg

サウナ内は木の香りがとても良い。
b0165536_2184894.jpg

出たり入ったり1時間近く過ごす。幸せ! ちゃんとドライヤーも置いてある所が◎。

サウナの後はBBQ。 煙に巻かれて臭くなるから反対でしょ、という意見はごもっとも。
またあとでサウナ室に行くので問題ナシ。
b0165536_2044197.jpg
 
屋根付きBBQ場がちゃんと設置してます。
私がのんびりサウナを楽しんでいる間に夫が先に火を付けて遊んでいます。
b0165536_20494756.jpg

ソーセージをお酒のお供に。
b0165536_2051429.jpg

冷蔵庫にある物をいろいろ焼いて楽しめます♪

BBQ場のお隣にはキッチン小屋。
b0165536_2054532.jpg

BBQで臭くなった服をお洗濯。 
b0165536_2055368.jpg

ここでもやはり乾燥機は縦型。 もうこの使い方はバッチリ熟知です!
b0165536_20561855.jpg

ホテルの他に小さな小屋も借りる事ができます。
中を覗いてみましたがなかなかこじんまりしていてキレイです。
b0165536_20571999.jpg


ここのキャンプサイトはとっても良かったです。
自然と設備がしっかり共存。 サイト周辺にもトレッキングルートがあるので気軽に散歩もできます。
ホテル棟に泊まっている人達はPallas-Yllästunturin国立公園にトレッキングに行く人達も多いようです。
皆さんトレッキング衣装で身を包んでいましたから。
[PR]
# by kiki-juju | 2016-10-20 21:01 | 北欧・キャンピングカー旅 | Trackback | Comments(8)

北欧ラップランド・キャンピングカー⑪ クングスレーデン少しだけ歩く

クングスレーデン、往復10kmの行程歩いてみます。

皆が記念撮影をするゲート。もちろん私達も記念ショットを取りました。
b0165536_23112134.jpg

アビスコ国立公園内(15km先まで)は川沿いの道を歩きます。
b0165536_23121055.jpg

標識も分かりやすくほど良い間隔であるので迷う事はないです。
b0165536_2313636.jpg

トレイル上、木板が張り巡らされているのでとても歩きやすく、ぬかるんだ湿地帯も靴が濡れずに歩けます。
が、雨降った翌日はやはり厳しいでしょうね。
b0165536_2314384.jpg

時折登りのきつい所もありますが
b0165536_23151219.jpg

ほどほど平坦な道が最初は多く息を切らして歩くような所はありません。
b0165536_23161682.jpg

小さな沢を渡り、
b0165536_23164675.jpg

綺麗なグリーンの湿地帯。 この時は6月初めで蚊はいませんでしたが、クングスレーデンの7月~8月中頃までは猛烈な蚊の大群が発生するそうです。
b0165536_23181748.jpg

その情報を元にすると私が歩くなら8月中旬以降だな。

大きな川には橋がかかっています。
b0165536_23195865.jpg

鉄製のしっかりとした橋。スウェーデンのトレイル整備は素晴らしいです。
b0165536_23205822.jpg

b0165536_2321145.jpg

楽しく歩いて
b0165536_23214262.jpg

ゲートから5km先にある最初のキャンプ地に到着。
b0165536_23222715.jpg

薪ストーブが置いてあり、
b0165536_23225687.jpg

置いてある薪を自分で割って使います。 薪割り台と斧も置いてあります。
b0165536_23232487.jpg

使った分の薪は次の人の為に薪収納小屋から補充しておきます。(この中にはたくさん薪が入っています)
b0165536_23243092.jpg

国立公園内では決められた場所でのキャンプとなります。公園の外に出てしまえばどこでも好きな所でテントを張って良いのです。
b0165536_23253164.jpg

サイト内にはちゃんとおトイレもあります。
b0165536_2325595.jpg

飲み水、お料理に使うお水は目の前の川から汲んで使用。 
アビスコツーリストインフォメーションでも聞きましたが、このお水をそのまま飲んでもまったく問題無いとの事です。大自然の恵みです。 
b0165536_2327867.jpg

歩いている間は寒さを感じませんが、やはり止まって休憩していると肌寒く感じる6月上旬です。
薪ストーブを点けて暖まります。 サラミも食べて^^
b0165536_2330469.jpg

風がそよそよして、シーンと静まり返り、木の香りがして本当に素敵です。
b0165536_2331545.jpg


帰りも来た道5kmを帰ります。 川って見ているだけでも楽しい!
b0165536_23333064.jpg

帰り道にこれからスルーハイクに行く巨大なザックを背負った若者2人に会いました。
あまりの大きなザックに「何キロ背負っているの?」
と聞いたら26キロだって!!! 

クングスレーデンはテントを持っていればどこでも野営OK。
でも15~20kmごとにちゃんと小さいながらも宿泊小屋もあります。食料も売っているそうです。

私達が歩く時はもちろん一番軽いテントも持って行くつもりだけど(休憩用とか万が一疲れて歩けなくなった場合用)、基本小屋予約しておくだろうな。
夜になると天候荒れて暴風雨が凄いらしい・・・・。

たった10kmの往復だけれどもとても素敵なトレイル。もっと先には素晴らしい景色が広大に広がっているはずです。

キャンプサイトに帰ってきたら寒いなーとは思っていたが気温3℃。
寒いので夜はロフォーテン諸島で買った鱈で生姜をたっぷり入れたタラの味噌お鍋。 あと日本酒も!
b0165536_23435436.jpg


この夜の暴風雨はひどかった。 車が横に倒れるのではないかと思うほどの風。
トレイルであった若者2人組はテントで無事に夜を越せたのだろうか?
[PR]
# by kiki-juju | 2016-10-08 23:46 | 北欧・キャンピングカー旅 | Trackback | Comments(14)